« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/31

創立記念日

080530_1532002

製品展示会と職場の「創立●●年記念式典」かぶる。実は、大学卒業するときに、とくにやりたい仕事も将来へのビジョンもな~んもなくて、漠然と会社を選んだ理由が「ついこの前設立されたばっかりだから、うっとしい先輩とかおっさん社員がいなくて、社風は自分たちが作れるかな」とかそおいう無邪気さだけで。

ともあれ、当時の上司はみな定年でいなくなり、先輩はみな偉くなり、自分もいつのまにか社内では”うっとしい先輩兼おっさん社員の一員”であることはゆるぎない事実。

運動:夕方からなみはや大橋登ったりおりたり+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、ワイン×3合、いまも続く、、、、。

創立記念式典の方は、自分が在籍した20ン年のなかで最高最大の規模やったぞ。大きなホテルの一番大きなバンケットには関東方面の事業所からも社員が集まってて、ざっと600人強らしい。過去の創立記念日はすべて、「せこせこの仕出し弁当とお茶」で終わってたから、もうなんか知らんけどテンションぴちぴち!

秋と春にTVでよく放送する「芸能人対抗クイズなんとか、、、」の休憩あいまあいまに控え室でやるような「料亭からシェフが直接やってきてその場で料理をこしらえてふるまう」夢のようなシステム。ああ、死ぬまでにいっぺんそんな目に会いたかったのがついに実現。

そのあと、全然知らんお笑いの人が二組登場して、会場は最高潮に盛り上がる。夢ならどうか覚めないでくれ、嘘なら一生騙し続けておくれ。そんなカンジ。

つづきます。

| | コメント (3)

2008/05/29

くよくよの日

ひさしぶりに朝一からエンヂン全開で仕事。展示会前はいっつもこんなドタバタ劇があって、幕の中ではギッリギリまで支度してんのに、どん帳はおかまいなしに上がって行くし。くよくよするぜ。

運動:通勤往復+家事いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、ワイン×2合、米水割り×そこそこ

夕方から大阪市内も豪雨の予報出てたから、ダッシュで(ママチャリ漕いで)帰った。帰る途中になんでか知らんけど”どて焼きとビイル”のことを思い浮かべてしまい、これは立ち飲み行けという神の啓示だ、み仏の愛だ、ならばそのご加護を受けなきゃあかんやろと、立ち飲み屋を目指す。
あと50メートルで店という段になって、雨脚強まる。万事休す。飲んでるうちに帰れなくなるほど降ったらかなわんので、泣く泣くスルー。坊主頭であるけども一応人並みに後ろ髪を引かれつつ直帰。くよくよするぜ。

つづきます。


| | コメント (3)

2008/05/28

十段への道

将棋の話ではなくて柔道のことでもない、変速機のギア枚数の話。
自転車シューズの部品買ってから、今度は違う陳列コーナに移動。後輪を駆動するギアの手持ちが無くなったんで、あれば買いたいなと思って。

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2、大吟醸×2合

十段が標準の時代に、いまだにひつこく九段つこてます私。理由は特に無くて、しいて挙げたら「九段で不自由してないから」。それでまたまた近くに居た別の店員さんに恐る恐る(さっきの件があったから)九段の在庫の有無を確認したら、やさしい対応とナイス笑顔で
・店頭在庫が無いこと
・メーカーも(その部品について)製造規模を縮小していること
・取り寄せに時間を要すること
を説明してくれた。

これはあれか、まさに「絶滅危惧種」。不自由感じてなくても、日々使っておれば当然磨り減って消耗していく(現に今のやつ、かなりヤバめ)から、近い将来、、、とかそんな悠長なこと言うてる場合やなくて、もう観念して十段にするしかなさそう。段数に執着せんでええから、シングルギア(うしろ一枚こっきり)の自転車乗ってる若造、装着してるブレーキの数減らしたりして”危険予知能力”はヘコいけど実は”先見の明”あったりして。

| | コメント (6)

対面販売について考えてみる

ほんとうは「互換性について考えてみる」という日記タイトルにしたかった。

昨日千切れた自転車用シューズの補修部品を買いに、大阪・梅田にある量販店に行ってみた。自分の使ってるシューズはすでに販売を終息してて、ならば補修部品もメーカー在庫だけになってて、「販売店には無いだろう、あったらラッキー」ぐらいの気持ちで入店。

案の定、その手の商品を扱ってる売り場には、それが無い。目を皿のようにして陳列を眺めてたら、ソックリなのを見つけた。比較検討しようと思って、破損した部品も持ってたんで早速現場でサイズとか型を照合した。万引きと間違われないかどきどきしたぜ。するとそこへたまたまお店のヒトが通りがかったんで、すかさず「ナイキの靴とコレ(類似品)は、形が似てるように見えますねんけど、使えると思いますか?」と聞いてみた。

店「ダメです!メーカーが違うと絶対合いません!」
ロラお「はぁ、、、絶対あかんのですか、、、。」

店員さん、「絶対あかん」って言い切りよった。しかも、夕方でちょっと混雑してる時間帯でイライラしてんのか知らんけど、やや怒り口調。わし、何ぞしゃくに障ることでも聞いたんか?
いちかばちかでモノ買うねやったら、わざわざ出向いて行かんやろ。ネット通販隆盛の時代やし。ちょっとわからん・聞きたいことがあるから対面販売に期待したのだ。それを一刀両断にバッサリいくのは冷たいんちゃうんか?

期待した回答はこんなカンジ:
「私も試したことが無いので互換性についてはわかりません。すんません。お買い上げいただいて合わないトキ、レシートと商品を持ってきていただければ、代金はお返ししますので、試されてはいかがですか?」とか。
”モノを売るというのはな、単に商品だけ売ったらええねん思とったら大間違い。サービスも売るねん。これ常識ちゅうの常識!”と入社以来ひつこいぐいらに教育されてる身としては(営業職でないのにもかかわらず)、この店員さんの行動はちょっと切ない。もしかしたら、仕事量に見合った正統な評価を会社からされてないから、顧客対応もその程度でええかなと思ってたりとか。

愛想が良いとか悪いとかは個人の資質によるものが大きいから、ほんなことはこっちもハナから期待してないよ。ただ、困りごと、相談ごとには、やっぱりちょっとダケでいいから時間割いてほしいぜ。キツイか?ごめんな。

結果報告:
001
でんでん、まったく、問題、なし。

| | コメント (8)

2008/05/27

Back to the Future

恐ろしい偶然、渡りに舟、そんなきのうの晩。地上波のBSで「Back to the Futureその1」やるって新聞に書いてあったから、早速ローラー小娘をTVの前に呼びつけて固定。USJにホンモノかニセモノか知らんけど、”デロリアン”置いてあってなんべんも見てるから、そっから映画に親近感湧いた様子。

でも気が付くと、ロードショーから20年以上経ってるんか、、、。そらぁ、あかん筈。なにがアカンかというと、ダンスパーティでマーヴィン・ゲイが出てきたり、”Johnny B.Goode”を演奏するシーンがあったりしても、ポヤ~ンとしてるし。知らんから当たり前か。ついでに主題歌うとてるヒト、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースについても「ダミ声のうるさいおっさん」というダケの印象らしい。なんとも嘆かわしい、嘆かわしいぞ!
映画の随所に仕掛けられたそういうトコに「グフッ」と小さく笑ってこその洋画だぜ。脚本家が必死のぱっちでやった時代考証というものに、もうちょっと釘付けになったれよ->小娘。

ともかく今夜も続編あるから見なければ。好むと好まざるとに関わらず、こういったその時代時代を彩った話題作は、見とかなアカンのだ。おんなじ時間帯に速水もこみちの妙なドラマあるけど、ほんなもん見やんとこっち見とけ。もこみち言うたら、”みっちゃんみちみち・・・”を思い出す。おんなじようなもんか。

ナゼ片一方しか見られないか:
DVDの再生装置は辛うじてあるけど、ビデオテープの録画装置も、ハードディスクの録画装置もいっこも無いのが我が家。きょうび珍しいけど。しょっちゅう新聞に入るヤマダ電気のチラシを穴が開くほど眺めてんのに、いまだ実現に至らず。飲みにいくことやめたら、録画装置の100台や200台買えんこともないけど、飲みにいくこをを断固辞めないから、やっぱし買えない。ま、ええけど。

| | コメント (3)

ツバス

晩飯予定は「ツバスの煮付け」。仕事終わってから煮付けて間にあうかどうか微妙なメニューを指令すんなよ->小池さんトホホ。

そういえば朝、出しなに小池さんから「ツバスて知ってるか?」と聞かれて、「ああ、南太平洋かどっかにある、海抜がめっちゃくちゃ低くていまにも島全体が沈みそうな国やろ?」と返したら、それは「スバルだ」と反撃されたし。
なんで谷村新司が太平洋にあんねん、ほんな名前の国は断じてない。結局、その沈みかけてる国の名前はおろか、ツバスの正体さえわからず。たぶんブリとかハマチとかその手の魚の稚魚やろうな(想像で)。

ハマチといえば:
きのうの晩のなみはや大橋の帰りしな、中央市場(大阪市福島区)の前を通りかかったら、”時価3,000円”のマグロ丼の店を同行のシマウ魔君が教えてくれた。3,000円でマグロは微妙やぞ。中トロで埋め尽くされてたら、3,000円できかんやろし。3,000円分のほとんどが赤味やったらエグ過ぎるし。

中央市場といえば:
週末の広島・全日本ロードで激走してくださる予感の熱いお兄ちゃんの特技は、コレの運転と昔聞いた覚えがある。市場の中のけっこうテクニカルな部分でも、青果を満載にしたコレでバンバン行けるらしい。コレでレースしたらおもろいやろな。

| | コメント (6)

千切れた

003
自転車用の靴。これは健全なときの姿。

002
多分、わたくしの圧倒的なパワーに根を上げたんだろう。ストラップがポロンと千切れた。別メーカーの補修部品を探さなくてはなるまいな。ちなみにおっさんはプラスチックとは発音しない。「プラッチック」というのだ。

運動:通勤往復+なみはや大橋登ったり下りたり+体操いろいろ
飲酒:淡麗500ml×1、ワイン×1合、大吟醸×1合

自転車の進み具合について、あまり考察するタチではないけども、そんなズボラな自分ではあるが気になる日もあるってことで。なみはや大橋を登ってるときの平均スピイドが、春先に比べて2キログラム前後上達してんのに、イザ猿山行って色気だしてタイムとか計ってみたら、顕著な進歩がなくてガッカリ。これはもしかしたらアレか、短い坂道はゴーっといけるけど、長い坂道はバーっと行かれへんということか。なるほどな。ペダルの回し方を換えてる覚えがないから、あとはガーっと踏むかキューと踏むかどっちか。

擬音を乱発しだした。おっさん度アップ。

| | コメント (3)

2008/05/26

目覚めよ、洋画に

ママチャリでいける距離に住んでて、実際すでに友達とツレもってママチャリで行ってる回数実に20回以上のUSJbyローラー小娘。
そんな恵まれた環境なのに、ユニバーサルはおろか洋画を殆ど見たこと無いという。お粗末にもほどがあるぜ。
そんで週末にTSUTAYSで借りてきたロードオブザリングでようやく火がついた模様。遅い、遅すぎる。

自分が映画館ではじめてみた洋画は”パピヨン”です。小5のときに親父になかば無理やりつれていかれて。字幕のスピイドについていけずはよ帰りたい帰りたいと座席でもぞもぞしてるうちに、気が付いたらスティーブ・マックインと一緒に脱走してる気分になってたし。

まぁせっかくUSJに通ってるんやから、手近なとこで「妙な車に乗って未来とか過去を行き来する」映画とかからみるのを勧めた。けっこう彼女のりのり。やっぱり、その、あれや、躍動感のあるSFとか冒険活劇とかわかりやすいからな。ほんで、ハタでビイル飲んでた小池さんになんか映画勧めたれ言うたら、「黒澤監督の”乱”見ろ”乱”、ほんまよかった」とひとりごちてる。

小池さん、そらぁちょっと、、、、無理やろ、、、、。
でも「どですかでん」はわしからもお勧め。

| | コメント (9)

月曜から全開なのだ

”面倒なことはキッチリ後回し”にするこの性癖なんとかならんのか->わし?
ということで朝から業務沸騰してていまも沸騰中。あ~あ、こんなことやったら先週ピッチシやっといたらよかったなあぁモー、、、と殊勝なことは実はでんでん思ってなくて、ま、今後もこの調子で苦しもう。だってMだから。

日曜日は晴れてたらサイクリングしようと思ってたけど、雨。飲むには早い(朝7時)から、もういっかい寝よとおもてウトウトしてたら、「グワ~!」とか「ウォ~!」とか大量の男の叫び声で目が覚めた。となりの部屋でローラー小娘がなんか知らんけどDVD見てるせい。俳優の衣装がえっらい古臭いというかいつの時代やねんいうくらいの古さ。”ロードオブザリング”の一話目だった。小娘は話にかんぺきに引き込まれてる様子。こっちは特殊撮影とかCGに釘付け。それをいちいち指摘したら、ごっつい嫌な顔された。大体ほんまもんの魔法使いなんかおるワケないやろ!ほんなもんほんまにおったら、ウチの住宅ローン、魔法でとうの昔に終わってるっちゅうねん。

魔法に夢中のローラー小娘をおいて、小池さんとラーメン食いに行く。その後日差しが出てきたから猿山へサイクリングに行った。雨があがったら考えることは皆一緒で、猿山には沢山の車がいて、しかも道路にわんさか点在する野生(?)の猿を見る家族ズレの車で渋滞。見通しの悪いカーブであろうが、ほんなもんおかまいなしに車止めて、子どもをサルに近寄らして記念撮影。
非常に邪魔である。しかたない、”伝家の宝刀を抜くか”。いつもの「呪文」をその家族にやんわりと伝えると、血相をかえて車は居なくなった。でもその「呪文」はあながち嘘ではないよ。

サイクリング自体は、体が重たくて重たくて(質・量ともに)重たくて、坂道のタイムを計ってその現実を目の当たりにすると、ああ京都・美山の自転車レースに出なくて本当によかったと思った。この日の調子で出てたら、偉い目にあうところだぜ。

みんなほんまに凄いわ:
同じような年恰好(?)のアニキたち、「仕事・家事・育児・飲酒・その他いろいろな誘惑」に日々翻弄されながらも、リザルト拝見したらちゃんと完走してますやん!凄いですやん!偉いですやん!
運動:猿山行った
飲酒:淡麗350ml×3、ワイン×3合、大吟醸×1合

次の日曜日は、広島で開催される全日本自転車ロードレース選手権見に行く。いろいろな意味で、全日本を観戦するのはこれが最後になる気がする。自転車競技を始めたころは、こおいう大きな大会に出たいなと思って、独身で、仕事も適当で、家の手伝いもろくすっぽせんと、練習に明け暮れて、そのわりには結果はサッパリ。でもそれで目が覚めたというか夢はいつか覚めるもの。あいかわらずエエ歳してんのに定職にもつかず、”まだ夢の途中”のヒトも回りには少なからずいてるけど、ヒトはヒト、自分は自分の確固たる楽しさを持っていれば、オリンピック予選であろうが、猿山であろうが、そおいうことはカンケー無いぜ。

| | コメント (0)

2008/05/24

The Water is Wide

運動:舞洲ぐるぐる

出発を迷ってるうちにどんどん空模様があやしくなってきたから、大慌てで舞洲行った。ぐるぐるまわってるうにち雨粒おちてきて撤収。BBQやってる人らも早じまいしてた。焼いてる途中の肉とか野菜とかどうすんのかな?


kiyoshiアニキの日記に懐かしいカーラ・ボノフの話があって、とるものもとりあえずYouTube。自分のフェイバリットはこの曲。雨の日にマッチしすぎ。レコードとか、とうの昔に捨ててしまったからCD買いたい。しかし美人である。くれぐれも、尼崎競艇の歌ではない。くれぐれも。

午後から雨のなか「ラーメンの旅」に出た。旅といってもいろいろあって、このまま伊丹空港いって、北海道までたかとび->ご当地ラーメンを渡り歩いてゲプゲプしながら帰宅する。そんな夢を抱きつつ、傘をさしてテクテクあるいて近所のラーメン屋へ。ま、これはこれで存分に楽しいけどね。
素行としてはよろしくないけど、傍らにスポーツ新聞とビイルの大瓶置いて、ラーメン食べるのは本当に幸せやわ。


| | コメント (5)

2008/05/23

自転車が好きだと、言えなかった

朝からずっと、グループメンバー6人 vs 取締役との面談。途中なんべんかの休憩とか別件の打ち合わせを挟んで。ウルトラ疲れた。

運動:通勤往復+家事労働のみ
飲酒:淡麗350ml×2、大吟醸×1合

毎年この時期、個人単位での査定と、グループ単位での査定があってきょうは後者。さすがそれなりのポストに座ってるヒトは、うまいぐあいに危機感を煽ったり褒めたり、緩急自在の攻撃。引続き昼食は会議室で、会席(懐石では無かった。残念無念)。どっかの食品会社からとった、安普請の弁当箱に入った松花堂弁当。取締役が質問すんのに、口をもぐもぐさしてハフハフ喋るのはしっつれいやろと思ったんで、スキを見計らって出し巻きを食べ、遠慮がちに米を食べたら、昼休み終わってしまったではないか。楽しみにとっておいたサクランボまでたどり着けなかったぞ、返せ俺のサクランボ。

途中で「ところで君らの趣味とか息抜きはナンや?」と聞かれて、一人一人答えた。ドライブとかゴルフとか映画鑑賞とか犬の世話とかかなりアクティブな方面ではボウリングなんてものあったし。あるいはお酒を飲むこととか。
そんなソツの無い会話の中で、いきなし、
「自転車が大好きです。毎晩アホみたいに、大阪湾に浮かぶ埋立地とか橋の上を走ってます。休みの日は心臓潰れそうになりながら山の方へ行ってます。それがもとで時々骨おったり肉片千切れたりしてますけど、それでもサイコーにスキなんです。お酒はここ20年以上毎晩毎晩かかさず飲んでます。週になんべんかは仕事に大きく支障をきたすほど飲んでます。もう、頭の中は自転車一色で、体の中はアルコホルの分解酵素で溢れかえっております」とかいえる空気ではなかった。

なんで”自転車が大好きです”と言えなかったんだろう。理由は自分でもよく判らんけど、言うと話がややこしくなるような気がしたから。それから、”お酒を飲むこと”は趣味とか息抜きとかそんなくくりに入れるほうがおかしいし。空気のような存在、すなわち「無いと、死ぬんですわ。今日もジャスコで淡麗を2ケースと紙パックの焼酎を4本こうて、ママチャリに乗せてヨタヨタしながら帰りますねん」と言うてみたかった。

自転車と酒、本当のことが言えなくて、ごめん。

| | コメント (7)

2008/05/22

業務予定

先週の金曜日、うちがつくったシステムが動作不良を起してしまって、当面毎週金曜日に監視体制をしくことになってしまった。さっき決まった。あ~あ。金曜日は鬼門や。

| | コメント (2)

うれしいお節介

昨夜はちょっと呑む用事があって、現場は大阪の肥後橋ということ。過度の期待をしなければ、まずハズレが無いのが”立ち飲み”の特徴。そんで、野生の感というか、”立ち飲みの匂い”のする方向にいくと、やっぱりあった。値段がどこにも書いてないけど、ほんなもん立ち飲みの生中が一杯100万円する店どこにあんねん!?という確信のモト、ばこばこ飲んでみる。焼酎ロックもさらにばこばこ飲んでみる。

アテを頼むだんになって、目の前にソースの入ったでっかい入れモンが目についた。これ置いたあるということは、串カツが自慢か?当然「二度づけお断り」という但し書きはどこにも無いけど、やったら十中八九・死刑、、、。そもそもほんな但し書きしてあるとこの串カツなんか、信用できへんし、観光用やし。
店長らしきヒトに「なんの串カツできますのん?」と聞くと、すかさず横で飲んでた客のおっさんが「なんでもできるで~」と言う。内心”おっさんには聞いてへん!”と愛のある突っ込みを一発かます。おっさん最高!

串カツ以外のほかのアテも強烈に渋い!なにがどう渋いかというと、まぁまたそれはおいおいな(いつもおいおいで終わるとけっこう平和)。

生中に飽きてきたから、焼酎頼んだ。ジョッキを帰してさぁ焼酎飲もとおもたら、一旦下がったジョッキもってお店の奥さんが「まだ1ミリ残ってまっせぇ」と言いながら、そのジョッキを返してくれた。その1ミリのビイルの味は当然格別。

おせっかいな立ち飲み最高.。ええ夜やったわ。


| | コメント (4)

だから応援したくなる

(自転車ネタ)
普段着の彼は、ややポヤ~ンとした穏やかな表情でバクバク飯を食い、ずびずび酒を呑む気のいいどこにでもいてるお兄ちゃんという感じ。しかし一旦自転車レースという仕事場に入った途端、まるで違うヒトか?と思うほど狂気迫る走りになるから、人間てわからん、全然わからん、サッパリわからん。

そんなお兄ちゃんの日記をひさしぶりに見た。ほんだらこんなことが書いてあった。

~強くても偉くはないし弱くても僻まない、でも自分が夢中になれるものに没頭しよう。~

シビレタ、ほんまにシビレタ、ちんこまでシビレタ。自転車・ロードレースは団体競技だから、チームの誰かが勝てばええという仕組み。だからチーム丸ごと応援するというのは自然な流れだけども、やっぱり自分はこおいう「ほんまもんの男気」を持ったヒト・選手個人を、どうしても応援したくなるし。自分もだれかに応援されるようにいろいろがんばりたい。自転車で坂道登ってるとき、登坂スピイドがあまりに速くて、ハエとか蚊が腕に止まって応援してくれるけど、そんな応援も含めてがんばりたい。

運動:通勤往復+市内うろうろ
飲酒:生中×2、あと忘れた

お告げ:ちょっと自転車速いからいうて、偉そうにしてる連中、もうちょっと考えろ。


| | コメント (7)

2008/05/21

ツーキニスト言うな

通勤できるロードタイプの自転車が無くなったんで、この週明けからママチャリに戻った。かっこいい自転車で通勤することを「ツーキニスト」って言うらしいけど、ママチャリになった途端に「自転車通勤」。カタカナから漢字になっただけで、平均スピイドが5km/hはダウンした。おまけに車体重たいし変速ついてないから、以前は500回ぐいらペダル回したら職場に到着してたけど、今は1500回ぐらい回さんと辿りつけへんし。

しかしなんでこうもママチャリって重たいねん。何かしらんけど誰かがとり憑いてるんちゃうんか?と思うほど。そういえば、ロードタイプの自転車で通ってたとき、週になんべんか遭うおんなじようなロードタイプのおっさんをことごとく千切りまくったったけど、今は立場が完全に逆転。まぁみとけよおっさん、”自転車通勤”のほんまの恐ろしさを”ツーキニスト”に思い知らせたるからな、秋口までには。

秋口といえば:
まだ初夏も始まったばっかし。夜の舞洲は相変わらず寒いから、冬物のアンダーシャツの出番が全然減らんぞ。どうなってんねん?そして最近、腰痛改善にはじめた股関節の体操と、あとバナナを沢山食べることにしてる。沢山いうても天王寺動物園のオリの中の連中ほどではなくて、日に2,3本程度。なんでか知らんけど、この1年ぐらい、けっこうな頻度で夜中とか明け方に「こむらがえり」で苦しんでるから。ああこれはきっとカリウムが足らんに違いない。身近なカリウムは、イコールバナナ。そんなとこ。

| | コメント (2)

甜麺醤は買ったけど

晩飯・ローテーションの都合上、マーボー豆腐。今度は忘れずに甜麺醤(てんめんじゃん)をジャスコで買う。さぁこしらえるかという段になって、新聞の勧誘は来るわ宅急便の兄ちゃん来るわで、どんどん時間が押していく。はよローラー小娘に飯食わしてワシは舞洲にサイクリング行きたいねん!ブヒブヒ!
Ten
ダッシュかけるために豆腐の水切りを省略。ほんだら予感はしてたけど”ビシャビシャ”になってきた。こらアカン、素人考えで水溶き片栗を多めに入れて修復しようとすると、こんどはどろどろの沼状態。ますます悪化。すまん小娘、言いたいことはいろいろあろうが文句イワンと食べてくれ、、、そんな火曜の夜。

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、ワイン×3合

以前ほどではないけど、この夜の舞洲もけっこうなひとで。TT専用の凄い自転車に乗る自転車ショップの店長さんに轟音とともに追い抜かれて、そんならこっちも意地でついていく。意地の出がらしで、登りで千切ったら平地で3倍返しに遭う。気ぃわるぅ(自分に対して)。

気ぃ悪いといえば:
交流戦落としてどなすんねん、岡田阪神。打つやつがんばってんねんから、投げるやつもっとしっかりせぇよ。

| | コメント (2)

2008/05/19

ツアーオブジャパン(奈良)

002
応援のご家族

019
奈良県を走る「奈良」選手。44歳・最年長でサラリーマン。どの選手よりも応援がすごかった。生活のすべてを自転車に捧げているのでしょうか(噂で)。残念ながら本職のレーサーたちが繰り広げる”レース展開”には参加できてないけど、諦めないその走りは見事。

015
さらに京都から自走応援の熱いアニキ。

045
パンツのガラが以外に地味な東京・練馬のチームのエース。応援聞こえたかね?米○○輝ちゃん。帰省するときは、たまに連絡しなさい。飲みにいこうぜヘイヘイ。


047
終始先頭集団で展開しまくった、お兄ちゃん。クーラーBOXを覗く長男くん。労いの言葉をかけたあとは、いつものように飲み会の相談。”おっさん”はそおいう姿勢が大切だぜガハハハ。

044
この日一番のショットがこれ。会場警備にあたるおばちゃんと、オーストラリアチーム選手との押し問答風景。レースが終わって選手はコースを100mほど逆走して、自分のピットに帰りたい。しかし、警備のおばちゃんは断固許すマジ!でそれをかたくなに阻止。もちろんオール日本語で。選手のほうがしどろもどろでタジタジなのよね。あいかわらずコースサイドのガードは鉄板のように固く、自由に歩くことはままならない。それでも、ガードレールのスキマとか、林の茂みの影から選手に声援をおくることは可能。なんで”可能”かというと、そらぁ、オーディエンスが少ないから。毎周回、フルもがきで坂をぐわんぐわん登ってくる選手の荒い息遣いとか、葉を食いしばる姿を生で見られる幸せがそこにあるのに、アクセスの悪さ(山奥すぎる!)とか何べんも書くけど「警備の固さ」、それとド平日開催。

国内ロードレースが黎明期をちょっと過ぎて、ようやく日の目を見だしたころよく言われた「お金はろてもええから、もうちょっと街中で開催してくれたら」。これには同感。しかしなぁ、ペイできるかというとまた問題山積やし。
これはもう、大昔のような”沖仲仕”を取りまとめてたような大親分がいて、その強烈なるリーダシップでもって、自転車ロードレースの興行をボバ~ン!と打ってやね、五大都市を移動しながら観戦料を徴収しながらエキサイティングな試合を見せるとかして、選手にも名誉と賞金目当てでバンバン行かせると。そのかわりしょうもないレースしたり、けっきょくはつまらん催しだったなぁというのであれば、日本中から自転車ロードレースという存在そのものを消し去るぐらいの荒手のやりかたでもええのじゃないかね?

ヒトは”本気”になら金を出してもええし、”本気”にしか感動しないだろうし。すくなくとも自分はそう。「がんばりますんで応援よろしくお願いします」というセリフは、近所のおっさんでも言いよるし。走ってる選手には申し訳ないけど、プロと名のつくヒトは少なくとももっともっとハラハラドキドキさしてくださいな。


| | コメント (7)

2008/05/17

へっちゃら、へっちゃら

小6のときに編み出したmyオリジナル座右の銘は「へっちゃら、へっちゃら」。
005

金曜日の深夜、ちょっと悲しいつまづきがあったけど、もうええ、もう忘れた。
日曜日はおもっきし野山を駆け回るから、もうそれでええし!

006


| | コメント (11)

2008/05/16

気は遣うものだぜ

002
マンションに住んでるから、朝は自転車をエレベータで下ろさなければいかん。自転車を立てて隅に追いやり、自分はヤオモテにたってガード。自転車をガードするんじゃなくて、他の住人が乗ってきた場合、そのひとらを汚さないよう・不快に思われないように。お互いを思いやってこその”集合住宅”だぜ。それができへんのやったら、山の中の一軒家に住めよ、7階から乗ってきてお菓子をエレベータの中でこぼしまくってる子どもを全然叱りもせん○号室の親御さん。

運動:通勤往復+舞洲地獄巡り
飲酒:淡麗350ml×2、大吟醸少々

回を重ねるごとに”地獄巡り”の人数が増えてて、昨夜はざっと20人強はいたかな。緩い坂でグワーっとハンドルにしがみついて何度も馬力出したら、腹筋攣った。体が温まってくると腸の中に異変がおきるのか、なぜか屁がよく出る。でも、ペダルを回しながら屁を出すのは体の構造上不可能である。3発ぐらい我慢した。我慢した屁よ、キミはどこへ行くのだ?

屁といえば:
この日曜日から国内最大の(かどうか知らんけど)自転車ロードレースイベントが始まる。プロ選手とか凄い連中が一週間ほどのあいだ、毎日場所を変えてレースしながら移動していくやつ。選手はみな、大事な局面ではそれぞれ必死で屁をこきたいのを我慢してペダルを踏み続けるんだろう。気持ち痛いほど分かるぜ。

そんで一発目が日曜日に堺の泉北である。今朝の朝日新聞スポーツ欄にも告知されてた。けれど、観戦に適する場所が少ない。集団が高速すぎて、目の前にパッと近づいてきてパッと去っていくから、見てるヒトにとったら何がなんだか、誰がどれなんか、さっきの選手は屁を我慢してんのかしてへんのか、そおいう細かいことが非常に分かりにくいステージである。

大胆にも月曜日に有給を申請してしまった。奈良県の布目ダムというどこやそれ、どうやっていくねん、バスしかないやん、アクセス劣悪やん、しかも9:00までに現場入りせんと一切立ち入りが許されへんやん、まわりは山ばっかりで店も全然ないやん、おまけに警備が厳重でコース脇で身を乗り出して応援してたらむちゃむちゃ怒られるやん、「やんやん」満載ではあるけれど、登り区間で選手が屁をこいたかどうかを間近で感じられるステージなんで、楽しみ。匂いはこの場合、楽しみでは無い。

| | コメント (7)

店番

004
今朝の”佐々木くん”。ドッグフードの空き缶を、名残惜しそうにレロレロしてた。わかるよわかる、その気持ち。
なんで”佐々木くん”かというと、本名は勿論知らんけど、所属する商店の屋号が「佐々木○○店」だから、我が家では当然”佐々木くん”と呼ぶ。このヒトの生活は、けっこう謎めいてて、朝7:40ごろどこからともなく出勤してきて、7:50ごろには店主であるおばあちゃんを鼻でつつきまわして開店の邪魔をし、8:00に幌のついたトラックの荷台に乗せられてどこかへ去っていく。勤務時間わずか20分。

最初、就職というのかこの店にきた当初はラブラドール(まさよと同じ)だったのに、日を追うごとに体の色が濃くなってきて、すっかり茶色。耳の形とかもどうみてもラブラドールと違うタイプ。きみはいったい誰?

大阪・野田阪神界隈には謎のせいぶつが多い。

| | コメント (2)

2008/05/15

スカッと晴れてみた

002
カメラを持って通勤してみた。途中、あんまし気持ちええんで、写真撮ってみた。初夏を感じた。平和を実感した。このままどっか行ったろかなと一瞬思った。すぐに諦めて出勤した。

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる
飲酒:ワイン少々+大吟醸少々+淡麗350ml×1

引続き初夏:
居室で昼飯食うのが勿体無いから、外へ出てみた。朝以上にめまぐるしく初夏・ボンバイエッ!あんましスガスガシイから目に付いたラーメン屋に飛び込んで、つけ麺大盛りを食ってしまったではないか。人気のあるラーメン屋の
くせに、屋台みたいな建てつけだから、冬のさなかに行ったりしたら、ぞっくぞく震えながら麺食べてスープ飲むというシステム。それが今日はどないや、この陽気。食べながら寝そうになったし。布団敷いてあるラーメン屋は無いのか?無いやろな。

080515_1247001
戻ってきたら、職場のかどっこにこの自転車あった。ブレーキが前に一個しか無いほかは、ごっついエレガント。メタリックの入った水色のフレームは、スチール製で凝った造作のラグ付き。前輪と後輪のあらゆる金属部分はメッキがキラキラで指紋一つない。ははぁ、これはあれか、”ピカール”で磨きよったな若造。ほんでタイヤは真っ白で、昨日かおとつい買ったばっかりの磨り減り具合。ブレーキが前に一個しか無いほかはパーフェクト。これで男前が乗ってたらちょっとゴネたろかとおもたけど、”高見盛”が持ち主やったから許す。

その高見盛君:
最近のファッションリーダーというかオピニオンリーダー風の若もんは、なんでこう揃いも揃って、変速機の無いスカスカの自転車に乗りたがるんじゃい?もっとこう、なんていうか、複雑にしてメカメカしい変速機とか、フラッシャーとか、用も無いけどともかく上げ下げしたくなるようなリトラクタブルライトにちょっとは憧れろや。
その極限までのシンプルサに憧れてんのやったら、そんなジャラジャした鎖を腰につけたり、クビの回りにどっかの部族みたいなネックレス何重にもつけんのは、アンバランスや、アンバランス。

とことんシンプルに拘んねやったら、頭坊主にして山下清の衣装でいけ。中途半端はやめとけやめとけ。

| | コメント (10)

2008/05/14

雨の中

「雨が凄かったので、自宅でローラー。負荷最大、回転数120、使用ギアは53×17で1時間ミッチリ。」

とかいつか書いてみたい。

運動:通勤往復
飲酒:淡麗350ml×1、大吟醸ちょっと、ワインちょっと

夕方から凄い雨であった。上から下までにわかには信じがたいほどの安物衣料を着ていたお陰で、ずぶ濡れ通勤できたぜうははは。ネクタイなんか89円(税抜き)。こんなけ安かったら、雨で溶けるんちゃうかとビビッた。まぁ溶けはせんけど。しっかしアレや、坊主ここに極まり!ずぶ濡れこそ坊主の真骨頂を見たぞ。おんなじようにずぶ濡れ通勤の若造おったけど、普段は恐らくジャニーズ事務所の連中を模倣した頭髪の様子。それが雨に打たれてる最中は、どっからみても「落ち武者」。お前どこの平家の残党やねんいうぐらい、ずたぼろ。改めて、坊主頭は水陸両用であると認識したわい、まいったかジャニーズ男よ。

雨といえば:
晩酌しながらTVのニュース見てたら、自分とおんなじように雨に打たれてるヒトが写ってるし。でもおかれてる境遇がでんでん違う。こっちは「坊主や坊主や」と雨を楽しんでるおっさん、むこうは住む家も家族も友人も、もてるもの全てを失って、呆然と雨の中を立ちすくむヒト。何年か前、規模は違えど似たような地震にあって震えた夜があったけど、今はすでに遠い国の他人事として報道を見、口では「うわぁ、えっぐ~、気の毒すぎんぞ~」と言うてはみるものの、手にはしっかり”大吟醸”握ってるし。
034
あんなけ沢山のヒトがいっぺんに亡くなったら、あの世は溢れかえったりせんのか?”天国への階段”が落ちたりはせんのか?ごめんな、遠い国のヒト。わし、なんも助けてあげられへん。


| | コメント (6)

2008/05/13

カーボンディープホイール

サンドバッグ会議終了。年初予算目標(売上)左ストレートをギリギリでかわしたけど、展示会準備支援アッパーは効いた。反撃のカウター狙いは空を切り、最後は見かねた直属の上司がタオルを投げて試合終了。えぐい試合であった、、、。

ああ、なんと藤山甘美な響きだ「カーボンディープホイール」。昨年のオキナワ以来押入れにしまいこんだこの車輪を、そろそろ出さねばな。昨晩なみはや大橋で一緒になったOKD氏とも、この話題でもちきり。やはり同じことを考えておられたようで、お互い「そろそろそういう季節ですなぁ」とか感慨深げ。カーボンホイールの季節って?まぁつまり、梅雨があけたらいよいよ、ギランギランに刺す太陽の季節だ、荒ぶる紫外線がカーボン繊維にするどく反射して、車輪がもっとも美しく光り輝く季節だからという話になった。

この車輪を装着すると一体全体どういうことが起きるか!?ふふふふ、それはここでは書けないな。知りたくば、呆れる家族の顔と、もしかしたら後悔すんのちゃうやろか?という弱気な自分にガポッとフタをして、今すぐお近くのサイクルショップへGO!郷!

| | コメント (6)

サドゥー

運動:通勤往復+なみはや大橋
飲酒:淡麗350ml×2

焼酎のお湯割りを飲めばいいのか、キンキンに冷えたビイルを飲めばいいのか、いったいどうすりゃええのよ、ここ最近の気温。酒量が激減してしまうではないかプンプン!

なみはや大橋の何往復目か忘れたけど、ニット帽を深くかぶった初老の男性が、頂上でぼんやり真っ黒な海を見下ろしてた。次にけっこうなスピイドで登り返したときには、その姿が無くてかなりビビったぜ。夜やし怖いし、ここはあえて詮索すんのはやめとこ。

ブログとか生声とかでいろいろなヒトから腰痛対策についての助言をいただきまして、日々なんとかやってます。最近熱心なのは、股関節を徹底的に軟らかくする動作とか。昔、バングラデシュのきちゃない街で見た”サドゥー(行者?)”のおっさんが、恐らく股の間接を故意に外してありえへんポーズで座ってた、そういうイメージ。近い将来、自分の股関節も人様に見せられるような複雑怪奇な動きをマスターできたら、またYoutubeとかで紹介したい。

さぁ、ひさしブリの「サンドバッグ会議」に行ってきます。

ストレッチといえば:
なんか知らんけど、最近それ専用の丸太が売ってて、けっこうみんなつこてるらしい。そんなけ流行ってんのやったら一本欲しいなと思って通販検索したら、値段けっこうエグイ。7千円とか8千円とか。まてよ、なんも無理してほんまもん買わんでも、似たような形でええよんと思って、思い当たるサイトを見つけた。ほら見てみ、おもたとおり。直径70cm(mm???ああ、目の錯覚、、、)のケヤキの丸太でも5,300円(税込)やし。木目調というか、木そのものだから、部屋にころがしといたらインテリアにもなりそう。立てて置いといたら、相撲の練習のテッポウとか応用できそう。問題は重さか?手軽に持ち運べるんかな?


おおみさん:
訂正おおきに。どうりで安いはず。
直径7センチだと、背中あてても効果ないなぁ。ダメだ、この目論見。

丸太といえば:
たかすぎー たかすぎぃーいーーーーー、かいはつーーーーー とかいう、やたらめったら声のええ民謡調のTV-CM懐かしい。

| | コメント (6)

2008/05/12

バリ伝のシャツ

日付もどって、再び土曜日のこと。
すみアニキのブログでバリ伝Tシャツのこと書いてあって、偶然ユニクロいく機会があり散々迷った挙句、購入は見送り。理由はまぁいろいろあるけど、「BARI BARI LEGEND」っていうのはどやさ?

やっぱしこれは、あれや、「バリバリ伝説」と日本語でバスッと書いて欲しかったかな。あとは、背中の絵柄が4耐(?)のレーサーマシンじゃなくて、やっぱしCB750で公道をぐわんぐわん攻めてる絵がよかったなぁ。ガードレール蹴って曲がる絵とか、カタナに乗るヒデヨシの絵とか。このTシャツの柄を推薦したデザイナーの入れ込みようと、自分が思っている「バリ伝」の印象は少し違うんだろうか。こんなけぶつくさ言うといて、今度の週末、気がついたら買って着てたりする予感。そんですぐさまママチャリに乗って近所のカーブおもっきし寝かして曲がり、ついでにケツ全体をイン側にボッカーン!と落とす独特のライディングフォームをぶちかまし「やった!決まった!」と思った瞬間ドンガラリンと転倒。新品のTシャツは血まみれボロボロでとぼとぼ家に帰る、、、。自分の未来がはっきり見えるぜナイスナイス。

サイクリング車のハンドルを少し前から下げて据えつけてみた。なかなか力が出るポジションではないか。しかし、下がった分、ダウンヒルになると前につんのめる感じがして、とても怖い。そんなとき、ココロの中というか口のなかで、アクセルを軽くあおってギアの回転をあわせ、気分だけでもシフトダウンするまねをすると、あら不思議。スィ~っと曲がれてしまうことがある。

”思い込み”は大切。

| | コメント (6)

自転車でさんぽ

ながらくまともに自転車乗ってないんで、期待して日曜の朝に窓の外みたら、無情の雨だぜ。今の自分には、泥除けや雨具を装備したりなんかして、無理して雨の中を走りにいく理由がどこにも見つからない。仕方が無いから、舌打ちしてしっこ行く。戻りついでに本箱から天候の回復を期待しつつ一冊取り出す。
Ame
タイトルの通り、よんでるうちに雨あがったらええなぁと思いながら、布団のなかで読んだり・寝たりを繰り返してみた。こういう「だらだら読書」最高!もう、頭の中からサイクリングの事なんかすっかり消し飛んでしまって、このまま一日中布団の中で本読んだり、ビイル飲んだりしたろかと思ったわ。実際、かなり悩んだ。

ほしたら、自転車仲間のシマウ魔くんからさんぽに行きませんかとお誘いうけて、住之江の量販店巡りへ出発。店内は、相変わらず圧倒的な物量・品揃えと低価格に度肝抜かれる。物欲をたきつけられて、シマウ魔くんはたちくらみギミであったが、自分は逆にそおいう光景を見てると、なんか他人事のように思えてくるから不思議だわ。落ち着いて吟味すると、今の自分には取り急ぎ必要なものが無い。店の外に出ると、改めて空気がうまい!魔の巣窟から出た気分。朝の雨がウソのようになって、薄い日差しも気持ちええから、このまま帰るのも勿体ないと思って、飛田の遊郭や通天閣方面をパトロールしてみた。不思議と昼間の飛田は猥雑なカンジがしなくて、伝統的な文化財の町並みに見えるから不思議や。

朝、布団の中で読んだ山本周五郎をふと思い出して、そういえば「つゆのひぬま」という短編で、遊女のちょっと切ない話あったなとか思い出した。今は、そんな物語のような事件なんか起こりえないほど、”ドライな遊女”の街なんだろうか。恐らくな。

通天閣の下あたり通称”新世界”は、自分が子どものころ感じていた「怪しさ・危なさ・卑猥さ」がほとんどなくて、軒を並べる串カツ屋は、観光客の行列が取り巻いててびっくりこいた。むかしのような、「年寄りと、訳のわからんおっさんと、妙なオカマと、日雇いと、博徒の街」なら、串たべてちょっと一杯飲むかとも思えたけど、そんな夢も消えてちょっと残念だぜ。

峠道を脳みそ空っぽにしてゼーゼーいいながらもがき走るのも楽しいし、この日のようにアテもなくユラユラとサドルの上で時間を潰すのもまた、とても楽しい。
自転車は、いつもいろいろ教えてくれる。

| | コメント (2)

2008/05/10

雨かよぉ、あ~あ

掃除、選択、オジーオズボーン。

雨やからというて、家のなかでこんなけ音出してたら、近所からシバキ・バキバキやな、、、。

彼女:
このさい、性別を深く詮索すんのはやめとこ。それよりこのヒトのシリーズ、選曲がどれもこれも渋い。30歳後半から40歳台のハードロック愛好家のハートをぶりぶり鷲掴みだ。衣装の上の顔は、おそらく長髪の「大谷レイヴン似」に違いない。

雨脚は一向に弱まる気配もなく、日が暮れた。夕方からは家族の用事でいろいろ動き、夜は夜で修学旅行から戻ったローラー小娘を迎えに伊丹空港へ行った。事故もなく、楽しそうな思い出をかかえた沢山の生徒たちは、旅行の延長のようなカンジでピョンピョン飛び跳ねながらそれぞれ家路につくのがほほえましいな。
おっさん度が深まるにつれて、楽しいことより楽しくないことのほうが圧倒的に多くなるから、今のうちに楽しいことは心底楽しむべしべし、彼ら&彼女ら。楽しそうなきみらをみるのが、ともて楽しいのだよ保護者ってものはな。

飲酒:熱燗!×2合
運動:家事労働のみ


| | コメント (7)

2008/05/09

げんきんなヤツですんません

専門医にお墨付きをいただきますと、モーレツに安堵します。同時に急激に力みなぎりますわな。単発の田舎暮らしはこれからもいろいろありそうですけど、へませんように気をつけたいと思います。

そんでGWも運動できなかったしソロソロ乗っておくかと、性懲りも無く夜の舞洲へノコノコ行きました。

運動:舞洲グルグル周回
飲酒:淡麗350ml×2

ああそうか、木曜日はモーレツに舞洲を周回する日だったのを忘れてた。一週間以上自転車乗ってないのも忘れて、特急列車に飛び乗る。さすがに一週間乗ってないから足はめちゃめちゃフレッシュもぎたてのプリンプリン!でも、気管の具合はよろしくないのでスグに特急から準急に乗りかえて、周回を継続しました。
筋肉質体型の松本サイクルのヒト(お名前失念)とコンビになり、下り・平地を彼が担当、登り・平地を自分が担当というふうにしてエッホエッホと走りましたが、ひさしぶりに汗出すのは気持ちええです。やっぱり健康は一番大切。とか思っている間にも、サイクロンの被害で途方にくれているヒトが大勢いるというのに、運命ってのは残酷だぜ。週末は体調を整えるイミもあって、飲酒はかなり控えるつもり(自分比で)。


| | コメント (4)

2008/05/08

呼吸器科へ行った

あにきたち、心配いただきありがとう。
退社後、診察うけてきました。結果、肺には異常なし。のどの奥とか、粘膜がかなり荒れてますなぁ。これからは、作業されるときはマスクをされたほうが良いですよ。

とお医者さんにおだやかに言われまして、一通りの薬をいただきました。使った除草剤がアマチュア用で幸い。プロ用だとこの程度じゃ済みませんよと念押しまでされました。ドキドキしました。以後十分気をつけます。

| | コメント (11)

低調だ

明らかに、気管が狭くなってる感覚。ゆっくりと深呼吸ギミに空気を吸わないとダメなカンジ。かといって、真剣に深呼吸すると咳き込む。そんで昨晩は夜中の3時に自分の咳で目が覚めた。いっぺん出ると、なんで夜中の咳って止まらんのだろうね。これは自転車どころではないぞ。美山サイクルロードレースを申し込まんで、ほんまよかった。もしかしたら飲酒もあまりよくないのかな?困ったな。はよ治そ。

運動:通勤往復
飲酒:淡麗350ml×3

市販の咳止め薬を飲んで、当人はなんとか寝ることができたけど、現場近くにいた小池さんはそっから一睡もできなかったと、朝おきたら幽霊のような顔して言われた。さらに今日は顧客先での大事なプレゼンがあって、睡眠不足と極度の緊張からか、朝から便所であげる始末。責任感じてます。おわびに二人車で出勤したけど、車中はまるでお通夜。ますます責任感じてますってば。

昨夜は某自転車チームのスポンサー候補になりうるキーマンと会っていろいろ話をした。結論はやはり低調。お金が無い訳ではなくて、「企業として出資する理由」がどうしても見出せないというところ。理由が見出せなければ、当然株主を説得できないし、従業員にも納得いく説明が出来無い。なるほど、そらそうだ。夢のために投資する実弾があるなら、それを従業員に還元すれば、何百という従業員とその家族が助かる。

”お金で買えないものを買うためにお金が要る”と宮本輝さんはおっしゃってますけども、そうやすやすと物事が好転しないのが現世の常だぜ。ここにも間接的にではあるけど、責任感じてます。

| | コメント (5)

2008/05/07

FREEDOM

今朝早く、ローラー小娘が修学旅行に出かけていった。戻りは土曜の夜8時。この間、自分が生き延びるための最低限の家事以外はやらないつもり。規則正しくも生活しないつもり。夜に突然サイクリングに行きたくなったら、ライトを点灯して100キロでも200キロでも走れる。ダイエットしたくなったら、料理をしなければそれでオッケイ。小池さんにも、この4日間は「自由に生きる」と宣言してあるから、も~れつにFREEDOM。

| | コメント (3)

ゴールデンではなかったよ

最高の天気!最高の湿度!最高の風!
海に山に高原にGWを満喫されたアニキ、アネキ、あ~よかったねよかったね。
わしは心身ともに実家の土木作業に捧げたよん。おまけに作業中、自分の不注意で除草剤の粉末を大量に吸い込んでしまって、気管支炎になりました。しばらく運動できないかもしれないけれど、まぁ治るだろう。ということで、1mmも自転車乗ってないまま初夏が終わりそうだぜ。

030
作業のあいまに、大山に牛を見に行った。牛は年中GWだ。

5月3日:
中国自動車道に乗りたい。乗りたいが宝塚周辺は早朝からドえらいことになってる。仕方が無いから国道43号線で西を目指すと尼崎でどんずまり。仕方が無いから2号線で西を目指すと、西宮でどんずまり。仕方が無いから山手幹線で西を目指す。こうしてどんどん平行移動を繰り返してゆく。気が付いたら六甲山頂を経由するハメになってしまった。渋滞は悪だ。
実家にたどり着くと、庭一面雑草でぼ~ぼ~。更地がたった一ヶ月でここまでぼ~ぼ~になるとはなぁ。おかん、牛か羊でも飼えよ。ほしたら草を食べまくってくれるやろし。ともかく、ぼんやりしてても事は解決せんから、草払機に燃料いれて、エンヂン全開で刈る!刈る!刈る!ああ、ぐったり。

5月4日:早朝より、スズメ蜂の捕獲器セッティング。夜が完全に明けてしまうと、やつらの行動が始まってしまう。だからそれまでが勝負。それがスムと、前日刈った大量の草を海へ運び出す作業。延々といつ終わるともわからん草の運搬は意識が遠のくぜ。そして事件発生。納屋の棚から除草剤を出そうしたら袋が破けて、それを大量に吸引してしまった。苦いような辛いような、舌がビリンビリン痺れるような。肺が焼けるような感覚。まったくやるせなす。残りを水で薄めて庭と裏山に撒く。もうやけくそで撒く。この世の中からすべての草木よ消えてしまえ!と思いながら撒く。こういう悪心こそが本音なのかもしれんわ。

5月5日:むかで駆除剤散布。なんでこういう作業に明け暮れなければならんのだ、、、。わしはそれより、この晴天のした、自転車乗って遊びたいんじゃい!近所の里山をハイキングとかして駆け回りたいんじゃい!

5月6日:渋滞にあわず、早朝大阪に戻れた。さぁ、やっと自転車で駆け回れるぜ、六甲山とかいけるぜと思っていたら、「家の中を掃除して、それから冬物(の衣類)と夏物(の衣類)を入替える」といわれた。ああ、なんてことだ。しかし、”誰かがやらなければならないんだ”。自転車も道路も天気も、逃げはしない。自分が楽しむことばかり考えるなよぉと遊びたい気持ちにちょっとフタをしてみた。気管の調子も悪いままだし、今は我慢だぜ。

こうして1mmもサイクリングをせず、スルスルとGWが終わって、日常が始まったワケ。

田舎暮らし:
ジャニーズの中堅連中のTV番組で、田舎で暮らしていろいろな農作物を栽培したりするヤツあるけど、ああいうのは他人がやってるのを画面の中でノホホンと見ているに限るな。
一番大変な場面とか、労力がいる場面とか、絶望する場面は写さんからね。害虫との闘い、雑草との戦い、ワケのわからん村の習慣とか近所付き合いに、なんで魂が削られていくんだと悲しくなる。やっぱり将来は都会のど真ん中で暮らしたいぜ、今はな。

| | コメント (7)

2008/05/02

KY班長を拝命

さっき職場の上司からメール来た。タイトルに「KY班長を任命する」と書いてあった。
わし、そんな空気読まれへんヤツと思われてんのかいな?ほーかいな。それにしてもKY班長って、社内の空気読まれへん連中たばねて、いったい何やれ言うんじゃい?家帰って家族の前で「わし今日からKY班長サ」ってなこと言うてみ、ローラー小娘にええようにおちょくられるに決まってるし。

ああ、人生終わったな。

そんで本文読み進めたら、「KYとは危険予知のことである」、、、っておい上司、まぎらわしい書き方してビビらすな。ちなみに、建設業界用語らしい。

| | コメント (7)

潮流

それでその自転車ネタですけども、最近ちょっと、某自転車のお兄ちゃんと頻繁に電話とメールでやりとりする日々。かいつまんで書くと、東国原知事が宮崎をどうにかしたいのと同じく、自転車ロードレースを(よい方向に)どないかしたいというお話。特定のチーム・団体をどうにかするのじゃなくて、もっと大きなビジョンで。実際に、パトロン・スポンサーとなる資質を十分に持ち合わせている人物を交えての密会も持って、いろいろ意見交換というか、最後はいつもどおり泥酔してぐだぐだになって、話全然覚えてないけど、お互いの思いと現実のズレは確認できた。やっぱり最後は「お金」だというところ。
年商ン百億の会社の社長なら、ちょっとぐらい出せやと思いがち。しかし、従業員や株主にはとても納得させる話が出来んという。そら当然。

厳しいけれど、他人の夢にポンとお金を出す世の中では無い。自分の家の庭からある日突然原油がボッコンボッコン湧いて出るようなことでも無いカギリ、未来永劫それは無いだろうし。じゃあ、どうすればヒトが集まるのか、お金が集まるのか?もっともっと「泥臭い」活動をして欲しいとお願い(提案)してみた。ホテルのバンケットに人集めてパーティーやってしゃんしゃんで終わって、配布された冊子に「応援よろしくお願いします」とか「気軽に声をかけてください」とか、ほんなもん、それは出来ん相談や。あるいは、交流サイクリング大会とかあって、いっしょに走って親睦深めましょうという企画でも、やっぱりその距離はなかなか埋まらん気がするし。

そんでそのお兄ちゃんの構想としては、「選手に声かけて、一般サイクリストとともに小さな宴会とかゴンゴンやって(練習に支障の無いカギリ)知り合い・つながりを構築していって、最終的にはその選手のツレになって貰って、そこで初めて”じゃあツレが大会に出るらしいから応援しようか”とか”知り合いがツールドフランス出たいから、なんとか応援したいな”、というふうに持って行くのも一つの手ですねぇ、、、、」と言うニュアンスをくれた。

ということで、今後も選手の人たちとのサイクリング計画とか、パーティとかの爽やか路線はその方面の方々に今後もお願いするとして、ローラー興業社は、がんばってるロードレーサーの人がむくわれるようにとか、ツールドフランスに日本人が参加できるようにとか、これからも微力ながら宴会という姑息な手をつかって、応援していこうと思うところ。おっさんにはおっさんなりの応援の仕方があるぜということで。
ただし、酒弱い人もたのしめるような配慮、酒好きな人も飲んだ次の日の地獄に耐えられるような配慮はいるな、やっぱし。

つづく

| | コメント (3)

養老の滝にメロメロ

(自転車ネタというか、日本の自転車に未来はあるのか?の日記)

080501_1309001
昨日は丸一日、コンクリートに八方を囲まれた、窓の無いこの部屋で過ごした。閉塞感がなによりも嫌いな自分にとっては拷問の作業やったぞあ~あ。

終わってから最寄駅近くの”養老の滝”で自転車友達と飲む。いやぁ最初”養老の滝”って聞いた時、内心「養老の滝ぃぃぃぃ???」と思った。なにを思ったかというと「え~~~~?養老の滝ぃぃぃぃぃ」って思った。ところがさにあらず、ひさしブリに行った養老の滝は、クオリティだだ上り。迂闊だった。ぬかった。見直したぞ養老の滝。そんで、世間ではメニューというが”総合カタログ”と名づけてよいほどの充実ブリ。なるべく地酒から目をそらすようにして、ウーロン酎ハイばっかり(でもないけど)呑んだが、必ずや次は、ふふふふ。

ふふふといえば:
次回作業は6月2日(月)の予定。月曜から呑むのかぁ、まいったなぁこりゃ~という心配をよそに、酒を呑むのに月曜も火曜も水曜も無い。無いったら無い。聞いた話では、阪急京都線・西院駅周辺が飲み屋激戦区らしい。どんなけ激戦ブリなのか、これは渦中に飛び込まねばなるまい。ま、体調次第で。希望としては、サッポロラガーの大瓶をスッと出してくれて、お値段安めの店な。
一応おさえとくかとメーカーサイトみた。・・・プリン体の量まで書いてあるし。気ぃ悪ぅ~。


| | コメント (5)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »