« 豚肉のパン粉焼き・非ミラノ風 | トップページ | 樋口がんばれ »

2008/04/16

舞洲で目を回す

先日の晩御飯であり酒のアテでもある「キャベツ炒め・カレー風味」。ガラムマサラふりかけて焼いただけ。
001

運動:通勤往復+舞洲ぐるんぐるん+体操いろいろ
飲酒:芋水割り×3

毎週火曜日は舞洲でえらい騒ぎがあるとかで、いっぺんその渦中に入ってみようとノコノコ出かけた、夜の8時。噂どおり、モーレツないきおいで5台の自転車がびゅんびゅん走ってた。タイミングを合わせてこれに乗る。平地をびゅんびゅん走るのはあまり得意ではない(坂ももちろん得意ではないけど)。それを克服するには、こうした自力だけでは継続できないスピィーディなサイクリングが不可欠。そのうち列車の人数が増え、最終的には10人近く(?)でズンガンズンガン突き進むので、もう足と目玉を限界まで回して、チカチカ星が飛び出す。

途中で色気を出してバスッ!と踏み込み前へでてみたら、途端に失速。刹那「ボッバ~ン」というカンジで一気に切れた。高速で走る集団から一度切れてしまうと再乗車の可能性はゼロ。沢山の点滅式・赤色テイルランプが縦一列になって蛇のようにうねりながら坂道を駆け上がっていく光景は、見たことのない白日夢のようで綺麗だなぁと、ぼんやり見送った。これが今の実力だから仕方ない。続けてみようかな。やっぱり自転車はまぎれもなく「エンジン」。

星が飛ぶけど:
登りでパワーを出し続けるのと、平地でパワーを出し続けるのと、随分いろいろ違うなぁと今更に感じた。ほんなもん100万年前から分かってたことで、今までいかになんも考えずにサイクリングしていたのがばればれ。両立も出来無いし特化も出来無い自分に残された道は、そこそこ”姑息”に行くしかない。便利な言葉やな->「そこそこ」。

でも、この恵まれた環境がいつまでも続けばいいな。過去にも場所は違えどこうした”自然発生的に集まった強度の高いサイクリング”の集まりがあったけど、いろいろな事情、公道をつかわしてもらってるから当局の指導が入ったり、付近の住民感情を逆撫でしたり(気づかないうちに)、ちょっとした事故があったりで、幾度も幾度も”フェードアウト”していったし。杞憂に終わればいいけれど。

ひさびさに:
自転車の話を日記に書いてしまったけれど、動きのロジックとかを考えたりすんのは、自分のガラではないな。もっとこうなんていうか野趣溢れる思うがままの自由奔放な杉本彩のようなカンジでペダルを漕ぎ続けることが本望だぜ。できたらもうちょっとそのガリガリなんとかせぇよ->杉本彩。でも、エロさは現状維持でええからな->杉本彩。


|

« 豚肉のパン粉焼き・非ミラノ風 | トップページ | 樋口がんばれ »

コメント

アニキ、激しく賛成です。->杉本彩。

投稿: なかじん。 | 2008/04/17 01:13

●なかじんあにき、杉本彩の「なんか無理してエロしてる」とこが泣けます、切ないです、好きです(笑)。

投稿: ローラー男 | 2008/04/17 10:23

彼女飼ってた猫が亡くなった時、自分のせいだ
って自分をせめちゃって10キロやせちゃったらしいです

投稿: み | 2008/04/17 18:44

●みさん、コメントおおきに。杉本さんってば繊細な方なんですね。テレビ向けのキャラがきつすぎるのかな?普段の杉本さんを拝見してみたいです。

投稿: ロラお | 2008/04/18 10:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豚肉のパン粉焼き・非ミラノ風 | トップページ | 樋口がんばれ »