« 伊吹山12km地点への旅なのだ | トップページ | 酔うとどうなるか »

2008/04/07

六根清浄

富士山を登ったときに、山伏のかっこをしたばあちゃんの一行が唱えてた謎の呪文->六根清浄
のちに、これが
「ヒトには視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感と、意識すなわち第六感があって、それが我欲などの執着にまみれていてはダメ。そのため執着を断ち、魂を清らかな状態にする」ためのおまじないということを知る。険しい山に登るときにこれを唱えると、力がみなぎりかつ魂が浄化されていくということ。

ともかく、力強いコナあにきの走りを見送ったら、もう終わりだ・アトが無いと奮い立ち、車輪半分のトコで耐えまくった。するとエンコしかかってた心臓が強い脈動で蘇り、弱りかけてた足腰に新鮮で栄養満点の血液がドピュドピュ循環始めた。斜度が緩くなってガッとトルクのかかるトコではコナあにきが、逆にしゃかしゃか回すトコでは自分がというふうに、自然と先頭交代を繰り返し・繰り返し、なんども千切れそうになっては折れそうな根性を、か細い意志で支えてくらいつき、二人で付近の酸素を奪い合い・分け合いながら六根清浄!

ゴール前の平地でコナあにきに心の中でお別れを告げたあとも、一生懸命漕いでみた。だから後悔は無いぜ。平素は我欲・執着にまみれまくって暮らしてるけども、坂道に関しては”なみはや大橋”に通い続けててほんまによかったわ。日々の生活や環境にケチをつけてもなにも好転しない。身近にある時間と道路と道具で工夫すんのが”男気”だぜ。それが自己満足ですけども内容に反映されてて嬉しい。海抜80mの橋でも続けることに意義があるから今後も是非続けていきたい。同行のアニキ、会えたアニキ、会えなかったアニキ、その他お世話になったアニキ、どうもありがとう。

主催者へ:
始まる前は、さんざんぼろくろに言うててゴメン。心配ごとが全部杞憂に終わってしまったではないか。文句のつけようがないから、来年もあったら出るぜ。それと、24時間後にリザルトをネットに公開までするとはアッパレではないか。それに引き換え同日開催のこっち、しっかりせぇよ。

008
参加賞

|

« 伊吹山12km地点への旅なのだ | トップページ | 酔うとどうなるか »

コメント

ロラ男さま、コナさん所も拝見しまして、先ほどからアドレナリンが鼻からボタ餅状態です。
なんか、お二人の引っ張り合いのとことかで、めっちゃ感動しました。わし、へたれであんまし戦うココロを持ち合わせていないから、レースとかよう出んかもしれんけど、なんかいろんなことにいっぱいガンバロウとか思いました。
今仕事サボってますが。。。それもがんばります。

投稿: ぱぱろぐ | 2008/04/07 15:57

前夜祭も盛大だったのですな!
本番!も、まさに、灰になられたようで、お疲れ様でした。
あっしも、六根清浄…の心意気で、ネオン街に向かいます。

投稿: bfz | 2008/04/07 16:03

助け合いで一体感を覚える?って事でしょうか?
調子いいみたいですね?
今年もグイグイ引っ張って下さいねぇー!

投稿: 水色の建売 | 2008/04/07 16:15

コナさんとのランデブーの様子、美しいです!

投稿: おおみ | 2008/04/07 17:02

師範
Thinking world, working local.
源河を想い、なみはやに通う。

丸岡行かれますか?前夜楽しみにしています。

投稿: 松村 | 2008/04/07 17:49

伊吹山お疲れ様でした。
コナさんと壮絶なバトルでしたね。 結果よりか全力でもう最後の一滴まで力が出ないくらい走れば本望ですよ。
こうして次につながって行くんだよねぇ。一つ強くなりましたね。主催者の方は今回が一回目じゃから不手際がたくさんあったと思うよ。どこでも初めてって言うのはスムーズに行かないもんです。
来年も楽しみですね。

投稿: 麻羅観音壱号 | 2008/04/07 17:53

アニキお疲れ様でした。
集中してエンジンに再び火が入る感じがよくわかります。
羨ましいです。
わたしもいつしかそういう走りをしたいです!

お会いできなかったのは残念でしたが、またの機会にゼヒ。

投稿: PEANA2 | 2008/04/07 17:53

あにき、お疲れさまです。
日頃の泪橋?での修行が報われてホントによかったですね!(笑
そして何より帰ってから尚、家事をされてる姿を思いうかべると・・・
涙がちょちょぎれます。。。うぅ。

投稿: ユキオウ | 2008/04/07 20:39

熱走のあと,お邪魔してすみませんでした.予定通りに17kmだったら,きっと私は行き倒れになってました.雪にサンキュー♪

投稿: sumi | 2008/04/07 21:22

お疲れ様でした。晴天・風もなく好天に恵まれたのが成功の大きな要因かと思いますが、ずっと長い間表彰式をゴール地点で待っている間、これが吹き降りだとまず待たずに下山してるなー、と思いました。ゴール地点で表彰式、っていうのはやっぱり良くないと思いますねえ。
それとスタート地点までの歩道誘導しかも右側。あれも酷いなあ、と思います。自転車乗りのマナーを信用してないのでしょうね。ちなみに下山では皆車道を一列に行儀良く「交通法規通り、左側通行」で行儀良く会場までみなさん帰ってました。

投稿: kiyoshi | 2008/04/07 22:22

あれが一期一会ですね。あんなことはこの年になって何度もないと思います。私は一度もアニキを待たなかったし引っ張られたあとはちぎるつもりでもがいていました。アニキも待たなかったと思います。ただ、アニキとぎりぎりのところでもがきあっている以上、力は緩められないと思って走っていました。何度ももうアニキがちぎれたんじゃないかと思ったところで、アニキが前に出てきてそれに引っ張られました。こういうからみをアニキとできたこともやっぱり運命ですね。映画「シェル他リング・スカイ」でベルトリッチの独白「人はここに何度もこられると思うが、そうはいかない(のような意味)」を思い出しました。
ともあれ、私も金沢の100mの山というか丘である卯辰山のクライミングリピートがメインです。
持っているもので何とかやっていく。できる時間で何とかやっていく。ぐずぐずいいながらも、何とかもがく。自転車は人生ですね。金沢合宿もカマンベール!

投稿: コナ | 2008/04/07 22:54

アニキにとって、すばらしい伊吹山だったようですね。
お疲れ様でした。
コチラはこれから、負けてられませんね。
アニキみたいに真っ白になって皆生でゴールしたいです。

投稿: なかじん。 | 2008/04/08 02:36

伊吹山お疲れさまでした。あの大勢の参加者の中でお会いできて、良かったです。コナさんとのランデブーは壮絶だったんでしょうね。私は今年に入り、これをモチベーションに頑張ってきました。普段の通勤でも幻想のアニキたちを追いかけてましたから。次回は是非、一緒にもがきあいましょう。

投稿: きたえ | 2008/04/08 08:11

●ぱぱろぐあにき、レースやイベントは自転車の楽しみのほんの一部に過ぎないんですよん本当は。伊吹山当日も、あんまり天気が良いので「このままのんびりと琵琶湖を回りたいなぁ」と何度思ったことか。いろいろがんばりたいです。
●bfzあにき、ネオン街登頂後の下山は鉄の意志いりますよ。
●水色あにき、登りは苦しいけども景色がどんどん広がっていく過程は、とても美しく感動的です。またいっしょにお山に行きましょうね。
●おおみさん、密かにライバル視してて、最後離されてチョ~くやしい(笑。打倒コナあにきってとこです。
●松村あにき、丸岡はDNSの予定でしたが、色気出てきました。京都組とももがき合いたいです。

投稿: ローラーおとこ | 2008/04/09 10:48

●麻羅観音壱号アニキ、ありがとうございます。しかしあれですね、麻羅観音あにきのように優勝とかの位置にいるヒトは練習効果のノビシロって、やっぱり物凄いんでしょうか?
●PEANA2あにき、お疲れ様でした。着火することはマレで、どっちかいうとプスプスと消えるほうが多いです。そろそろ一緒にどっか行きましょか。
●ユキオウあにき、レース終了後はとたんに「現実」が牙をむいてまってます(泣)。GF福井はよろしくお願いします。
●sumiあにき、声かけてくださってありがとうございました!ゴール地点が狭いお陰で出会えたのかとおもうと、サンキュウ・・・です。

投稿: ローラーおとこ | 2008/04/09 10:56

●kiyoshiアニキ、ご夫婦そろって入賞おめでとうございます!道中の歩道走行は確かにちょっと辛かったなぁ。けれど、車道に慣れてなさそうな参加者もけっこう居たので、そのあたりの対策というか折衷案だったのかとも思いました。ともあれ、次回はフルコースからの展望が楽しみでもありますね。
●コナあにき、全然待ってないぜ!むしろ千切るつもりでがんばったけど、最後の加速するとこでは手も足も出ませんでした。約不足ですが、これからもライバル視させてくださいな。
●なかじんあにき、皆生で燃え尽きたら介抱しますぜ。
●きたえあにき、彩都から大岩のあたりはホームコースの一つですわ。あにきに追いつけるようにまだまだがんばるぜ!

投稿: ローラーおとこ | 2008/04/09 11:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊吹山12km地点への旅なのだ | トップページ | 酔うとどうなるか »