« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/30

るり渓行った

朽木村で”フイットンチッド”を浴びすぎた模様。朝おきたらまたまたそれが吸いたくなったというか、杉木立にぼんやり身を置きたくて。さいわい30日の今日、じつは仕事が休みの日でじゃあ行くかと。

猪名川沿いに走って、途中の伊丹空港では滑走路の端っこでジェット機の離着陸を何個もぼんやり見たり。あれにのって、また遠くに行きたい。当分無理やけども、、、。
一庫ダム沿いを行く。たんぼに張られた水が凄いわ、どこもかしこも初夏の景色満載。カエルの声、耕運機の音、あとは自分の出すタイヤノイズだけ。これは贅沢だわい。
R372を追い風に乗って走ってたら、突然見慣れない建物。
080430_1232002
ちかよってみたら、うどん屋さん出来てた。
080430_1232001
かなり「本気」な風情。営業日は金・土・日・祝の11:00~16:00と書いてある。あとで検索したら、けっこう繁盛してて行列とか書いてあるし。行列か、、、、微妙やのぉ~。並ぶんいややしなぁ。

お店のサイトはこちら。
今日みたいな天気の条件やと、現場まで自宅からちょうど2.5時間、60km弱はうどんだけを目当てに行くのはけっこうきついかもしれんし。とくにこれからますます暑くなるし、汗まみれでのれんをくぐるのも、ちょっとまずいかと思ったり。でも、いっぺん食べてみたいぜ。

そこから、るり渓へのコースは天引きトンネル手前のゆるやかに高度を上げるコースもあったけど、迷わず「直登」コースを選択。頂上までの斜度はまぁまぁきついけど、木陰が多いから助かる。途中は山ツツジが満開で、桜満開もええけど、つつじの”派手なような地味なような”たたずまいもいいなぁ。
前方に蛇行しながら走る二台の自転車が見えて、挨拶しながら追い抜くと、けっこうな年配のご夫婦。奥さんのほう、死にそうな顔してだけど、それがもとでサイクリングが嫌いにならなければええけどね。

Ruli
そんで頂上。健康ランド施設があるだけで、さびれ具合は深刻なんじゃないのか、ここ?遊びが多様化している最近だから、わざわざ「近くて遠い」場所へのレジャーは段々見放されていくんだろうかな。
腹が減って、広野まで一気に下って目の前にはヤマザキデイリーストアあるけど、その先宿野まで行ったら、握りたてのおにぎり売ってる仕出屋(兼ヤマザキデイリーストア)あるから、我慢して言った。

んが!?閉店。空腹を辛抱して目指すお店まで行って、そこが閉まってたときの絶望感わかるかね?わかるよね。もう自販機のコーラだけで先にススムしかないのだ。初夏の陽の光の中で、落ち込む。
あとは適当に走って家についた。

運動:自転車130kmぐらい。正確には判らん
飲酒:淡麗350ml×3

やはりモトの古サドルが合う。すでにズルズルの禿げ禿げではあるが、使い続けたい。
さぁ、木・金は仕事だがんばろう。


| | コメント (8)

朽木村を走ってきた

PEANA2あにきプレゼンツ、朽木村をうろつくサイクリング(4月29日)。昔、仕事で朽木村役場を何度も訪れて、そのたびにサンドバッグになったりしたので、あまりよいイメージを持っていなかったけど、さてどうだろう。

どうだろうもこうだろうも「最高」でした。”サイクリング”に欠かせない重要なファクター「景観」「小川のせせらぎ」「静かな杉木立」「隠れ屋的食堂」「劣悪でない交通量」そして「楽しい仲間」。すべてが網羅されてたぜ。こんなすんばらしいコースにつれて行ってもらうと、自分が普段こまねずみのように走り回っている近所が、ほんとうに陳腐に見えるしなぁ。同行のアニキ、アネキ、どうもありがとうね。


| | コメント (6)

暫定税率再可決

ええよ、別に、、、。あまり気がすすまんけども、まぁ25円/リットル値上がりすんのなら、入れておこかなと思って、近所のGS行った。正確には「GSに近づいた」。遥かかなたにGSあんのに、交差点二つも離れたとこから行列できてるし。これはアカンと思って、別のGSへ行ったら「近づくことさえ」はばかれる行列。なんや、この盛り上がり!?明日、この世のガソリンがすべて消えるかのような騒ぎ。一縷の望みを託して、もう一か所、ふだんショボショボのセフルGSへ寄る。あかん、「近寄られへん」ほどここも行列。

やめじゃ!やめ!

ほんなもん、並んでるあいだになんぼガソリン減るっちゅうねん!電車とかバスとかチャリとか乗ったらええねんし。

003
ガソリンの”駆け込み給油”やめじゃい!ベルギィのビイル飲んでハッピィに行くぜ。
001
あては、ジャスコのかき揚げ。あ~あほくさかった。


| | コメント (2)

2008/04/28

初夏スタート

初夏の山はいいぞ!ちょっと前まで山桜が綺麗であったが、今は、新しく芽吹いた新緑の緑のいきおいが止まらん!うら寂しかった里山の色がモーレツないきおいで青緑になっていってるし。これは遅れをとっているばやいではない。土曜の夜にさっそくすね毛を剃った。11月から伸び放題だったからなぁ。手間もかかるわい。すね毛があるときと無い時は、心なしか空気の通り具合が違う。

そんで、楽しみにしてた「交換したサドルの具合」やけれども、誠に残念な結果になってしまった。自分の恥骨というか坐骨というか、そのあたりとの相性が悪いのよ。これはほんま、相性の問題で、恥骨に罪な無いし、サドルに悪意は勿論無い。そもそも、サイクリング車に乗り始めた頃から、自分に合うサドルの形状は総じて「そそり立つ三角木馬形状」であったこと。今回導入したのは、座面がフラットにち近いタイプ。座った瞬間に「あっ、これはちょっと違うかな」と。でも、いろいろ試すのは楽しいよん。

| | コメント (4)

大型連休

カレンダー通りだが、キブンは既に大型連休スタートだ。

金曜日:初っ端から全開の全開だ!退社後ちょっと美味い酒を戴きに行った。そのあとの記憶が断片的だ。
土曜日:朝起きたら、体中がなんか痛い。アザがあちこちにある。クシャミを一発してみる。ありえへんくらい胸が痛い。これは恋なのか?いやちがうな、ともかく、クシャミ、咳、笑い、一切を我慢してみる。試しに、自転車に乗って近所にラーメン食いにいった。大丈夫だ、地面の振動には気をつけよう。
日曜日:衣笠、金本につづいてワシも鉄人の仲間入りじゃ。北摂方面自転車で100kmちょい行く。野間峠まで登ってしまったぜ。この調子で、大型連休はエンジョイしまくるぜ。

エンジョイしまくる:
例年GW前にはそおいった野望めいた気持ちを抱いて、鼻の穴全開MAXパコパコで突入すんのに、終わってみたら予定というか希望の過ごし方の五分の一も消化できないのがいつものこと。予め計画した家族での行動とかは別にして、自分ひとり私利私欲のための行動って、どうしてこうもスンナリ行かんのだろう。
突然天気が悪くなったり、
突然家族の誰かの具合が悪くなったり、
突然自転車が故障したり、
突然強度の二日酔いに陥ってしまったり、
突然手持ちの金が乏しいことに気が付いたり、
いつも「突然」が襲い掛かるのサ。

独身でぷらぷらして、口あいたら「あ~なんかやることないかなぁ」とため息洩らしてゴロゴロしてたトキは、なんの「突然」も起きはしなかったし。でも、昔のように一ヶ月以上の休みがあったらなぁ、嬉しいなぁと妄想して、たとえそれが現実に起こったとしても、代わり映えの無い過ごし方で終わってしまうんだろうな。酒の量でも減らしてみるか。”明日から”。

| | コメント (3)

2008/04/25

冬、いつ終わんねん

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる+股関節伸ばした
飲酒:淡麗350ml×3

タイトルのとおり。やっと冬もんの衣装を箪笥にしまえるとおもたら、このブリ返しはどないや!?慌てて毛足の長い肌着を着てしまったではないか。危うく熱燗呑みそうになったわ。股関節は、まだ始めて二日目やし、でんでん変化無し。いつになったら、浅田真央みたいに頭の後ろまで足持ち上げて、えと、ビイルマンスピンとか言うアレ、グルグル回れるようになるのか?股関節の道は果てしないぜ。

いつ終わんねんといえば:
聖火、いまごろ無事か?今まで聖火にぜんぜん興味なかったヒトも、こんなけTVで騒いでたら嫌でもキニナルし。自分は聖火より聖子が気になるタイプ。当然「橋本」と違うほうの。はよ「裸足の季節」きてくれたのむ。寒いのは嫌いや。


| | コメント (2)

ハンガー・下がりまくり

舗装路を走る用の自転車↓
001
悪路を走る用の自転車↓
002
そのデザインと色にほれ込んでどうしても欲しいと思って買ったけど、乗り始めた当初からなんかむちゃむちゃ自分の背が高くなった気がしてた。気がしてたのは実際気のせいじゃなくて、舗装路用に比べると、クランク軸の地面からの高さが30mmもちゃうし!
正味の話、今乗ってる自転車のサドルを30mm上げてみられたし。景色ぜんぜんちゃうから。重心(と目線)が30mm高いぶん、下り坂の恐怖は増幅されるし、ガタガタ道でバランス崩して思わず足をつこうとしたとき、そこに地面がなくて空気をスカスカ足で蹴ってしまったり、いろいろ問題が露呈してたけれど、そのかっこよさに目をつむってたのです。

「おんなじ自転車、何台もあってどうすんねん!?」と自問自答する日々でしたけれど、実際に定規を当ててみて予感が確信にかわった昨夜。「これはちゃんとしたサイズのもん、こしらえなアカン」と。そんで、カーボンや超合金やと世間は騒がしいけど、ここはあえて原点回帰「鉄」で行く。
シート角73度半、トップチューブ540mm、ホリゾンタル、ボトル取り付け穴無し、L26ソレックス・タコアシ・ディアル。ともかくイメージは「ケンメリのシャコタン(ここ大事)」。この仕様で。


つづく。


| | コメント (10)

2008/04/24

体、固い

運動:通勤往復+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2

多くのアニキから腰痛対策のアドバイスいただき、おおきに。そんで昨日の晩から「股関節」のストレッチ開始。
ネットで動きを検索して力任せに伸ばしまくった。足の付け根がメキメキ言うた。めざせ「GIジョー」。

GIジョーになるために、自転車のサドルを5.184mmほど前に押しやった。あとハンドルの高さを10.269mm下げた。これで今夜のサイクリングでどんなけパフォーマンスが上がるのか試すぜ。しかし、アメ模様。洗濯もん入れてきたらよかった。家事の中でも群を抜く面倒くささ->洗濯もん。ドラムが斜めになろうが、清音設計になろうが、乾燥機能が付こうが、しょせんソコマデ。「干して取り込んで畳んで箪笥にしまう」まで自動化してくれ、一刻も早く。

| | コメント (2)

2008/04/23

マーボー豆腐、まぁ普通

晩飯の顛末。なんか味が足らんとおもたら、甜麺醤(てんめんじゃん)買うの忘れた。豆板醤と醤油とゴマ油だけで勝負した。でも、買っていてもこのあと使う頻度は少ないから、それはそれでよかったのかも。味足らん味足らんと醤油とかでなんとかしようとしたら、味がどんどん和風になってゆく。あかん、これでは。中国へ引き返そうと豆板醤追加、また醤油。そんなかんじで、日本と中国を行ったり来たりして、なんとか完成。日本と中国の融合というより、間をとった中途半端さから「東シナ海ふうマーボー豆腐」と言いたい。四川から遠のいてしまった。
Tou
次は、余力あったらラーメンの上に乗してみたい。
それにしても「中華鍋」欲しいぞ。火力なぁ、難しいやろなぁ。それを心配してたら、中国の普通のご家庭は、どこもかしこも強烈な火力で毎日毎日ボーボーやってるのか?と疑問湧くぜ。

ラーメンの王道:
ほんなもん「サッポロ一番塩ラーメン」に決まってるし。昔は出前一丁かなとおもたりしたけど、あれは添付のごまラー油にパンチ力あるから、ちょっと違う。サッポロ一番塩ラーメンに白菜とキャベツの固いとこいれて食べたら、ほらうまい。どんなけうまいかというと、余裕のよっちゃんで第一旭とか新福菜館に勝つな。そおいえば最近「ヤクルトラーメン」見てないけど、元気か?


| | コメント (7)

クラブ活動は辛くて楽しい

運動:通勤往復+舞洲ぐるんぐるん+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2.5(半分残した)

あいかわらず火曜日夜の舞洲はすこぶる”地獄”であった。途中でしんどすぎて頭がくるくるぱーになって、何周回ってんのか全然分からなくなったし。サドルは少し慣れてきた。後ろのほうに座るのはまだちょっと時間が掛かりそう。それにしても入れ替わり立ち代り、ほんまに沢山のヒトが夜な夜な舞洲に来る。メッカになりつつあってそれはそれで嬉しいけれど、不安も。

今のところ一般車両とのトラブルは起きてない(と思う)けれど、公共のバスとかタクシーの往来も頻度は少ないけどそれなりに在る。きのうも、自分たちが豪快に周回してる途中、車庫から出ようとしたバスが、一瞬躊躇する場面あったし。「バスの方がでっかいねんから、待つのは当然やろ」とおもてるヒトがおったら、それは大間違い。豪快に周回してる最中でも、やっぱり譲ってくれたことに対してハァハァしながらでもええから、会釈するなり手をちょっとでも上げて挨拶するなりしたほうがええと思う。

なみはや大橋の上でも、ウォーキングの人たちとの信頼関係をコツコツ構築中なんで、舞洲もそおいうふうにしていけたらいいなと思うし。

挨拶といえば:
先週の水曜日、夜、一人で周回してたら、前から来た競技用車椅子のライダーが手を上げて挨拶してくれた。物凄く嬉しかったわ。同じような車輪を使う者同士、もうちょっと近づきたいけど、どうしたらええんやろ。

| | コメント (4)

2008/04/22

電車の物欲

職場の後輩に鉄道模型のヒトがいて、独身なもんやから年がら年中「車両」買いまくっておる。狭いアパートの隅から隅まで車両だらけと言うてた。走らせる気はないのか?こいつの夢は、広い家にすんでリビングをぶち抜いてジオラマつくって車両をばんばん走らせることらしい。わしの夢はタミヤ1/35ミリタリーシリーズで戦車軍団結成して、こいつのジオラマを木っ端微塵にすることだ。しかし、金のかかる大作戦である。無理か。


| | コメント (5)

今夜のおかずはマーボー豆腐

買い物メモ:ジャスコで豆板醤と木綿豆腐を買うこと。

事前に豆腐を湯通ししてエグみを取るべきであるが、今日はパスする。素早く支度して、舞洲へ行くのだ。家事より遊び優先なのだ。ああしかし中華鍋欲しいのぉ。はるか先の話でアレやけども、棒茄子で買いたいシリーズ早くも始動!

始動!と書いたけど、ほんとうに始動していいのか悩む。高齢者医療制度で少ない年金から保険料を天引きされて呆然と立ち尽くす日は、そお遠くないところにあるのに、本来あってもなくてもどうでもええもんを、ジャンスカジャンスカ買っているばやいではないのだよと、自分に言ってみる。
言ってみるけど、おいしいマーボー豆腐のためには中華鍋が要るし、自転車に乗ったらタイヤは減るし、滅多に弾かないギターではあるけれども、やっぱしゴキゲンなサウンドをシャラ~ンとアンプから出したいので、いろいろ音を変化させる付属品みたいなのが欲しくなるし。
老後を安定させるか、今このときを爆発させるか、悩むぜ。

| | コメント (3)

サドルの迷宮にはいるべからず

サドルを交換してみたから自転車ネタ。

交換して跨った瞬間の違和感、凄いわ。誤解のないように書くと、ヒトの骨の形とか位置なんか66億通りある。だからとうぜん、他人がいいよというサドルが自分にいいとは限らないので、もしかしたら今回のはそうなのかもしれない。でももう少し乗ってから判断しようそうしよう。

運動:通勤往復+なみはや大橋+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×2

前後位置を調節せずに走り出したら、随分後ろ寄りになってしまった。夜だし見えないし修正が面倒くさいからそのまま行った。物凄い「後ろ乗り」を強要されてしまって、ハンドルがえらい遠くになった。それが、なみはや大橋へのアプローチ、妙なことに足の力がうまく出てしまうじゃないか。橋を登っても、今までみたいにグルングルンペダルを速く回せないけど、そのかわり、ズバンズバン力が伝わるような乗り方になるし。妙だな変だなきしょこ悪いなと思いながらも、気が付いたらそれに慣れてる。さすが人間。玉虫色の俺。
しばらくこのままいこう。


| | コメント (2)

2008/04/21

市場を考える

”いちば”ではなくて”しじょう”。昼飯にお好み焼き定食食べた。値上がりしてたし。そういえば、近所のたこ焼きが16個100円やったのに14個100円になってた。ああそうそう、関東方面の自転車大手量販店が堺筋本町のあたりに店舗展開するって聞いたけど、空前のロードサイクルブームを当て込んでのことか?広々とした店舗に大量の展示車置いて、「初めてのヒト」とかを一網打尽にするという作戦かね。
近所のサイクルショップは皆戦々恐々だが、ブームってのはいつかかならず引いていく。潮の満ち引きと同じく。
でも「いけるときにいっとけ」商法はあながち間違いではないしな。対岸の火事やしどうでもええわと思ってたら、自分とこの商材も2008年度に向けてなんとかせんとマズイ匂いしてきたし。ぼんやりしてたら、全然関係ないと思ってたデベロッパーがドカドカドカ!と乗り込んできて、お客さんを拉致して去ってゆくのを何べんも味わったんで、これはがんばらんとまずい。

035_2
二日酔い明けには溜まったパンク修理がいいぜ。でも、糸をほどいて修理しはじめたら目が回りだしたんで、あっさり止めた。それで何か使い道無いかなとおもって、ハサミでをこれを切ったら、一本のクダが出来た。片一方を耳に当てて、片一方から口で息を吐いたら、耳がこそばかった。つまらんから反対の耳もやってみたら、同じくらいこそばかった。もっと他に使い道は無いのか?

| | コメント (6)

2008/04/20

大規模災害

被害は甚大であった。舞洲でおおくの自転車愛好家がさわやかな汗を流している最中、こちらは布団の中でひたすら酵素の分解に耐えた。こんなに天気が良いのにな。

その前に土曜日の日記:
朝に家事を済ませてローラー小娘の学校へ、サイクリング車に乗った坊主頭のおっさん、颯爽と行く!おっさんと自転車と坊主のアンバランスさに学生の目が釘付けであった、がははは。懇談中に混乱をきたしてはいけないので、衣装は普通の人間が着てるやつにした。不覚である。中学卒業後の進路のこととかちょっと。駐輪してある自転車のことが気になって仕方ないから、中身あんまし覚えてない。ごめん小娘。次に、講堂に移動して修学旅行の保護者説明会に行く。行き先初めて知ってびつくり(小池さんは知ってたらしいけど)。「石垣島三泊四日」。なにぃ!石垣島!?全くちょこざいな。中3で南の島!楽園!そんな贅沢ありえへんし!中之島(大阪)か中書島(京都の)でええっちゅうねん!
そんで配布されたプリントみたら、目的のとこに「サンゴ礁を観察して環境保護意識を高め、、、」そこには楽しそうなシュノーケリングのスライドが。

若い頃にいろいろな思い出を持つのはええことやけども、義務教育のうちは石垣島やなくてもええんちゃいますのん->学校関係者。それと先生、「家族へのおみやげ、いろいろあると思いますけど、お酒を頼むのはやめてください」って俺の目を見ながら言うのはしっつれいや!しっつれい!

そして夜はふけてゆく。
032
夕方ようやく「始動」。ながらく放置してあった、サドルを交換した。世間の評判があんましエエので、じゃぁだまされてみようかなと思って。ちょっと座った感想は、え~っと、、、、つづく。

033
それにしても、二年間よくふがいないわたしの尻を支えてくれて、どうもありがとう。


| | コメント (6)

2008/04/18

2008年式坊主

Top
昼休みに行ってきた。オーダーするなり、カットハウスのおねいちゃん「え!?ほんまに5mmにしてもいいんですかぁ!?」ってそんな驚くな。それとも何か?若造が坊主にしたら「おしゃれ坊主」とか言われてチヤホヤされんのに、おっさんがやったら「出家」に見えるからか?

それにしても見事な剃りこみ(天然もの)。そして”富士額”。自転車用のヘルメットの広告とかによく「空気の取り入れ口を効果的に配置」とか書いてあって、いつもは”はぁ、そんなもんかなぁ”と思うのであるが、これが坊主にすると、本当の本当に「風が抜けていく」のが実感できるのだ。つまり、ロン毛とかアフロのヒトは、何をかぶっても大差ないかも。アフロといえば、死ぬまでにいっぺんでええからアフロやりたかったわ。アフロやって、コモドアーズとか聞きながら踊ったりなんかして。今となってはもう年齢的にというか、毛穴的に手遅れ。リーブ21に相談しても、担当者を困惑させるだけだからやめとこ。
懇談会準備一発目完了。あとは今夜すね毛剃るだけ。

誤変換:
聖火リレーやめて次から製菓リレーにせぇよ。オリンポスから始まって、5大陸いろんな国の特色ある製菓を回していったらええねん。妙なもんわまそとするから話ややこしなんねん。

真剣に仕事やったら目が回ってきた。

| | コメント (4)

GW

「ネットワーク装置(ゲイトウェイ)のことであって、黄金週間のことではないので念のため・・・」
って、さむいギャグの前フリでメールよこすな->上司。朝からすべりまくってるし。

Photo
今朝はちょっとサイクリング車で通勤したから、例によって”三本の鍵”と”呪い”をかけておいた。それにしても今朝の霧雨凄かった。車輪が濡れてるからブレーキかけたらキャーキャーうるさい。いつも、こっちがママチャリやとおもてぶち抜いていくシティタイプの自転車乗ってるおっさん、御堂筋横断するとこで今日は返り討ちにしたった。「出る杭は打たれる・曲がってる杭は直される、錆びてる杭は捨てられる」byローラー男。おっさんよう覚えとけ。

きのうの晩、半井小絵ちゃんがいつものように、ありえへんぐらい趣味の悪いオレンジ色のワンピース(?)着て”大阪は終日曇り”と予報してくれたからそれを信じて来たのに、すでに降り始めてるやんかいさ。でも小絵ちゃん、君のせいぢゃないからな。こんなこともあろうかと、おっさんは1500円の上着と800円のスラックスで通勤してきたぜ。ネクタイはダイソーで買った105円。今夜もおもいっきし趣味の悪い服着て、にわかには信じがたいような予報頼むぜ。それでもおっさんは応援し続けるしな。

運動:家事労働+腹筋10万回
飲酒:芋水割り×3合

木曜日の晩飯:カレーライス
金曜日の朝飯:ライスカレー

ついに鍋が空いた。味に変化をつけようと、ソースかけたり醤油かけたり生卵乗せたり、いろいろやった。一番合うのはやっぱり「どろソース」。コクがあって辛さが絶妙やぞ。でも、カレーやからできることであって、これがヤハシライスやったりオムライスやったりしたら、連発はかなりつらい。ほんなら何で酒やったら連発しても行けてしまうのだ?わからんのぉ。


| | コメント (4)

2008/04/17

早くも週末の予定

(仕事、急に手があいた。来週の業務の段取りでも考えようかな。)
土曜日、ローラー小娘の懇談会参加。なんでワシが?これは深読みすると、「嵐を巻き起こせ」ということなのか?お安い御用じゃ、黄レンジャーの腕が鳴るぜ。それはともかく小娘から「坊主にしてこい」と言われた。なんも悪いことしてないのに、なんで懇談会ごときに坊主にせなあかんねん?担任の前でなんでわしが反省せなあかんねん?けどまぁ、ちょうどええタイミング(何のタイミングかはわからんけど)やし、この際坊主・行っとくか。ほしらたアレか、すね毛もこのチャンスに(何のチャンスかはわからんけど)すかっとしとくか。しかし坊主は一発で坊主と分かるけど、すね毛が無いのはどうやって担任の先生に判らしたらええのか?あるいは判らす必要は無いのか?
現場の雰囲気で判断するか。

あとは、近所で評判のよい整骨院に行く。腰痛の対策方法をうかがって、これからの季節に必要となる「大きなギアを高速で回せる」ように体をいたわる。

今日の昼飯:カレーうどん
負けるな黄レンジャー!乗り越えろ、作りすぎ!今夜は野菜もしっかり採れ!

| | コメント (4)

雨の前に走るのだ

”あ~雨降りそうや~、サイクリングやめて呑もかな~”と危うく弱い自分に従うとこであった。危ない危ない。

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、芋水割り×2合

そうまでしてなんで夜にサイクリング行くかっていいうと、やっぱり一日のおしまいには、毛穴とか汗腺とかを故意に開いていろんな毒を出しとかんと、きしょこ悪いから。それに、毒を出してから毒(酒とか言う)を入れるのがまた格別だから。それにしても水曜日の舞洲は不気味なほど静まり返っておる。火曜日の激闘がウソのよう。

格別といえば:
火曜日朝飯はカレー
火曜日昼飯はカレー定食
火曜日晩飯はカレー
水曜日朝飯はカレー
カレーを食べ過ぎて死んだやつなんかおらんから、このまま突っ走るぜ。作りすぎた自分が悪いのは重々わかってるからやいやい言うな->うちの家族。だいたいカレーを少量こしらえてどないすんねん。あれは大量にこしらえるから美味いねん。まぁ見とけ、「黄レンジャー」の実力はまだまだこの程度ちゃうから。カレーが世界に平和をもたらすような気がする。

職場でちょっと気ぃ悪いことあったし眠たいしで、これは舞洲行って帰ってくるまで、たいがい時間かかるやろなとおもたら、そうでもなかった。いっしょうけんめい漕いで・しんどくなったら緩めての繰り返しと、なんか知らんけどシンドイシンドイと思いながらも一定坦々で漕ぐのと、ほとんど変わらんかった。黄レンジャーなりに考察すると、これはもしかして、時間軸のゆがみによる影響かとおもう。

Trk
宍道湖の某道の駅で見つけた自転車。美しいな。


| | コメント (3)

樋口がんばれ

(おっさんのロックねた)
おっさんになって全体としてますます円熟味が増してて、ボーカルの二井原実は上島竜平とウリ二つになってるけどそのパワーはぜんぜん衰えてない”LOUDNESS”を急に思い出した水曜日の夜。一番好きな曲をYoutubeで見る。ビイルを呑む。至福の夜だったぜ。

イントロのトコに痺れる。これを聞いて腰痛も治りそう。

ほんで、じゃぁ最近はどうしてんのかなとおもって専用ホームページを見てびっくりこいた。ライブ告知で盛り上がりまくりなのかとおもたら、病気療養のお知らせやん。バンドの中でも重労働パート担当だから、肝臓は大事にしてもらいたい。そんな状態ではたしかにパフォーマンスが著しく低下するやろう。気の毒すぎる。「ヘヴィメタルのヒトは病気にならん、風邪ひかん、二日酔いにもまけない、視力がええ、ガリガリ、髪の毛長い、目つき怖い、服装暑苦しい」と長年の自分の思い込みが完全にくつがえされた気がする。
体をいたわれ->ヘヴィメタル。定期健診受けろ->ヘヴィメタル。健康保険ちゃんと払え->ヘヴィメタル。早寝早起き->ヘヴィメタル。一汁一菜->ヘヴィメタル。

| | コメント (4)

2008/04/16

舞洲で目を回す

先日の晩御飯であり酒のアテでもある「キャベツ炒め・カレー風味」。ガラムマサラふりかけて焼いただけ。
001

運動:通勤往復+舞洲ぐるんぐるん+体操いろいろ
飲酒:芋水割り×3

毎週火曜日は舞洲でえらい騒ぎがあるとかで、いっぺんその渦中に入ってみようとノコノコ出かけた、夜の8時。噂どおり、モーレツないきおいで5台の自転車がびゅんびゅん走ってた。タイミングを合わせてこれに乗る。平地をびゅんびゅん走るのはあまり得意ではない(坂ももちろん得意ではないけど)。それを克服するには、こうした自力だけでは継続できないスピィーディなサイクリングが不可欠。そのうち列車の人数が増え、最終的には10人近く(?)でズンガンズンガン突き進むので、もう足と目玉を限界まで回して、チカチカ星が飛び出す。

途中で色気を出してバスッ!と踏み込み前へでてみたら、途端に失速。刹那「ボッバ~ン」というカンジで一気に切れた。高速で走る集団から一度切れてしまうと再乗車の可能性はゼロ。沢山の点滅式・赤色テイルランプが縦一列になって蛇のようにうねりながら坂道を駆け上がっていく光景は、見たことのない白日夢のようで綺麗だなぁと、ぼんやり見送った。これが今の実力だから仕方ない。続けてみようかな。やっぱり自転車はまぎれもなく「エンジン」。

星が飛ぶけど:
登りでパワーを出し続けるのと、平地でパワーを出し続けるのと、随分いろいろ違うなぁと今更に感じた。ほんなもん100万年前から分かってたことで、今までいかになんも考えずにサイクリングしていたのがばればれ。両立も出来無いし特化も出来無い自分に残された道は、そこそこ”姑息”に行くしかない。便利な言葉やな->「そこそこ」。

でも、この恵まれた環境がいつまでも続けばいいな。過去にも場所は違えどこうした”自然発生的に集まった強度の高いサイクリング”の集まりがあったけど、いろいろな事情、公道をつかわしてもらってるから当局の指導が入ったり、付近の住民感情を逆撫でしたり(気づかないうちに)、ちょっとした事故があったりで、幾度も幾度も”フェードアウト”していったし。杞憂に終わればいいけれど。

ひさびさに:
自転車の話を日記に書いてしまったけれど、動きのロジックとかを考えたりすんのは、自分のガラではないな。もっとこうなんていうか野趣溢れる思うがままの自由奔放な杉本彩のようなカンジでペダルを漕ぎ続けることが本望だぜ。できたらもうちょっとそのガリガリなんとかせぇよ->杉本彩。でも、エロさは現状維持でええからな->杉本彩。


| | コメント (4)

豚肉のパン粉焼き・非ミラノ風

ローラー小娘の晩飯は普通に”生姜焼き”にした。自分はどうするか悩んだ挙句の回答。
002
安モンの豚肉をトントン叩きまくって伸ばして、パン粉つけて多めのオリーブオイルで「揚げるような焼くような」そんな料理。本来はこれにチーズ乗せて焼きたいところを我慢。パン粉にパセリのみじん切りでも入れたろおもたけど、ほんなもん我が家に無いし。しわしわの大葉見つけたから、それを粉々にして混ぜてみたら案外いけた。

巷、ブログの巷ですけども、にわかにダイエットブームな雰囲気。食べずに痩せるという悪習ではなくて、健康的に体重を減らしましょうという取組みがちょっと流行ってるみたい。昨日の体重に愕然としたから、自分もその潮流に乗ってみたいぜと思って、晩飯はこれだけ。それと芋水割り。幸いなことに、本来酒飲みの晩飯ってのは、軽いアテがあれば満足できるんで、このていどの食物(しょくもつ)だけでも平気。でも、食べ物に神経質になるとロクな事が無いだろうから、あくまで適当にやろうかな。大事なのは無茶な食べ方を削減すればいいやというところ。


| | コメント (4)

2008/04/15

アイシングにかけてみようかと

今週初めから、いままで意識して温めていた腰を一転「冷やしてみる」ことにしました。いままで頼った整形外科や鍼灸院でも見立て内容に違いはあるものの、最後には「腹筋鍛えましょう」「ストレッチしましょう」で貼り薬を大量に抱きかかえて放り出されるだけ。

ちょっと前にダメもとで飛び込んだ整骨院で、ひととおり診察終わったあと、いきなし患部を冷却されてビックリしたことがあって、あとで調べたらウォーミングアップにも冷却が効果あるとか書いてあるし。その中にも慢性的な腰痛について触れてる部分があって、ほんならまぁやってみようかと思って。いまのとこ劇的な改善・効果は実感できてないけど、逆に言うと「悪くないかも」。あわせて体操もおこたりなく続けてみようかな。今夜も骨盤回すぜ。

| | コメント (9)

退社後のおっさんのとるべき行動

昨日は退社後にジャスコ此花・高見店に寄る。我が家の米が枯渇したから、それを補うのだ。当然エコバッグ持参で。このエコバッグも自分で買ったものではない。前から持ってたみすぼらしい手提げ袋でコツコツ買い物して、地味に「レジ袋不要スタンプ」40個集めてその景品としてもろたヤツ。エコ生活者の証だぜ。誇らしいぞ。誇らしいけど、エコバッグに米10kgも入れたら、持ち手が千切れそうになったぞ。仕方ないからそれを抱きかかえてふらふらしてたら、よそのおばはんに笑われた。エコ親父を笑うな!->おばはん。ほんでもうちょっとガッチリしたエコバッグくれ!->ジャスコ。

ちなみにジャスコ野田阪神店の1F食品売り場は、今週一杯(~18日)まで全面改装の為休業してるから気をつけたい。
Nodahanshin

この前いきそびれたリカーコーナーがどんなけ豪華にリニューアルされるかドキドキするぜ。おっさんの希望としては、試飲コーナーを爆発的に充実させてくれ。あと折角やから、昔は酒屋の一角によくあった”立ち飲み”をやってくれ。アテは乾きもんだけでいいから、なんていういか女・子供が近寄りがたい雰囲気の一角でもええぞ。あとは折々のイベントばんばんやれ。冬とかに「日本酒初絞り祭り」とか、夏は夏で「キーンと冷えた発泡酒」とピッチピチの服きたイベントガールどっさりおいてとか、ともかく嫌々買いもんに付き合ってるおっさんが楽しく家族に帯同したくなるような場の提供で。

運動:通勤往復+なみはや大橋+体操いろいろ
飲酒:芋ロック×2合

ひさしぶりに体重計に乗ってみたら、人間になってから初めて目にする質量に驚く。俺様の体になにか異変が?あわてて衣装を着替えてサイクリングに行く。もうそんな重さになってしまった以上、ココに通うこともあるまい。この橋との今生の別れか、、、どんなえげつない事になるのかと覚悟してなみはや大橋を登った。ほしたら、以外にも伊吹山直前と変わらんペースで行けたし。伊吹山でちょっとだけ安全弁の外し方みたいなものを思い出したのは、大きい。ゆっくり走って強くなる方法もあるけど、”速く走らないと速く走れない”(日本語は難しいぜ)のも実感するわ。

知り合いに、大台ケ原の自転車イベント誘われた。


| | コメント (5)

2008/04/14

おっさんの青春なのだ

サイクリングに出かけて、きっつい坂道でおっさんがハァハァしてるとこは、ハタで見ててけっこうきしょこ悪い。ローラー小娘が通う学校の近所の坂で、そんなことがあったらしい。しかしアレや、そんなストレイトに「きしょこ悪い」言うな。おっさんにはおっさんの都合でハァハァ言うとんねん。
小娘なんかは青春の汁にどっぷり浸かってる年代で、なにかにつけていっつも腹を立てておる。逆におっさんは、他人に対して不快感を与えるのがいわば宿命で、嫌われてナンボの生き物だから、これからの新緑の季節に向って、なおいっそうギャラリーの居る坂道なんかでは、過剰にハァハァして、青春を謳歌している連中に不快を散布してゆきたい。そおしておっさんは、ヒルクライマーになっていくのうはは、うはは、うははは。早速今夜のなみはや大橋から行動開始。

| | コメント (5)

アンダー・マイ・サム

帰りの高速バスで読む本買った。しっかし何べんいっても品揃えわっるいのぉ->JR米子駅舎のとこにある本屋。読みたかった”サクリファイス”が無いではないか。萎えた。萎えたときは若かりし頃を思い出して青春小説でも読むかと。

Sum
帯のとこに「芥川賞作家が描く鮮烈な青春小説」ってバーッン!!!と書いたあるからそれを鵜呑みにしてこうたのに、嘘つきめ。この本書いて5年ぐらいあとに芥川賞もろとるやんけ。へぼへぼの時の小説買ってしまったではないか。

~「いまいましい若さ」を共有しながら過ごした十七歳の日々~

小説の中に描かれている小説はどれもこれも”美し過ぎる”ちゅうねん。たいていミスティリアスでちょっとイカス女の子が出てきたりなんかするけど、ほんなもん現実の青春にはおらんっちゅうねん!ツレゆうたらぶっさいくな服きて中古のパッソル乗ってて、全然言葉わからんくせにパプアニューギニアの短波放送聴いて妙なハガキ集めてたりするヤツとか、鳶やってる親父の地下足袋を自慢しよとおもて学校に履いて来て先生にしばかれたヤツとか、読書言うたらGOROと映画の友と”リングにかけろ”しか頭に無いやつとか、こんな連中しか回りにしこたまおらんし、女子いうたら、この連中のごっついオカンとか、輪をかけてごっつい姉ちゃんとか、ごっつい生意気な妹とかやし。そんな現実の17歳に「いまいましい若さ」があるワケ無いし。小説家の青春わけてくれっ!!!て、もう遅いし手遅れやから別にええけど。

飲酒:淡麗350ml×1、ワンカップ×1

本買ったんで、ワンカップを1個で辛抱した。ほんなことやったら、本やめてワンカップ×2にしたらよかった。作者の佐藤たかみ、酒返せ。
そんなめめしいこと思っている間に、金本アニキが2000万本ヒット打ったらしい。内容はともかく、K-1でも武蔵が勝ったし。空前のおっさんブーム近し。”いけてるおっさん”増殖中。負けてられへんな。

| | コメント (7)

人生の楽園

Photo
こんなことしてる間にも、(仮想)ライバルたちはサイクリングでソーカイな汗をぼたぼた流しまくっていたんだろうなぁ、、、。(それは言うまい、想うまい!)

土曜日に高速バスで実家に移動。休む間もなく溜まっている用事を片っ端からこなしていくぜ。
1.裏山の枝打ちと草払い。そろそろマムシがニヨロニヨロ徘徊する季節なんで、この作業は大事。久しぶりに鍬と鎌を振り回して、手が豆だらけ。
2.石運び。家の前の海岸から10kg単位の石を庭まで黙々と運ぶ。”なんでそんなことする必要があるのか?”と考え出すと手がパタリと止まるから、いっさいの思考をゼロにしてロボットになったつもりで黙々とやる。
腰痛が痛いを通り越して、なにか別のものが背中に入ってる感覚。中古のユンボが激しく欲しい。夜にヤフオクで中古ユンボを検索。落札したあとの輸送が問題だが、憧れの「キャタピラもの」が自分とこの庭にあって、常時”キュラキュラ”いわしながら操作すると思うと、しっこちびりそう。でも、けっきょく入札せず。
3.裏山から竹を切り出して、垣根を延長する。なんの為の垣根か?美観。違う。こうして景観を保っておかなければ、たちまち散歩途中の人の”ゴミ捨て場”と化してしまうから、自己防衛のため。都会だからとか田舎だからとかそおいうの関係なく、非常識なヤツはどこにでもおるってこと。値段が安いからという理由だけで電動ドリルを買ってしまって、メガトン級に後悔したぜ。コードが届かんとこがある。やっぱし松下電工の強力な充電式にしといたらよかったわ。
4.おかんの車のワイパー交換。楽勝。

Photo_2
5.そろそろ2008year・スズメ蜂襲来に備える。桃の缶詰のシロップ+日本酒+酢を混ぜた誘引液をこしらえて、容器へ。今年はまだ”斥候部隊”の飛来が確認されていないらしい。奇襲に備えて早めに手を打つ。

Photo_3
木の陰にシカケル。今シーズンも熱い戦いが始まる予感。といっても離れて暮らしてる自分はやっぱり危機感が無い。先日71歳になったおかんは、いままでに3回刺されてるらしい。「次刺されたらあの世行き~」と冗談交じりに言うけど、なぁおかん、そんなん言うなよ、俺どないしたええんかわからんようになるやんけぇ。

| | コメント (4)

2008/04/11

サスティナブルデザイン

社内のメールサーバ立上げの次は、製品カタログ・デザインの立案。そもそも所属してる部署名がよろず屋っぽいからこれも仕方ないけど、いろいろ手を出してるわりにはどれもこれも中途半端なデキで悲しい->わし。

●サステイナブル・デザインは、環境への負荷を減らして人類が地球上で生き延びてかつ繁栄できるように、「対立する関係にある経済発展と環境保護を調和ある関係に戻す方法論」であり、「自然と共存しながら未来と現在のバランスを保つ」ように人工物をデザインすることを指している。

ほんなこといわれても、自分の仕事の出来不出来で人類が生き延びるとか繁栄していくとかありえへんから、無茶を言うのはやめてくれ->上司。”未来と現在のバランスを保つ”というのはアレか、例えば今日の昼飯は焼肉定食食べたから、晩飯はアッサリ目に茶づけとつけもんだけにしとくかと、そういうことか。
ちか過ぎる未来の話はアカンのか?->どないや上司?

未来といえば:
美山サイクルロードレースは回避します。それまでの期間で、思い描く理想のエンジンになれそうにないから。反対に、丸岡サイクルロードレースは参加を目指してみようかな。


| | コメント (2)

新番組

いやぁしっかし、「秘密の嵐ちゃん」はサイコーにおもろなかった。よくこんなおもろない企画通ったな。ジャニーズやったら、やっぱし畑耕して農作物こしらえるTOKIOが安心して見られるし。あと、太陽電池の車で全国津々浦々を巡るやつも。偶然の出会いは少々演出っぽいのが見え見えではあるが、旅の情報としてこっちがココロの準備しといたらええだけの話やし。

若いときは見るもん無かってもスウイッチをOFFに出来なかったけど、おっさんになった今、ほんなもんおもろなかったら”リー即!”でOFFじゃ。水戸のご老公とタイガースの試合と篤姫しか写らん専用のTVはないのか?そんで、服のセンス最悪やけどあの微妙な笑顔がおっさんのハートをぐりんぐりん鷲掴みな半井小絵ちゃんの天気予報も許可する。他の気象予報士が天気外したらほらぁもう腹たって腹たってゴネまくったろか思うのに、半井小絵ちゃんの予報が外れたら「わぁ~ハズレちゃたねぇ~明日はがんばろうねぇ~」とか思ってしまう自分が情けないけど、ほっといてくれ。


| | コメント (6)

自転車ブーム

運動:家事労働だけ
飲酒:淡麗350ml×1、赤ワイン×3合

ジャニーズ”嵐”メインの、放送時間帯と視聴率考えたら素人目に見てもこれは短命やなと思う程しょうもない新番組見てたら(正確には見さされてた)、某社のunder the Tree君からお電話もらった。ナイスタイミング。恋人でもないしつきあってもないけど、不思議と「ああ、どうしてんのかな」と思ったときに偶然電話かかってくるんで、何色か知らんけど糸で結ばれてたりして。

そんでまぁ話はお互いの近況報告に始まり、そして主題は「昨今の空前の自転車・ロードバイクブーム」に流れてゆく。”メタボ””エコ”というキーワードが世の中を席巻してて、自転車はその「エッヂ」を行くビジネスなんだろう。特に、つい最近まで暇と金があれば「飲み歩いてた」おっさん連中が、その金と時間を自転車に突っ込み始めたらしいから、そらぁもう凄い勢いなんだろうな。これが乗馬とかやったら誰かに習わないと始まらんし馬の餌いるし、フィギアスケートだと場所と氷を確保せんとダメなのに、自転車やったら買ったその日からパッと乗れるし、玄関出たら即始められるしええことづくめ。

これからも世の為人の為俺様の為、物欲をバッシンバッシン刺激する魅力溢れる商品をリリースしてね->某社のunder the Treeくん。あと、おねいちゃんがわんさか参加するような宴会をするときは、一声かけなさい。

魅力溢れる商品といば:
この前の伊吹山のとき、自分の自転車のサドルを見たジャイアンあにき、目が点になってた。それはパンツと擦れまくって左右の表皮がズルズルに剥けてて、ベースが弓なりに湾曲してへたりまくったサドルの姿。とくに不便は感じてなかったけど、言われてみたらたしかにちょっとみすぼらしい。夕方自転車屋に行ったら、恥骨(?)の幅を測る簡単な道具があったんで座ってみた。恥骨(?)というぐらいだから、さぞかし恥ずかしい形をしているのだろうと思ったが、期待したほど恥ずかしくは無かった。普通にMサイズ。


| | コメント (6)

2008/04/10

ガセネタ流すな

”ジャスコ野田阪神店のリカーコーナーが大改装中。在庫を破格値で大放出してた!”この小池さん情報に色めき立ち、「とるものもとりあえず」退社後マッハ15で現場に駆けつける。

するとそこにはリカーコーナーが「無い」。忽然と幻のように消えたもよう。小池さん情報はガセ?手ぶらでは帰れないので、適当に一本だけ行っとく。
003
飛騨高山の大吟醸「氷室」。最近、大吟醸を連発してる気がするけれども、これも成り行き上のことで、わざとそうしているのではないのだ。仕方なくというやつ。
いっぺんやってみたい、壮大なドリームは、陳列棚の「こっから・・・・ここまで」とか言うて、がっさり酒を買いまくること。しかしそれとて、高級酒や珍酒やなくて、ごくごく普通に売ってるやつを、がっさり。

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる、途中から雨
飲酒:氷室、淡麗350ml×1

舞洲を走ってたら、意図せず雨降ってきた。以前は半分やけくそ、半分ウケ狙いで雨の中を颯爽と走りに行ったりした。雨の中六甲山頂まで行ったり、姫路往復したり、だんだんエスカレートして行く。距離が伸びると比例してうまく走れるようになったけど、忍び寄るリスクには全然気づかずにいた。大きな水溜りに突っ込んだら、そのソコに穴ぼこがあんのに水没してるから全然見えなくて、前輪くちゃくちゃになってひっくりかえった。奈良県の下のほうで、もうどうしていいかわからんで、林道に近い杉木立の中で途方にくれた。むろん公共交通機関なんかゼロ。いまのように携帯電話とか持ってないし、万策尽きたな。いったいぜんたいどんだけ歩いたら一番近い集落までいけるねん。そうおもってずぶぬれでぐちゃぐちゃに潰れた車輪の自転車を引きずって歩いたトキ、本当に悲しかった。
まぐれ中のまぐれで、林道作業のトラックが来て、必死で手を振って止めてから事情を話して載せていただいた。

そんなことがあって以来、もう自転車に乗って雨の中をムリして出るのは、やめた。
手もシワシワになるし。


| | コメント (2)

FAXすな!

025
重そうな”まさよ”のアゴを支えてみた。加齢とともに、顔のたるみが著しい。

今朝の社内通達「個人情報漏洩事故」が後を絶たないらしい。個人の名前が特定できるようなFAXは、すべて社外への送信禁止令。もうなんかガチガチやし。お客さんから製品問い合わせメールが来て、それに返信するときも、わざわざにお客さんのシグネチャーを削除してるのが現状。大変面倒臭いけれど、そおいう時代だから仕方ないかな。

でも現実は笑えけるぐらいもっと慎重で、顧客の商談事例を作るときなんか秘匿性を持たせて”某電力会社”とか”某流通業”とか書かなくてはならん。関西文教のときはなぜか”某K大”、”某R大”とかって、・・・バレバレでもやっぱりそれなりに書く。面倒臭いのぉ。

個人情報といえば:
まだちょっと伊吹山を引きずるぜ。実業団の部でクラブチームのキャプテンが御歳49歳で”34分半”のタイムをたたき出しているではないか。キャプテン氏を見ていると、強さの秘訣はやっぱり「酒を呑まない」ことに尽きるのか。これはもしかしたらアレか、断酒したら34分出せて、節酒やったら35分で、ぼちぼちな呑み方したら36分、週に1回の休肝日を設けたら37分ってことか。そうに違いない。

| | コメント (3)

2008/04/09

本屋大賞

今朝のNHKニュースの話題。伊坂幸太郎さんが受賞したもよう。代表作(かどうかわからんけど)”重力ピエロ”とか”グラスホッパー”読んで、おおなんかそこそこオモロイ小説を書くお兄ちゃんではないか、今後とも時々応援したい推理小説家の一人にノミネイトしておくかと思った矢先の受賞。
Grs

そんなことはどうでもよくて(どうでもよくは無いけど)、本屋大賞のサイトみたら、得点に大差あるものの、次点に選ばれてんのが自転車小説ではないのか!?本屋で日々働く連中が全員サイクリスト・自転車ロードレース愛好家ということは絶対の絶対にありえへん。そんな本屋の連中が推す本ということは、それ用の自転車に乗ったことが無いとか、ロードレースを見たことも聞いたことも無いけど、まぁ読んでみたらけっこう行けてるやん!おもろいやん!と感じたに違い無い。違いないというより、「そうであってくれ」。

これは、なんか、先行きバッシバシに明るいぞ。どんなカタチにせよ、サイクスポーツがちょっとづつ明るみに出てくるのは喜ばしいぜ。

つづく

| | コメント (5)

熱いぜ舞洲

004

懸案の”ビフカツ”揚げた。なかなか良い出来であったが、市販のトンカツソース一辺倒なのが気に入らん。そこそこ長期保存可能なデミグラスソースの製作は可能なんだろうか?

運動:通勤往復+舞洲ぐるんぐるん+体操いろいろ
飲酒:大吟醸×2合

伊吹山が終わったから、少しなみやは大橋(※)に通う頻度を下げて、その分を舞洲詣でに捧げてみようかなと。普通に走ってたらもんの凄い殺気を感た。ゴーゴーとディスクホイール特有の唸りを上げたヒトが二人、プラスチームメイトの超クライマーと超スプリンター、さらに速そうなヒトが数名で横を通過。咄嗟に飛びつく。一週半ほど様子を見ながら着いて行って、ちょっとした坂道でオレンジ色のジャージのヒトが中切れを起こし、これはマズイと思ってその人を抜いてさらに加速。だけども、下りにはいると腰が「もうあかん!堪忍して!」と泣きを入れる。

あのペースだと、着いていけるのはせいぜい5周まで。それもウンコのようにぶらんぶらんと列にぶら下がっているだけで、積極的に”参加”できるレベルじゃないわ。しかし、この腰、真剣にどないかせんと、他のグループにもついていけなかった。足と心臓がこんなけがんばってんのに、腰ががんばらんでどうすんねん。肝臓見習え。

(※):
なみはや大橋に通う最大の理由は、話題の巨大家具&雑貨マーケット「IKEA」の大阪店建設の進捗を確かめること。まぁオープンしたら覗くだけ覗いてみよかと思って。いまのとこ、どえらいでかい駐車場ばっかり建設してるけど、どんなけ大量の車停められるねんいうぐらいでっかい(駐車場が)。
ちょっと前までIKEAでステキな家具買って、ステキなライフを送ろうかと企んでたけど、うっとこの”こっすいアパート”でほんなもん似合うワケが無いし。はやめに気づいてああよかったよかったと半ばやけくそ。


| | コメント (0)

酔うとどうなるか

雨の月曜日、自転車仲間の転勤を惜しむ宴会があってひさしぶりに散々飲んだ。散々といっても”自力歩行可能”の範囲で。これが自分のばあいはくせもので、自宅までの約7キロを真夜中に完歩。普段から食が細いほうなのに、飲むとますます細る傾向にあって、治したいとおもいつつも気が付くと箸を離してるし。(そのわりには、体系がガリガリじゃない。不思議だぜ。)
記憶してる食べたものは、肉だんご1個、餃子4個、エビチリのエビが2個、あと漬物ちょっと。対して、飲んだのは、ビイル大瓶をいくつかと日本酒を4合?歩いて帰る途中に喉が渇いたんで、どこか忘れたけど新地あたりの立ち飲みBarで、生中を飲んだかすかな記憶もある。「食べずに呑む」この悪しき習慣はまさしく「ドップリおっさん」の証拠。
こんなだから、火曜日の朝起きたら全身がモーレツな倦怠感につつまれているのさ。

001
そのくせ、夜は夜で高山で買った大吟醸を呑むのだ。山を登ったり、アルコホルを分解したり、肝臓には感謝してもしきれないぜ。

疑問:
大吟醸があるのなら、中吟醸、小吟醸はあるのか?


| | コメント (2)

2008/04/07

六根清浄

富士山を登ったときに、山伏のかっこをしたばあちゃんの一行が唱えてた謎の呪文->六根清浄
のちに、これが
「ヒトには視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感と、意識すなわち第六感があって、それが我欲などの執着にまみれていてはダメ。そのため執着を断ち、魂を清らかな状態にする」ためのおまじないということを知る。険しい山に登るときにこれを唱えると、力がみなぎりかつ魂が浄化されていくということ。

ともかく、力強いコナあにきの走りを見送ったら、もう終わりだ・アトが無いと奮い立ち、車輪半分のトコで耐えまくった。するとエンコしかかってた心臓が強い脈動で蘇り、弱りかけてた足腰に新鮮で栄養満点の血液がドピュドピュ循環始めた。斜度が緩くなってガッとトルクのかかるトコではコナあにきが、逆にしゃかしゃか回すトコでは自分がというふうに、自然と先頭交代を繰り返し・繰り返し、なんども千切れそうになっては折れそうな根性を、か細い意志で支えてくらいつき、二人で付近の酸素を奪い合い・分け合いながら六根清浄!

ゴール前の平地でコナあにきに心の中でお別れを告げたあとも、一生懸命漕いでみた。だから後悔は無いぜ。平素は我欲・執着にまみれまくって暮らしてるけども、坂道に関しては”なみはや大橋”に通い続けててほんまによかったわ。日々の生活や環境にケチをつけてもなにも好転しない。身近にある時間と道路と道具で工夫すんのが”男気”だぜ。それが自己満足ですけども内容に反映されてて嬉しい。海抜80mの橋でも続けることに意義があるから今後も是非続けていきたい。同行のアニキ、会えたアニキ、会えなかったアニキ、その他お世話になったアニキ、どうもありがとう。

主催者へ:
始まる前は、さんざんぼろくろに言うててゴメン。心配ごとが全部杞憂に終わってしまったではないか。文句のつけようがないから、来年もあったら出るぜ。それと、24時間後にリザルトをネットに公開までするとはアッパレではないか。それに引き換え同日開催のこっち、しっかりせぇよ。

008
参加賞

| | コメント (16)

伊吹山12km地点への旅なのだ

(自転車ネタ)
朝、起きる。おそるおそる目をあけて、おそるおそる上半身を布団の上で起してみると、頭痛無し、吐き気無し、天井の回転無し。例年の四月上旬の長浜は、朝の気温が4,5度だと宿の兄ちゃんが言うてた。けれど、この日の朝はすでに10度。幸先がいいぜ。

※宿の兄ちゃんは長浜観光協会にもちろん所属してるけど、今回の自転車イベントのことを全く知らんかった。確かに岐阜県のイベントだからムリも無い。主催者の開催案内には、関ヶ原周辺には宿が少ないことを書いてあったけど、観光地でありなおかつ宿泊施設が以外に多い長浜周辺の宿を、もっと積極的に推奨するなり連携するなりして、割引プランを提供するとかしてくれたらな(イベント現場からそう遠くないし)。うまい具合にヒトが多く集客できるとなると、長浜市でも同様あるいは類似したスポーツイベントの立案に繋がるかもしれんから、そおいう波及効果をスルーすんのはどうかと。。数年前まで閑散としてた長浜を屈指の観光地に仕立て上げた情熱あるのだから、ぜひ。

そんでイベント現場へ。適当に準備体操したりして盛上げていく。そしたら胃腸も盛り上がってきてというか正しくは盛りサガってきて激しい便意。調子のええ証拠だぜ。そしていつものようにイベント前の儀式「女子便を拝借」するのだ。断じてハレンチな気持ちで女子便で用を足すのではない。ましてや先行する女子がいたりするとこは、まずお借りしない。男子便所が長蛇の列でなかには肛門開きかけてるような連中がもじもじしながら並んでるのに、フト見たら女子便が無人だったりする場合に限り。堂々とお借りして、堂々と排出、便器に一礼して堂々と退場。

さらにスタート地点へ移動:
ここまで駐車場~受付~移動と「ノートラブル」で拍子抜け。ときどきみかける”主催者につめよってゴネまくってるおっさん”とか皆無。そんで自分も発射準備する。半そで短パンになる。足の毛は予定通りばっちりボーボーで春風にそよぐぜ。快晴、桜満開、すでに腰痛、いざ発射!

”お立ち漕ぎ”でいきおいを付けて、足と心臓をしょっぱなにビックリさせとく作戦。しかしものの5分で一発目の異常警報発令。空気がよく乾燥してるのと、体中の水分が前夜のアルコホルの分解に行ってるせいで、激しい喉の渇き。喉がふさがる感触がして、あわてて水筒の水飲んでダリして警報の収拾にとつめる。つい弱気になって、「ああやっぱり標高80mぽっちのなみはや大橋登ったりおりたりする、子供だましのような反復は、現場では通用せんのかなぁ、悲しいなぁ、ゴール地点は遠いんだろうなぁ」と思い始めたとき、30秒後スタート・後発組のコナあにきが突如としてあらわる。その姿からは1滴たりともネガティブ要素が染み出てないぜ。あにき、おかげさまで目が覚めたぜ。一緒にイクぜ!コナあにきのエナジーを見えないストローでちゅるちゅる吸いながら、30分近くのランデブーがソコから始まった。

| | コメント (0)

伊吹山への旅なのだ

ヒルクライムイベントの余韻に浸ることもなく、日曜日に帰宅すると、待っていたのはやはり「家事」。晩飯、洗濯を終えてベランダから曇った夜空を見上げたとき、ようやく慌ただしくも充実した週末だったなぁと振り返ることができた。でも「それでいいのだ」これからも。

4月5日土曜日:
同行のパチョ君と長浜に移動。夜半に三々五々集まってくるほかのアニキ達の到着を待つあいだ、”軽く”エンジンを回しておくかと、ホップと麦芽で出来た飲料を摂取。様子はパチョ君の写真で。夜は夜でさらに米と麹で出来た飲料も摂取。自分でも気が付かないうちに、毎度おなじみの手順を踏んで「崩壊パターン」の幕開けかしらと思ったのに、同行のアニキ達が横でブレーキを踏んでくれたお陰でなんとか崖の手前で助かった。自動車教習所で自分がアクセル踏もうとしてる横で、教官が補助ブレーキを踏む行為は、たぶんこおいうことなんだろう。

振り返ると、15時~23時まで休憩を挟みながらアルコホル類を取り込んだ模様。奇しくも長浜市は来週に有名な「曳山祭り」を控えててその前哨戦みたいなイベントてんこもり。観光客てんこもり。自称・祭り男の血が騒ぐぜ。騒ぐけど、この週末のおれ様の肝臓は、サイクリングのためにグリコーゲン代謝をさせると決めてきたからには、アセトアルテヒドの代謝を優先させているばやいではない。無念であった。

飲酒:大瓶×1、地ビイル×1パイント、缶ビイル×4、缶チューハイ×1、日本酒×2合、生中×2(あと覚えてない)
情報:
1.ホワイト餃子はうまかった。うれしいことに大瓶はすべて「サッポロ」だった。今後も応援したい。
2.地ビイルは普通にうまかった。毎週金曜日はビイルが半額らしい。しかし、フード類がどれもこれも高価である。調子に乗って飲み食いしたら、客単価は軽く六千五百円を越える見込み。注意したい。
3.宿は非常に家庭的なもてなしであった。しかし、玄関から客室の間に居間が存在するシステムは辛い。宿の家族が普通に晩飯食ってる横を客が通過すんのはひつよう以上に気を遣うぜ。また利用したい。


| | コメント (3)

2008/04/04

景気ええのぉ~

朝から目を疑う光景の報告。

”あ~、今朝もなんか知らんけど軽めの頭痛と軽めの吐き気と軽めのめまいすんのに、こまごまとした事務てんこ盛りで、昼からは痛々しい会議もあって、まぁしゃ~ないけど仕事がんばるか~”と通勤のママチャリを路上駐車しよとおもて、いつもの場所に持っていったら、なんか10人ぐらいの人間(男女混在)が桜の木の下に円になって座っておる。
数人はちょっと緊張した面持ちで、着てる衣装からたぶんフレッシュマン&ウーマン。そんで、その10人ぐらいの人間はそれぞれ手にホップと麦芽を原料にしたドリンク持ってるし。開幕4連敗でやっときのうの晩1勝あげた東京の野球チームの親会社がやってる放送局の社員が白昼堂々とというか正確には平日金曜朝の8時15分から堂々と桜の木の下でホップと麦芽を原料にしたドリンクをめいめいあおってご機嫌さんな姿を横目で見ながら、ワシは今日も出勤してきた。

誰かなんとか言うたれ。

※もしかして全員夜勤明けやったりしたらゴメン。

その後:
電話会議終了。値段交渉は疲れる。
朝から花見かええのぉとねたましく思いましたけど、昼休みに脳天をガツンとやられた。そもそも職場のある場所は、大阪・京橋ではないか。まさに「なにを今更ねむたいこと言うてんねん」の世界。午前9時から開店してる立ち飲み屋がわんさかあって、開店しょっぱなから立ち呑んでるおっさんゾロゾロいる界隈であるからして、それをふまえて冷静に見ると、朝の8時過ぎから花見しようがなんら不思議な光景ではなかったのだ->京橋。

| | コメント (2)

最終調整

運動:通勤往復+家事労働のみ
飲酒:生中×2、大瓶×1、冷酒×2合、芋ロック×1合

結局なみはや大橋は行かず。そのかわり、体の仕上がり具合を見るために、酒を飲んでみた。つまりあれだ、レース前夜・どんなけの酒量ならば、本番当日の心身を正常に保つことができるのか?ということの事前検証。検証の結果、日本酒がちょっと余計だということが分かった。大変勉強になったぜ、今更。

「今更で悪いか」:
よい意味で、気持ちが弛緩しているぜ。オキナワ前夜なんか、零戦パイロットのようなキブン「生きて帰ってこられるのだろうか?」と小刻みにココロが震えたけど、今回は、楽しく登ろうしか頭に無いし。それと、年末から続けたなみはや大橋反復サイクリングの成果はどれほどのものか?今こそ、海抜80mの真価が問われるときが来た。思い通りに走れなかったら、また違うアプローチでも考えるか。こういう”トライ&エラー”も楽しみだぜ、今更。

今夜の晩飯は”カツ”の予定。敵に勝つためじゃなくて、己に勝つための「カツ」。なにが違うかというと、敵に勝つときは「トンカツ」で、己に勝つときは「ビフカツ」ということ。これは中2・卓球部のときに編み出したローラー男自身のスバラシイこだわりなのに、食費にかかわる家計度外視のわがままメニューと家族からうとましがられてる現実。ともかく今夜は”ビフカツ”・誰が何といおうとビフカツ。

お買い物メモ:帰りにジャスコでパン粉を買うこと。

ビフカツを探すまさよ。
020

| | コメント (0)

2008/04/03

三人乗り

(仕事の資料を書きたないので、もう一発。)
今朝のNHKニュースで、例の「自転車の三人乗り」についての話題やってた。
大阪府柏原市に本拠を持つ松下幸之助創業の電器屋の系列の自転車製造業への取材。担当部署の偉い人いわく「今のとこまだ、どうやってアプローチしてええか判らんのですわ。一応電動自転車で行くというのがおぼろげな方針かなと、、、」。なにをたっるい事言うてんねんというとこ。おもわず朝飯で口の中を噛んだし。口内炎できたらどうすんねん!
ほんで別の会社。なんかベンチャーっぽい。カルガモからヒントを得て、おかんが一番前で後ろに子ども二人が一列になる形式。前輪は1個で、後輪が1個。特筆すべきは後輪を左右から挟むように補助輪が2個。電動は無し。試乗したおかんの感想はおおむね良好。ちょっとみかけブサイク(自転車が)なだけで、実売7,8マンを目指してるて言うてたし。

勝負あったな。

と思ったけど、違うかもしれん。(あくまで関西に限っての考察)
法律がどない言おうが、子ども乗して必死のぱっちで自転車こぎまくってるおかんに「あ~それはちょっとあきませんわ」といえる警察官が果たしていてるかどうか?きょうびの警官いうたら、そもそも三人乗りで育って、おかんのそおいう苦労見てきてるはず。そんな警官が取り締まったとこで、おかんの「洗練された屁理屈」に太刀打ちできるワケが無い。

大筋でこんな光景を想像すんのはたやすい・・・
「奥さん奥さん、三人乗りは今月から法律であきませんねん。すんませんけど、歩いて押すなりしてもらえませんか?」
「おまわりさん、無茶言うたらあかんわ。この子保育園遅刻したらあんた責任とってくれんの?どやのん!?それができへんのやったら、下の子ちょっと見といて!その間に上の子保育園におくってくるし!」
「いや、奥さん、それも困りますって!」
「おまわりさんが困る100万倍こっちは困るっちゅうねん!」
「はぁ、、、、」

こんなとこ。

そこでだ:
ほんなもん、おかんの(保護者の)三人乗り取り締まる前に、無灯火ガッチシ取り締まれ。下手糞な若造の二人乗り取り締まれ。うちの近所に4人乗りしてる小学生いてるけど、これは才能認めたれ。


| | コメント (11)

フランケンシュタイン

001
”けしからん酒”を飲んだ。CMに釣られてこんなもん買ってしまって飲んでしまったなんて、おいどんもヤキが回ったでごわす。加藤あいはそんなに好きちゃうというか、むしろ酒の宣伝に出てるじたいちょっと気ぃ悪いし。もっとこうなんていうかズシンとくる女優つこてくれ。それはどうでもええけど、CMに流れてる曲に釣られてしまった。
Bugglesの「Video Killed The Radio Star(ラジオスターの悲劇)」に釣られてしまった。懐かし過ぎて、おもわず商品を手に取ってしまったではないかぶりぶり。コップに入れたチューハイ、普通そのあと、しっこいったりなんやかんやしてたら泡無くなんのに、これぜんぜん泡たったまんまやん。ママレモン入ってんのかとおもたし。科学は進歩しとんのぉ。

科学といえば:
そんで本題。TVのチャンネルパトロールしたら、BSで「フランケン・・・」やってた。パロディもんとちごてメアリー・シェリー原作のやつそのまま。ホラーはやっぱり映像やのぉ。監督とか演出にもよるけど、小説より怖さ100万倍あるし。人造人間がいごき出すとこなんか、おもわず指の隙間から見たり。普段あんましホラーとか好きちゃうけども「Mad scientist」モンは別。暗い部屋で猟奇的な実験をやるシーンとか、喉カッラカラにして見入ってしまうし。

この話の好きなとこは、”怖い話”じゃなくてほんまは”悲しい話”というトコにつきる。怖い顔して悪さばっかりする人造人間かととかくおもいがちなトコ。ほんまは心優しいのに「醜いがゆえに」という部分で悲しい結末を迎えるのは、ちょっとちゃうかもしれんけどデヴィッド・リンチ監督のエレファントマンに似てるんかね。

※心優しいというのは、怪物くんの家来(「フンガーフンガー」しかセリフを言わんおっさん)を見たときにだいたいわかってたけど。

今日は、なみはや大橋行くか、後編見るか、迷いまくる。


| | コメント (3)

花満開

003
通勤途中の大川からのナガメ。昨夜も数々の情事が繰り広げられたであろう桜ノ宮・ラヴホ街を望む。

全開の桜をみて、”花満開”というパチンコ機種を思い出したぜ。よく遊んだなぁというか、遊ばれたなぁ。あのとき「預けた」金はまだ「返してもらってない」けどもまぁいつか見とけよ。

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐる+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、芋ロック×1、妙な缶チューハイ×1

平地を速く走る練習してみた。きっかけは先週末にミナミで飲んだとき、同席してくれた”シドニーオリンピックでコンドーム貰い放題を経験した自転車のお兄ちゃん”から懐かしい選手の名前を聞いたことから。ひときわ小さな体であるにもかかわらず、平地がバシバシに強いその走り。ちょっとヒントになることがあって、まぁちょっとでも真似事できればと思って。お陰で痛い腰がさらに痛さ増量。でも自己満足だからこれでいいのだ。いつか自己満足が開花するときが来るだろう。(こないかもしれないけども、それは自己満足が足らんというこっちゃいフンガフンガ)。

| | コメント (0)

2008/04/02

剃るべきか、伸ばすべきか

2008年度一発目のサンドバッグ会議も無事終了。いやぁ、昨年度は「よーけ(沢山) しばきまくられた」けど、新年度も幸先ええわ~。もう朝から”ばっしばし!”、ああぁ。

会議中、手持ち無沙汰だったので何となく足元さすったら、あることに気が付いた。「毛だらけ」やん。ツールド沖縄終了後、伸ばしに伸ばしたというか、あるがままにほおっておいたら、なんか知らんまに密林やし。こんなけボーボーの足で自転車こいだら、そらぁもぉ、空気抵抗でかいわ。ともあれ、いつ剃るか?週末、伊吹山を登りまくるからそれにあわせて剃るという手もあるけど、まぁ今回はボーボーで行く作戦。ボーボーで走って、一見素人丸出しとおもわせといて、ツルツルの人を出し抜くすんぽう。でも、自分よりもっとえげつなくボーボーの人がいたら、その時はその時で。先行してちんげだけ先に剃っておくというのも季節を先取りしてるような気がして悪くないが、全体としてそれはアンバランス。ただ、剃りゃぁええちゅうもんじゃないのだ。じゃあいつ、どこを剃ればええのか?

そんなことを難しい顔して考えてるうちに、会議がいつのまにか終わった。ああよかった。

| | コメント (2)

伊吹山ヒルクライム 混迷を極める

事務局からメール来た。やっぱり予想通り、距離短縮。それはまぁいい。問題は、次。
「頂上で手荷物の返却は、大混雑が予想されますんで、、、」。やっぱしな。年齢が若くて(?)早い目にスタートできるクラスのヒトビトはまだマシ。自分なんか真ん中から後半にかけてのスタートエントリーだから、もう頂上に着いた頃には、荷物受取りも戦国時代に突入してるはず。”乱世の世”を生き抜いて、無事に着替えて下山できるのか、はたまた震えながら永遠にあてどなく、荷物を捜し求めるのか。
これはこまった。一切を背負って登るか。いいよ別に。普段から重荷を背負うのには慣れてるし。

009
先日、とあるスジ(このチームじゃなくてなぜか他チームの方)より大量に受け取ったもの。伊吹山で配って歩こうかと。

運動:通勤往復+なみはや大橋、久しぶりで星が飛んだ
飲酒:淡麗350ml×1、芋ロック×2

| | コメント (5)

ハメを外す

(ローラー小娘撮影)
065
温泉に、ブランコ付いてた。子ども向けの仕掛け満載の風呂。横には滑り台があって、さっそく一発行ってみたら、思いのほかいきおいがついて、あやうく着地点の板壁をぶちやぶりそうになった。その直後のブランコだったので、かなり慎重に漕ぐハメになったし。こんなトコではしゃぐなら、もっと他の大事なトコではしゃげといいたい->わし。

この前の週末、1年以上ブリに奥飛騨行ってきた。物欲を消化させるために小銭を貯めてはいても、こうして家族の笑顔を見るために、豚の貯金箱をパカッ!と割ってみるのは悪くないわ。

067
定点観測。
あいにく曇ってて去年みたいな美しい槍ヶ岳は見えなかったけども、またこうしてローラー小娘と妙な写真が撮れたことが幸せ。石の上に乗せようと担ぎ上げた彼女の重さに驚く。わずか一年足らずで、人はなんと見ため以上に巨大化するものなのか!?それに比べて、自分の体はメキメキ貧弱になってるし。ただし、前回の写真と比べると、頭髪が伸びてるから、ズラの疑惑が無くなった。

166
全くカンケイーないシリーズ第4発目。宿にあった場所柄不似合いなGRT。世の中、「あるとこにはある」もんやのぉ。

| | コメント (7)

2008/04/01

4月1日

午後から出張行くんで、めずらしく電車通勤。ほしたら”ババ混み”。どっからこんなけ人間湧き出てくんねん言うぐらい、車両の中が満(マン)ちきちん。けれども、おっさんで満ち満ちているのではなくて、フレッシュマンがわんさか。さすが新年度一発目だなぁ。

3月最終日の夜、通勤用のママチャリがパンクした。しかも「後輪」。ママチャリの後輪のパンク修理ってのは、そうやすやすと手出しできる技ではない。タイヤ交換とかなったら、そらぁもう「匠の技」やし。
そんで、これを行く。
007
またしても「コーナン」謹製。能書きを読むとだな、垂直にぶちこむと、空気もろともゴム素材が充満して、即座に走れる状態になるって。どれどれ。なんか頼りない圧力。普段、サイクリング用スポーツ車のタイヤで8気圧とか、乗用車から見たら尋常やない空気圧を入れ慣れてるから、この頼りなさは底なし。

メモ:ままちゃり用とうたっているけど、27インチには適さない。エアボリウムが全然足らん。

やはり応急用だぜ。
そんな感じの4月1日でした。

026
カンケー無いシリーズ三発目。あいからず犬としてのプライドをずたずたにしてみた。そのワリには、終始ご機嫌だったなぁ、まさよ。


| | コメント (2)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »