« 自転車で散歩 | トップページ | 物欲をどうするかな »

2008/03/24

玉手山遊園地のサクラ

日曜日のサイクリングは、天気予報をくつがえすほどの陽気だったぜ。いやぁ暑かった暑かった。たまには南もよかろうと自転車仲間に提案したら、こころよく案内してくださった。で、葛城山のふもと「水越峠」まで行く。途中大和川とか石川のサイクリング道路走ってみると、桜並木があることがわかって、早くもBBQやってる家族とか居て。あと半月もしたらこのへんは物凄い人出とものすごい焼肉とものすごい酔っ払いで溢れかえるんだろう。

途中、平成10年にその歴史の幕を閉じた・西日本で一番古い遊園地があった場所を通過。大阪近郊に住む小学生とか中学生には手軽な遠足場所として親しまれてて、自分もなんべんか行ったなぁ。いろいろあって小5の時にこの近所に住んでて、おかんと自転車二台を連ねて、ここの桜吹雪に吹かれたのを思い出した。自分は当然子どもで、おかんは今の自分よりはるかに若く、自転車で後をついて登るのが必死やったし。遊園地はもう無いけど、あのときの桜の木はまだあるのかなぁ。石段の両側に立つ、大賑わいの商店街のような桜の木、桜の木、桜の木、サクラの木。

じぶんはこの先、どんなサクラを見るんだろう。

|

« 自転車で散歩 | トップページ | 物欲をどうするかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車で散歩 | トップページ | 物欲をどうするかな »