« 嫌な夢を見た | トップページ | 坂の上の学校 »

2008/03/26

阪急桂 カレーのターバン

仕事の腹ごしらえ企画を一発。
阪急電車・桂駅下車。駅ビルの中には目もくれず、外にでて周りを見回したら、自信ありげなカレー屋発見。
003
ああ、あの頭に巻いてるやつを屋号にしたのか。それにしても正面まで行ったにもかかわらず、いつも漂うカレー臭が無い。妙だな。カレー屋を見る目には一応の確信めいたもんがあって、ほとんどハズレなしのおいどんでごわす。嫌な予感のひとつに「ティールーム」の字。いわゆる喫茶店も兼ねてるとこ。刺激物を供する店でお茶しばくのってどやさ?

ビルの半地下に突入。窓が無くて薄暗い雰囲気。同行の先輩はカツカレー、自分は「野菜ゴロゴロカレー」で行く。しかし、待てど暮らせど出てこん。カツ揚げんのに何分かかんねん。野菜煮込むの何分かかんねん。早く食べたい、ハズレが少ないという理由で、ヒトはカレーをセレクトするのだ(自分はそうです)。この時点で星ひとつ減点。

客が自分らしかおらんのに、12,3分経過してやっと出てきた「野菜ゴロゴロカレー」。
001
スプン持つ手が一瞬止まる。どこがゴロゴロやねん。人参生やん、ジャガイモ揚げただけやん、玉葱炒めただけやん。「ゴロゴロ」と付けるからには、握りこぶしのようなじゃがいもが・人参が、そして玉葱が、暴力的にルーを支配してるようなやつを言うんだぜ。
さらに不可解なのは、ご飯の上の生キャベツ。意味は果たして?ビジュアル面での星をまたひとつ減点。

そんでまぁ食べた感想は、生野菜を混在させたお陰で、カレー本来が持っているパンチ力がカンペキに相殺されてるし、これでは黄レンジャー、とても京都・桂近辺の平和を守れない。むしろ悪の方に寝返る可能性多し。
店を出しなに”ターバンカレー”の由来を読むと、
002
「昭和46年に金沢で生まれ、以来やみつきになるカレーとして人々に愛され、、、」。

※金沢方面の黄レンジャーに発令!ほんまに愛されてるか調査頼むぜ!

そして夜は:
013
当然、世直しのためにカレーをこしらえた。ささくれ立った心がようやく平和を取り戻す味。

運動:通勤往復+なみはや大橋
飲酒:淡麗350ml×2、ワイン×1合


|

« 嫌な夢を見た | トップページ | 坂の上の学校 »

コメント

「野菜ゴロゴロカレー」、写真のインパクトが強烈です!!

投稿: おおみ | 2008/03/26 11:04

●おおみさん、見た目どおりの破壊力(味)だったらよかたんですが。あ~、タコライスの店に行けばよかったなぁ。

投稿: ローラーおとこ | 2008/03/26 13:16

見た目ほんとに衝撃ですね、でも12,3分も
いったい、なにやってたんでしょう。

投稿: ハンセ | 2008/03/26 13:26

「店主がいなくて子供が作ったのごめんね風」ですね。看板のメニューにも載ってないし。
次回は普通のが出てくるとか。再チャレンジ希望。

投稿: ぱぱろぐ | 2008/03/26 13:45

おお、アニキ、わての昨日の夕食もこのターバンでしたぜ。わてはいつもビーフカツカレー。ラー油と見た目区別のつかない激辛(というほどでもないけど)の液体もしっかりかけます。

チーズのトッピングを頼むと、切らないままのスライスチーズが2枚載ってきまっせ。

投稿: KAZZ | 2008/03/26 14:23

サラダの中身をぶちまけたのかと思いました。
カレーの世界は広い。

投稿: KAZZ | 2008/03/26 21:22

ターバン、確かにありますというかありました。
しかし、コロッケカレーとか、エビフライカレーとかルーと解け合っていないメニューが多くてほとんど行きませんでした。
野菜ごろごろカレーはなんか悪い方向に進化しているようですね。
金沢にも独特のおいしいカレーありますよ。パチョ氏に聞いてみてください。

投稿: コナ | 2008/03/26 22:05

アニキ、とりあえず逝ってきます。

投稿: なかじん。 | 2008/03/27 01:29

●ハンセあにき、夫婦(?)二人で切り盛りしてました。
奥さんは愛想いいんですが、愛想よりスピィード重視してほしい。
●ぱぱろぐあにき店内には「お勧め」って書いてあるのが涙を誘います。
●KAZZあにき、スライスチーズは親切なのか?手抜きなのか?ポリシーなのか?
●ベアレンKAZZあにき、地ビイルとカレーの旅は果てしないのだ~。奥深いですわどちらも。
●コナあにき、ターバンから派生(?)した「チャンピョンカレー」というのが王道なのかしら・・・。
●なかじんアニキ、是非レポお願いします。

投稿: ロラお | 2008/03/27 09:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嫌な夢を見た | トップページ | 坂の上の学校 »