« 運動もしてます | トップページ | 造るコトに意義があるのだ »

2008/02/28

学問とは

今朝の国営放送のニュースで、太陽系の外っかわに新たな惑星があるやら無いやら、そんな話。アナウンサーは熱心に「冥王星が太陽系の惑星から除外されて、あらたな惑星の発見に期待が持てますなぁ~」とか言うてた。それを聞いてて、あやうく納豆を練りすぎるところであった。船が沈没したとか、警官が飲酒運転で捕まったとかよりよっぽどええニュースやけども、そのなんか知らんどこにあるか分からんジブンにとっても、多分ジブンとこの家族にとっても今のところどうでもええ惑星の存在を伝えるニュースに、ジブン以外の国民の大半が興味あるなら、ちょっと焦るぜ。
そんで、地学とか天文学はなんで必要なのか、たのむから朝からそんなこと聞くのはやめてくれ->ローラー小娘。

|

« 運動もしてます | トップページ | 造るコトに意義があるのだ »

コメント

私は興味めっちゃありあり派。
中学生のころから大学時代まで月刊誌の「天文ガイド」をこうてた天文少年でした。

投稿: こたに | 2008/02/28 14:42

ローラー男様、
恥ずかしながら、あたしも今朝、興奮したクチですが、アニキのこの記事見るまで忘れさっておりました。「どうでもええ事」には変わりありませんね。

投稿: ぱぱろぐ | 2008/02/28 17:03

高校での地学はあくまで基礎中の基礎で数学における足し算引き算のようなもの。地球科学がなければ気象予報も出来ないし、何故地震や噴火が起きるのかも、どこに有用な鉱物があるかも判りません。
天文学がなければ人工衛星は運用できません。ケーブルがなければ電話できませんし、台風がどこをうろついているのかも判りません。

こんなところでどうでしょうか?

投稿: | 2008/02/28 19:58

で、本題。(そっちが後かいっ!)
ガス惑星が出来る領域より外側にも惑星が出来るのであれば、惑星が出来る条件がより推測できるかもしれません。
それによって、うちらがひどい偶然の産物で孤児なのか、稀であってもありうることなのか、良くあることなのか、事実に少しでも近づけるかも知れないのではないかと。

投稿: | 2008/02/28 20:04

●こたやん、天文ガイドは男前ですやん。ジブンなんか戦車マガジンとかでしたよ。恥ずかしかったわ。
●ぱぱろぐアニキ、あにきも天文少年でしたか。最近星見てないなぁ。夜空を見上げる余裕がないのかな->わし、、、。
●がさん、勉強になります。

投稿: ロラおとこ | 2008/02/29 09:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運動もしてます | トップページ | 造るコトに意義があるのだ »