« 姫椿 | トップページ | 意地vs意地 »

2008/02/06

足元をスクワレル

運動:通勤往復+なみはや大橋+体操いろいろ
飲酒:淡麗350ml×1、熱燗×2合

なみはや大橋の帰り、シャーっと軽快に道路走ってたら何の前触れもなく、「ベカッ!」という小さめの破裂音がして、ペダルから足が外れた。予期せぬ出来事に面食らったぜほんまに。暗い夜道やし、横はばんばん車飛ばしてくるし。外れたほうに倒れこんで、危うくザクロになるとこだったぜ。

013
(右足を地面につくから、着け外しの頻繁な右側ばっかり減る)

ロードタイプの自転車に乗り始めた頃は、皮のストラップでペダルに足を括りつけるタイプのやつ。世間はすべてその仕組み一本で、信号待ちのたんびに緩めて・また締めてとやる。ある日雑誌で、スキーのバインディング構造のペダルを見たとき、物凄い衝撃受けたな。つこてるヒトは、偉大なサイクリスト「ベルナール・イノー」さん。雑誌の小さい写真だけでは、なにがどうなって足がペダルから離れないのか、そのシステムは謎のベールに包まれておったし。別の写真は、ペダルのシャフト軸を靴底にネジドメするものあった。まさに一心(身)同体。こけたら自転車と一緒にご臨終。靴を脱ぐまで自転車から離れられない、なんか拷問道具のようなペダルだったなぁ。

018
酔って作業したわりには上出来。前のとイロが違うけど、なんかの景品でもらったやつ。無頓着でええのよワシ。

追伸:
時計でいうところの「12時から3時」の間にペダル入力を爆発させるのは、あるていどの速度が出ているときでないと、無理な相談だとわかった。自分だけかも知れんけど。初速が遅いときは踏み込むしかあるまい。ああ、でもそんなこと考えるのはよそう。漠然と、ただ漠然と自転車に乗るのがジブンのスタイルじゃんかよぉ。漠然王への道は遠いぜ。


|

« 姫椿 | トップページ | 意地vs意地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 姫椿 | トップページ | 意地vs意地 »