« 釜ケ先 | トップページ | 希望の灯 »

2007/12/02

そして釜ケ崎

こっから崎は、用事がなければあまり行かんほうが、なにかとよろしい。
011

大阪・ミナミにも自由軒はあるけど、あれは観光用。こっちはさらに「自由」軒。おもてのメニューの「ほんまにおいしい・ビフカツ」の文字が光るぜ。
012
解釈が非常にむつかしい。「良心的な皆様」なのか「お店が良心的」なのか?失礼ながら、付近の住環境を鑑みると、前者であるな。この意見、やむをえまい。
013
ふと、横道をのぞくと、ここにも。「OS劇場」ではない。
014
れっきとした大衆演劇がそこにある。ちなみに、両隣とか前は普通の民家。すごすぎ。

その先に行く。いくべきかいかざるべきか。目をそむけてはいけない、現実がそこにあるのだ。

015
高い塀と巨大な門柱がひっそりと残る。遊女が逃げられないようにしていた痕跡。
016
今も遊郭がひしめき合ってる場所。土曜の昼下がりであったが、前を通るだけで、店の中からは強烈な客引きの声とオーラと毒々しい欲望の光線が出てるじゃないか。鉄の意志だ、ともかく鉄の意志だ!しかし、筋によって、えらい年季の入ったヒトと、フレッシュなヒトにバックリと二分されてます。通称「妖怪通り」と「青春通り」とカテゴリーが分かれているのだぜ。

おねぇさんたちの顔を一通り見て、スッカリ満足。いよいよここからブロンクス。心してかかる。

|

« 釜ケ先 | トップページ | 希望の灯 »

コメント

あそこの鍋屋さんで宴会したことあります是なんとも言えない気分でした。

投稿: man | 2007/12/02 21:11

興味深くルポ読みました。
飛田の話題は、先日、山ちゃんの会合でも出たばかり。
ちなみに、元横綱・現格闘家と同じ名前の店に上がったこと有りマス。

投稿: おおみ | 2007/12/03 08:35

●manあにき、まさかそこも「飛田料理組合」!?
●おおみさん、まだまだ謎を秘めている場所です。
さらに調査せねば、、、。

投稿: ロラおとこ | 2007/12/03 10:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 釜ケ先 | トップページ | 希望の灯 »