« 溶接ショー | トップページ | 忙しかったぜ土曜日 »

2007/11/26

おうどんの旅なのだ

でも、讃岐ではない。秋の「京都」だ、しかも勤労感謝の日なのだ。

ブログがもたらす縁はほんまに不思議だぜ。遠く離れたヒトタチとでも、いろいろな思いを共有・共感できたりもするし。さらにそれがご近所にお住まいであるなら、生でお会いして、息遣いとかオーラを感じることも出来るし。それでだ、当初目的だった「オキナワ終わったらうどん食べに行く」を叶えた。

目指すはなかじんアニキのおうどん屋さん。あわよくば、暮れ行く京都の紅葉を愛でたりなんかしてとかの目論みも。小池さんが仕事で、このあたりの某大学にちょいちょい行ってるとかで、現場付近までのアテンドをお願いし、つまり同行。大阪梅田発・阪急電車河原町行き特急に乗車。めいめいの手には「酒」。あたりまえ、ニッポンの常識だ。アプローチからガソリン入れて大いに盛上げるのだ。ワンカップの酒は、阪急電車車内に大変よく合う。

紆余曲折の末、京都・上七軒におりたつ
034

なんだ?なんだ?ジブンらの住んでる大阪の下町とは景色が全く違うぞ!?この落ち着き払った町並みはなんどすえ?
035

玄関先には”はきもの”が干してある。ということはアレか?この界隈は着物が似合う街なのか!?辺りを見回すと、おお「茶屋」だらけだぜ!あっちも!こっちも!そっちも!ぬかった。まったくぬかったぜ。夜に来るべきであった(しかもソロで)。
パラダイス!パラダイス!超~パラダイス!(ただし、お金のあるヒト専用のパラダイス)

で、正気を取り戻しておうどん屋さんに入る。
030

いきなしおかみさんに「おこしやす」と言われてしまったぜ。”生”おこしやす、しかも観光用でない日常用の「おこしやす」。シビレタ。
029

メニューをくる小池さん。なぜか一発目に瓶ビイルを注文。緊張している証拠みえみえ。どれもこれも食べてみたい品揃え。当初はカレーなんばで勝負すると決めて家を出たけど、カレーに魂をうばわれて、冷静な判断ができなくなることを危惧し、急遽ジブンの中では王道の「天ぷらうどん」にした。小池さんは、彼女のフェイバリット「あんかけ」で。
031

二人とも、無言で食べる&すする。汁も当然最後の一滴までノム。うまいではないか。どんぶりもんも食べたかったけど、悲しいかな胃のキャパシティは常人並みかそれ以下。次食べる予定メニューを頭に叩き込んで店を出た。

033
記念撮影に応じてくださった”店長”。

ネットの繋がりもいろいろ問題が叫ばれてるけども、ジブンには今のところ幸せな出会いばかりだ。まだみぬアニキ・アネキ、いつか会えますように。

運動:京都往復いろいろ歩いた
飲酒:朝から晩までぎょうさん呑んだ


|

« 溶接ショー | トップページ | 忙しかったぜ土曜日 »

コメント

アニキ、ご来店まことにありがとうございます。
ホント感激しました。
また京都にお越しの際は必ず寄ってくださいまし。
今度は大阪の「新」のつくトコで一杯やりましょう。
通天閣界隈の方ですが。。。(笑)

投稿: なかじん。 | 2007/11/27 00:38

●なかじんアニキ、どうもお邪魔しました。
お仕事中にもかかわらずすんませんでした。
新世界はなんぼでもいきますぜ!
つぎは、ぜひ自転車でご一緒を。

投稿: ロラ男 | 2007/11/28 10:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 溶接ショー | トップページ | 忙しかったぜ土曜日 »