« 森のなかの海 | トップページ | 蝋人形の館のおっさん »

2007/10/15

アルマゲドン

猪名川~紫合~阿子谷のアップダウンで踏み倒し。飲み屋でも踏み倒してみたいものだ。
レース直前になってやっとハンドルのポジション確定。危なかった。間にあわんとこだった。
ご機嫌続きで夜の洋画「アルマゲドン」わくわくTVの前で正座して待ってたら、途中から小娘にチャンネル権を強奪された。
地球が滅亡するよりジャニーズ事務所の活躍の方が、彼女にとっては一大事か。エアロスミスの挿入歌より妙な日本語の歌の方が耳に心地よいのか。世も末よのぉ。嘆かわしいのぉ。
地球が滅亡する原因は巨大な惑星の衝突のせいじゃなくて、きょうびの中・高校生のせいだったりして。脅威だぜ。

※さいきんのわかもん、「スタンリー・キューブリック」なんか興味無いやろなぁ。「2001年宇宙の旅」とか読んだ(見た)とき、”うわぁ、将来地球はど~なってしまうんじゃい!?”」と震えたし。でもまぁ、ワカランでもない。当時、はるか未来だと思っていた2001年とかの年号、とっくに終わってるし、、、。夢みた空想の日用品とか、フツーに回りにあるし。年にかんべんか、宇宙行きのロケットとかボンボン飛ばしてるし。わかもんにしたら、「夢」ではなくて、「普通の日常」か。ああそうか。このへん、SF作家はどう思ってるんかね?

|

« 森のなかの海 | トップページ | 蝋人形の館のおっさん »

コメント

ローラーアニキ、いまや、遠くの非現実より、近くの月やら火星やらですなぁ。月の領土問題やら、火星に移住するための調査やら、広大なる宇宙に地球の小さな事情を持ち込むと夢がなくなりますわなぁ。わし「自転車で土星の輪の上を走りたい~」とかいうたら、息子、娘にアホ扱い受けます。

ボイジャー1号2号は今いずこ~。へろへろ~

投稿: ぱぱろぐ | 2007/10/15 19:02

高校生の時、1984年が来ることを恐れながらデビット・ボウイの1984を聞いていました。

投稿: brian | 2007/10/15 21:48

数日前「かぐや」の動向に注目していたのですが、
その注目も家族の中ではワタクシだけで、
確かに「普通の日常」でした(悲)。

投稿: kiyo_g | 2007/10/15 23:49

●ぱぱろぐアニキ、子どもが大人になる頃には、「火星の建売、35年ローンでこうた、、、」とかフツーになるのでしょうか。
●brianあにき、デビッドボウイの性別のほうが、あっしは怖かった。
●kiyo_gあにき、そういう連中は、ちゃり毛ひっぱって富士山見せたらなあきませんプンプン。がんばれ「かぐや」。

投稿: ロラ男 | 2007/10/16 14:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森のなかの海 | トップページ | 蝋人形の館のおっさん »