« 弁当開始 | トップページ | 放埓 »

2007/09/11

全日本実業団ピストのこと

超濃厚・自転車ネタ。

クラブチームの仲間からの連絡で、”監督率いるチームが優勝”という報を頂いた。
http://www.cyclingtime.com/modules/myalbum/photo.php?lid=63164
スバラシイ快挙だわ。監督は勿論のこと、他のメンバーも現役の競輪選手だったかな確か。本業とは別に、こういった活動をするのは、恐らく大変なんだと思う。同じ自転車を使うといっても、かなり異質なのだろうとも思う。頭が下がります。
自分も監督氏の下、実業団登録してバンクを走っていたころ、監督氏から走り方とか練習方法の指南をもらう機会が幾度となくあったけど、当時「自分は短距離(無論長距離も)むいてないわ」とカタクナだったので、熱心に耳を傾けはしなかった。今思うと、とても勿体無かったな。

あるとき監督氏と立ち話をしているうちに、”マスターズ世界選手権出場”を手伝うハメになった。「ハメになった」と書くと、いかにもネガティブ。仕事柄”パソコン”とか”インターネット”をやっているということで、白羽の矢が立った。立ったのはええけど、開催地・イギリスのマンチェスターというのがどこにあんのかとか、全然ワカラン。まさに手探り。おまけに、社会人になってから英語力は「マッハの速さ」で衰えてたし。主管元をしらべたら「リンダ・マッカートニーサイクルクラブ」。な~んか聞いたことあんなぁ、、、、「リンダ・マッカートニー」。ともかく、そこに電話して、かくかくしかじかと95%の大阪弁、4%の標準語、残り1%の英語でエントリーや宿泊の手配。延べ日数にして4日間くらいかかった。もうグッタリ。当時の気持ちを正直に書くと「なんで自分がやんの・・・?」と、相当腐った。

でも、今振り返れば、そういう稀有な機会を与えられたことは、なんか知らんけどとても思い出に残ってるし。なにより、監督氏がその大会でメダルを獲得したと聞いて、ホットしたし。


|

« 弁当開始 | トップページ | 放埓 »

コメント

師匠、この試合の1000トラで、いつも朝にご一緒くださる方が表彰されました。
30代後半なのに凄い。
有力選手がアクシデントだったからと謙遜されてましたが、
仕事して、子育てしてのお立ち台は凄いです。
京都はこの方や70台のマスターズのFさんも朝練でお会いしたりできて、コース環境も自転車乗りの人たちの環境もとってもいいですよ。

投稿: みーこ | 2007/09/11 18:04

例のアルカンシエルの話を思い出しました。

投稿: おおみ | 2007/09/12 13:42

●みーこアニキ、向日町競輪場も近くていいですね->京都。
自転車天国だなぁ、千都!
●おおみさん、口外無用だ(笑)。

投稿: ロラおとこ | 2007/09/12 16:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弁当開始 | トップページ | 放埓 »