« 乗鞍に夏が散るのだ | トップページ | サヨナラ、夏と乗鞍 »

2007/08/27

感謝を忘れて登った

Hale1
民宿のある街から車で10分ほど離れた街(ハレイワ)の喫茶店。モーニングも無いし、スポーツ新聞も置いてないけど、コーヒーフロートが美味しいのと、ウェイトレスのねえちゃんが綺麗。

自己計測~1時間38分・・・

大阪の熱帯夜から解放されて、乗鞍高原で目覚めた朝はすこぶる快調。でも、胃が重たい。二日酔いの症状はなし。ヨロヨロと起きて朝ごはんをいただく。お宿から出される手作りパンは大変に美味しい。しかし、調子のええときみたいに、スッポンスッポン胃に流れていかず、なんていうか「一進一退」。体調のええときに味わいに訪れたい。スタート地点まで標高差100mぐらいかな?それを登っていく。爽やかな高原の朝とはおもえんくらい汗が出る。召集場所でであったアニキ達にも「えらい熱心にアップしてきはったんですねぇ」と言われた。けれども、これは普通に走ってきての発汗なんですわ。スタートを待つ間にも、喉が異様に乾くし。ヤバ!アルコホルの分解が終わってへんぞ。

そんでもスタート時間はジブンの都合とは関係なくやってくるもんで、ギアをアウターにかけて飛び出す。1kmほどで先頭に追いついてギアをインナーにセットし、予定通り”少しずつ遅れ始める”。時々後方から物凄い速さのヒトに道を譲る以外は、おおむね追い抜いていけるカンジ。中間地点でタイム見たら、1時間20分は切れるかな?というペース。

それにしても暑いな。周りをみると、ジブン一人が汗をだぼんだぼん垂れ流してる。その刹那、恐れてたことが来た。腰が叫び始めた。立ち漕ぎして伸ばしてみる。しばらくして痛みが引くと、また座って漕ぐ。この繰り返しやったのに、段々立ち漕ぎの時間が長くなってるし。ふと気が付いたら、腕・痺れてる。あっ、やば、これって電池切れ(ハンガーノック)。朝ごはんが全然足りてなかったのか、、、。そのわりにはゲップといっしょに刺激のつおい胃液が噴火してきて、喉が痛い痛い。

こっから地獄の扉がバックリ開いた。もう、「抜かれ捲くり」。荷物を満載(?)した自転車に抜かれ、シティサイクルのヒトに抜かれ、ジブンが中学生の頃に見たような7段変速の重そうな自転車に抜かれ、もうありとあらゆるヒトに抜かれ、それでも抜き返すことができず。

「あと1km」の看板が出ても、周りに広がる雄大な景色を自ら排除し、黒い舗装の地面ばっかり見つめてた。
正直にいうと、ココロの中は「ああ、あほくさ。ほんま、あほくさ。もう頂上なんか行かんでええから、はよ帰って布団かぶって寝たい」とか、そおいう悲しい思いがブクブク沸くし。
最後のダッシュとかも全然せず(出来ず)、虚脱感だけでゴールラインを通った。周りは達成感でいっぱいのヒトとか、仲間同士で健闘を讃えあう姿とか、狭い頂上はシアワセな空気が溢れかえっておるのに、ジブンにはそこに居場所が無い。感謝もへったくれもなく、卑屈になって下山した。その時のジブンは物凄く嫌なヤツだった筈。
同行のOKDさんと下山前に目が会ったけども、ニコリともせず、苦い胃薬を飲んだときのような顔で見てしまいました。OKDさん、ごめんなさい。


|

« 乗鞍に夏が散るのだ | トップページ | サヨナラ、夏と乗鞍 »

コメント

アニキ、乗鞍では、ありがとうございました。
日記を読んで行くうちに、昨日の別れ際のアニキとの
会話や風を思い出しました。
アニキと乗鞍との闘い…まるでプロレスの実況を読んでいる
錯覚に陥りました。激闘でしたやん。

あの川の音を聞きつつのビールと、ディナーの時のトークは、
最高でした。

結果は、私、惨敗ですわ(泣)
また、施策を打って、来年を目指します。

今回に懲りず、是非是非、よろしくお願いします。

投稿: bfz | 2007/08/27 19:31

正直なアニキのコメント心しみます。
オイラも失意の胸中ですが、明日は必ずやって行きます。
いつでも納得できる走りできればエェんですがそうも行きまへん。
自問自答繰り返す自転車人生もオモロイかもしれません。
オイラも上向いて頑張りますので、お互いがんばりましょう。

投稿: man | 2007/08/27 22:19

お疲れさんでした。
自分に厳しく正直なアニキの実況。LIVE感覚で拝見しました。
簡単に達成するより、来年の課題があるほうが前向きになれますって。
ワタシもてっぺん目指してがんばんなきゃ。
おー!!

投稿: KAZZ | 2007/08/27 23:09

お疲れ様でした。
たぬきうどん(京風)を今すぐ出前したいくらいです。
ボクも今年の酷暑の過ごし方はいい勉強になりました。
来年、また頑張ってください。

投稿: なかじん。 | 2007/08/28 00:06

●bfzあにき、ほんまにお世話になりました。自分には懲りてますが、乗鞍の景色には全然懲りてませんよん。また、行くかもしれませんので、よろしくお願いします。ありがとうございました。
●manあにき、骨折の中コメントありがとうございます。自転車って楽しい時ばかりぢゃないですもんね。嫌なときもありんすよ。
(追伸:転倒でちんこ折れなくてよかったですね!)
●KAZZアニキ、ジブンは自転車(のレースで)”ええ思い”をしたことが、恐らくありません。けど、懲りずに続けるのは、針の穴のような可能性とか蜃気楼を追いかけるのが好きなのかもしれません。次、がんばりますわ!
●なかじんアニキ、ジブンに厳しく・胃腸に優しく。
夏はこれですね。

投稿: ロラ・男 | 2007/08/28 16:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乗鞍に夏が散るのだ | トップページ | サヨナラ、夏と乗鞍 »