« 夏を全開にする | トップページ | サマソニ »

2007/08/07

DIYの街なのだ

うちの近所に、DIY憧れの街がある。
その名も「機械工具街」。しかしどーも我々素人には近寄りがたい街。秘めたる街のポテンシャルは想像をはるかに超えてるはず。だがしかし、アプローチの仕方がサッパリわからんし。表の看板とかには「ネジ一本からお気軽に」と書いてあるけど。

ところが、最近になって「接点」発見。
ちょっと前から子犬を飼い出した店があって、朝の通勤の時に通りがかったら、たいてい表に繋いである。
その犬君を通して、店のヒトと一言二言。「かわいい犬君ですね」とか。
最初は雑種かナンかかとおもてたけど、成長の度合いが激し過ぎ。みるみるでかくなり、なんかどっかで見たことある形になってた。まぎれもなく、こいつ「まさよ」だ。

しかもまさよと同じく、かなり「アホラフ」。ガラスに映る自分の姿にほえてみたり、玄関先に巨大なうんこを並べて、得意げに尻尾振ってたり。
この週末は、半年ブリに本家「まさよ」を見に行く予定。匂いが楽しみ。

|

« 夏を全開にする | トップページ | サマソニ »

コメント

懐かしー場所ですね!!
一度も入った事は無いけど。。
通勤にこのルート通るのですか?ちょっと意外やった。

投稿: man | 2007/08/07 15:16

うちにも同じ種類の大馬鹿者が一匹いてますが、あの種類の生後10ヶ月ぐらいまでの成長は、すざましいです。毎月倍々ゲームで体重が増えていき、あっというまに40キロです。
工具屋の犬、ちっさいうちから魚肉ソーセージとかで手なずけておくと、そのうちビアパーティにご招待されるかも。(笑)

投稿: 峠の山賊 | 2007/08/07 17:58

大阪で働いている頃は、大変お世話になった"街"です(笑)。
サイズ(M○○×○○Lナドの規格と首下長さ)と、
材質(簡単に鉄かステンか)、
六角穴(キャップボルト)か六角頭か告げれば、
イチゲンでも数本単位から分けてくれますよ。

しかし主力はJISやUNC(F)やと思うので、イタリアのネジは、すっと出てこんかも知れません。
(スンマセン、ワタシもイタリアの規格はよう知りません)
そんな為にも要はまず、「気安うになる」コトにつきますよね(笑)。

投稿: kiyo_g | 2007/08/07 20:56

今年の夏は暑さが少しマシなので,去年より元気かもしれませんね,まさよっ!

投稿: すみ | 2007/08/07 22:28

すっごく濃いですね。
やっぱ、機械屋としては店主と対等にやりあって、欲しいもの探しているものを求めたいところです。

URLなんか(たぶん)ないところも、共通の何かを感じます。

「地下鉄千日前戦野田阪神駅」てのも凄すぎ。

投稿: amat | 2007/08/07 22:31

ローラー興業DIY分科会でぜひ行きたいです。
私は日本橋五階百貨店のあたりをたまにパトロールします。
夏休みの工作をしなければ。

投稿: miji | 2007/08/08 00:17

ガード下の工具街かな? 懐かしい!
西野田出身の僕は毎日通ってました。 あの頃はまだ「吉野ミュージック」も有った。前を通りながら、客が入る時「中見えへんかなー…」と淡い期待を抱いたもんです。

投稿: 泥尾 | 2007/08/08 11:23

●manあにき、この前から2号線に出て、なにわ筋から川沿いのコースです。
●峠の山賊あにき、あの犬賢そうな顔してますけど、以外にオトボケなんでしょうか、、、。
●kiyo_gあにき、コーナンといい工具街といい、幸せなF島区です!
●すみアニキ、まさよもそろそろ還暦(犬年齢で)近いハズなんで、少し心配です。
●amatさん、やはり見つけましたね「千日前戦」。サイト管理者も「つっこみ」待ってるるような気がします(笑。
●mijiアネキ、最近はヤクルトで城をこしらえる坊主とかいないのでしょうかねぇ。ゴミで何か工作したいのココロ。
●泥尾さん、工具街は一見こぎれいになってますよ。中をのぞくと相変わらずバタ臭い・けれどかっこええですわ。

投稿: ロラお | 2007/08/08 21:48

こいつもまさよ系ですよね。
http://www.youtube.com/watch?v=vLNTuxFdvvg&eurl=http%3A%2F%2Fwww%2Ekotaro269%2Ecom%2Farchives%2F50399057%2Ehtml

投稿: こたに | 2007/08/09 17:59

●こたやん、選手にぶち当たっといて、ヘラヘラわろてるとこは、
「まさよ」そのものですね、この犬君。

投稿: ロラ男 | 2007/08/13 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏を全開にする | トップページ | サマソニ »