« 551の旅なのだ | トップページ | トラックのお祭り »

2007/07/17

濃密

まさにこの言葉がピッタリな三連休であった。よくも”悪く”も。

金曜日。この日からすでに”悪くも”の予兆があった。わき腹とか腰の辺りがおもだるくて、胃腸もなんだか不機嫌。夕方にラーメン食って、軽めの胃もたれ。ソノ夜、kiyo_gアニキと野田阪神の地獄谷近辺で立ち飲み、酒の酔いで一端は体調持ち直す。(ちなみに深夜のkiyo_gアニキ宅にお邪魔する始末。家族団らんのシアワセ風景を堪能して、ネコさんのケージを見て帰路についた。kiyo_gアニキ・アネキ大変お世話になりました!)。

土曜日。出石・蕎麦の旅。台風接近中でありながら、誠に不謹慎であった。滅多に行けない土地だろうと、無理をして二軒ハシゴがまずかったのか、現場を離れて帰阪するコロには、満腹中枢が壊れており、自宅目前にしてF島区の「551蓬莱」に寄って、豚まんと肉だんごを買う始末。出石で大瓶を飲む小池さんを見て悔しかったから、「親の仇」のようにビイルで流し込む、流し込む。窓の外は嵐で、体の中も嵐。

夜半、雷雨の音で目覚めて、ついでやからそのままシッコに行った。普段は立ってシッコするけど、この夜はイリーガルに「座って」してみた。条件反射か、大きい方もしたくなって座り続けてたら、いつのまにか「ソレ」が濁流になり、そればかりではなく、胃のマグマが噴火口からあふれ出し、、、。濁流と噴火を繰り返していると、どこかで同じような感覚に襲われ、そのまま悶絶した記憶が蘇ってきたし

「間違いない」。すぐにケツを拭き、パンツをはいて、廊下にくの字に寝転んで、”我慢体勢”をとる。真っ暗闇のつめたい廊下で脂汗を流しながら、座薬を入れようかどうしようか迷った。痛みは大波・小波で押し寄せ、食いしばる歯、握り締める拳の力が限界に達したころ、じょじょに「さざ波」となっていく。

前回からキッチリ2年やし。相変わらず「カネ」は全然溜まらんのに、なんで「石」ばかり溜まるのだ。でも元気出していこう。これに懲りずに今日からまた新たな気持ちでビイルがんばりたい。


|

« 551の旅なのだ | トップページ | トラックのお祭り »

コメント

なるほど、それで出石に行ったんですね。
石出しの霊験あらたかな出石神社には詣ってきました?

投稿: 峠の山賊 | 2007/07/17 19:12

あにき、苦悶の出石お見舞い申し上げます。
しかしその節はムリに立ち寄ってもらい、スンマセンでした。
気持ち新たに次回はヘラヘラ音も出してみますか。

投稿: kiyo_g | 2007/07/17 22:29

お久しぶりの同輩、痛風の薬には結石がつきものらしいです。同じく痛風持ちの私は痛風の薬と併用で結石防止の薬を処方してもらってます。それを飲みだしてからは結石知らずで過ごしてます。これで増々酒量が増えて『いいのか俺?』状態です。

投稿: デルピエロ | 2007/07/18 00:59

●峠の山賊アニキ、こんにちは。あっ、出石神社、、、ぬかりました。詣でを忘れて暴食に走ったバチがあったったようです(泣。
●kiyo_gアニキ、そろそろ「淀川でカンテキ」の季節ですね!
●デルピエロあにき、「それでいいのだ!」。いいのかな、、、。

投稿: ロラ男 | 2007/07/18 13:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 551の旅なのだ | トップページ | トラックのお祭り »