« ハラハラ | トップページ | 出石の旅なのさ »

2007/07/15

出石の旅なのだ

台風が九州に上陸した土曜日、小池さんの”麺の旅”決行。あと一週間遅かったら、「青春18キップ」の旅でありましたけれど今回は車で。運転するからビイル関係と無縁の旅です。
P1030003

一発目は「茂兵衛」さん。中心部からちょっと離れた住宅街にポコンとあるお店。開店して日が浅いのか、建材の匂いとかまだ残ってるカンジ。
P1030002

「出石焼き」の小皿×5と薬味(ネギ、大根おろし、山芋、生卵)で800円~850円が相場みたい。それでここの蕎麦、見た目かなり細くて「白い」。北海道のなんとか言う小麦の蕎麦。白いけど蕎麦の匂いがフカフカ伝わるんで幸せ。接客も◎。でも薬味になんで「生卵」なのだ?ためしに入れたけど、”つめたい釜玉(うどんの)”食べてる気分がして、やっぱりちょっと別モンかな。自分は入れんほうが好き。ちなみに小池さんは蕎麦が出てくるまでの時間、キリンの大瓶開けてはりました。ええ店でした。


|

« ハラハラ | トップページ | 出石の旅なのさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハラハラ | トップページ | 出石の旅なのさ »