« むしろ派手 | トップページ | 困った酒のような本 »

2007/07/09

忘れてたもの

「ツール・ド・フランス」が始まったらしい。
”らしい”というのは、視聴するための装置を持ってないから。日々のビイルを少し辛抱したら、視聴代くらいはまかなえるけど、あえてそうしないのは”おっさんには夜更かしが辛いから”。
それと「いつでも見られる」から。27年前に、友達が見してくれた一冊の自転車雑誌の綴じ込み付録で見た、ヨーロッパ自転車選手の写真で、全てが始まった。何年後かには、モジだけのパソコン通信を始めて、そのテクストを読み、あらん限りの妄想力を駆使しつつ、展開を楽しんだ。それからすると、今日びの生放送はにわかに信じがたい世界。同時に、ぼんやりとしか見なくなった。強い選手がわっさわっさ出ては消え、出ては消えして、なんか短命。誰を応援したらええのかわからんうちに、夏が終わるし。
数日たって、知り合いが録画したやつを見て、「ああ、ヨーロッパの夏は綺麗だな」と、まったく”環境ビデオ”を見る目にシフトしてるし。

ああそうそう、週末が「七夕」だったのをさっき思い出したほど。星の出会いにまったく無頓着な我が家。そもそも、おっさんの書いた短冊なんか、だれも願いを叶えてくれへんしな。
職場の近所のキャバクラの入り口に、七夕の笹があったけど、恥ずかしい願い専門か?

日曜日の運動:自転車乗った100kmぐらい。登りのもがきあいは辛い。
日曜日の飲酒:淡麗350ml×4相当


|

« むしろ派手 | トップページ | 困った酒のような本 »

コメント

私のウチも“装置”が無く見れないのですが、見る前から“環境ビデオ”を見る眼になってます(汗)

投稿: PEANA2 | 2007/07/09 18:04

ツールの生中継、L・ジャラベールが引退してからは真剣に見ていないです。

自分は、英字新聞に載ってるステージの結果、NHKのダイジェスト、さらに1月遅れの自転車雑誌をつなぎ合わせて楽しんでいたのですが、その頃から比べると、ホント隔世の感がありますね。

生中継では、フランス語の副音声を聴いていましたが、アタックが掛かった時のアナウンサーの興奮度は抜群です。

投稿: おおみ | 2007/07/10 09:18

●PEANA2アニキ、装置導入は自分にとって悪魔のササヤキです。
TVの前から動けなくなってしまうです。
●おおみさん、ヘルメットを被ってないコロのツール、
今よりもっと人間臭かったですね。

投稿: ロラおとこ | 2007/07/10 13:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« むしろ派手 | トップページ | 困った酒のような本 »