« プラネタリウム | トップページ | 吉野の用意とか »

2007/07/27

日常が戻る

ぐあぁ、づがれだ疲れだ。三日間の展示会で、「おっさんの立ちっぱなし」は疲れた。でも終わってしまえば、以前と同じ生活サイクルが戻り、代わり映えしない弁当こしらえの日が回りだす。そんな木曜日。
P1030079

夏バテせんようにとか、妙なオヤゴコロ出して、おくらを茹でてみたけど、ちょっと待て。若さ爆発中の中学二年生に「夏バテ」などという現象はありえんのじゃないか?どんだけシツコイ脂もんを、寝る1秒前に食っても、ぜんぜん全く胃もたれとかしなかった・夏。もうおっさんには夏だからといって”アクセル全開!”でモノゴトにぶち当たっていく勢いが無いぜトホホだぜ。

ハヨ、涼しなってくれ。

ところが「夏休みを堕落で埋め尽くすのだ」と息巻いておったローラー小娘に、降って沸いたような災い。”英語の夏季講習”に行くハメに。ぐははは、ざまぁみろだぜ。単語を覚えているのに、文章に出来無いありさま。これは、ズバリ右脳を揉み解していない証拠だ。

しかるに、「J-POPの氾濫」が原因ではないかと考察する。
ジブンらの頃は、爽やかな夏空の下、「うぉぉぉ!夏やのぉ!五木ひろしでも聞いてスカッとしたいのぉ!」というワケに行かんので、必然的に洋楽に行く。そんで、クラプトンのCrossroadsとか聞いてみて、「このおっさん、いったい何言うとんねん!?」という疑問から、英語の歌詞を見つめたり、歌をソラでうとてツレをビビらす目的で、何べんもテープ聞いて発音真似たりとか、そういうスケベ心バリバリの英語の下地作りがあったかも。

しかし、最近のJ-POP、ピロピロの下着っぽい衣装着て、腰とかグネグネさしながら歌う子とかいてるけど、ボーイズはだまされても、おっさんを悩殺するなんて100万光年早いんじゃい。

運動:通勤往復+舞洲ぐるぐるして60kmぐらい
飲酒:淡麗350ml×4

|

« プラネタリウム | トップページ | 吉野の用意とか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プラネタリウム | トップページ | 吉野の用意とか »