« 出石の旅なのだ | トップページ | 551の旅なのだ »

2007/07/15

出石の旅なのさ

P1030009

間髪いれずに二発目「入佐屋」。屋号の由来がメニューに書いてあったけど、忘れた。山の名前やったかそんなん。建物はともかく”デカイ”。時代劇の旅籠みたいにデカイ。デカイけど、店内は普通の規模。

P1030008

一発目の店より、蕎麦が黒い。よくあるようなタイプで太さもよくあるタイプ。おんなじように薬味を入れて食べたら、ここはちょっと「醤油辛い」。小池さんも同意。でも、蕎麦の匂いはブンブン伝わるし、コシも大変よろしい。接客も◎。ここでも蕎麦が出てくるまで、小池さんはアサヒの大瓶をいってた。かえりしな、なんべんかシッコ行くのだろうなぁ。
この時点でだいぶ台風が近くなってるみたいで、出石は土砂降りで早々に家路についた。雨の旅は、行き先の人が少なめだから悪くない。

|

« 出石の旅なのだ | トップページ | 551の旅なのだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出石の旅なのだ | トップページ | 551の旅なのだ »