« アンリ・カルティエ=ブレッソン | トップページ | ともかく読むのだ »

2007/06/19

アルキメデスは手を汚さない

滅多に推理小説とか読まないタチ。本屋で平積みしてあったとこをボケーっと眺めてたら、
~「この小説との出会いが、本嫌いだったバカ高校生の運命を変えた」――東野圭吾~
とか書いてある帯が見えた。アホ大人(ジブン)の運命も変えてくれるんかな?と期待を込めてレジへ。

Komi

小峰さんのデビュー作であり、第19回江戸川乱歩賞受賞作品とかなんで、これはますます押さえとくかと意気込んで読んだけど、なんかグッと股間に迫るモンが無い。最初、どこがあかん(ジブンにとって)のかなぁ、トリックもけっこうおもろいしなぁ、登場人物とかも整理されてるしなぁ、変やなぁとおもた。

それが、真ん中辺になって気が付いたけど、「リアリティ」の部分。
話しは大阪府のど真ん中「豊中市」あたりで展開してんのに、セリフが全然「東京弁」やし。あげく、殺された女子高生のおとん、豊中市のはずれでべたべたの土建屋やってんのに、ばりばりの「江戸っ子弁」。ありえへん。もっと突っ込むと、きょうびの高校生がめんど臭い巧妙なトリック考えたりするもんか。いっつも「あ~、たっるいのぉ(ダルイのぉ)」しか言わん高校生が。そんなひち面倒臭いこと、やらんと思う。

故人(作者)には失礼こきますけど、これでは乱歩賞あげるわけにはいきませんなぁ、ブリブリ。

|

« アンリ・カルティエ=ブレッソン | トップページ | ともかく読むのだ »

コメント

これ、その昔テレビで連続ドラマ化された小説だと思います。番組名はたしか「女子高校生殺人事件」だったと記憶してます。
私は原作は読んでないですけど、テレビの目玉はなんといっても、その初々しい肢体を惜しげもなくあっけらかんと披露する主役の秋吉久美子と艶っぽい肢体で濃密にからむ小川節子の「濡れ場」、特に小川節子のあの時の切ない表情に当時高校生だった私は大変お世話になったものです。

投稿: がりお | 2007/06/19 21:06

●がりおアニキ、お疲れ様です。
原作を読んだ沢山のヒトを平等に満足させるような
「濡れ場」って、監督の腕の見せ所なんでしょうね。
私も”切ない顔好き”でございます(笑。

投稿: ロ・おとこ | 2007/06/20 14:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンリ・カルティエ=ブレッソン | トップページ | ともかく読むのだ »