« 戦果 | トップページ | 盗難された自転車探しましょう »

2007/06/17

鳥取砂丘で考えた

ハチの活動時間を避けるために、6時起床。ハチはねぼすけらしいから。
ウッドデッキを洗ってペンキ塗り。潮風に吹かれまくるから、春夏秋冬のつなぎ目に塗り替える必要があって、これに憧れてるヒトは要注意ね。

実家から片道100km・ガラスキの国道9号線をおかんの軽でぶっとばして、砂漠を見てきた日曜日。日帰りでおかんとドライブ。もう自分くらいの歳になると、あと何年・何回会えるかとかカウントダウンすると、ぶちぶち言いながらでも足しげく実家に帰って、こうして極めて小さな旅に行ったりして。

Photo_8
ラクダがポクポク歩いてた。乗ったら6分で三千円(二人乗車で)。当然乗らんかったけど。
とくに臭いラクダとかいてなかったから、選ぶ必要なさそうでしたけど、なかにはコダワル人もいるのだろうな。
選に漏れたラクダ可哀想。なぜ、自分に乗ってくれないのかな?って悩むのだな。観光ラクダの暮らしも決して平穏ではないなぁ。

Photo_9

戻って次の作業はゴミ穴堀。そして家の壁にひび割れあるから、コーキング剤注入。キャタツの上が怖いけど、やるしかない。さらに、害虫除けの薬散布。

Photo_10
(トリガ(引き金)引くと、うにょうにょ出てくる。ちょっときしょこええかも。)


やっと時間が空いたんで、灯台まで自転車に乗った。漁村特有のアップダウンをごりごり走り、並走する漁船と競争したり、景色と同化するのは本当に幸せだ。草レースとかそういう世界よりも、気ままに走る方が好きなんだろうな。夕方、広島の実業団レースに出た「美山チャンピョン君」から2位入賞の電話もらった。おめでとう!同時に、そんな彼が自分の側にいて、自分と彼との力加減が明快に分かるこの現状を、いろいろ考えてみた。
年齢別カテゴリーでとか、マスターズで同年代のヒトタチとまだまだ競い合えるという状況にはあるけど、「もう、ええかもしれん」。

実はこのまえ落車してから、下りがめっぽう怖い。誰が何と言おうとも怖い。
下りが走れなくては、全然マッタクレースにならん。今年のオキナワは怖い気持を押し殺して(できるかどうかわからんけど)走ろうと思うけど、それが終わったら、マスドレースの幕を下ろそうかと思う。今はまだ、そんなところ。

運動:灯台まで往復30kmぐらい
飲酒:第3のビイル×5本


|

« 戦果 | トップページ | 盗難された自転車探しましょう »

コメント

自転車に乗りたい気持ちは相変わらず強い一方、レースに対する気持ちが盛り上がらない社員です。
元々、私自身の自転車好みもかなり個人的なもので、夕暮れの遊歩道を自転車でくるくる走ること、真夏の暑い日に海岸線をどこまでも走ること、峠をもがきまくって虚脱感に浸ること、そんなのが好きで自転車にはまったのでした。その延長線上にレースがあっただけ。あんまり誰かと競うことに意味はないのです。そりゃあ入賞したらうれしいけど。負けても悔しい思いにとらわれることもないから強くならないのでしょうけど。追い込んで走ったあとの虚脱感のほうが大事。
鈴鹿に申し込もうと思ったけれど、無事にレースが終わればいいなとしか思わないようじゃ、意味ないかなぁと。
マスドレースは「もう、ええかもしれん」とは私も思っています。でも追い込んだ走りはしたいのよね。気持ちいいから。それも練習やせいぜいヒルクライムか耐久まででいいかなと言う感じ。思いの文脈は近いかな?アニキ。

投稿: kona | 2007/06/18 12:41

アニキたち!
これからは“乱”の時代ですぜ!
6月24日(日)勝尾寺の乱、お待ちしております(笑)。

投稿: M | 2007/06/18 15:32

アニキたち!
これからは“乱”の時代ですぜ!
6月24日(日)勝尾寺の乱、お待ちしております(笑)。

投稿: M | 2007/06/18 15:33

●konaアニキ、物凄く同感です!
登りとか長距離メインにすると思います->来年以降。
●Mアニキ、がんばって起床するぜ。

投稿: ロ・おとこ | 2007/06/19 13:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戦果 | トップページ | 盗難された自転車探しましょう »