« 鼓膜の修繕 | トップページ | 坊主の後はレーパン »

2007/06/28

待ち時間は坊主の時間

小池さんの手術に要する時間は約2h。そのまま耳鼻科の待合室に座って、女性週刊誌を読み漁り、芸能ゴシップを仕入れてもよかったけど、表の晴天がそれを許さない。かといって、手近に自転車なんか無いから付近をパトロール(散歩)してみた。少し歩くと散髪屋があって、客がゼロ。すぐに運命を感じて入店。そしていつもと同じオーダー「5mm丸刈り」。
初見の散髪屋って普通はごっつ緊張します。妙な髪形にされへんか?とか、おっさんヘンコ(偏屈)やったらどうしょうとか。けれど、坊主に怖いモンなんか何にも無い。以前も書いたけど、坊主にうまいもヘタも無い。やる方にしたらテクニック不用(たぶん)。つまり「坊主に二言無し」。世界中どこの散髪屋いっても、一番品質の安定している髪形やし。心配性なメンズ諸君はすぐさま坊主にしなさい。

|

« 鼓膜の修繕 | トップページ | 坊主の後はレーパン »

コメント

社長、坊主は一番テクニックが必要とされる髪型ですぜ。
じゃないと素人がやっても虎刈りにならないわけですから

投稿: パチョ | 2007/06/28 15:04

うちのィヨメが次男坊の頭をくりくりにしたら5mm~1cm刈りにしてましたぜい。技術いるに違いない。

投稿: じゃいあん | 2007/06/28 17:21

アニキ・・・オイラ自前で3mmイっときました

投稿: man | 2007/06/28 23:23

●パチョさん、考えてみれば確かに。プロは難しそうなことを
簡単にやってのけるから凄いのですよね。
●じゃいあにき、子どものクリクリかわいい。でこぼこでも許せる。
●manあにき、3mmはまさに大気圏突入ですよ。
男だぜ。

投稿: ロラおとこ | 2007/06/29 10:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鼓膜の修繕 | トップページ | 坊主の後はレーパン »