« 西九条で小林旭の純子に酔う | トップページ | たるんだ弁当 »

2007/06/06

眠れなかった

小池さん、九州出張二日目。普段ベッドで寝てるローラー小娘が、わざわざ布団運んできて、座敷のジブンの隣で寝るというので、まあよいかと。中2もなったら、寝相はたいぶ改善されてるだろうとタカをくくってたけど、現実派「地獄&恐怖」。小さいときはひたすら、ぐるんぐるん回転するだけだったのが、ガタイが大きくなった分、「パワー」「スピード」が増してる。つまり「危険度大幅アップ」。

気配を感じて真夜中にフト目を開け、暗闇を凝視したら、そこにあるのは破壊力バツグンの「足」。手で押し返すも、それを軽々跳ね返して再び襲い掛かってくるし。遠方にころがしても、再び戻ってくる。なんだこいつは?ディフェンス一方のこっちも疲れた、、、。

P1020918
戦いに疲れて目が冴えた。仕方ないから小池さんの本箱からひとつ出して読んでみる。そんな丑三つ時。
太宰治の同級生が高校、大学の思い出を書いたやつ。とくに非凡であったとも、常に自殺願望を持ってたとも書いてないな。イメージ先行で「いつも悩んでる妙なヒト」とおもてたけど、どうやら普通の兄ちゃんだったらしい。

興味の無い本読んでると、いつのまにか目で活字を追うダケで眠くなるもくろみ。しかし眠れん。
どうせ眠れんのなら、いっそ、しげの秀一の「バリ伝」と「頭文字D」をコンプリートで揃えて朝まで一気読みとかしたいな。鼻血でるかな。

運動:通勤往復16km
飲酒:淡麗350ml×2 ちょっと不調


|

« 西九条で小林旭の純子に酔う | トップページ | たるんだ弁当 »

コメント

わたしゃ寝相、寝言、歯ぎしり、いびき、がひどいので、横で寝ている嫁には尊敬の念すら覚えます。

投稿: KAT | 2007/06/06 19:22

このヒトの「人間失格」というフレーズ、
我ながらしょっちゅう使わせてもろてるトホホです。

投稿: kiyo_g | 2007/06/06 19:47

●KATアニキ、わたしはヨダレがヒドイです。
口元だらしないからなぁ、、、。
●kiyo_gアニキ、失格のない人間なんかオモロナイっす!
と自己弁護。ははは、、、。

投稿: ロラおとこ | 2007/06/07 14:06

中学生なら大人と代わらん重さとパワーでしょう。
ウチの娘も重いです!
しかも今年からさらにパワーアップしてるし・・。
「頭文字D」と「湾岸ミッドナイト」はすでに古本屋へ行ってしまいました。

投稿: horizon | 2007/06/07 15:27

●horizonさん、中学生くらいになると、縦の伸び率、横の
膨張率が凄いですよね。まさに「生き物」ってかんじですわ。

投稿: ロラおとこ | 2007/06/08 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西九条で小林旭の純子に酔う | トップページ | たるんだ弁当 »