« グランフォンド福井は楽しい一発目 | トップページ | 楽しいグランフォンドの終わり »

2007/06/05

グランフォンド福井は楽しい二発目

琵琶湖畔・大浦の交差点のとこに、妙な井出立ちのヒトが立ってる。なんかメイド服。ほどなくして一発めの補給地点。到着チェックをしてくれたヒトもメイド服。アキバ系イベントではないから、主催者なりの気遣いでメイドさんの衣装をそろえた模様。しかもスカートの裾が「バルーン」に加工してあるし。手がコンデルぜ。そして待望の食べ物は
おにぎり×2、オレンジ少々、水呑み放題。ちょっと足らんけども、コース上のそこかしこにコンビニがあるから不安無し。幹線道路メインのイベントは、こういうトコがウレシイかも。イザとなったら、そのまんまの格好で、北陸本線に乗ることも可能。おしむらくは道中、一軒の「地酒・地ビイル屋」も発見できなかったことくらい。
そんでシッコして若狭湾に向けて北上。適当に登ったり下ったり繰り返すうち、(途中、コナあにきうめアニキに会う。うめアニキのパンク不幸中に出会えた自分にとっての幸い。なんか日本語難しい、、、)だらだらした丘を越えようとすると、道路の端っこから映画のシーンみたく海がせせりあがってきて、まさに”ボバン!”という感じで眼下すべてが「海」。彼方には原発の建物がこれまた”ズボッ!”と建造してある。自然と科学の融合は、存外に美しいことがわかった。
そして二発目の補給地点。むこうも一発目で手一杯なのか、メイドさんの姿が無い。
ここでもおにぎり×2、オレンジ少々、バナナ少々、お菓子類少々、水呑み放題
そしてシッコする。

半島を縦断して敦賀湾に出る。そして半島の先っぽ。
三発目の補給地点。おにぎり×2、オレンジ少々、水呑み放題。そしてシッコする。なんかやけにしっこ出る。グランフォンドには利尿作用があるに違いない。ここまで随分のんびりしすぎた。でも急ぐ旅でもないし、なにより海の青さと山の緑を満喫して、鼻の穴全開で美味い空気も吸いまくると、自然にそういうペースになるし。

福井市内の端っこで最後の補給場所。
コジンマリした”ぶっかけうどん”、オレンジ少々、水呑み放題。しっこは我慢。そしてゴールのスキー場めがけて距離15km・標高約400mの登りは続くのだ。

|

« グランフォンド福井は楽しい一発目 | トップページ | 楽しいグランフォンドの終わり »

コメント

これがホントの「不幸中の幸い」です(笑)
うれしき出会いに感謝感謝!
神様ありがとう~~

投稿: うめ | 2007/06/05 15:45

●うめアニキ、こちらこそどうもありがとうございました。
お会いできてほんま幸せです。
悲しいことや楽しいこと、いろいろあるでしょうが、
またどこかの「道」で会いましょうね。

投稿: ロラおとこ | 2007/06/06 09:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グランフォンド福井は楽しい一発目 | トップページ | 楽しいグランフォンドの終わり »