« 青い色 | トップページ | グランフォンド福井は楽しい二発目 »

2007/06/05

グランフォンド福井は楽しい一発目

P1020916

参加賞として大会側からいただいた、コットンのトートバッグ。協賛メーカーロゴがさりげなく散らしてあって、普段使いにもいけそう。「グランフォンド」か。イタリア語かなんかで「大移動」のこととかどっかに書いてあった。タイムレースじゃなくて、老いも若きも、男も女も、速いヒトも遅いヒトも、ともかくゾロゾロと旅立って150kmをサイクリングしましょうというイベント。

来年も参加できるのであれば、行きたいな。自分の為にもデータ含めてメモしときたい。
朝3:30起床。車で同行のマックあにきと待ち合わせ、名神吹田ICから乗車(4:15ごろ)~北陸自動車道敦賀IC下車で4,000円の高速代。ICから現場のスタート地点「今庄365スキー場」まで延々のだらだら登りが16kmほど。まさかこれがイベント終盤のコースだったら厳しいなぁと思いながら車を走らせてたら、そこかしこに「あと5km」とか「あと3km」とかの立て看板。ああ、やっぱりそうなのか。

現場着は6:20過ぎ。800名強の参加者がいた模様で、大きなスキー場の駐車場は朝っぱらから熱気ムンムンムラムラやし。指定の受付時間過ぎてたけど、雰囲気的にはスタート間際でも対応してくれそう。厳密なレースと違うから、そうれはそうか。でも、主催者の迷惑になると判断した場合、ムリにゴネたりしてはアカンやろうね。

ぼんやりしてたら開会式とか始まってて、さらにぼんやりしてたらスタートが始まってた。でも、慌てることはない。この日のために前日の飲酒は手加減したし。(失敗は繰り返さないタチ。)でもなんか胃がきしょこ悪い。

時間を一杯つこて楽しむことと、いろいろなアニキたちに出会うことが主眼の旅。
福井県はあまり馴染みがないトコ。そこそこ山深いワリには道路が広くて綺麗。そんで車が激少。ともかく延々下り基調をぶらんぶらん走ってたら、突然「滋賀県」に入って、さらに突然「木之本」に出た。キニナル人がいて、普通のドロップハンドルじゃなくて、二本角みたいに突き出たハンドルに覆いかぶさり、さらに両耳には音量大きめのステレオのイヤフォンを差し込んである。一切の外界を遮断してナルシスト道を突き進みたいのか。でも、集団の中なので、できればもう少し暖かい気持ちで走ってほしいと思うところ。

桜で有名な海津を行くのだけど、琵琶湖の景色よりも、その時のジブンはともかく腹が減っていた。アセドアルテヒドに養分を取られて足はスカスカ。立硝のおにいさんは「あと5kmで補給地点」とゆうてくれはったけど、メーターはすで10km近く進んでるし。

|

« 青い色 | トップページ | グランフォンド福井は楽しい二発目 »

コメント

グランフォンド福井は、行けば良かった。もうしかして当日参加も可能だったかな。
吉野は体がより成長してしまってるので絶対無理。

投稿: ueno | 2007/06/05 11:19

アニキ、お疲れさまです。
マックアニキの写真見て私も参加したら良かったと思ってしまいました。
潮風が手強そうですが・・・。
そのトートバッグも洒落ててイイですね。
普段使いでも十分イケます。
吉野が楽しみです。

投稿: PEANA2 | 2007/06/05 12:28

●uenoあにき、保険加入手続とかあるみたいだから、当日受付
は難しいのじゃないかなぁ。時間目一杯つかって楽しむつもりなら、
どこのグランフォンドも凄く楽しいと想像しますよん。
●PEANA2あにき、敦賀湾初めて訪れたんですが、どえらい綺麗な
海でびつくりしましたよ。エメラルド。吉野でお会いできますように。
ごっつノンビリ走るですわ。

投稿: ロラおとこ | 2007/06/06 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青い色 | トップページ | グランフォンド福井は楽しい二発目 »