« 納得 | トップページ | 回復のキザシ »

2007/04/12

糸は黒かった

昨日の消毒。勇気を出して”現場”を直視した。「黒糸」つこてある。細からず、太からず。人間のカラダって、こんなに容易く”縫える”んだなぁ。フシギだなぁ。
自分が中学生くらいのときからよく人づてに「最近は透明の糸でやるらしい」とか「抜糸しなくても解けてなくなる糸があるらしい」と噂を聞かされた。本当かどうか確かめることもなく20年以上が経過し、職場の隣のヒトに昨日同じことを言われたし。

もしかしてこれって「都市伝説」みたいなもんかな?それとも、自転車・転倒程度の”軽微な裂傷”だと、そおいう幻の技術は出すべきでないと判断されたのかな。

この日も「二度漬けババァ」の姿がなかった。その代わり、妙に頼りない看護士さんが包帯を巻いてくださって。自転車・ハンドルのテープを巻くがごとくめちゃめちゃ丁寧に巻かれてしまい、すこぶる暑苦しい。勘定したら、今日当たり「二度漬けババァ」の番ではないだろうか。なんで病院いくのに胸騒ぎを覚えなアカンのだ。

|

« 納得 | トップページ | 回復のキザシ »

コメント

大丈夫ですか?って「大丈夫ちゃうわい!」ってつっこまれそうですが_(._.)_
昨日愛犬の避妊手術を行ったんですが、「縫合は溶ける糸でやってますから5日後に様子だけ見ます」って事でしたから溶ける糸は有りますね。人間用は?ですが。
僕がくるぶし骨折で入院した時はホチキス20発くらい打たれました。
抜糸とは言わず抜こう(←字わかりません)って言ってました。

投稿: 泥尾 | 2007/04/12 16:12

小1のとき縫った傷口から数年前糸がチョロリンとでてきました。
エイ!と引っ張って抜いて、とりあえず匂ってみました。
傷口から毛が生えてきたときはうれしかったです
アニキの傷口にも早くも毛がはえますように!

投稿: ミジ | 2007/04/12 21:14

アニキ。
包帯をバーテープのようにキッチリ巻ける看護師がいたら、まずいっす。
ちょいとずれたら、叱られそう。

投稿: KAZZ | 2007/04/12 23:15

●泥尾さん、「大丈夫です!」多分、、、。
ホチキスで人間の体が綴じられるシーンは
きっついですね。
●ミジあねき、完治したら足の毛つるんつるんに
する計画。次なる擦過傷に備えて(備えたくないけど)。
●KAZZアニキ、ココロの中で「もうええ!もうええ!」
と叫びましたよ。暑苦しいのトホホ。

投稿: ロ・おとこ | 2007/04/13 09:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 納得 | トップページ | 回復のキザシ »