« 受験の季節なのか | トップページ | 琵琶湖一周の計画 »

2007/02/26

逃避行の末

最近、どうしてこう「19の頃」を思い出すんだろうか。もしかしたら一番楽しかったし破天荒だったのが、今になって凄く懐かしいのかな。多分そうだな。
別の場所で書いた記憶があるけど、海辺の町に下宿してた時分。放課後とかに近所の海岸で毎日ブラブラしてた頃。知り合いの海の家に行ってはクリームソーダをおごってもらったり、旅行で泳ぎにきている女の子にちょっかい出してみたりの、まさに”あはは”な毎日だな。フト沖合いを見たら、綺麗なブイが等間隔でプカプカしてる。これはもう胸が高鳴って仕方ない。友達と沖まで泳いでブイをいじくりまわして遊んだ。
その夜、下宿にブイの持ち主とおぼしき「屈強な漁師軍団」が押しかけてきた。そら、生活の大事な大事な糧となる網をいじくりまわされたのだから。もう、見つかったら「死ぬ・殺される」。
後期試験が迫っていたけど、今はひたすら進級より「命」が大事。ブイをうごかしたツレと4人で、ともかく逃げた。行き先は「秘境・かずら橋方面」。四国の学校やったから。考えうる最大の「奥地」ということで。
ツレの中に一人アホがいて、月刊少年ジャンプをリュックに満載しとる。逃げるのに、なんでなんで「月刊少年ジャンプがいるんじゃい!」と一喝したけど、目に涙浮かべて「これだけは死んでも持って行きたい」というて聞かへんし。
月刊少年ジャンプと心中はゴメンじゃとおもたけど、こいつ捕まったらいっちゃん先に、自分らの行き先を「ゲロ」しよる。仕方なく、四人と二年分の月刊少年ジャンプの逃避行が始まった。

どうせ持ってくんねやったら、「GORO」とか「映画の友」にしてくれとおもた。

ワンゲルのやつからテントとか炊事道具を借りて(当然無断で)ともかく下宿のある街を抜けた。どこまで行っても、漁師の仲間が探してるんとちゃうやろか?と心臓がドクドクして怖かったな。

炊事道具パクって逃げたわりには、だれも料理できんので、ボンカレーとかラーメンとかを途中の雑貨やで買う。ここでも、少年ジャンプ野郎は「ぼく、明星のラーメン嫌いやねん」と譲らんかったし。少年ジャンプの次にラーメンの銘柄で、その次に大事なのが「命」かと、唖然としたけど。

実際には、持っていったテントで寝たのは一泊だけ。無防備な自分達は蚊取り線香とか持ってなかったから、とても寝れない。もっと凄いのは、”命からがら”逃げているにもかかわらず、ラジオの深夜放送聴いて、4人でゲラゲラ笑ってたこと。
翌朝下宿のツレに電話して、むこうの様子を伺うと、やっぱり学校で偉い騒ぎになってるらしい。徳島の山の中で、急速にシボム4人。アホの一人が「小野田少尉みたいに30年くらいおったら(隠れてたら)ヤバイかなぁ?」「それやったら30回留年やぞ、、、」。まったくアホだらけ。
けっきょく、「かずら橋」までは相当足の便が悪いので、阿波池田周辺の民宿で残り三泊した。別段宿のヒトに怪しまれることもなく、昼間はブラブラしたり昼寝したり、”月間少年ジャンプ”読んだりして過ごした。夜は安モンの花火買ってきて皆でそれをやったり。

アホにも時間の経過はわかるので、流石に4泊したあとの朝は、お金も無いしもう戻るしかないなということで、学校を目指したけど。そうなるとエエ加減なもんで「たぶん漁師も俺らのこと、忘れとんで」とか「もう全然怒ってないんちゃうか」とか、ええ方ええ方にしか考えが及ばんし。

しかし4人に突きつけられた現実は、学部長、事務長からボッコンボッコン。親呼び出しでさらにボッコンボッコン。漁師さんと漁業組合の偉いヒトのとこいって、頭下げまくり。

つづく


|

« 受験の季節なのか | トップページ | 琵琶湖一周の計画 »

コメント

自分も、「19の頃」が、これまでの人生の中で、
いちばん充実していたような気がします。
(世の中の酸いも甘いもよく知らなかったせいか)
この時出会った、予備校時代の友人とは、今なお、
深い付き合いをしていますし。

余談ですが、「映画の友」は、初めて見た時、
非常にセンセーショナルでした。
「こんな雑誌があったのか!!!」と。

投稿: おおみ | 2007/02/27 08:23

●おおみさん、映画の友は最近の雑誌に比べて「気品」があったような気がします。綴じ込み写真保存しておけばよかったなぁトホホ。

投稿: ロ・おとこ | 2007/02/27 09:40

「がのとも」と怪しい隠語で呼んでました(笑).本屋の前で制服の上着を脱いで行く,というまったく無駄な隠匿工作をしてたのが思い出されます!
そうそう,月刊少年ジャンプは7月号から休刊になるそうです.あぁ~,青春が・・・.

投稿: すみ | 2007/02/27 21:35

●すみアニキ、なんとジャンプ休刊ですか!
時代のニーズに合わないのでしょうかねぇ。
「がのとも」の裏表紙、なぜか目隠ししてバナナを
食べている女優さんの絵、忘れられません。。。

投稿: ロ・おとこ | 2007/02/28 08:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58314/14060482

この記事へのトラックバック一覧です: 逃避行の末:

» ライアーゲーム [ライアーゲーム]
ヤングジャンプ連載中の「LIAR GAME」 ライアーゲーム、騙された方がお金を失い、人生を失う!スリリングなゲーム。大金を賭けて人が互いに騙しあう謎のゲームに巻き込まれた少女・神崎ナオと、彼女を助ける天才詐欺師・秋山の頭脳の戦いを描いたこの作品。土曜ドラマとして4/14から始まります... [続きを読む]

受信: 2007/02/28 22:16

» Buy tramadol online cod. [Cheapest tramadol available online.]
Purchase tramadol online. Tramadol online at lowest price on the web. Buy tramadol online cod. Buy tramadol online save wholesale price yep. Tramadol online. Off for tramadol online free fedex low cost. Buy tramadol online best prices limited time off. [続きを読む]

受信: 2007/10/11 09:21

« 受験の季節なのか | トップページ | 琵琶湖一周の計画 »