« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/28

ならず者

”Desperado”。昼ごろから突発的に聞きたくなってきた。酒呑みながら聞いたら泣くかも。

B000002gyw01_aa240_sclzzzzzzz_

| | コメント (4) | トラックバック (1)

酔った勢い

P1020503
ぶら下がり健康器、自転車、七輪(左側のダンボールの中)、これらすべて「酔った勢い」の品々。
昨日も自宅でかなり酔った。挙句、どうもわざわざろれつの回らない口で自転車店に電話して、カーボン製の車輪を注文した気がする。気のせいだろうか?気のせいのような気がする。どうか気のせいであってくれ。
春には固定資産税の支払いもあるから、酔っ払ってハメをはずしている場合では無い。

支払いの目処もないし、入金の予定もまったく無い。弾けないけど欲しいギターもまだまだ沢山ある。
常日頃「自転車はしょせん”エンジン”」と隣近所に触れ回っている身。坊さんでいえば「得度」前。
相撲の世界で「幕下付けだし」。商売では「丁稚」。こんな自分が、どうしてそんな凄い道具が使えよう。
今こそ、自分の我慢強さが試されるとき。我慢の一句を一発いっとく。

「酔っちゃった ああ酔っちゃた 買っちゃった」


運動:通勤往復16km
飲酒:淡麗350ml×2、冷や×4合、芋水割り少々、あとは覚えてない

就職したての頃、同期の仲間数人で渋谷のスナックに呑みに行った。少しするとお店の綺麗なおねえさんが「はぁ~アダジ、酔っちゃっだ~」とフラフラ席を立ち、これはオレの出番だなと腕をささえてあげたら、その腕の先に続くもみじのような小さな手に、見たこともないような高い洋酒が握り締めてあって、こっちの酔いは急速に覚めた。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

最後の寒波かね?

P1020505
ベランダから見た今朝のソラ。ひさしぶりの鉛色。京都の方は雪雲っぽい。

ソラが重く低く垂れ込んでいようが、今日で二月が終わろうが、そんなことお構いなしに、今日も花粉が猛威を奮っておる。クシャミをしすぎて腹が痛い。鼻をかみすぎて顔面が痛い。この辛さを自転車の推進力に利用できないものだろうか。
そんなことを思いながら通勤していると、半そで半ズボンの小学生が通学しているではないか!目を疑ったが、まぎれもなく「夏・全開」の児童に違いない。しかも友達と二人で間 寛平のギャグ「チャチャマンボ」をシンクロしあってるし。
彼なら、この寒空、ビーサンとアロハでも平気だな。まったくオレ様に若さとアホ加減をちょっと分けてくれ!


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/02/27

琵琶湖一周の計画

PEANA2アニキが自転車で琵琶湖一周する計画たてておられる。モーレツな速さだと自信がありませんけど、行けるのなら是非がんばりたい。貧弱な足と脆弱なハートですけど。それにしても琵琶湖とか淡路島とか、「一周」を目標にしやすい距離で助かる。チャレンジしがいもある。
琵琶湖一周が1,000キロとかあったら、日帰りできるヒトは随分限られてくるはず。
何度か琵琶湖一周したけど、最後のほうはペダルを漕ぐのが辛くなって、「なんでオレ様が回らねばならんのだ。琵琶湖が勝手に回れ、ビワコが!」と思う。

運動:通勤往復+舞洲周回して55kmくらい
飲酒:淡麗350ml×1、熱燗×3合

”大津びわ子”ってDJおったな。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/02/26

逃避行の末

最近、どうしてこう「19の頃」を思い出すんだろうか。もしかしたら一番楽しかったし破天荒だったのが、今になって凄く懐かしいのかな。多分そうだな。
別の場所で書いた記憶があるけど、海辺の町に下宿してた時分。放課後とかに近所の海岸で毎日ブラブラしてた頃。知り合いの海の家に行ってはクリームソーダをおごってもらったり、旅行で泳ぎにきている女の子にちょっかい出してみたりの、まさに”あはは”な毎日だな。フト沖合いを見たら、綺麗なブイが等間隔でプカプカしてる。これはもう胸が高鳴って仕方ない。友達と沖まで泳いでブイをいじくりまわして遊んだ。
その夜、下宿にブイの持ち主とおぼしき「屈強な漁師軍団」が押しかけてきた。そら、生活の大事な大事な糧となる網をいじくりまわされたのだから。もう、見つかったら「死ぬ・殺される」。
後期試験が迫っていたけど、今はひたすら進級より「命」が大事。ブイをうごかしたツレと4人で、ともかく逃げた。行き先は「秘境・かずら橋方面」。四国の学校やったから。考えうる最大の「奥地」ということで。
ツレの中に一人アホがいて、月刊少年ジャンプをリュックに満載しとる。逃げるのに、なんでなんで「月刊少年ジャンプがいるんじゃい!」と一喝したけど、目に涙浮かべて「これだけは死んでも持って行きたい」というて聞かへんし。
月刊少年ジャンプと心中はゴメンじゃとおもたけど、こいつ捕まったらいっちゃん先に、自分らの行き先を「ゲロ」しよる。仕方なく、四人と二年分の月刊少年ジャンプの逃避行が始まった。

どうせ持ってくんねやったら、「GORO」とか「映画の友」にしてくれとおもた。

ワンゲルのやつからテントとか炊事道具を借りて(当然無断で)ともかく下宿のある街を抜けた。どこまで行っても、漁師の仲間が探してるんとちゃうやろか?と心臓がドクドクして怖かったな。

炊事道具パクって逃げたわりには、だれも料理できんので、ボンカレーとかラーメンとかを途中の雑貨やで買う。ここでも、少年ジャンプ野郎は「ぼく、明星のラーメン嫌いやねん」と譲らんかったし。少年ジャンプの次にラーメンの銘柄で、その次に大事なのが「命」かと、唖然としたけど。

実際には、持っていったテントで寝たのは一泊だけ。無防備な自分達は蚊取り線香とか持ってなかったから、とても寝れない。もっと凄いのは、”命からがら”逃げているにもかかわらず、ラジオの深夜放送聴いて、4人でゲラゲラ笑ってたこと。
翌朝下宿のツレに電話して、むこうの様子を伺うと、やっぱり学校で偉い騒ぎになってるらしい。徳島の山の中で、急速にシボム4人。アホの一人が「小野田少尉みたいに30年くらいおったら(隠れてたら)ヤバイかなぁ?」「それやったら30回留年やぞ、、、」。まったくアホだらけ。
けっきょく、「かずら橋」までは相当足の便が悪いので、阿波池田周辺の民宿で残り三泊した。別段宿のヒトに怪しまれることもなく、昼間はブラブラしたり昼寝したり、”月間少年ジャンプ”読んだりして過ごした。夜は安モンの花火買ってきて皆でそれをやったり。

アホにも時間の経過はわかるので、流石に4泊したあとの朝は、お金も無いしもう戻るしかないなということで、学校を目指したけど。そうなるとエエ加減なもんで「たぶん漁師も俺らのこと、忘れとんで」とか「もう全然怒ってないんちゃうか」とか、ええ方ええ方にしか考えが及ばんし。

しかし4人に突きつけられた現実は、学部長、事務長からボッコンボッコン。親呼び出しでさらにボッコンボッコン。漁師さんと漁業組合の偉いヒトのとこいって、頭下げまくり。

つづく


| | コメント (4) | トラックバック (2)

受験の季節なのか

実家から戻ってくるとき、高速バスが大阪の吹田あたりに差し掛かると、O大学の正門前を通過した。夕闇にまぎれてゾロゾロヒトが溢れ出てくるし。ああ、今日は受験だったのか。自分の頃を思い出すと、恥ずかしながら「ともかく逃げ回ってばかりいた」。

高校受験するとき、できるだけ大阪より遠くへ、というか「近所の口うるさい友達のおかん連中」から”逃げたかった”から、他県を受験してみた。動機が不純だから、志の高い人たちの集まりには当然不向きで、勉強ついていけなくて、いきなり退学処分だぜ、うははのは。翌年受験しなおしてなんとか入った高校も、近所にワカランようにまた遠くへ。でも、相変わらず勉強のほうはサッパリで、毎年よく進級でききたなと本人が信じられないありさま。こんなだから真正面からぶつかっても跳ね返されるのが判ってるので、大学も「編入」とか妙な手を使って、入学したというより”ねじ込んでもらった”形。

いったい今まで何足(?)のゲタを履かせてもらったのか見当もつかないけど、当人としては「もうアカン」「もうダメかも」「次落ちたら家に帰れん」と結構逼迫した気持ちは確かにあった。けれども、人間なんてそうやすやすとナカミが変わるモンではない。スレスレでも通過したら、その瞬間から「ヘラヘラ」が始まる。懲りてない。
退学したり、落第したりすると、ああオレの人生もここでツイエタナと絶望するけど、そこでクリアしていたら、今頃都知事になってたとか、メジャーで凄いボール投げてたとか、ツールドフランスで一勝してたとか、そういうことも起こって無い筈。

自分の人生にひかれたレール、途中の切り替えポイントを自分の力で切替える程度。
どのルートだって、あながち間違いじゃないと、今になって思ったり。インディージョーンズだって、トロッコは暴走したけど、最後はきっとうまくいく。受験もたぶん捨てたもんじゃない。黙ってたって、春が来て、そして桜はいつも通り咲く。ともかくルーレットを回そう、そんで先に進もう、それが人生ゲームだ->親戚の受験生のN君へ。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

そば工房 伯蕎庵しばた

実家近く・境港で蕎麦食べた日曜日。最初に言うと、「自分が今まで食べた蕎麦の中で、一番」。
あまり食通でも無いし、特別蕎麦好きでもない。順番つけたら ラーメン、うどん、その次が蕎麦。とくに、過去に食べた出雲蕎麦の類はあんまし好きじゃなかったし。

たまたま見つけて入った店。注文するなり店のおっちゃんがガラスに囲まれた小部屋に入っていき、蕎麦を打ち出した。どうりで「20分程度お待ちください」と念押しされたし。回りのお客さんを見ても、誰一人食べてない。どうやら10数人前分づつ蕎麦を打っては出し、打っては出しの流れだな。

寝たり起きたりしながら待ってたら、つなぎなしの”真っ黒クロスケ”な蕎麦が出てきた。顔近づるダケでものごっつい蕎麦のニホイ。辛味大根とか薬味載せて、最後にダシを上からソッとかけて、力を口元に集中し、繊細な吸引力で吸い込む。上あごにあたる麺のカクカクした食感がきしょこええ。同時に蕎麦の香りが鼻からドッと押し寄せてきて、まさに「鼻の穴パコパコ」。

サイドメニューで頼んだ「蕎麦いなり」がまた凄かった。甘い目に焚いたおいなりさんのナカミが「蕎麦」。口の中で蕎麦のコシが”ジャクジャク”するし、いなりの甘いダシがあとから蕎麦を追いかけてくるし。
もう帰省のたんびに、これからは通いたい。蟹だけでない境港、ああ恐るべし。

P1020501
すっかり写真撮影を忘れた。仕方ないから今朝の弁当。リンゴメインの内容で押す。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ハリセンボン謎だらけ

実家近所の海に大量発生している噂は聞いてた。実際、波風のつおい日なんか、海から道路まで大量に打ちあがってる姿を目撃するし。
そんなフシギな土曜日。
おかんの車の点検しとこと思って、ボンネットを開けた。そしたら、ヘッドライトとハーネスの僅かのスキマに、なんか、黒っぽいモンが見えた。「なんかゴミか?」とよく見たら、カラカラに乾燥した”ハリセンボン”が二匹。ヒトの手で作為的に入れる以外、まずありえん。しかもボンネットを開けないと絶対に作業がムリな場所。
海から10数メートル離れたガレージの車に、いったいどうやって?あと、茶色いドロドロした物体も、エンジンに付着。妖怪人間に変身する前に、机の上にコボレおちた液体のようなやつ。

他実家でやった作業:
庭の石運び~背中がヒドイ筋肉痛。
雑木林から木材の切り出し~握力が無くなった。
ゴミ穴掘り~鍬を持った手がマメだらけ。
ギター:フルボリウムで2,3分弾く~1弦切れた。
本読んだ:TVの映らない地域で退屈だ。宮元輝さんの「錦繍」探したけど見つからなかったので、「夢見通りの人々」にした。特に”肉屋の兄弟の話”が好き。ある人づてに「舞台のモデルはF区の某商店街だ」と聞いたので、なお更情景がかぶる。他のお店とかも、ついそういう目で見てしまうけど。
それにしても、海辺の町、この季節は暗くて退屈だなぁ。イルカでも飼っていれば楽しいだろうな。


| | コメント (7) | トラックバック (0)

睡魔に負けた

土曜日は実家に移動。花粉症の薬はごっつい眠くなるから、とても自力(車の運転)移動はムリ。だから高速バス。薬と早朝発の眠さの相乗効果、乗ってすぐに首から上がえもいわれない浮遊感が襲ってきて、シートに溶け込むように寝た。
暫くすると、隣にだれか座った気配。目をこじ開けたら網タイツの足が見えて、ああこれは絶対起きないと損する(?)、ビバ!高速バス(?)なのに、10秒持たないで再びシートに溶けた。花粉の季節は、全てが台無しになる。

金曜日の運動:通勤往復16km
金曜日の飲酒:ビイル沢山

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/23

花粉凄い

そんな昨日。
出勤する段階で、この一日はえらいことになると予感したので、コンタクトやめて眼鏡。是が裏目に出て、職場で一日辛かった(特に目が)。コンクリの壁で外気と遮断されてるけど、ヒトの出入りが皆無ではない。そのヒトたちの衣装に付着しているぶんは、防ぎようが無いし。
退社して自宅までの僅か8kmで、出だしから目玉が悲鳴を上げだして、だんだん見えなくなってきた。
途中ヒトとかモノとかに何度も何度もぶつかりそうになって、このままでは死ぬかもしれん。たまたま手近にあったマツモトキヨシに入って、ソレ用の目薬買ってあうあうしながらさした。

帰宅したときなんか、放心状態。鬼太郎のお父さんみたいに、湯のみちゃわんに両目外してくつろがしてやりたいぜ。そんな状況にもかかわらず、舞洲に行ってしまった。自業自得だ。
鼻はマスクでどないかなるけど、目は覆ってしまったら何も見えない。
いっそ目の非常に細かいパンストでもかぶって通勤しようかな。世間が許してくれるだろうか。

運動:通勤往復+舞洲周回して40kmくらい
飲酒:淡麗350ml×2、冷酒×3合

パンストを被る被らないは、いまのところ個人の判断というか勇気の有無によるところが大きい。
今は無き「あるある大辞典」でパンスト通勤を取り上げてくれていたら、この辛い季節、街はパンスト被った人間であふれかえってたはず。残念でならない。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007/02/22

おっさん巨摩郡

サンドバッグ会議終了。自分のネゴシエイションが上手く機能していなくて、上司に打たれまくった。こんな日もあるさ。
今朝の通勤で普通のおっさんが運転する、普通のカブに抜かれた。普通じゃないのはおっさんのヘルメット「グンレプリカ」。信号待ちで真剣に見たけど、確かにグンレプリカのフルフェイス。20ン年の時を経て、まわりまわってこのおっさんの手元というか頭上に乗っているのか。コーナリングは普通に曲がっていった。交差点にガードレールが無いから、蹴るに蹴れない状況は理解できる。

どうも自分は直近で見た現実がそのままちょっとゆがめられて夢に出てくるタイプ。
エリスの夢と前後して、キカイダーの撮影現場の夢も。やはり夢だな、全然驚きもせずに「ああ、リバイバルブームで映画の撮影かな」とかフツーに見てたし。乗ってるマシンが「HONDAのVT250F」。たしか元はマッハⅡと違うかったかな?当時は35馬力でも悪者と戦えたのか。
そもそもオートバイに乗るヒーローもんって、自身の戦闘能力というか潜在的な力は「1,000馬力」とか書いてある。そのくせ移動に使うマシンは「48馬力」とかやし。ああそうか、やっぱりヒーローも自分とおなじで”横着もん”か。

やっと坂道登るときのペダリング思い出した。自分には「踏むように回す」これだな。
Gun


| | コメント (7) | トラックバック (2)

目が痒い

見るだけで体に染みるタイトルでしつれいこきます。
いつも鼻からスタートして4月末に始まる症状が、すでに今ピーク。我慢しかない。
眠りも浅めで、けったいな夢を一杯見たし。

以下夢の内容:
エリスと名乗るストリートミュージシャンが、ギター一本で野田阪神の駅前で、ドイツ語の唄を歌ってた。
立ち飲みの後、調子にのった自分が話しかけてみると、彼女の祖父の名前が「森鴎外」っていわれて、
普通なら驚くのに、さすが夢。「ふ~ん」としか思わなかったし。

目が覚めたら、鼻が詰まって、喉がカラカラ。舞姫なんかいつ読んだかワカランくらいで、何で夢に出る?
しかも舞台がベルリンじゃなくて”野田阪神”。

運動:通勤往復+舞洲周回して40kmくらい
飲酒:淡麗350ml×2、熱燗×2合

友達にのみに誘われたけど、切迫した家事労働がありパス。ごめんね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/02/21

仁義無き戦いなのね

職場の地下に今日からコンビニが新規オープン。職場の一階部分には既存のコンビニ。道路挟んで隣のビルにはコンビニが二件。熾烈な縄張り争いの予感、「仁義無きコンビニ戦争勃発」。やるかやられるか。それぞれの今後の戦い方(品揃えとか接客、陳列など)が興味深い。
やっぱりアレかな、開店するときは競合相手のとこへ若頭が仁義切りに行くのかなぁ。そんで時々若いヒトが鉄砲玉として突っ込んでいかされるのかな。

「おいサブ!あの店でごっつい悪いことしてこい!」
「わっかりました兄貴ィ、うちの若いモン全員でかちこみかけて、スパイシーチキンとかジャンボフランクとか、おでんとかひとつ残らず買い占めてきますわ!」
「あと全員でいやらしい雑誌の買占めとかも」

自分としては、シュークリームの美味しい○○を応援しよう、そうだそうだ。

運動:通勤往復16km、鉄棒で足掛け上り二回、左足スクワット×10回
    あんましシンドイから、右足は別の日にやる。
飲酒:淡麗350ml×2、芋ロック×普通に

追伸:早速行ってみた。ああでも新装開店キャンペーンで、店内はヒトでごったがえしてたし、レジも凄い列。これじゃとても悪事をはたらくのはムリ。エッチな雑誌コーナーだけ「ポコッ」と穴があいたようにヒトが居ないもんだから、堂々と立ち読みしてきてやった。社員証堂々とぶらさげてたから、いまごろテナントビル中の噂になってるかなぁ、うははのは。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007/02/20

39×18シャツ、締め切りました

集計したら、150枚超えてました。驚きというかちょっと怖いです。くれぐれも全員で集まってなんかやろうとか思わないようにします。初版とあわせたら、200枚以上の男気(女気含む)が、ウロウロする計算になります。
進捗状況ですが、
・初版と文字色を変更します。
・よく見ないと、初版と判らないくらいの軽微なデザイン変更します。
・上記を含めて、昨日業者に行って打合せしてきました。価格は、当初思ったようにならなくて困りましたが、最後は「ごねて」ディスカウントしてもらい、当初予定通り一枚1,000円とさしてください。

・送付について、初版実績で3枚まではエクスパックに入りました。それ以上申し込んでいただいてるアニキには、別途送付手段を考えさせてください。また、前回のように、大阪市内近郊にお住まいあるいは、大阪市内近郊にお出かけのアニキ・アネキには、手渡しさせていただければ幸せ。

・予定納期は2末~3初です。

・入金先、連絡先については個別にメールさせてください。


| | コメント (8) | トラックバック (3)

悪を倒せガールズ

昨日、ローラー小娘の所属するブラバンの定期演奏会に行った。その感想とか明日のブログに書きとめようとおもたけど、最後に事件発生。

現場は市民会館の中規模なホール。学校の生徒、教職員とかあと父兄、祖父母、保護者がおもな聴衆。男女共学やのに、99%女子部員で占められてるのがステキ。
自分は吹奏楽とか全く門外漢でわからんけど、そこそこアラはあるものの、概ねスバラシイ演奏だったし。いい気分で最後に拍手して立上がったら、隣の座席にヒカルモノ。なんやこれ?
「ワンカップ」のいれもん。
自分の隣に上品そうな老夫婦が座ってて、おっさんの方がなんか飲んでるのは気配でわかってたけど、まさかよりによって「酒」とは。
しかも、そこに「放置」か。
そんな(教育の)現場で飲酒するおっさん、そんで自分のケツを拭けんおっさん、”酒飲みの資格”剥奪じゃ!酒飲みとは、家族と自分の肝臓に迷惑かけてもええけど、おっさんの行為は言語道断。よりそってたおばはんも、なんか言うたれよ!

すぐに追いかけていって大技かけて締め上げたろかとおもたけど、それは不毛だ。オレ様の”チョークスリーパーホールド”にキズが付く。
満員電車で、どんなジジィが前に立とうが、絶対の絶対に席をゆずらんローラー男が、わざわざ「捨てといたった」。

舞台の上で華麗にスウィングしたガールズ諸君。世の中には腐った大人が仰山おるけど、負けるんぢゃないぞ。
ぷんぷん。


| | コメント (2) | トラックバック (3)

持ち主はどこだ

真面目に生きていると、たまにはご褒美が降ってくる
もんだ。

今朝の通勤で、地面になんか水色のモンが落ちてた。
近づくと、誰の目にもはっきりと「おんなもんのパンツ」。
しかも”エロえげつない”デザイン。

痛恨の一句
「拾えない ああ拾えない 拾えない」
希望の一句
「落とし主 どうか美人で あってくれ」

現場は大阪・北新地の天一前歩道。

運動:通勤往復+市内ウロウロで30kmくらい
飲酒:淡麗350ml×2、熱燗×2合

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2007/02/19

ジャンプ力不足

「シグネチャーモデル」に弱い自分。ひゃくぱー買わないけど、見てるぶんにはとても楽しいし。

ああ酔ってyoutubeの視聴はバツグンに楽しいなぁ、そげな夜。
ラウドネス、VOWWOW、44マグナム、アンセム、ついでにアクション。ひととおり邦画のロック押さえた。
じゃあ一応バンヘイレンで締めるかとおもたら、もう目が釘付け。エディのジャンプ力、只者では無い。あの重たいエレキギター弾きながら、地上1mは確実に浮いてる。日本のロック・メタルのギタリスト、横の移動はなかなか俊敏。でも「縦」がまだまだ。3次元をフルに使ってない。
日本人の体力不足、国家レベルで見直さないと、わが国のロック・メタルに未来は無い。
そういう自分は、寝転んで弾くのが得意。得意どころか、布団しいて枕もおいて、掛け布団かけて、その上にギターかまえて弾くのが得意。一件横着なだけに思われるけど、これもヒトツの個性。
「寝てんのか、起きてんのか、よくわからんロッカー」というスタイル、ぜひとも確立したい。
Img10532501320_1


| | コメント (6) | トラックバック (1)

また自転車乗った

また自転車の話題。なんか自分らしくないけど。
猪名川沿い~多田大橋。県道12号線(?)でもうすぐ多田大橋という手前に”なんとかの白い家”という名前の宿泊・休憩施設がある。自転車の練習で前を通過するとき、どんなに苦しくとも「お好きなコスチュームレンタルします。あなただけのシチュエーションをお楽しみください。」という看板を凝視することにしてる。
あろうことか、昨日は正面玄関のとこからカップルが乗車した、一台の車とハチあわせ。あっ、この二人、さっきまで自分達で作ったストーリーに酔ってたのか?けしからん。自分も、脇役でええからぜひともその話に出てみたい。
飽きもせず、県道325号線の登り。前回通ったときと同じく、埋蔵金のことを考えながら。
西谷という場所に農協があって、そこで休憩。曇ってるけど無風で暖かい。そういえば市内を出発したときは地面がビチャビチャだった。自転車もすでにドロドロ・ジャリジャリ。出発けっこう迷ったな。でも思い切って走ってよかった。クラブ活動のときとおなじで、やり始める前はとても面倒くさいけど、一端行ってしまえば案外スカットするし。

農協で仲間の一人がパンク。それで修理を始めるのだけど、改めて判ったことは「おっちゃんはパンク修理が大好き」という事実。車で立ち寄るオッサンが次から次へと寄ってきて、彼に質問攻め。
・どっからきたのか
・どこへいくのか
・そんな細いタイヤで平気か
・自転車は軽いのか
・高いのか安いのか
サイクルスポーツは、おっちゃんと仲良くなれる媒介だな。

県道319~県道12で「峠茶屋・うどん屋」着。釜玉大とちらし寿司とあとちょっと飲食い。追い風に乗って、ちょっとキツメのペースで帰宅。

運動:自転車110kmくらい
飲酒:淡麗350ml×2、熱燗×3合

足が痛い。それと連年通り、乗り始めの今の時期はお尻の皮が痛い。ちんちんと肛門のあいだの”縫い目”みたいな場所の左右・一個づつ、ピンポイントでタコになってて。でも気のせいにしとくか。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/18

酔っ払い

P1020486

もう一人のアジア大会銅メダリストさん。あぶったイカ・茶碗で酒。八代亜紀風の飲み方がいかすぜ。

近所に住む自転車の師匠から、自宅で鍋やるからという召集がかかった。現場に着くと、銅メダル男がすでに”ウォーミングアップ”を終えて、ご機嫌なトコ。カタールからそのままランカウィ(どこやそれ?)と、地球規模の仕事は大変だなぁ。しかも全編「肉体労働」で。ナゼか自転車の話はほとんどせずジマイ。切れた記憶をたどると、益子直美さんの高級自家用車はステキだとか、元チームメイト(ブーニョ、タフィ他)は男前だったとか、先日生まれた次男君のお話とか、まぁそんなとこ。

それより、自転車の師匠が中央市場の鮮魚で働いており、自身がセリ落としたヒラメとかマグロに、もっぱら全員の話題はそちらへ。
”熱い男”そしてこの”酔ったおにいちゃん”となぜか連発して飲んだ週末。彼らの仕事(プロスポーツ)の大変さ、過酷さが判り、ソレと共に自分の甘さ(仕事でも趣味でも)が改めて露呈した夜。
それと、どっちのヒトも食べる量・呑む量、完全に負けた。足で負けて肝臓で負けて、この先何で勝てばええのか?トホホのほ。

P1020493
「ペダリングの習得は、ものごっつい時間かかりますよ」。だって。
そんな悲しいこというなよぉ、、、。


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/02/17

たまには練習でもしてみる

詳細は後日機会があれば書こうと思うけど、昨晩ちょっと「熱い男」と飯食った。結構呑んだ。自転車のヒントも聞きだした。でも「忘れた」。そんな夜もいいさ、うんうん。

軽めの二日酔いで6時起床。朝飯作ってローラー小娘を学校に放り出す作業。ああ、はよローラー妻出張から帰ってきてくれたのむったら。
折角なんで衣装着替えて、自分も7時半に出発。え~っと淀川沿いから長柄橋渡って、内環~関大前~南千里~箕面・粟生団地。ここまで若干の向かい風。わらける位足が重たい。心臓の鼓動ともシンクロしないし。これ、今日はアカン日やな。勝尾寺のTTやろかとおもたけど、もってのほか。男の「旗日」だ。

彩都からのんびり登ろう。そう企みつつ、ユニバーサル園芸のとこ左に折れたら「突然足が回りだした」。さっきまでの不調はなんかの呪縛か?それともアセドアルテヒドの仕業か?おおむね後者。
南条のバス停までは、意味はないけどともかく時速24km固定で行った。横着だからギアを確認したりせず。ともかくクルンクルンと沢山回した記憶あり。北振の消防署のとこは、さすがにエンジンから煙で出して、22kmに下がる。心臓のはぁはぁよりも、やっぱり足が痛い。まだまだダメだなぁ。美山のイベントに間にあうのかなぁ。

上音羽までは「あぜ道(多分、東海自然歩道)」ばかり使って走った。なんかダンプの往来が酷いし。
あとは423号から高山登っただけ。高山登ってるとき、やっと立ちこぎのやり方、思い出した。頭の中で”三連譜”のリズムうまく出てきたりして。

脳みそにも血がようやく行き渡ったのか、熱い男の話を断片的に思い出せた。やっぱり漠然と距離を乗るだけじゃアカンかな。ちょっとしたことでも自分でいろいろ試したりして、小さな積み木を積み上げよう。

運動:自転車75kmくらい
飲酒:たくさん

P1020482
熱い男のヒトタチ。


| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007/02/16

怒りの川柳

ローラー小娘に、ひとまず6発おみまい。んがぁ!!!


電気消せ おとんの銭で 払とんねん!

朝急に 「弁当いらん」 って言い出すな!

妙な服 着るな 洗濯干しにくい!

ゴミ分けろ 何べんゆうたら わかるねん!

風呂の栓 抜くな わしまだ入ってへん!

入浴剤 二個も入れんな 沼やんけ!

| | コメント (11) | トラックバック (1)

空気抵抗

あー、昨日の晩の舞洲も嫌になるほど風つおかった。実際嫌になったし。
状態を低くしたり、カラダを捻って斜めにしたり、最後には「もしかしたら」とおもて直立になってみたりしたけど、「何も変わらない」。シンドサが一向に目減りしない。欧米人は顔がちっさいからええなぁ。モンゴロイドは顔の面積だけで、風圧受けるブン・かなり損してる。

最終目標は「おもたいギアを高速で回す」とこに行きたい。軽いギアを低速でしか回せない自分は、やっぱり顔がデカイのが一番の原因だ。まず顔、エンジン二の次。男前が自転車早いわけが、なんか判ってきたぞ。
奥深いスポーツだぜ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

TOTO見た

全然飲まなかった冴えない夜。
Totototo
おもろいTVもないから、ぼんやりユーチューブの”サーフィン”した。そしたら、スティーブ・ルカサーとcharが二人でギター弾いてる映像見つけた。確かこのCD売ってたな。その一部が流れてるかんじ。
ルカサー、もともとデブやったけど、さらに磨きがかかってた。自転車も”デブでも速い”がちょっとしたムーブメントになりつつあって嬉しいけど、”デブでも上手い”ギター弾きは、昔からぎょうさんいたなぁ。

弾いてるギター(ちょっと汚なめのレスポール)を指して「これは50万ドルする」とcharに自慢。
今日の外国為替が119円ちょいだから、えっと5950万円か。確かにアンプに繋いでる音、ものごっつい太い。ああ、自分が若い頃「Goodbye Elenore」コピーすんのに、エフェクター数珠繋ぎしても全然似たような音出なかった謎が解けた。五千万円用意しないとダメだったのかナルホド。

あとで検索したら、ルカサーは、高校生の時スティーヴ・ポーカロとクラスメートでエドワード・ヴァン・ヘイレンとも同じ学校。デヴィッド・ペイチやジェフ・ポーカロ マイク・ポーカロ エドワード・ヴァン・ヘイレンの兄アレックス・ヴァン・ヘイレンも高校の先輩と出た。

そんな高校ありえへんやろ。文化祭のステージとか想像すると怖いぜ。

運動:通勤往復+舞洲周回して40kmくらい
飲酒:淡麗350ml×1だけ


| | コメント (4) | トラックバック (3)

2007/02/15

岡 八郎

さっき。似てた。ごっつ似てた。
あんまり似すぎてたから、エレベーターで1Fから事務所のある11Fまでのたった数十秒間が、えらく緊張した。
しかも自分と二人キリやし。いきなりうしろから「くっさ~」「えげつな~」とかいわれたら、どう返したらええのか、そればっかり考えた。

なんか今夜の練習は力が出そう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

懐かしい関西弁を聞いた

昼休みに職場近くの商店街歩いてたら、おっさん同士なんか喧嘩ごしで喋ってた。

自分がいかにご立腹かを表現したその言葉。嗚呼懐かしい響き。
きょうびのヒトがよく使う「バリおこってる」でもなく「メッサ怒ってる」でもない。

「今のわし、”えらおこり”じゃ!!!!」


| | コメント (0) | トラックバック (1)

カレーで生き返る

原因不明の頭痛と吐き気から、なんとか生還。しっかし午前中の仕事はきつかったな。そういう最悪な状態の時にカギってややこしい仕事の話が舞い込む。昼からようやく平常運転だとおもたら、ボスは全員外出。

二日酔いの昼飯は、大概「カレー」。胃には厳しいかもしれんけど、辛さのパンチ力で目を覚まして、ついでに香辛料の薬効成分で肝臓をいたわる仕組み。ああ思えば、自分の人生、辛いとき・悲しいとき・嬉しいとき、いつもそばにカレーがあった。カレーは人生の「マイルストーン」。
と思ったらM君のブログでカレーを食べる計画発見。ああでも、カレーを持ち寄ってつつきあいするらしい。
なんだ、なんだ。それじゃ「乱」半減。
カレーの乱というからには、カレーの匂いがただよってくる方向に皆でススミ、発見次第全然知らん家にいきなりあがりこんで、家人を全員うしろでに縛って、その横でカレーを勝手にばくばく食いつくそう。縛られたまんまの子どもなんか、涙目になってこっちを睨んでようが、おかまいなし食い尽くす。
最後は全員で勝手に後片付けして、勝手口から逃げると。
カレー泥棒と言えなくも無いけど、少なくとも「乱」にはなる。

ああ、最近「ワル」になってないなぁ。いっちょひさしブリにどっかで「悪の限りを尽くす」かなぁ。
カレーだけで日本中を震え上がらせるとか。ワルになるのは難しいなぁ。


| | コメント (4) | トラックバック (2)

原因は不明だ

本日は「原因不明の頭痛と吐き気」。しかも中規模。
ああ、上司の指示が聞こえない、仕事の資料が見当たらない。今日のわたしはヘレン・ケラー。
サリヴァン先生助けて・・・。

運動:家事労働のみ
飲酒:駅の改札出て一人で立ち飲み。家に帰ってビイル飲みながら家事。そっから覚えてない。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2007/02/14

横着チョコ

P1020479
今日もローラー小娘のと二人分。冷食の豚カツはハイグレードだ。

帰宅したら、小娘がだいどこ(台所)に立ってる、あ、天変地異でもあるんかな?なんだチョコ作ってるんか。期待して(晩飯)損した。
しかしどうも様子が変。全然楽しそうじゃなくて、なんかモクモクと職人のような顔してるし。ワケを聞いたら、クラブ(ブラスバンド)の先輩女子とか女子友達からぎょうさんもらう予定あるらしい。もらうのが判ってるから、当然”お返し”をつくらなアカン。うわっ、なんと義理固い。高倉健も真っ青・本来の「義理チョコ」とはこのことか。
途中で手を止めた小娘がポツリ

「あ~めんど(臭い)。もう先輩に渡す時「はいこれ」とゆうて、チョコの下地渡して、ついでにココアパウダーとかナッツの小袋適当に渡して「お好みで」とかゆうたろかな」。ああ、こいつセルフでやりたいのか。
まぁそうもいかんと思ったのか、再び手を動かしだした。

次の問題は、どうも14日はクラスの「持ち物検査の日」。大概の生徒は日をずらしてチョコを持ち込むらしい。
でも彼女にしたら、翌々日は荷物が多いからダメだ。すると驚くべきアイディアが彼女の脳裏に浮かんだ。

「朝早く登校して、砂場に埋めとく」

”チョコを砂場に埋めても大丈夫か?”と聞かれて困った。そんなモン俺に尋ねるな。困るったら困る。季節的には確かに大丈夫やろ。二月やし。けど、まかりまちがって、よそのクラスが体育で走り幅跳びとかやったら、地獄やぞ。
あと、掘り起こしてる現場を学校関係者に目撃されたら、ひゃくぱー「親呼び出し」。
弁解する自信がないぜ、わし。
せめてコインロッカーにしろ。しかしなんで「砂場」なのだ?自分がもらうべきチョコが、砂場から発掘されたらと思うと、先輩達が不憫だ。

「あやうし、先輩のチョコ!」

| | コメント (2) | トラックバック (3)

朴葉味噌

P1020468

宿の飯が忘れられず、自宅で再現。(朴葉+味噌)×3のセットが550円。今回はベランダでやったから、騒動に至らず。横で熱燗作りながら。でも週末にやるべきだった。明日も仕事かと思うと、いまいちハメ外せないし。
プレーンに味噌だけ味わったけど、やっぱりネギとかエリンギ、椎茸類を入れなかったのは不覚だ。あと、炭の火力が強すぎ(近すぎ)て、朴葉焼きより上のレベル「朴葉火災」だったのも不覚。葉っぱへの延焼をくいとめつつ飲むのは大変せわしない。消火活動と飲酒は別々にやりたい。

運動:通勤往復+舞洲周回で50kmくらい
飲酒:淡麗350ml×2、熱燗×3合

息を吸うより、吐く練習に終始。足といっしょにちゃんと肺も動きますように。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

痩せたなまさよ

P1020459

旅行の帰りに、小池さんの実家に寄って見た。ついでに”まさよ”の定点観測もおこたりなく。心なしか「線が」細くなってるカンジ。そぉっと近づくと、ちょうど地面をベロベロ舐めてた。

P1020335

自分たちに気が付くと、まさよが「あっ、小池さん夫婦」とかいいながら、近寄ってきた。足取りがなんか重たい。
あとで、飼い主のほんまもんの”まさよさん”に聞いたら、加齢とともにちょっとダイエット始めたらしい。

P1020334

カオの輪郭もゲッソリしてて、目のしたにはクマが。犬のくま?犬にクマ?

P1020461


さらに、なんかおちょくってほしそうに、ニジリ寄ってくる。この時点で臭いレベルはすでにピーク!春夏秋冬臭いぞ、まさよ。
P1020462

痩せたブンの毛皮のあまり具合を確認。

P1020463

↑これはまぎれもなく「特撮」では無い。こうなるとモウ、崇高な犬種・ラブラドール・レトリバーの面影ゼロ。
例年のように大雪だったら、まさよ専用のかまくらでもこしらえてやろうと思ったけど、暖冬で地面丸出しやし、ムリやし。春にまたグリングリンしにくるから元気でな。


| | コメント (2) | トラックバック (6)

2007/02/13

ブレーキ付けた

自分自身にもブレーキを付けるひつようがあるけど、一足先に自転車へ取り付け終了。
ちょっと前にこうたやつ
こういうややこしい、入り組んだ金物って、いったいどうやって作るのかな?金属の塊から削りだすのかな、やっぱし。パーツ毎の強度計算とかしてあるのかな?それとも”所詮自転車のモン”やから、見た目重視かな?
作り手の思惑はどこにあるのかな?パーツを見ているとけっこう楽しい。

それで肝心の効き具合はどうかというと、”凄かった”。
先週までつこてたやつもそれなりに効いたけど、これは数段上か。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

ヤマダ電機で飛ばしたい

Img2210
先週は「ホームセンター・コーナン」のパトロールを一回休み。そのかわり「ヤマダ電機」の巡回。そもそもその二つは目的が全然違って、コーナンは新しいツールや部材、妙な日用品との出会いがメイン。片やヤマダ電機は、その品揃えや売り場の配置・勢いから、市場ニーズの変化を想像するのが楽しい。

前回のパトロールから結構間が空いたんで、売り場配置を掌握するのに手間取った。二階は特に異常なし!PCの自作コーナーがやや衰退ギミ。やはりこのあたりの住民は(自分も含めて)自作といえばPCじゃなくてコーナンで事足りるような棚とか植木とかになるか。

一階は激変してた。プラモデルとかガンプラが幅を利かせててびっくりした。美少女フィギアの端くれみないたのもあって、ああこの地区・下町にもそういう風が吹き始めてるのかとか。
その隣はタミヤ1/35戦車シリーズ・懐かしい!子どものころにみた夢「タイガーⅠ型戦車をぎょうさんこうて(買って)、部隊を作ること」。夢は夢のまま終わったけど。
でも今は大人だ。歩兵キットを”大人買い”して、家中をドイツ軍で埋め尽くすことも不可能ではない。でも、小池さんに見つかったら、そっこー壊滅だからやめとこ。

一番欲しかったのは、室内用のヒコーキ。低価格・ラジコン・部屋で飛ばせる。飛行機が飛ぶまえに、自分が舞上がるぜ。レジに持っていく直前に、箱の但し書きが目に付いた。

「最低縦横高さ、各3mひつよう」って。

飛ばす前に、気持ちが墜落。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

ラーメン・洛二神

実は高山でも「高山ラーメン」を食べた。極細ちぢれ麺・濃い目の醤油味。サービスで白ご飯がついてきたけど、なるほどご飯に合う味。余韻覚めやらぬうちに、なにかと比較検討しておきたいと我が家の”小池さん”の希望で、月曜日は大阪・天満にある「洛二神」というお店。

カウンター9席だけの小さなお店。祭日の昼間で行列は2,3人程度。普段はどうかわからんけど、メニュー決め打ちが少なくて初見のヒトが殆ど。豚骨・鶏ガラの動物ダシと、カツオ節・煮干・昆布などの魚ダシを、丼で融合させてるやつ。表の看板には「魚系の店」と書いてあったし、スープのニホイも圧倒的に魚。
出てきたやつをみると、スープが少なめ。ああこれは天一と同じシステムだ。店主の思惑は恐らく「スープを最後まで飲み干すべし」と認識した。

麺は、なんとこれが「高山ラーメン」そっくり。小池さんに「同じやな」と念を送ると「同じだ同じだ」と念が返ってきたし。トッピングはきくらげ、少々の白葱、小さめのチャーシュー。あと干しエビが沈んでて、こいつの臭いがパンチ力あり。ちょっと塩辛く感じたけど、最後まで飲めるので「えげつない」からさでは無いみたい。けっこう好きな味かも。

●煮卵入りラーメン800円は、量を鑑みるとちょっと高めかな。
●店長の顔は怖い。接客は優しいけど。

月曜の運動:家事労働、自転車10kmくらい
月曜の飲酒:淡麗350ml×1、熱燗×3合


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/02/12

囲炉裏、男気シャツ、地ビイル

P1020453

去年の11月頭に訪れた時は、燃えるような紅葉。暖冬を予感させるには十分な異変だなぁと思ってたけど、二月のこの時期の国道158号線・平湯峠の路面にも、まったく雪が無い。側壁の海苔面に、辛うじて残雪が見えるだけ。道路沿いの温度計も4~5度を表示してて、これなら自転車でも峠越えができるんじゃないか?そんなカンジ。
P1020452

前回の経験から、「囲炉裏もしくは火鉢のある宿に泊まるときは、トックリ持参」を学習したのでぬかりなし。現場近くで買った地酒を入れて、それを囲炉裏に突っ込んでおくと、一発で熱燗やし。スルメとかなんかこうて(買って)きといたらよかったなぁ、でも炭のいこる(燃える)ニホイかいでたら、不思議と酒が美味いし。火箸で炭をつついては呑み、つついては呑み。こうしてヒトは、酸欠と泥酔で静かにあの世へ行くのか。

P1020362
高山の地ビイルをラッパ飲みして、安めの地酒を冷やでやってるうちに、どうも座ったまま意識無くなったらしい。「即身仏」のように、生きてるのか死んでるのか、あとで家族に聞いたらまったく動かず、すわり続けたらしい。
炭だけは、シズカに燃え続けて。
外は音がなくて、白いものがどんすかどんすかソラから降りて来るし。朝までどんすかどんすか、限りなくどんすか。

帰りの平湯峠は、表情が激変。たぶん「いつもの冬のソレ」になって、雪道の経験が無い自分たちよそ者に、激しく牙を剥く。アイスバーンと吹雪、まったくグリップ感の無いタイヤ。初めて使うスタッドレスの嬉しさと不安が交錯するな。アクセルをどう踏み込めばええのか、わからん危うさ。楽しいような怖いようなそんな峠越えのドライブ。

いつか自転車で汗ぼったんぼったん落としながら、越えたい。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007/02/11

シアワセな、雪を、見に行く

P1020373
男はなにかに突き動かされたように、ひたすら登る。このガケの向こうには、いったい何があるのだ?

P1020415

自分への備忘録として、ちょっとは情報を残しておかんんとアカンと思うのだけども、宿に着くなり飲み始めて(持ち込み)、風呂上がってはすぐに飲んで、メシの最中も飲んで、部屋で寝る直前まで飲むから、はっきりした事はあんまし覚えてない。
「いろりの宿・かつらぎの郷(さと)」っていう場所。秋に槍ヶ岳を見に行った、ちょっと手前の場所。
一泊二食付きで大人ひとりニ万円もした。うっとこには驚愕の贅沢だ。
ちなみに率直な感想としては「年に二回、家族で二泊三日の旅行にいくなら、辛抱して年に一回、一泊二日にしてでもいく価値ある」そういう宿。飯が美味いとか、風呂がええとか、泉質が凄いとか、そんなレベルでは測れない感動があったな。

明日から、いや今晩からまた冷やご飯と冷凍食品と発泡酒の生活だけども、耐えられる。その宿にいつかまた行きたいからがんばろう。そんな旅行、いやこれもそこにたどり着くまでの苦悩・葛藤・節約とかあるから「旅」だな。

運動:運転往復850km
飲酒:多分熱燗7合くらい


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/02/09

39×18のシャツ、締切り近いです

2月18日までやってます。
アクセスコードは3918794です。よろしくお願いします。
沢山賛同いただき、アニキ、アネキ、どうもありがとう。来週有給とって、シャツ屋さんに行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

テーマパークへ行くのか

関西三文字といえば○○○と相場が決まってたのに、時代は「U/S/J」にとって変わった。
発音は「ユニバ」だそうな。イントネーションは関西弁の「マクド(マクドナルド)」と同じ。
中学が定休日らしくて、今頃ローラー小娘はのりもん乗ってハジケテル頃。しかしメンバーを聞いて腰ぬかした。「14人」。40人のクラスで実に35%の友達が参加。殆ど学校行事に近いな。
もっと驚いたのは、殆どの子が「年間パスポート」を所持してるらしいこと。自分の頃からしたら、夢のよう。今の子どもにとって、遊園地(?)は特別な非日常の場所ではないみたい。
年にいっぺん連れていってもろたら、それはそれは数日前から舞上がったりなんかしてたし。まったく羨ましい。

幸いなことに、自宅と同じ区にあるから、手軽さに拍車がかかるのかな。「あしたユニバ行ってくるわ」とこともなげに言うし、自転車で行くし、感想きいても「普通」としか言わんし。
なんかもう、おっさんが近所の銭湯に朝風呂いくような感覚。

運動:家事労働だけ
飲酒:淡麗350ml×2、熱燗×3合、冷や酒×2合

ユニバ行きが羨ましくてちょっと呑みすぎた。


| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007/02/08

ボトルネック

P1020333
呑みながらギターを弾く。またひとつ、横着な行動の理想型に一歩近づいた、そんな夜。

運動:通勤往復+舞洲周回して40kmくらい~サドル位置にこだわってみた
飲酒:淡麗350ml×1、熱燗×4合

ワンカップ大関でも流石にちょっと高めの「純米」だな。音のノビが違う。酒に含まれる糖分が、そのまま弦に移入していくカンジ。ああこれはこれは、ただの”酔ったあげくの愚行”でないな。酒と音楽がつくりだす「神楽(かぐら)」に違いない。

なにより、呑めるし弾けるし飽きたらリサイクルするなり、シイルはがしてコップにできるし、ええことずくめ。最大のポイントは”指が抜けなくなることが無い”。市販のやつをはめて、危うく抜けなくなりかけたヒト多いから。自分も演奏中に抜けなくなって、次が弾けず、仕方ないから口でごまかそうとして「うぉう!うぉう!」とかシャウトだけで2分ほど持たしたことある。オーディエンスにしたら「ああ、あのギターのひと、なんか体調が急変したのか?気の毒に」と思われたかも。この口径なら、大型犬が腕突っ込んでも大丈夫。

他の銘柄でも試す必要がある。とくに大吟醸とかの音がキニナル。
ああ、また呑む理由ができてしまった。こまった。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

夢を語れの焼き豚

P1020331

この前行った時、持ち帰り用にこうてきたブタ肉(900円)。
賞味期限が一週間ほどあるから、慌てずに落ち着いて味わおうとか、そんな悠長なことしてたら、もう週末は目の前。まず、ちょっと薄めに気って、なにも手を加えずに食べてみると、あ?なんかごっつ淡白。パサパサしてて拍子抜け。これは全部完食する自信ないわ、どうしょとか思って次に焼いてみた。塩・胡椒とかでちょっとカスタマイズすべきか迷ったけど、おとこまえ店主のココロイキに触れたかったから、そのまま焼いた。

あ!ごっつい脂。スケベ心出して七輪でやらなくてほんま良かった。染み出す脂の破壊力はすさまじく、それに着火してあたりの視界は急速に悪くなるし。また、管理室とか大阪ガスとかに緊急通報行くのかとビビったぞ。ブタを焼くのはつくづく心臓に悪い。

肝心の味:生で食べた時とは見違えるほど軟らかくて美味しい。そのままで十分塩味ついてるし。濃度も辛くなくて、肉が甘いようなカンジ。調子に乗ったら一本丸ごと行ってしまいそう。白ご飯にのしたり、ラーメンに入れたりいろいろ考えたけど、次もこのままで勝負したいなブヒブヒ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/07

お腹、異常なし

小娘、自分とも特に変調をきたすことなく一日が過ぎた。やっぱり5日経過した餃子は全然許容範囲だ。次は6日のやつ。その次は7日と伸ばしていき、自分の限界を見極めたい。
P1020320

クリームシチュー作りすぎた。器に盛ってとろけるチーズ乗せて、パン粉まぶして、冷凍のブロッコリ乗せて、オーブントースターで焼いてみた。見かけ上グラタン。この演出は最後までバレることなく晩飯終了。

初冬から継続して自転車乗ってないから、いつもこの時期は息があがる前に脚がぶらんぶらんになる。昨日の舞洲周回はひたすら光速で脚を回す日。高速ではダメだ、「光速」だから当然目視できるような回転数ではダメだ。自分で自分の足元を見て、気分が悪くなるくらいの光速が理想。

ギターの奏法に「スイープ(ホウキで掃くように)」という超省エネな弾き方があるけど、ペダリングにも絶対あるはず。一回踏むダケで、六回分くらい踏んだのと同じ距離を進むような、そんな圧倒的な走法が。
変速機のようなカラダつきになればいいのだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ライディーン

Ymoo

あれは幻だったのか???そういった夜。
4合目ぐらいの熱燗飲んでぼや~っとTVみてたら、突然、白髪・初老っぽい男性トリオが、どっか寂しい場所で楽器演奏してるのが目に入った。その刹那、驚きと感動で鳥肌立ったし。
教授、かっちょええ!細野氏かっちょええ!高橋ユキヒロ、顔ほっそお~!
なんかのCMだったのか?あ~ちくしょーちくしょー全然思いだされへん。モウ一回見たいったら見たい!
CD出るんか?絶対買うからね。赤い人民服も買いたい。


| | コメント (10) | トラックバック (2)

2007/02/06

フォーエバー・ヤング

"センス暗黒時代”の写真

P1020327


P1020329


自転車も音楽も「青春」も、やっぱり「見た目第一」。そんな20数年前。
押入れもぐったら出てきた。あまりに”痛め”の姿に声も出ない。でも紛れも無く、勘違いが世界を征服するのだと思っていたトキ。楽器の練習はソコソコで、ともかく何はなくとも「長髪」にしたいと願い続けた日々。もう、絶対、死ぬまで髪の毛伸ばしたろとおもてた。いまじゃ丸刈り5mmが正義だと思ってるけど、自転車もバンドも「なりきる」ことが先決。バイトして、すべてのお金を”雑音発生”に費やしたけど、ああ、なんか今とたいして変わってないや。雑音が雑技に変わったダケで、本質は同じだなぁ。あはは、あはは。はは。

運動:通勤往復+舞洲周回して60kmくらい
飲酒:今のところ、熱燗場×5合

ロック・エレキギターは不良の証しだな。なんかおっさんになってからロード自転車に乗り回すのも、不良の片鱗に違いない。どっちも全然「生産的」な行事と程遠いし。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

39×18 Tシャツまだやってます

2月18日までやってます。
アクセスコードは3918794です。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余力残すべしべし

P1020324

退社間際、パチョレックくんに呼び出された。暖かいからキョーレツに自転車の練習しまくったろと思ってたのに、計画台無しの夜。仕方ないから、気持ち切替えて熱燗×4と大瓶×1呑んだ。スウィッチが入りそうなのを、かろうじて押しとどめるのは大変苦しいぜ。
スウィッチ入れなかったから、当然余力あり。その余力を弁当作成に注ぐのだ。小池さんは東京に宿泊出張行ってるから留守。すなわち弁当の検閲が無いから、悪事はたらき放題。5日前にこうた王将の餃子(生)がある。見た目・臭いから「安全」と判断。判断というか決め付けてかかるとよい。

今夜、自分とローラー小娘の体調が楽しみだ。うははのは。

運動:通勤往復16km 細心の注意を払って
飲酒:上記+淡麗350ml×1


| | コメント (3) | トラックバック (2)

2007/02/05

小池さん噴火

Mアニキのブログに楽しそうな「自転車で山中深く分け入り、最後は宴会する」話を見た。
実は自分もこれにいくつもりだった。いつものように前夜リュックにコンロとか鍋とかうどんに関連した備品を用意したあと「明日(日曜日)、自転車の仲間と山に行って呑んでくる」とゆうたら、小池さんのちょっとお怒り。

「普段から家でアホみたいに呑んで、
 町でもバカみたいに呑んで、
 挙句に”山でも”呑むのか?」

ああごもっとも。おっしゃるとおり。そういえば、自分にとって飲めないフィールドは「水中だけ」だ。空中(飛行機)でも泥酔経験あるし。
次回からは「自転車の仲間が山で飲むのを見に行く」ということにしよう。ああそうしよう。

日曜の運動:自転車70kmくらい
日曜の飲酒:淡麗350ml×1、熱燗×4合

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ブレーキ換えた

P1020323

正確にはまだ「換えてない」けど。スラム社のFORCEっていうブレーキ。今使ってるブレーキ、4シーズン目で”戻りバネ”が伸びてびろんびろんだから。沢山ブレーキを使うとうのは、自分がヘタな証拠かな。あるいは、大阪市内に住んでるから、走ったり止まったりの繰り返し回数の多さからくるのか。大方そんなとこ。
なんでこのパーツを選んだかというと、金属の色がステキだなと思ったから。夜はたいてい酔っ払ってて手元があやういから、取り付けは当分先になる見込み。それまでしばらく後ブレーキは”掛かりっぱなし(軽めで)”だけども、気のせいにしておこう。

土曜日の運動:自転車で川西の山の中70kmくらい
土曜日の飲酒:淡麗350ml×2、冷や酒×4合、芋水割りちょっと

川西市の多田大橋のとこに、気になる道があった。あとでわかったコト、そこは「県道325号線」。細くて長い登り坂。距離は約5.3km。車の離合も厄介な部分もあるのに、中腹にパッと開けたような牧歌的風景もあった。
普通に集落がソコにあってちょっとびっくりしたな。交通機関は一切無さそう。ここだけじゃなくて、いろいろな場所で同じようなケシキ・集落を目にするけど、先住者はどうしてその場所を選んだのか興味深い。自分らが知らない秘密の埋蔵金とかあったのか。それを追い求めて田畑切り開いたとか。
今後自転車乗るとき、心拍とかフォームよりも、埋蔵金のことに注意を払いながら練習したい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ラーメンの旅なのだ到着

目指す「一乗寺」の駅が見えた。あとは野生の勘だけを頼りに狭い道路をウロウロしてたら、突然目の前にその店が現れた。だ~れも並んでないし、電気も点いてない。うっわっ!ココまで来て休みか?なんか心臓ドキドキしてきた。開店までまだ15分あるからともかく車をどないかしないと。車ごと店に入れるワケないし。
手近なコインパーキングを見つけて突っ込んでみた。一番奥まったとこにスペースがあって、近づいていくとヒトの乗った車が一台。まさかこの車もラーメン狙いか?こら今日の”旅”は厳しくなりそう。

でも次の瞬間、”敵”じゃなくて”味方”だと判った。horizonさんと次女さんでした。「開店前になんとか行きます」と事前にメールで連絡したところ、我々ビギナー一家が路頭に迷うのが明白だったのか、わざわざ水先案内に駆けつけてくださった模様。これは心強いぜ。すぐにラーメン屋さんに移動。開店15分前。自分達が並ぶと、すぐに後にドヤドヤと列が増えていってびっくり。
お店の前でもhorizonさんに詳細なレクチャーを受ける。脂の量とかトッピング(野菜、豚)の調整の仕方とか、知らずに言ってたらえらい目にあってたかも。

Img_5828
それがコレ。「並」じゃなくてこれが「小」。正式名称は”小ブタラーメン(750円)”と書いてあったけど、全然「小」と違う。野菜の増量は無料だから「野菜を多めに」お願いしたらこの姿。(horizonさん、撮影ありがとうございました。)

なんかこの”盛上った食べ物”を目の前にすると、ヘンに緊張した。「どっから食べたらええのだ!?」。
ともかく上に乗ってるモンから成敗していかないと、全容が明らかにならないし。本丸(麺)にたどり着くのはいつだ?記念すべき一発目は豚肉から行く。軟らかい。味もよく染込んでるし。二発目に野菜を行く。モヤシもべろんべろんしてなくてシャキシャキ。キャベツも美味いけど、芯の割合が多めなのがちょっとキニナル。
三発目に豚肉に戻る。四発目に野菜(以下繰り返し)。
かき混ぜてスープを飲みたいけど、山が全然減らないからダメだ。もう少し掘り進まないと麺と対面することも出来無い。
漸く「普通のラーメンの形状」に近づいたころ、麺が出てきた。黄色けどウドンの様。
ところが、ここでカラダに異変発生。序盤の豚肉と野菜に注力しすぎたあまり、アゴが若干疲労してる。それと、”満腹神経”がすでに脳への伝達を始めてしまってるし。
いかん、命令がいきわたる前に早く麺を食わねば。しかも丼のソコにはまだまだ豚肉が沈んでるし。野菜も体勢崩れず。

正直に言いますと、「ラーメンとして」美味しいのか、自分の好きなタイプなのか(決して不味くはありません)、判断が大変難しい。純粋にスープと麺と少しのトッピングだけで形成された「トライアル版」があればと思うが。。。
音楽ダウンロードでも「視聴」があるように。
でも他の客を観察してると、「もっと辛めに」とか「背脂追加」「ニンニク大量に」とかいいたい放題のトッピング。量も燃えてるが客も燃えてるぞここは。

あと気づいた点
●店長、むっちゃ男前
●お店のオリジナル曲を流すBGM「歌へた」「ボリュームでかい」(多分店長の声じゃない)
●大阪市内からかなり遠い

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ラーメンの旅なのだ出発

horizon999さんのブログを見て、いつか行きたい、いつか行きたいとおもてたのを、ついに実現。そういう土曜の夜。

事前情報だと、物凄い量。手抜かりの無いように準備したいと思って、当日は朝食から少なめ。あまり食べ物を口にしないで自転車にも乗って、軽い飢餓状態にもしといたし。それと、前夜遅く実は”天一”に行って「こってり並」も食べておいた。天一のラーメンと比べてどうなんだ?と自分の中で正確なジャッジを下せるように。

そんで、土曜日の夕方近く。晴天・これ以上無いと思われるラーメン日和。助手席の”小池さん”はというと、極めて冷静を装っている反面、しきりにトッピングをどうするか考えている様子。ナビの指示に従って名神高速・京都南ICでおりる。ああいきなり目に「横綱ラーメン」とか「第一旭」とか有名ラーメン店の看板が目に飛び込む。試されてるのかな?しかし腹が減った。

ナビの指示通り京都市内を迷走。八坂神社前のババ混みに突入。開店に間にあわなかったら困るったら困る。焦るぜ。京大前の道路もさらにババ混み。最悪「路駐して家族で店までダッシュかますか!?」とか、たった一杯のラーメン食べたさに悪事をはたらこうとする。ラーメンで興奮して、我が家全員「スキだらけ」。
落ち着け、我が家!

金曜日の運動:通勤往復16km
金曜日の飲酒:淡麗350ml×2、熱燗×4合

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/02

奥様は

ローラー妻はビイルとラーメンが大好きです。週末、京都のラーメンを食べに行く計画があり、昨夜は「その時、まごつかんように練習」といって、サッポロ一番塩ラーメンを食ってるのを目撃。さらに今日、職場の近くまで来た彼女に昼飯誘われて、いった先も「ラーメン屋」。
「きのう練習したんちゃうんか?」

「あれは宵々山で、これは宵山なのだ」。なんかむちゃくちゃな説明炸裂。彼女にとってのラーメンとは、祇園祭のように段階的に盛上げていくモノらしい。
「あたし、こうみえて小池さん」。
知らんかった。またまた夫婦の秘密のベールが一枚はがれた気分。
奥様が魔女だったというヒトはそこそこいるけど、「うちの奥さん小池さん」と言っても、だれも信じてくれないだろな。

Koike
明日の”山鉾巡行”楽しみ。

運動:通勤往復遠回りして20kmくらい
飲酒:(自分)淡麗350ml×2、熱燗×4合
    (小池さん)淡麗350ml×4

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2007/02/01

朝からウルサイ

不測の事態に備えて、1月中ごろから枕元にエレキギターを立てかけて寝てます。今朝、しっこ行ったついでに時計を見ると5時半。眠たいのに寝付けなくなってしまい、”ああ、これはまぎれもなく不測の事態だ”。布団の中でジッとする以外何も思いつかなかったので、仕方が無いから夜明け前の真っ暗な部屋・布団の上でギターをかかえて、「タッピング(ライトハンド奏法)」の稽古しました。

Edy
写真のおにぃちゃんのように、満面の笑顔とかしてなくて、半分寝ながらギター抱えて手をパタパタやってたら、近場で寝てたローラー妻に屁をこきながら「あさから・・・ウルサイ・・・」とたしなめられました。
屁は許されて、ギターの稽古は許されないというのか。屁理屈ってここから派生した言葉だな多分。
対抗しようにも屁が出ないので、仕方ないから弁当作りました。
P1020311

こういうふうにヒトは才能の芽をつまれるのだなぁ。”出る杭を打たれる”レベルまでいけてない。杭が出る前にハナから地面深く埋められた気分。

| | コメント (9) | トラックバック (5)

ケチャップ

P1020310


やっぱり子どもをだますにはケチャップだなぁ、そんな夜。
かいもん行ってないから、冷蔵庫の中がスカスカだ。サバイバル生活にそろそろ入るか入らんかのすんでのトコ。
ハムステーキを焼いて、とろけるチーズのした(乗せた)ダケ。あいだには、思いつきでケチャップを挟んでみたし。こんな投げやりな料理で「うまい・うまい」言うてくれるので、ケチャップは偉大だ。

運動:通勤往復+舞洲周回して40kmくらい
飲酒:淡麗350ml×1、熱燗×3合

それにしても昨日の晩は風が凄かった。全然進まんし。だがしかし、進まんのは風が悪いのじゃなくて、自分の馬力がまだまだ足りないからだ。くっそ~、動け動けおれの足! しゃにむにペダルをこいでたら、突然頭の中でバロムワンの主題歌がまわりだした。これは自然な流れだ。

マッハロッドで ブロロロロー ブロロロロー ブロロロロー!
ぶっ飛ばすんだ ギュンギュギュン
魔神ドルゲを ルーロルロロ
やっつけるんだ ズバババーン!

ああ、やっぱり水木一郎の声はええなぁ、気合が違う、勇気が沸いたぜ。
しかし、バロムワンが何の目的で妙な乗りモンをころがし、ギュンギュンしてたのだ?
「ルーロルロロ」の持つ意味は?
「ズババババーン」はあまりに調子良すぎないか?
たしか二人で一緒に変身してたな。二人はまだしもそれが70人とかで変身するとなると、敵と戦うまえに仲間同士でもめまくるやろなぁ。「お前の変身ポーズ、やる気あんのか?」とか「そういうお前、ちょっと酒臭い」とか。

ああ、そんな難しいこと考えながらの練習は、じつに実りが多い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

39×18シャツ、まだやってます

2月18日までやってます。
アクセスコードは3918794です。よろしくお願いします。

1月の記録~
自転車:600kmくらい
飲酒:淡麗350ml×60本前後、ビイル350ml×10本程度、日本酒×約50合
    芋焼酎500mlパック×4本

考察:自転車はこの調子で続けていこう。飲酒は、暖冬とはいえ淡麗の消費が少ない。
    日本酒も熱燗が思ったほど伸びなかった。鍋料理が少なかったのも要因のヒトツだろう。
    

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »