« 青春18の旅なのだ、第二弾 | トップページ | ギター仙人 »

2007/01/22

シクロクロスが終わった

大相撲・初場所千秋楽と同じ日、関西シクロクロスシリーズも最終戦で幕を閉じた。そんな冬の一日。

(写真はマスターズクラスのつおいヒト撮影より拝借)
B15a

競技中のわたくし。知らないヒトが見たら「なんだこれは?これのどこが自転車競技なのだ?行動があまりに妙だ」と思われるハズ。河川敷の土手はキャンバーになっており、なおかつ濡れた雑草と土砂でズルズル。まともに乗っていけないから”押している”のです。しかし、グランドでランニングしているヒトの姿、あまりにシュールだな。

690b


同じ場所のわたくし。”ダメもと”で果敢にトライしている図。いわゆる「ちょっとしたコツと度胸」が必要。レース結果はベベに近いありさまだけども、毎周回ごとに現れるこうしたトラップに対して「コツと度胸」を試すのが、とても楽しい。速いにこしたことはないけど、速くなくても楽しめる。まったくもって懐が深い「把瑠都 関」のようなスポーツだ、がははのは。

午前8時ちょうど会場に着くと、いつもと変わらないレース現場の風景。
ナゼかいつもジャンベを持ち込んで選手を応援してるヒトとか、朝からメタリカの曲を流す音響のおにいさんとか。

ヨーロッパなんかだと、いたるところにある”森”をつかって毎週のようにこのレース(プロ、アマ、ホビー)が開催されてるみたい。鈴なりの観客はホットウィスキーとかがぼがぼ飲みながら観戦するようです。同じくここでもすでに熱燗がぼがぼして応援に備えているヒトがいたり、懸命にアウトドア料理のこしらえをしてるヒトがいたりして。”レースではあるけれども、大人の運動会なのだ”という空気が濃厚。ロードレース会場にはなかなか無い光景かも。

P1020265

斜めにズリ落ちていくわたくしを、通りがかりのご家族が目撃するトコロ。
ああ、なんと「競技者と観客の距離が近い種目なのだビバビバ」。

車で行ったから、残念ながらビイルとか呑めなかったけど。コンロでうどんとかオデン作ったりして、そうすることにより、冬の寒空がばら色になるし。
また11月まで長いシーズンオフに突入。冬真っ盛りだけども「はよ、次の冬来ないかなぁ!」


P1020260
ご夫婦で観戦にこられたkiyoshiアニキの自転車。凄いディテールだぜ。


|

« 青春18の旅なのだ、第二弾 | トップページ | ギター仙人 »

コメント

寒い中お疲れ様でした。コースがとても魅力的でした。来年の参戦を考えております。

投稿: kiyoshi | 2007/01/22 20:20

1枚目の写真を見てシクロ希望ヶ丘の自分を思い出しました(T_T)

投稿: KAT | 2007/01/23 00:04

●kiyoshiあにき、寒い中観戦お疲れ様でした。
全8戦中、いくつかはMTB有利/クロス車有利と
ありまして、河川敷ステージは後者だと感じます。
ぜひ来シーズンはいっしょに「たのしくるしみ」ましょう!
●KATさん、大雪で大変だったようですね。
参加して白目むきたかったです(笑)。

投稿: ロ・おとこ | 2007/01/23 09:29

お疲れさまでした。
少しだけ観戦しましたが、まさに大人の運動会の雰囲気がgoodです。
そんな中、スーツ・ネクタイ&革靴の自分が辛かったです。
師匠に会えなかったのも残念でした。

投稿: みーこ | 2007/01/23 09:52

●みーこあにき、寒い中観戦お疲れ様でした。
次回以降京都の自転車イベントに参加するときは、
例のTシャツ着用しますわ。いつか会いましょうね。

投稿: ロ・おとこ | 2007/01/24 12:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58314/13616141

この記事へのトラックバック一覧です: シクロクロスが終わった:

« 青春18の旅なのだ、第二弾 | トップページ | ギター仙人 »