« 蟹地獄の終焉だ | トップページ | 疑惑はハレタ »

2006/12/02

西峠のうどんのこと

P1010174
自宅で自転車の整備するときは、玄関。トホホ親父には玄関がお似合いなのか?なのだ。
しかし、電気暗いし、パーツなんかすぐ見失うし、工具踏んで痛いし、危険きわまりない作業でドキドキ。
初期の老眼と諦めながら、作業はサスペンデェッド。

パチョレック君の誘いで、北摂のうまいうどんを食べに走ってきました。モトジアニキの強烈な引きとかで、全然ツーリングじゃなくて、心臓とか足が痛い痛い旅。3号君もポーカーフェイスだし、皆この季節・時期にどうしてそんなに凄いのだ?

運動:辛い辛い110km
飲酒:熱燗×4合、淡麗350ml×1

場所はここ。自転車の練習で、何十回とこの道を通ったけど、いつの時も「必死のパッチ」で走ってるから、お店の存在には全く気がつきませんでした。”さぬきうどん”の青いノボリが一本、店の前でヒョロヒョロと力なく風にそいでいるダケのたたずまい。
お店の名前は「峠茶屋」って言うらしい。70台後半(恐らく)のばあちゃんが一人できりもり。パチョレック君の情報だと、ばあちゃん一人でうどん打ってるとか。足で踏むやつ。

自転車乗りの男5人がどかどかと入店し、各自大盛りを注文。1時間くらい待たされるの覚悟したけど、ばあちゃんの手際凄いわ。5つ同時に仕上げる見事さ。釜玉の大盛りが500円。「ご飯」を注文したら、キノコの炊き込みだった。100円(つけもん付き)で。ごっついコシと弾力・歯ごたえのある麺。ふと見上げると、壁には吉永小百合さんがビイルついでるポスターだ。ああ、これは神の啓示だ素直に従わねばと、「お米で作ったドリンク」を冷で一杯。

場所柄、定休日は「平日」。つまり営業は「土・日・祝」のみ。モウ一回といわず、今後なんべんでもいくつもり。
車で家族も連れてきたろとおもた。最後に、同行のアニキたち、どうもありがとう。

天気はエエし、うどんは美味くて安かったし、なかまとの走りは楽しかった」。それに尽きる。初冬の北摂は、すぐそこに厳冬が来てた。ヒタヒタ、ヒタヒタ。忍び足の冬だな。

|

« 蟹地獄の終焉だ | トップページ | 疑惑はハレタ »

コメント

ちょっっ!!!
私も今日北摂走ってたんですけど・・・電話すりゃよかったのココロ

まあワタクシも逢坂峠下ったとこのヤマサキでうどん食ったんですが。
うどん食いつつも店においてあった秋鹿が気になって仕方がなかったです。

投稿: ちぎれ | 2006/12/02 23:52

自転車整備は玄関ですか...
オイラは暖房の効いた6畳和室の畳の上です。(自慢)

とにかく女房をおだてて自転車に乗せる事、女房用にちょっとだけ良い自転車を買って室内保管にする事。
このハードルさえ越えてしまえば怖いものなしです。

ただ、アタシのバイクはチョット重い気がするとか、速く走るためにエステや岩板浴に行かなくてはならないっていう我がままは蹴散らす必要がありますが。

投稿: 金剛 | 2006/12/03 00:54

整備スペースは赤ん坊に取られました(T_T)

投稿: man | 2006/12/03 06:54

例のおかかおむすびの仕出屋ですね!?
食べてみたいです。

昨夜は、関東諜報部員ジロリアンと二人で「夢」を語りに行ってました。

投稿: horizon999 | 2006/12/03 14:09

●ちぎれさん、おひさしぶり!秋鹿見たら素通りはいけません。次回はゼヒ行きなさい。
●金剛さん、座敷整備は羨ましいです!畳にオイルたらしたら、うちは家族から出入り禁止になりそうです。こわい、、、。
●manアニキ、情景が浮かびます。ほほえましい。
●horizon999さん、夢に「夢を語れ」が出てきそうです。例のうどん屋とは別で、また紹介しますね。

投稿: ロ・おとこ | 2006/12/04 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58314/12908881

この記事へのトラックバック一覧です: 西峠のうどんのこと:

« 蟹地獄の終焉だ | トップページ | 疑惑はハレタ »