« 奥穂高で孝行する旅 | トップページ | まさよの寝込みを襲う »

2006/11/06

宿について考えて見た

”夢なら覚めないでくれ写真”を一発。
P1010074
(貧弱な背中の坊主と座敷わらしのツーショット)
自然の中の温泉は、ヒトのココロを丸裸にする。でも穏やかなダケではなくて、川の対岸なんか、この夏の台風の影響で崩落したまま手付かず。

一発目に泊まった宿は、全然知らんかったけど、えっらい人気宿らしい。ものごっつい凝った造りの建てもんやし、山菜を嫌味無くフル活用した料理なんか、嫌でも酒がハイスピードで進むし。部屋数が12とかやから、もてなしもごっつい暖かい。飼っている犬の名前も「ゴン」だったし。朝晩酔っ払って、用事も無いのに犬小屋に向って「ゴンゴン」叫ぶと、何さておいても振り向くから、かわいそうだったり、シメシメと思ったり。

二発目に泊まった宿は、ここから500mほど栃尾に下ったとこ。でかい「ホテル」。観光バスが沢山止めてあって、バンバン団体客を放り込む動き。飯はそれなりだけども、一発目が凄すぎてとても太刀打ちどころか、同じ土俵には絶対上がれないシロモノ。従業員の教育もダメさ加減ばりばり。部屋でくつろいでたら突然ノック一発だけでドアカドカとバイトのわかモンが3人突入してきたかと思うと「布団ひきま~す!」とか言って、思わず飛び起きた。

食堂に続く廊下では、大宴会を終えた団体の酔っ払いで溢れてたし、そばにいた添乗員もそれを見て制御しないし。愛想のよい犬も飼ってなさそうだったから、もう二度と行くことは無いけど。

予約時の対応に始まり、ホテルのコンシェルジェとかフロントマンの姿勢、とうとうローラー妻の逆鱗に着火し炎上。支払いのときすべてをぶちまけて、「飯の時に呑んだ、熱燗とビイルの十数本、居室の冷蔵庫の飲料数本」すべての料金を「チャラ」にさした彼女。当人は全然気が付いて無いと思うけど、まぎれもなく「大阪のオカン」度アップしてる。アニマル柄の服とかいつか着る日が来るのか。豹とかいやだな。

ホテル所有の露天風呂ダケが唯一ステキだった。これが全てを帳消しにしてくれたかも。

|

« 奥穂高で孝行する旅 | トップページ | まさよの寝込みを襲う »

コメント

この露天風呂、ほんまにすごい景色!
写真一枚で説明無くてもわかります。

そして、チャラが・・・これまたすばらしい!
ウチの嫁にも教えてやりたいです。

投稿: horizon999 | 2006/11/06 17:54

この写真はリアル?

是非いってみたいぜ。

投稿: kona | 2006/11/06 18:03

おお、槍が見える風呂ですね、これは。改築前に一度風呂だけ入ったことがあります。羨ましー泊まりてー。

投稿: ネリダー | 2006/11/06 19:38

天気もよさげで、(大体は)いいお休みでよかったですね。
この露天風呂だけでも入りたいです。
すっごく気持ちよさそう。いいなー。

投稿: KAZZ | 2006/11/06 23:08

●horizon999さん、私はどちらかというと、モジモジする方です。妻は言わんと気が済まんタチで、おばはん度急上昇中ですね。どこまでいくのだ、、、(笑)。
●konaアニキ、「リアル」ですぜ。大阪からソコソコ距離あるんですが、なんか年内に無理してもう一回行きそうな気配です。
●ねりうめアニキ、槍は美しいですね。でかい望遠鏡持っていって、ヒトがアタックしてるの眺めながら風呂入りたい(笑)。
●KAZZさん、現実に戻るのがとても怖かったです。夢はいつか覚めるもの。とほほ。

投稿: ロ・おとこ | 2006/11/07 09:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58314/12577461

この記事へのトラックバック一覧です: 宿について考えて見た:

« 奥穂高で孝行する旅 | トップページ | まさよの寝込みを襲う »