« 三回目のツールドオキナワ | トップページ | ハテル、アニキたち »

2006/11/14

やさしい蕎麦の旅なのだ

P1010114
(参加の記憶を紐解く途中ですけど、”なのだ”シリーズも追加。)

前回、前々回と「自称沖縄の通」に連れまわされて食べてから、すっかり「沖縄ソバ嫌い」になった私。自分から進んで歩み出る(食べる)ことは無いと誓った。
でも「誓ったけど食べた」そんな日曜日の昼下がり。
レース終わってちょっと体が動くようになると、喧騒とはまったく違うほう、名護市役所の裏あたり、人気の少ないほうにフラリフラリと行ってみた。こんな時、ビーサンには不思議な力が宿る。魔法の磁石みたいに、旅の魅力のあるほうあるほうに足が向く。それがビーサン。

時速3km/hくらいで闇雲に歩いてたら、突然目の前にそば屋あらわる。食べるもんかとカタクナに誓ったのに、ビーサンが勝手に動き出して、店の引き戸を開けてしまったよ。

P1010116

明るくて清潔な店内。入り口入った横にガラス越の手打ち場所(?)みたいなのがあった。でもキニナルのは「客ゼロ」。日曜の中途半端な時間だから、別段不思議でもないのか。それに、表歩いてる人間も全然見なかったし。
しつこい脂身とか絶対残す自信あったんで、「一番豚肉の少ないソバちょうだい」とオーダー。随分変コツな客。気乗りしないけど、入店してひっこみつかんので、完食だけは果たしたいとか、変な気遣い。

出てきたのは、ちっさ目のソーキ(骨付き豚肉)一個、三枚肉がふたつ、かまぼこのヤツ。紅しょうがは自分で好きなだけ入れる仕組み。一口食ってアカンとおもたら、”紅しょうが大作戦”で乗り切る覚悟でツルっといった。

「あ」。なんか知らんけど「美味い」。過去に食べたヤツとちがって、だしとか全然ひつこない(しつこくない)。うどん食べながら塩ラーメン食べてるカンジ。麺のでこぼこが上あごにあたって、きしょこエエし。
ビーサンが導いてくれたお陰で、沖縄のソバとよりを戻せたかも。お店のご主人と奥さんも、おしつけがましくなく、いろいろ教えてくれはったし。またいきたい。


|

« 三回目のツールドオキナワ | トップページ | ハテル、アニキたち »

コメント

キシメンに見えましたが、ソバなのですか!?
沖縄は本州とは変わってますね。
天一や夢を語れなどの脂系を常食している者からみれば、
あまりにアッサリに見えて、5杯くらい食べれそうな気がします!

投稿: horizon999 | 2006/11/14 18:21

あっしは沖縄そば、だ・い・す・き です。

投稿: amat | 2006/11/14 19:15

私は、紅生姜乗せて食べるソーキソバが大好きです。でも、沖縄以外で食べたことありません。
師匠は以前、嫌いとおっしゃってましたが、本場の味はどうでしたでしょうか?

投稿: みーこ | 2006/11/14 20:15

程よい疲れと沖縄の空気、そしてビーサンの相乗効果ですね。
食べたい!

投稿: KAZZ | 2006/11/14 23:17

●horizon999さん、麺は小麦だけなのでうどんに近いです。
うどんダシ+豚のコクという感じで、私には「アウト」と「セーフ」ギリギリの味かもです(笑)。
●amatさん、レースお疲れ様でした。
観光用のお店は、味がなじめませんでしたが、こういう地元用のお店は美味しいのだという認識を新たにしました。また行きたいです。
●みーこさん、本場・満足しました。大阪市内にも沖縄人街あるので、再挑戦したいですね。
●KAZZさん、この季節にして近所のストアの品揃え、「ビーサン」が当たり前のようにありました。ビバ沖縄!

投稿: た | 2006/11/15 21:28

ここ数年、沖縄でその一年の最後のビーサンを楽しんでいたのでした。
帰ってきた夏をいとおしむ感じで。
ビバ、ビーサン。

投稿: ネリダ | 2006/11/15 23:36

●ねりうめアニキ、ビーサンあったらどこでも愉快な気分です。
(職場もビーサン認めてくれ!)

投稿: ロ・おとこ | 2006/11/16 09:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58314/12685485

この記事へのトラックバック一覧です: やさしい蕎麦の旅なのだ:

« 三回目のツールドオキナワ | トップページ | ハテル、アニキたち »