« 動くのだ(実家編) | トップページ | 応援団になれるかなぁ »

2006/10/17

労働三日目(実家編)

71
このバケツの中、ぜんぷ「タバコの葉っぱ」です。おかんの友人が新地でお店をやっておられ、その方がお店の吸殻を全て集めて、丁寧にほぐして宅急便で定期的に送ってくれるそうです。とても根気のいる作業だとおもうんで、まったく頭が下がります。何に使うかというと、

72
家すべてを取り囲むように、地面に埋めて行きます。こうすると、ムカデとかの害虫や蛇がよってきません。食べない限り人間には無害だし、もちろん火ぃついてないから匂いもしません。しゃがんだ姿勢で黙々と埋めていく作業は、ごっつ疲れます。けれど自然に立ち向かうには避けて通れない仕事のひとつで。
疲れたら立ち上がって、ボンヤリ海見て。またしゃがんでの繰り返し。

こういうのは面倒だけども、隣家と離れているとエエこともあります。
”炭で焼きまくった夜”、庭のコンセントにギターアンプ(20年前に買った、ローランド社製・家庭用の20W)のコードをつないで、すべてのツマミを「MAX」にセットし、太いほうの弦から細いほうの弦まで一気にカキ下ろした。何を弾くでもなく、もうともかくめちゃめちゃに、へとへとになるホドかき鳴らした。自分の近くにちいちゃな雷が鳴っているカンジ。オーディエンスは多分、夜行性の動物とか昆虫とか、そんな生き物だけですけども。彼らにしたら、目をまんまるくして(多分な)、敵なのか味方なのか、闇の中で困ってたはず。

期は熟した。

次はいよいよ打楽器やな。ドンドコ・ボンボコ・ズンドコ・ドコドコ・バコバコ・カコカコ。なんかよく知らんけど、カリブ海かどっかの方面で、100台を越すスチールドラムを一斉にたたきまくる祭りがあるらしい。ここでもやりたい。
自転車は乗りたいし、打楽器は叩きたいし、火は燃やしたいし、全部いっぺんにやる方法も考えたい。


|

« 動くのだ(実家編) | トップページ | 応援団になれるかなぁ »

コメント

工作員の方も耳をすましてらっしゃるかも。

投稿: 泥山田 | 2006/10/17 12:34

●アニキ、放射能が出るような打楽器無いかな、、、。

投稿: ロ・おとこ | 2006/10/17 13:31

スティールドラムは神戸長田がいま熱いっ!
http://www.asuta-steelpan.com/index.htm
100人オーケストラとかもやったようです。

投稿: KAT | 2006/10/17 16:25

●KATさん、情報おおきに!こんなサイトみたら、ますます欲しくなります。困ります(笑)。

投稿: ロ・おとこ | 2006/10/18 10:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58314/12316515

この記事へのトラックバック一覧です: 労働三日目(実家編):

« 動くのだ(実家編) | トップページ | 応援団になれるかなぁ »