« ラリル小説 | トップページ | カツで勝つ »

2006/08/29

パンクロックと自転車

Dscn0897
(中島らもさんの小説で、扉に書いてあった文章)

”深く考える必要は無いんだよ、自転車の場合はね”by ルー・リード そんな解釈でいきたい夜。

運動:通勤往復+舞洲周回で40km
飲酒:淡麗350ml×2 黒霧島ロック少々

ペダルの入力ポイント、腰の曲げ具合、上手く走れてた時のこととか、ちょっとづつ思い出してきた。自転車はいいけど、それにしても腰が痛い。職場でもジッと座っていられないので、ものすごく落ち着きの無いヒトだと思われてるハズ。坂道とかで一番入力すべきトコロが痛いのだから、困る。

|

« ラリル小説 | トップページ | カツで勝つ »

コメント

スタート時が全くダメです。ママチャリ、ジジチャリにも置いていかれジワジワ加速して追い抜いてゆくのが寂しい私のパターンです。せめて人並みなスタートが出来ますよう、これから治療に行ってきます。

投稿: ハンセ | 2006/08/29 13:17

●ハンセさん、腰痛お疲れ様です。私も一進一退どころか、悪化の一途でトホホです。がんばりましょう。

投稿: ロ・おとこ | 2006/08/30 10:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58314/11663508

この記事へのトラックバック一覧です: パンクロックと自転車:

« ラリル小説 | トップページ | カツで勝つ »