« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/31

肩車

(新しい製品カタログのアイディアが浮かばん。困ったから書く。)
自分が思う「ベストオブ肩車」は、井の頭公園(?)でカースケ、オメダ、ぐずロクがやってたやつ。それと車周作の必殺技「地獄車」をかけるときの体勢。そんなトコ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

自転車のこととか

Arione_glossy_silver_metal_blue
評判が良かったこのサドルを使って早1年。その素性が漸く分かってきた。どうも自分には合わないかも。自分には、前後に長すぎて、どこに座っても悪くないのだけど、じゃあどこに座ったらエエのか分かり辛い。ここ最近は、昔使ってたの、けっこうボロボロやけれども再使用中。座る場所~一番力の出る場所・一番回転上がる場所がとても明らか。

それと、大事なのは「地味な練習」というのを思い出した。峠とかで気ままにグワァともがくような「派手な練習」は自分の”伸びシロ”に向いてなくて、「嫌だなぁ」「つまらんなぁ」という気持ちになる、地味でマイナーな練習の繰り返しこそ本スジと反省してます。

ギターの練習でも、地味なスケール・運指の繰り返しが勝機を呼込むんだったりで、胸毛を生やす練習とか、風車のように腕を回す練習とか、歯でひく練習とか、火を噴く練習とかの「派手練」は、足元をすくわれる。

※沖縄のロックバンドで、「紫」やったか「コンディション・グリーン」やったか忘れましたけど、三人で肩車して、頂上のヒトがギターを弾くという大技があった。練習したよ、派手な練習の代表格。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

にせもの

胃に優しいうどんで済まそうと思ったけど、天一の誘惑も捨てがたく、両者のあいだを取って「カレー」にした。カレーを構成する各種スパイスが、効いてきたら嬉しいけど。
隣に座って食べてた大柄のサラリーマン、何気なく見たら、頭髪が明らかに「フェイク」。そういえば、以前吉野屋に行ったとき、対面に座ってた大柄の美女も「フェイク」だったし。彼女(彼)の”カスタムパーツ”のことを想像しながら食べたプレーンカレー、なんか妙な味がしたけど。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

体調不良なのだ

こんなタイトルに、大切な「なのだ」を付けたくなかったケド、久しぶりに「ほんまにシンドイ」。この夏の就寝時も、エアコン無しで乗り切ったから、夏バテとかじゃないと思う。ここ最近、朝晩の急速な冷え込みとかだろうか?実は思い当たるフシが2点。いずれも自堕落な食事にあるかも。

一発目は一昨日の夜、寝る直前にモーレツな食欲に見舞われて、”インスタントのつけ麺”を1.5人前食べてしまったこと。
二発目は昨夜。自転車の練習から帰ってきて、ビイル3本と茶漬け、レタス丸ごと一個。とどめにチキンラーメン。なんかもう書いてるダケできしょこ悪い構成。チキンラーメンの脂で、胃腸がぐちゃぐちゃになってると思う。自分の中で、今シーズン早くも食欲の秋始動か?困る、大変困る。ツールド沖縄が終わるまで、俺の食欲中枢、どうか大人しくしててくれ。

運動:通勤往復+舞洲周回で45km
飲酒:淡麗350ml×3相当、黒白波少々


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/30

MDが無い!

「無い!」の連発でしつれいします。
昨夜ローラー小娘が「MDをかける(再生する)装置ってウチにある?」と聞かれた。そんな古臭いモン(今となっては)あるわけ無い!と言うたものの、気になって訳を聞く。すると”ブラスバンドの練習曲を顧問の先生がMDに入れるので、各自準備するように”と言われたらしい。

顧問の先生に告ぐ「うっとこ(我が家)は、CDかカセットテープに入れてもらわなあきませんネン!」。
どこのご家庭でもまだまだ音楽を聞く媒体は、MDが主役の座に君臨してるのかな?ちょっと先生にゆうてみて、それでもゴネるようなら、ローラー小娘にノートPCかHDを背負って登校させるか。


| | コメント (4) | トラックバック (1)

酒が無い!

なみはや大橋で自転車に乗ったあと、蒸し暑い夜でもあったし、夏の名残を惜しみたかったし、とかの理由でビイルの自販機を探した。ん?「探した」とはいったい何事だと思われそう。でもホンマの話、いけどもいけどもビイルの自販機が見つからんのですわ->大阪市KNH区。とくに国道43号線周辺は。酒屋は何軒か見つかるものの、以前まで店頭にあった機械、シャッターの中にでもしもた(しまった)のか?
とうとう大阪も禁酒法時代突入か?
日々の生活で大いに気になる禁酒法、道交法、ついでのついでに風営法。規則に縛られてがんじがらめ。結局手ごろなコンビニでビイルを買い、店の前の歩道で立ち飲んだ。そんな夜。

運動:通勤往復+なみはや大橋で40km
飲酒:淡麗350ml×3相当、黒白波少々

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/29

カツで勝つ

Big
家で焼酎飲むとき、かなりの確率でコレ食べます。あなどれない30円の味。駄菓子の王様とまでは言いませんけど、かなり上位に君臨してると思う。奥歯でしっかり噛み締めて、その姿が無くなるまで味わったあと、焼酎と一緒に喉に流し込むのが自分の筋。

ツールド沖縄の補給食としてチョイスしてはどうだろうか。
走りながら、集団の中ほどでエネルギーゼリーを食べるライバルを尻目に、”ビッグカツ”あるいは類似品”ソースカツ”を食いちぎる図。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

パンクロックと自転車

Dscn0897
(中島らもさんの小説で、扉に書いてあった文章)

”深く考える必要は無いんだよ、自転車の場合はね”by ルー・リード そんな解釈でいきたい夜。

運動:通勤往復+舞洲周回で40km
飲酒:淡麗350ml×2 黒霧島ロック少々

ペダルの入力ポイント、腰の曲げ具合、上手く走れてた時のこととか、ちょっとづつ思い出してきた。自転車はいいけど、それにしても腰が痛い。職場でもジッと座っていられないので、ものすごく落ち着きの無いヒトだと思われてるハズ。坂道とかで一番入力すべきトコロが痛いのだから、困る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/28

ラリル小説

Dscn0901

中島らもさんの小説を読んだのは、「ガダラの豚」以来ひっさしぶり。高速バスに乗る前、本屋に入ってワゴン平積みの中から、目をつむって選んだもの。親指に触れてた本は、ナゼか三浦綾子の「塩狩峠」やった。既読を避けられてよかったのと、ちょっと内容が重たいのとで、らもさんに救われた気分。

ところが世の中甘くない。「バンド・オブ、、、」は”今夜すべてのバーで”以上に異常。アル中小説は自分も片足突っ込んでるので、何となく世界観が共有できそう(したらアカンけど)な気がした。でもこれは”ヤク(睡眠薬)中毒””咳止めシロップ中毒”小説で、恐らくトンでる状況を思い出しながら書いたと見た。
半分以上がらもさんの実体験だと思いながら。ビイル飲みながら、狭いバスの中でゆらゆらして、これ読んでたら、自分もなんか中毒の擬似体験してる気分になって、ちょっときしょこ悪かったけど。

でも、「睡眠薬中毒に下戸が多い」というのはナルホド。”酒を呑めないから、クスリを飲んで酔った感覚を味わう。”ナルホドナルホド。でも、酒だけでトリップしよとおもたら、ものごっつい飲まないとたどり着けない。いわゆる酩酊とか泥酔とかのレベル。でもどうやって家に帰ったのか覚えてないとか、背広ドロドロ・持ってたカバン無くすとかの状態は、明らかに睡眠薬でラリるより上かも。

やっぱりタチの悪さでゆうても、酒かな。

今日も帰って飲むぜ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

こんな週末

リクライニングシートをMAXまで倒すおっさんの後ろに座り、身もだえしながら高速バスで移動。土曜の正午に実家着。実家のネット環境の整備やオカンのPCの掃除。庭(荒地)の雑草抜きで夕方までがんばる。日暮れ間近に、蜂捕獲器設置。その後オカンのウォーキングに付き合って山坂を10km歩く。夜は、多分「十数年ぶり」に食べたオカンのカレーライス。年齢か?やっぱり味が落ちてる。けれど、自分が子どもの頃食べたテイストは、確実に残ってたよ。
日曜日は炎天下・長袖長ズボン・帽子・首タオル・腰に蚊取り線香(農作業の鉄則!)で、荒地への除草剤散布と草刈。腰痛でキツかったけど、これは遊びじゃないから黙ってヤルしか無い。

作業の合間に、ネットで、乗鞍や鈴鹿に参加してる人たちの様子を見たり。見上げる青空は、乗鞍の大雪渓や鈴鹿の130Rまで続いてるのかなぁと思いを馳せましたよ。時間があれば自転車に乗りたかったけど、やっぱり手伝い・出来るウチはがんばりたいし。

Dscn0892
クラブ活動に行くローラー小娘の弁当一発目。モウ直ぐ新学期も始まるから、弁当造りの勘を取り戻す意味でも重要。ほとんど冷凍食品やけれどもね。何も考えなくても、彩りがソコソコなのは、冷食のお陰だわ。いつか、イカ墨とか使った「暗黒弁当」を造ってみたい。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/08/27

丸虫vsヒト

Photo_1
さらに圧勝。コンビ漫才「まるむし商店」とか居たな。気楽なコンビ名で腹立つけど。溝を掃除して30分後にこの状態。翌朝まで放置すると、以前書いたように「バケツ一杯の丸虫」が捕獲できます。白い粉は害虫駆除薬品散布の跡。自然を愛しながら破壊するこのジレンマ。田舎暮らしは日々ココロの葛藤がひつようなのだ、なのだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムカデvsヒト

Photo
圧勝。死んでしまうとみるみる縮んで、生きてるときの7割ほどの大きさになる。これホンマ。殺虫剤だけでは即死しないので、缶の底の角っことか使って「圧死」もプラスすべし。ムカデは夫婦で行動するのだけど、相方を発見できずにいます。

運動:草刈1時間->凄い発汗で体重1kg減。
飲酒:淡麗350ml×2


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/26

蜂VSヒト

P8260025


今のところ無事。「攻撃は最大の防御」。

実家に向かう道中は、スズメ蜂軍に壊滅的な打撃を与える作戦とか考えながら移動。巣の下でバルサン焚いて、フラフラになったとこにキョーレツに殺傷力のある薬液をぶちかます。ネットで下調べしたように、逆襲に備えての退避路(逃げ道)の確保とか、保護具(雨ガッパ、フルフェイスヘルメット)の選択とか。

現場にたどり着いたら「羽音」がしなくて緊張が高まる。物置からがちゃがちゃと道具を出してたら、窓からオカンが顔を出して一言「役にたたん愚息よ、もう終わったで」。

百戦錬磨のご夫婦が、日の出と共にスズメ蜂軍団の寝首をかいたとか。いやぁ残念!かなり残念!ごっつ残念!次に備えてハチ捕獲器を取り付けて、この戦いに終止符を打った。というワケで、ハチのアップ写真は無しです。

明日はちょっと危険度下がりますけど「ムカデVSヒト」の予定。

P8260026


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/08/25

仕事

ひっさりブリのサーバ構築で、”XOOPS"と格闘中。ぜんぜんうまいこと行きません。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

今日と週末の予定

昨日の練習で、ちょっとした筋肉痛。これはアミノ酸を体内に摂取する必要がある。昼飯は”松屋”に決定。週末は鈴鹿サーキットの自転車イベントに行きたかったのだけど、いろいろあって不参加。アニキたち、会えなくてゴメンなさい。

その代わり、非常に危険な作業予定が入った。最高レベルに近い難度のDIY->「蜂の巣退治」。実家裏山にスズメ蜂やら足長蜂がうろついて、猛威をふるっているらしい。この時期非常に獰猛なヤツらは、どんな手を使って反撃してくるか想像もつかん。もちろん自分はサブで活動。集落に百戦錬磨のご夫婦がいるらしく、その方のサポートとか後方支援。怖いからものすごく後ろの方から後方支援したい。サイクリストと蜂の壮絶な戦いの模様は、明日夜配信。こうご期待!

| | コメント (5) | トラックバック (1)

翼よあれが

パリの灯は見えないけれど、大阪の夜景もすてたもんやない。なみはや大橋からの夜景は素晴らしかった。自転車で4往復->海抜50m×8回の登坂練習の夜。登って降りての繰り返しだから、とても単調でつまらん。けれども、橋の最高地点が近づくにつれ、眼下に広がる夜景がすべてを帳消しにしてくれるし。田舎とかにある”漆黒の闇”も好きやけれど、「欲望渦巻く街」「24時間眠らない街」・OSAKA!の夜景も大好き。この100万の光の中で、今宵も人々が織り成す様々なドラマが、、、とか考える暇もなく、ゼイゼイはぁはぁな、そんな夜。

運動:通勤往復+なみはや大橋で40kmくらい
飲酒:淡麗350ml×3相当

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/24

南 佳孝

朝から他部署への手紙や電子メールの送信作業が続いてる。表書きに「御中」と書くたび(キーを打つたび)「うぉんちゅう、、、」と歌いだしたくなりそうで困る。
もう既に6回目。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

Time After Time

Dscn0890
なんか90年代の音楽にグサリとやられたい発作がおきて、懐かしいCDを買った。いつ聞いても素敵なヒトだ、シンディローパー。今みたいな秋口に聞くとなおさら効く。
歯医者さんを出たあと、ローラー小娘のピアノ教室お迎えまで少し時間があって。思い浮かんだ選択肢は二つ「自転車に乗る」「酒を飲む」。3秒くらい考えあぐねた末”後者”で。近所で一番美味いホルモン焼きを買いにダッシュ。でもシャッター閉まっててすごいショック。頭の中ではサッポロ黒生飲みながら、ホルモンつついてる映像がグルングルン回り続けてるし。Time after Time(何度も・何度も、、、)。「助けてくれシンディ!」そんな感じで。

スポーツ選手がよくつかう、実は自分が一番嫌いな言葉「気持ち切替えて次に繋げる」で、王将の餃子でもと店舗にダッシュ。また閉まってる、、、。そんな簡単に気持ちリを切替えられない。やみくもに次にツナゲタのはたこ焼き激戦区にあって15個100円の店。でも「閉店」。

これ以上深追いしてもムダだろうなと思って、普段着のままぼんやりと舞洲往復した。ダメなときはこんなモン。そんな夜

運動:通勤往復+舞洲往復で30km
飲酒:淡麗350ml×3

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006/08/23

ゴールはすぐソコ

Dscn0883
台風10号の豪雨と濃霧と暴風の阿蘇山。山頂まであと少しのトコ。雄大な阿蘇を見たいから、死ぬまでにあと一回は絶対行きたい。
一昨年の”マウンテンサイクリング乗鞍”がまさにこんな調子。頂上でレポーターが吹き飛ばされそうになりながら、現場の様子を伝えてたのを思い出した。大会はもろちん中止で、「こんなことならしっかり二日酔いになっておけばよかった」とか毒づいたり、妙な後悔したり。
自分は申し込んで無いけど、今年は無事開催されますように。同じ日に鈴鹿サーキットでも自転車大会ありますけど、こっちも無事開催されますように。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

最後はゲルニカ

なみはや大橋で登りの練習をしようと思ってたのに、物凄い夕立にくじけた。気がついたらOKD氏と立ち飲み屋に居た。ツールド沖縄の移動の話題から話がスタートし、氏の得意とする風俗文化の話で盛り上がり、ああ今夜もオゲレツな夜で幸せに終わるのかと思ったら、ゴーギャンとゴッホの同居生活の話になり、混沌とする意識の中で「ゲルニカ」という絵は凄いのか凄く無いのか意見を戦わせた。お互いホンモノを見たことが無いのが泣かせる。そして意識不明のまま帰宅(してた)。
そういう夜。

運動:通勤往復16km
飲酒:淡麗350ml×3、冷酒かなり

Dscn0882
湯布院地ビール(ピルスナー系)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/08/22

阿蘇の三連発

Dscn0847
JRの観光誘致ポスターとか、TVの旅番組とか、各種ムック本で取り上げられるたびに、”ああ、一度この目で現場を見てみたいなぁ”と思っていた「高千穂峡」。現地では、30分1500円の手漕ぎボートを借りて、その場所に行く段取りでした。自然の作り上げた造型は、どこまでも神秘的。しかし、この周辺が余りにも作為的に観光化されてて騒々しかったのが残念。本当の神秘を味わうには、やっぱりカヌーと犬持ってユーコン河とか行って、熊に襲われたりすべきかも。

Dscn0862
現場近くの酒屋で買った、米焼酎「しょっぱな」。蒸留器のノズルから最初に出てくる汁を集めたとか書いてあった。ちょっとアッサリし過ぎ。やはり米は米。もう少し麦ムギした匂いとか、芋イモした匂いが好きです。

Dscn0863
この日の宿。実はペンションに泊まるのは生まれて初めて。建物、どっから見ても”ペンション”以外にありえない造り。レースひらひらした前掛け(エプロン)付けたマダムとか出てきたら嫌やな、、、とか思ってたら、ジャージの上下着た、普通のオッサンだったんで安心できたけど。屋号は伏せときますけど、カタカナを無理やり平仮名表記に直した、いかにも「森の中のペンション」というヤツで、照れくさくて口に出来ませんよ。
ところがオモロイことに、この建物の隣に古民家を流用・改造した和食の店があって、同じ経営。そこでご飯を食べる仕組み。営業を開始した当初は、ペンション=(イコール)アーリーアメリカンでなければダメなのだ!と思ったオーナーですが、歳とともに「やっぱり日本人は古民家」と再発見したと思う(そうに違いない)。

参考:一泊朝食付きで一人5300円(バス、トイレ、エアコン、TV付き個室)


| | コメント (3) | トラックバック (1)

自転車も乗ってます

8月20日:野田阪神~R2~夙川学院~鷲林寺交差点~神呪寺~仁川~武庫川~R43
一週間ぶりに乗る自転車は、やっぱり楽しい。旅行中に見た多くのサイクルツーリストの影がチラツイテ、自然と口元とか笑けてくるし。

運動:自転車50km
飲酒:淡麗350ml×4、芋水割り少々

8月21日:

運動:通勤往復+舞洲周回で50km
飲酒:淡麗350ml×3、ジャックダニエル少々

ツールド沖縄80km申込み成功。仕事とか家庭の事情を鑑みて、多分今年が自身最後のTD沖縄になる予感。今年は80kmなんで、残念ながら「奥」がコースに無い。近辺の住人を震え上がらせることは出来無いけれど、そのぶん、平良のアップダウン周辺で応援してくれてる住民を、「本州にはこんなにも屁タレがいるのか!」と震撼させるつもり。”少し(というかカナリ)速度速い目の沖縄自転車旅”というスタンスで行きたい。
目指す名護のゴールのその先には、自分にとっての幻・豚の丸焼きとかオリオン社のビイルとか、あるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たしかに脂乗ってました

グルメ旅行でもあるから、ここも押さえときます。
Dscn0834
Dscn0835
上が「関アジ」下が「関サバ」。この”関”という冠がつくと、ゆるぎない美味しさが口いっぱいに広がります。でも、サバの刺身を食べたのは生まれて初めて。酢でしめないと、お腹が痛くなると思ってたけど、これは反省。
でも元来、自分はブリとかハマチとかの脂のノッタやつって苦手だから、同じく脂ののったアジとかサバも、どちらかというと苦手かもしれない。
でも美味しく感じてパクパクいけるのが”旅先”という「魔力」やろね。

Dscn0837
「ブリカマ」は全国共通の美味しさ。

飲酒:淡麗350ml×4相当、大分麦焼酎二会堂少々

| | コメント (4) | トラックバック (0)

地獄巡り、暑いからね

一応観光旅行なんで、ポイント押さえときます。
Dscn0790
「竜巻地獄」。45分間隔で吹き上げる間欠泉。でも回りの子供達なんか2,3秒見たら飽きてた。自分もそのクチ。

Dscn0794
「白池地獄」。”入浴欲”にかられる色。やっぱり温泉は見るモノではなくて、入るものという思いを強くした。

Dscn0802
「かまど地獄」。泥濘地が温泉の勢いでゴボゴボ盛り上がるやつ。この熱を利用して併設されてるのが
Dscn0799
「ワニ地獄」。ざっと100匹以上のワニさんが同居。温泉の熱気でフラフラになって、ワニを見ながら食べた温泉タマゴは不思議な味がした。
隣に座ってた団体さんの一人が「クーラー地獄は無いのか、、、」とつぶやいてたのが印象的。

Dscn0814
「海地獄」。入浴剤そっくり。じゃなくて、ここに似せて入浴剤作ったのかな。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/08/21

旅先で見た自転車

(上司はまだ全員夏休み中。だから書く。)
別府市内で銭湯に行った時、自分と”同じカタチの日焼け”青年が湯船に漬かってた。雰囲気から地元の人では無い。暫くしてのぼせた顔を冷やそうかと銭湯の窓を開けたら、さっきの青年がそこに立ってた。思ったとおり、自転車に4つのバックを付けて準備中。
「どっからきたん?」
「はぁ、神奈川県の町田というトコからです。」
「偉い遠いな。走って(全部自転車で)きたんか?」
「いえ、あの、松山まで電車で、、、」
「ああ、輪行か。」

大阪弁の坊主のおっさんが、いきなり”輪行”という言葉を口にしたのが以外だったみたい。目がキョトンとしてるし。心配せんでもカツあげちゃうからね。ローラー男は楽しい家族旅行を満喫中ですけども、実は君のような「旅の不安が瞳に一杯でコボレ落ちそう」なのがごっつ羨ましいダケやからね。今でも九州のどっかを走ってるか?

雨の高千穂・道の駅で。
昼飯を食ってしょんべんに行こうとしたら、便所脇に4台の自転車があった。これもそれぞれ4つづつのバッグとか鍋、やかんが括りつけてあった。用を済ませて観光地図を貰いに窓口に行くと、自転車の持ち主青年(推定年齢18歳)が、どうも宿探しの交渉中みたい。
「一泊朝食付きで1万6千円からありますよ~」
「い、いちまん、ろくせん、、、えん、、、ですか、、、」
「でも町から民間に営業委託されてから、すっごいサービスいいし、お部屋も綺麗なんですよぉ~」
「はぁ、、、お部屋が綺麗、、、」
「よかったら、また連絡しなさいね。いいお宿探してあげるから~」

観光課のおばはん、それはあまりに酷。見たら一発で分かるやろ!?彼らが”1万6千円の綺麗なお部屋”に泊まりたいかどうか位。雨のやむ気配が無い中、4人はぞろぞろ重たそうな動作で出発していった。それでええ。それでええねん。それこそが「旅行」とちがう”旅なのだ”。その後「天岩戸」神社を見学したあと、同じ坂道をさっきの4人がヨタヨタ登ってくるのが見えた。
容易く宿が見つからんことを祈るぜ。そのかわり、無料で雨露しのげる大きな軒下とか屋根、どうかうまいこと見つかりますように、ハンドル握りながら、祈ったから。通過するとき、ちょっとダケアクセル緩めながら、祈ったから。今日はエエ天気のはずやね。大丈夫、大丈夫。

横殴りの雨と深い霧、恐らく体感気温は10度前後だったと思う「阿蘇・草千里」。
5人組みのサイクリスト。うち2人は女子。どこかの大学のサークルかな?そんな雰囲気のグループ。カッパは着てるけど、全然役に立ってないカンジ。あまりに劣悪なサイクリング環境やし。でもな、その時のローラー男の気持ちは「俺様も仲間に入れとくれぇ!」とダッシュして行って、一緒に暴風雨に身をさらしたかったよ。だって君ら、あの雨の中全員キャーキャー言うて「わろてた(笑って)やんか」。分かる!断固分かるぞ、その気持ち!旅の理不尽、旅の困難はどこにでも落ちてるケド、拾える時代はごく僅か。そのクセどこにも売って無いからな。とくに今の自分なんかとうて拾え無いし。若い時の(旅の)苦労、カムバックアゲインなのか?なのだ!

そうか、こうしてココロの中にくすぶるモノがある日突然、バクハツするんか!?そして、リヤカー引っ張ったり、ヨット乗ったり、イカダ造ったりして地球の果てまで行ってしまうのか、、、。
なんか分かったようなワカランような、「分かったらアカンような」。

彼ら(彼女ら)以外にも、いっぱい自転車旅を見た。みんな今でも元気にペダル漕いでるかな?彼らがオッサンになっても、おばはんになっても、忘れられないくらいに、幸せな旅の困難が降り注ぎますように。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

やっと地ビールの旅なのだ

Dscn0870
17日台風通過中。黒川温泉の地ビール「湯上り美人」。製造元のサイトを見ると気になる記述が->”今まで現地でしか飲めなかったけども、インターネットでの購入が可能に!”

湯上り美人に告ぐ「いらんことせんといてください!」。
遥々たどり着いてこその”地ビール”であって欲しい。多くの立ちはだかる困難・苦労を乗り越えて味わうひとしずくを、どうか大切にして欲しいところ。簡単に飲めてしまうのであれば、いつもの”淡麗350ml”になってしまうじゃないか。ともあれ、温泉でグシャグシャになった喉には美味い!ほんま美味かった!

(温泉の写真は後ほど)
観光協会と温泉組合が(恐らく)知恵を絞った「外湯めぐり」の企画に乗ってみた。大人一人1500円払ったら、20数箇所ある温泉(各旅館の持ち物)から3箇所をチョイスして入れる。泉質もさまざまで、透明のとことか、白濁してたりとか、有馬温泉と同じ鉄っぽいのとか。でも正直、温泉のハシゴは疲れる。効能に「疲労回復」とありますけども、これも限度モノ。3箇所、4箇所と連発したら疲労の蓄積が凄かった。なんかもうフラフラで、そのまま沈んでしまいそう。

台風一過の露天風呂って、凄いわ。
木の枝とか枯葉とか落ち葉とか、もぎとられた木の実とか湯面に一杯浮いてるし。一緒に転がり落ちてきた毛虫とか妙な幼虫も浮いてるし。台風の後の露天風呂はワイルド過ぎる。

運動:度を越えた入浴
飲酒:淡麗350ml×6相当、麦焼酎かなり

| | コメント (2) | トラックバック (1)

あそです阿蘇

17日は当然二日酔いで起床。台風10号九州上陸間近。この日は高千穂峡まで足を伸ばす予定の日。
Dscn0840

雨も小康状態の中、”大観望”とかいう場所から阿蘇山を望むのだ。でも分厚い雲に覆われて、全然望めないのだ。でも、眼下に広がる阿蘇の平野は雄大なのだ。肝心の高千穂峡のことは後ほど。

Dscn0858

結構血眼になって探した割りには、宿の近所に地ビールを発見できなかった。レンタカーで移動しているから、観光地で地ビールに出会っても、その場で飲まれへんしね。宿まで持ち帰るにしても、「要冷蔵」とか書いてあるから、持ち運びはかなり厳しい。だからひとまず”阿蘇”の缶ビールでしのぐ。

この日の夜半、台風は宮崎に上陸したって天気予報の声。遅い!遅すぎる!もっとこう、「マッハ」で過ぎ去ってくれないと困る。夜中に窓をたたく雨音で目がさめたし。

運動:無し
飲酒:淡麗350ml×6相当、大分麦焼酎×かなり

| | コメント (3) | トラックバック (0)

大分の旅なのだ

台風10号と全行程を共にした、記念すべき家族旅行。
16日は、”別府地獄巡り”で波乱の幕開け。地獄のことは後ほど書きたいけれども、早速目についたのが

Dscn0800

秘宝館。
いったい全国に何箇所秘宝館が点在するのか興味深い。もっと近づいてみる。
Dscn0801

この日の気温は35度。地獄巡りの疲れもピークやったし、なにより地獄の蒸気は”熱い”。「アカン、もうクタクタや。秘宝館で涼んでいこ、、、」と提案したら、ローラー家内にごっつ怖い目で睨まれた。
(地獄巡りは真冬に行くもんです。真夏に行ったらあきません。)

この日の宿は別府市内ど真ん中。市内をぶらぶらしてたら見つけた喫茶店。
Dscn0825


たしかに大昔、大塚博堂という歌手がおったなぁ。その人を偲んだ(生死は知らんので)店か?ぼろぼろのGパンはいて、髪の毛の長いヒッピィみたいなマスターがコーヒー入れてる予感。頭に赤いバンダナとか巻いて。

Dscn0826

ついに発見「エッチビル」。どの程度エッチかというと

Dscn0827
「エッチ美容室」を経営。興味深い美容室だ。

Dscn0828
「エッチ貸衣装店」もある。”エッチ貸衣装”とは当然”エッチな”衣装を貸してくれるに決まってる。普通の衣装を貸してるエッチな店でもオッケイ。そうでないと困る。
しかしこのビルのオーナー、なかなかヤル人物と見た。多分ビルを建てるときの親族会議で、叔父や叔母、ハテハ遠い親戚とかの猛反発を食らったけども、「わしゃ、断固”エッチ”で行く!」って言い切った(と思う)。次回いつになるか分かりませんけど、どうか別府駅前のエッチビル、健在であってほしい。

運動:ホテル~別府駅前往復徒歩
飲酒:淡麗350ml×6相当、麦焼酎沢山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から普段どおりで

この盆休み、「放電しまくった」。少なくとも「充電して鋭気を養う」なんてことは在りえんかったよ。今日からどうやって生きていけばいいのだ。朝も、普段通りのヒトの波と車の往来。なんか自分ひとりだけが休みボケのように思えて寂しいぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/15

朝からまさよ

Dscn0785
軽い二日酔いギミの14日朝。熟睡できずに朝を迎えたであろう”まさよ”を、朝っぱらからいじくりに行く。なんか全然元気で拍子抜け。しかし、夫婦揃って暇さえあればひとんちの飼い犬をおちょくりに行ってるから、そろそろ集落の噂になってるかも。一応飼い主のまさよさん本人には断りを入れてあるから、まだ少しはバレない筈。

Dscn0787

それにしてもブサイク。盲導犬とか麻薬犬の血筋であるのに、顔いじられ放題。
まさよに飽きたから、久しぶりに長浜の観光地の方へ散歩。盆を利用した観光客で溢れかえってた。黒壁スクエアの方にいったら実物大のケンシロウが立ってた。海洋堂の常設展示館がいつのまにか出来てたみたい。ああ残念。これが昨夜の泥酔ローラー夫妻に見つかってたら、十中八九「餌食」になってたと思うと、残念で仕方ない。

もともとな~んにも無かった長浜市だけども、大河ドラマにうまく乗せて、それにあぐらをかくことなく観光課もがんばっているみたい。滋賀県有数の観光地になってるカンジ。

家に戻ってビイルを飲む。ひたすら飲む。飲んだら縁側に寝転んで、扇風機回して寝る。ひたすら寝る。大阪はまだアブラ蝉全盛のさなか、ここでは早くもヒグラシが鳴いててビックリした。季節の先走りというか、秋と夏が混在してる。
夏の日が傾きかけた頃、そろそろ大阪に向けて出発。
Dscn0788

名残惜しいけど、まさよにもお別れ言うてきた。ヒトも犬も年老いていくことは自然なコト。でも、初めて会ったときのように、嬉しくて飛びついてきた勢いが急速に目減りしているのは寂しいヨ。全身で嬉しさを表現してたころが懐かしいヨ。今回は、嬉しくても尻尾をシュカシュカ左右に振る程度やったしね。また冬に会おうな。義父・母もお元気で。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏休みの予定

15日:今日、昼からなんだかよく判らん会議があるので出勤。事務所ガランとしてます。
16日~19日:家族で大分旅行。なんで行き先が大分になったのかワカラン。麦焼酎とか関サバ・関アジとかのキーワードも、家の中で聞いた事が無い。「地獄巡り」というのが名勝(?)らしい。職場ではちょいちょいというか、日常的に「地獄巡り」だけれども。
20日:未定。疲れてボンヤリしてる予感。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奥琵琶湖とか

8月13日は、もっていった自転車乗ってサイクリング。一昨年は、伊吹山アタックに行ったけど、㈱大阪セメントの採石場に迷い込んでしまい、発破で吹き飛ばされそうになった。仮面ライダーの撮影現場並の破壊力に負けた。今回は奥琵琶湖パークウェイから琵琶湖を望んでたそがれるつもりで出発。ところがゲート閉まってて「土砂崩れ」って。ダイナマイトの恐怖は無さそうなんで突入。でも、冗談ですまないくらい、沢山のノリ面が崩れててビックリ。道路一面が土砂で覆われてたり。自転車担ぐシーンが2,3回も。今年一杯は復旧ムリなほどの規模やったです。冬になると凍結でまたまた封鎖されるので、もしかしたらこのままパークウェイは無くなってしまう予感。

午前中は墓参りとかの盆イベント目白押し。スタートは13時って、本当は屋外でスポーツをしてはいけないデラックスな猛暑。でもさすが滋賀。大阪市内の真夏とはレベルが違う格が違う。同じ35℃でもなんか爽やかやし、木陰なんか涼しいくらい。

パークウェイ手前のドライブイン。なんか凄い数の単車が止まってて、近づくとほとんどが雑誌で見るような暴走族デザインのもの。きちゃない単色塗装とか、長い背もたれついたシートとか。それもベースの車両がCB250(ホークⅡ)とかGSX400とか、これは旧車のグループなのか?と目を疑ったぞ。クランクケースなんか「BEET」って書いてあるし。ちゃんと直管マフラーには「ヨシムラ」ってシール張ってあるし。でもダレも特攻服とか着てないし、今風の兄ちゃんがダルそうに日陰にねころんで、コーラ飲んでぼんやりしてるダケ。

集まって泊りがけツーリングに行くでも無し、200km/h超のスピードに酔いしれるでも無し。若さとエネルギーを持て余してるのなら、俺にクレ!

夜はローラー家内と長浜地ビールのパトロール。
Dscn0767
ピルスナー、スタウト、バイツェン共に異常無し!

Dscn0772
酔っ払って深夜の琵琶湖に突撃するローラー家内。異常無し!

Dscn0774
大理石のつめたさが気持ちええローラー男、異常なし!

Dscn0773
なんか盆にふさわしい被写体は無いのかとパシャパシャやってたら、さすが”功名が辻”の舞台長浜。この手のホテルの真骨頂とでもいうべき下品なネオン管のサインが素敵。駐車場の”べろべろ”をくぐってさらに奥へと調査しようとしたら、ローラー家内に「バカなことはやめろ」と叱られた。風俗レポ失敗の夜。

Dscn0783
つまんないから、まさよの寝込みを襲う。最初、名前よんでも全然出てくる気配が無いから、犬小屋ごとガンガンゆすったら、寝ぼけまなこでまさよが出てきた。これでヤツは完全に寝そびれた筈。

運動:自転車80km
飲酒:サッポロ黒ラベル500ml×6本相当+冷酒3合相当+芋水割り少々

| | コメント (3) | トラックバック (1)

夏休みだ、まさよ!

Dscn0765


8月12日、夏休みスタート。早速ローラー家内の実家へ。荷物置いたら挨拶もそこそこに”まさよ(本名ラブ)”の小屋に突撃。以前あったまさよ小屋の前庭がなくなってて、開放感にミチ溢れてる。あんまり頻繁に脱走するので、飼い主のまさよさんが取り外したらしい。それにしても、いつも一発目は自分達が普段見慣れない顔なんで、オドオドしながら寄ってくる。

Dscn0764


ちょっと打ち解けた頃の顔。「自分の臭さを覚えててくれたの!」と満足げな顔。うん、十分今年も臭い。しかし明らかに去年と比べたら「老けた」。今年もお互い無事に夏休みを迎えられたなぁ!でもまさよは年中休みだ。仕事してないし、家事もしてない。泥棒の番もしてない。相変わらずたるんだ犬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/11

バスクラ

Dscn0754
クラブ活動もひとまず夏休み。ローラー小娘が自宅に持ち帰ってきた楽器「バスクラリネット」。吹奏楽に縁が無かった自分には、脅威のデカさ!クラリネットの生音って「パッキャラマ」と相場が決まってるという思い込みがひっくり返る。なんていうか、見た目そのままの音で。船が出港するときの霧笛そっくり。練習を重ねていったら、山伏のほら貝みたいな音も出そう。自分も自転車がんばるんで、ローラー小娘もほら貝がんばれ。

運動:通勤往復+舞洲周回=35km
飲酒:淡麗350ml×4相当

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/08/10

気になる

昨日会社の帰りしな、目に飛び込んできた定食屋のランチメニュー。(場所は大阪のこの辺り)
「テポ丼」。
食ったら飛ぶとか。

運動:通勤往復16km
飲酒:淡麗350ml×6相当

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/09

場外車券場

通勤の途中で、おばちゃん数人が署名活動してた。信号待ちしてたらトコトコ自分の方に歩み寄ってきて、「ゼヒ署名を!」と誘われた。どうも大阪のJR環状線・福島駅の近く(場所でいうと、サイクルショップ・シルベスト梅田店の裏手あたり)に競輪の場外(車券場)建設の話があって、反対運動展開中みたい。
おばちゃん、当然自分も署名するだろうと思ったやろけどね、ゴメン。「反対ちゃいますねん」。付け加えると”大賛成”でも無いんですけどね。

自転車に乗って遊ぶのが趣味やからね。競輪も立派なプロスポーツとしての側面持ってるから、できれば世間が持ってる競輪に対するダークなイメージを払拭したい思いもある。知合いの選手を応援する意味で、機会があれば現場にも出向いてるし、車券も勿論買うし。

ちょっとオモロイ記事を見つけた。立川競輪場周辺地域住民アンケート。賛成する人は、やっぱり「市税が潤う」とかが多いかな。あと高齢者の雇用確保とか。
対する反対派の意見、どれもこれも凄いというか敵意剥きだし。
●競輪をしている人ヒトというのは競馬をしている人と違って、ガラの悪い人がいるから、商売的はこの人々はあまり来てほしくない。⇒あながち間違ってはいないけど、それは偏見です。
●道がよごれる。歩いている人の服装が汚い。⇒そんなもんほっといたれヤ!
●たくさんの男がぞろぞろとバスでどっと来るので怖い。⇒女の大群も怖いけど。
●お酒を飲んだりして風紀が乱れる⇒酒はそんなにアカンのか?
●酔っ払いが道一杯に一列になっている⇒また酒か、、、。
●お酒を飲んだり酔っ払ったりしている⇒またまた酒か。
●子どもの教育上よくない。お酒を飲んだりしているから。⇒酒が日本の子どもをダメにするのかね!?
●開催時には昼間から飲んだくれてる人がいる⇒そんなもん当然や!常識や!義務や!

なんかモウ完璧に”競輪と酔っ払いはセット”にされてる。考えてみ、場外にきてるおっさんが、だれもかれもファンタとかコーヒー牛乳飲んでたら、きしょこ悪いやろ。

場外できたら、絶対ホルモン焼きたべながらビイル呑んで車券こうて(買って)危ない目つきして、きちゃない服装して歩くぜ!歩くったら歩くぜ!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

昼飯・松屋

New_01
外食のバリエイションが思いつかないときは「松屋」。自分の中でちょっとした決め事があって、安全な牛丼が現れるまで、吉牛を封印してます。お店に入って適当に「牛丼」のボタンを選択したけど、どうも二種類あることが分かった。イッコは”オーストラリア産牛肉使用”って書いてあるけど、もうイッコは無記名。肉の色が薄いから、炊き込む時の醤油とかになんか工夫してあるのかな。
今日くらいからアメリカのお肉販売するとこあるってTVで言うてました。まだちょっと怖いけど、酔ったら見境なく食べてしまいそう。気を引き締めたい。

運動:通勤往復+舞洲周回=40km
飲酒:淡麗350ml×4

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/08/08

立秋なのね

手帳見てたら、今日は立秋やった。秋が立つ日。そうすると夏はそろそろ座るのか?でも全開バリバリで、全然座る気配無し。夏が立ったりしゃがんだりするのは、まだまだ先やろしね。

昼飯で外食したら、店員さんのバイト度が高くなってる。高校生とか大学生、金ためてギターとかバイク買うかね?そういえば丸岡往復の車中、マックアニキの車のカーステ(?)から、ずっと快適な「ジェフベック」「レイボー」あたりのサウンドが静かに流れてた。40歳を過ぎても、自転車で遊んで、バイクが好きで、ギターが欲しいなと思って、リッチー・ブラックモアを聞いている。
なんだ、高校生の頃とやっていることが全く変わって無い。でも、今の自分に無くて・ゼヒ欲しいものは、「夏休み」だな。バイトして、かいらしい彼女を作って、友達と近所で花火して、夜更かしして親に怒られて、宿題全然やってなくて。そんな高校生の頃の夏休み、手の届かんモノになったよ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

越前のおろし蕎麦

Dscn0747

土曜日に行ったお店のは、大きめのお皿に蕎麦、大根おろし、各種薬味とダシが最初から全部入ってるタイプ。レース後にいったのは写真の「小皿盛り」のタイプ。けっこう麺は太め・短めなのが特長っぽいのかな->越前の蕎麦。写真に写ってるように生卵が一個付いて来た。ご飯も無いのでどうすんのかな?と思ってたら、単純に生卵を箸でといて、そのまま蕎麦をつけて食べるって、店員さんのレクチャーでした。蕎麦の風味が黙殺されるので、ちょっと勿体無いかな。辛い大根オロシか擦った山芋で食べるのが美味しかった。調子に乗って小皿を追加して、全部で7皿食べたけれど、このあたりがやっぱり自分の限界。

隣の席には、国内最強の自転車ヒルクライマー・筧選手が。近くで見るとすごいちっさいし、細い。そんでソコソコ男前。自分も登りをがんばってソコソコ男前になりたい。

蕎麦で浄化された胃腸をあらしに、今日の昼飯は天一。今まで全然気がつかなかったけど、「スタミナラーメン」ってメニューがあった。店舗によっては普通のコッテリ味のことを「スタミナラーメン」と称しているトコがあるけど、これは何?しかも(並)サイズにもかかわらず値段は900円。コッテリ並より250円高いから、ものごっついスタミナ溢れるラーメンか?食べてる最中でも鼻血でまくりとか、目玉が充血してくるとか、ウォー!って大声出したくなるとかの部類なら、ちょっと食べてみたい。

ごちそうサマーキャンペーンのスタンプカードが、ようやく一枚埋まった。
イザ景品と交換するとなると、なかなか踏ん切りが付かなくて、今日のところは黙って引き上げてきた。もうあんまし日が無いけど、大の男2,3人で行って定食食いながら瓶ビールの4,5発でも行ったら、簡単にカード埋まりそう。ちょっと反則のような気がするけど。

運動:通勤往復+舞洲周回=50km
飲酒:淡麗350ml×3、ジャックダニエル少々


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/08/07

チャンピョン二周

Dscn0745


事情により「レインボーチャンネル見放題」のビジネスホテル泊。前日は見そびれて寝てしまったので、部屋で朝飯を食べながらの視聴で。こんなの見ながらコンビニのパンをぱくぱく食べる自分は、大人になったもんだなぁ。

参加カテゴリーは「チャンピョン・二周の部」。ちょっと気恥ずかしい自分のように”自称・思い込みチャンピョン”のヒト、自他共に認める”チャンピョン”のヒトごちゃまぜの100名で。スタート時間が刻一刻と迫るのだけど、全然緊張感の無い自分。泊りがけの自転車イベントで、血中アルコール濃度が極めて薄い状態は、いつ以来だろうか?と考えてみたり。少し離れた場所でtsukyアニキを発見。お互いリアルな姿を拝見するのは初めてでしたが、手をヒラヒラ振ったら、同じようにヒラヒラ返してくださって、ああ、なんだか分からんけど今から始まる楽しくも苦しい時間を、ともに耐えて完走しましょうねという波動は十分伝わって来ました。

得意の最後尾スタートで幕開け。カラフルな自転車ジャージが、ソフトな風合いの絨毯の様に、道幅一杯に広がってウネッテいくのが、よく見える最後尾。その織物の一部になっているのが、とても嬉しい。選手のスキマを使って上がっていくと、tsukyアニキに並走することができて、もっと沢山お話したかったのですが、私の心臓もまだドキドキしてまして残念です。

スピードメーター見たら、大体35~45km/h前後で移動。微妙に道は登り基調ではあるけれども、去年よりシンドイ。スズキチアニキが横にきて「去年よりちょっと速いね」と同じ感想をくれたので、いったいダレが先頭引いてるの?と顔上げたら、、、コナアニキでした。辛さに着火するとは、さすがコナアニキ!と関心している場合じゃなく、それを合図に大勢の”つおいアニキ連中”に飛び火してしまった模様。

現状の練習の質・量だと登り区間で置いていかれることは、わりかし容易に想像してました。”切れてからの踏ん張り”をメインテーマに据えてて、さぁがんばって行こう!と思ったら、なんと目の前にコナアニキの姿。諦めずに完走しましょという思いはひとつで。境遇を同じくする選手同士、先頭をかわるがわる交代して、風圧からくる苦しみを分かち合うヨロコビ。本当は喜んでいる場合ではないのですけども、こういう見知らぬアニキたちとの一体感、けっこう好きです。

見慣れた衣装に赤い自転車が遠目に見えました。おお、泥川アニキ。不本意でありましょうが、ここでご一緒できるなんて幸いです。7,8人位になると勇気も出てくるし、このひとたちと協力して完走したいなと力も沸きますし。

でもシンドいです、暑いです、腹が減ってるです。段々先頭責任が辛くなってます。油断すると”アニキ列車”から降りてしまいそうです。いつの間にか最後尾が定位置になってました。”ココロの中の連結器”がカタカタ音を立て始めてます。「ハズレルな!ハズレルな!」そう必死で念じますけども、道は容赦なくドンドン登り基調になっていきます。ギアチェンジを我慢してペダルをぐりんぐりん回してたら、ふくらはぎの内側が攣りだしてビックリ。なんか「足四の字固め」されて耐えてる痛さ!もう頭のなかとかで「猪木ボンバイエ!猪木ボンバイエ!」とかの曲流れ出してくるし。

トンネル手前200mの地点で、「ブツ」と連結が切れちゃいました。去り行く”アニキ列車”。夏の日の陽炎(かげろう)のごとく。

山を下りきった時には、当然ダレもおらず。炎天下に灼熱の真っ白い道路が一本、長く伸びてましたわ。でもね、足痛くても、腹が減ってても、喉がカラカラでも漕がないと進まんのですよ、自転車は。こんなわたくしにも、沿道の応援は染みます。ああ、来年はもう住民票をこっちに移そうかな。そんでコース沿いに家借りて。リタイアしてもそのまま道路わきの自宅に転がり込めるしとかいろいろ思い巡らせました。

でもやっぱり来年もチャンピョン二周だな。普段から偉そうに「自転車ロードレースは、完走を目指す競技では無い」といい続けてますけど、”一生懸命がんばる遊び”も、そう悪くないわ。次に向けて、発泡酒をちょっと控えたい。そのかわりビイルをがんばりたいぜ。

運動:レースとかいろいろで60km
飲酒:家に帰るまで無し

| | コメント (5) | トラックバック (0)

じゃあ丸岡のことなんか

(往復のレース同行と往復丸々運転してくださったマックあにき、今回も大変お世話になり、ありがとうございました。)

今朝体重量ったら、マイナス2kg。自転車能力の弱さの前に、人間としての生命力の弱さを思い知りましたよ。今回の自転車レースもズバリ「自分との戦い」になる予感してました。予感的中のお話は後ほど。

Dscn0738


前日の試走は楽しかったなぁ。大阪市内を命がけで走っている自分なんかには、本当に極楽なコース。写真のトンネル付近が、一応「地獄の出入り口付近」ということになります。コース中一番高度の高い場所。レース当日は、この辺りまで集団について行きたいなぁと毎年思うのですけどね。

レース受付場所付近にいた生き物。
Dscn0736_1
炎天下に毛皮着て、しかも微動だにしない。この落ち着き払った態度をゼヒ自分も見習いたい。彼が鼻の穴をぱかぱかさせてるのを見てたら、翌日のレースもナンだか素敵なモノになるような気がした。

Dscn0740


レース会場から福井駅前のホテルに移動するとき、実業団の部に参加する選手がいた。やっぱり同じ人間、凄く暑そう。この人たち、翌日は100kmを越える試合の筈で、やはり生き物として強いのだろうな。

Dscn0744


夜は同行いただいてる モトジ、スズキチ、パチョレック、3号、マックの各アニキと小宴会。あえて太字で繰り返しときますけど「小宴会」。中瓶2本相当の酒量で耐えたわたくしく、”奇跡の人”と呼んでいただきたい有様。前回の吉野サイクリングイベントで、人間失格を自ら宣言して以来、ひさびさにヒトへの返り咲き。人間回帰。翌日のレースに対する、並々ならない決意が伺える。

運動:試走27km
飲酒:サッポロ黒ラベル350ml×1、中瓶×2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/04

朝練辞める

始めてもいないのに「辞める」とは、我ながら見事だ。
クラブ活動の都合で、今朝はローラー小娘が4:30起床。それは渡りに船だと思って、シメシメ強烈にデラックスな朝練しようと昨夜たくらんで寝ました。枕元に自転車の衣装一式も揃えて置いたし。
目が覚めたら7時をとっくに回ってて。何が起こったのかわからず、何で自分は朝練に行かずに布団の上で寝てるのだ?と自問自答したり。せっかく朝、小娘が起してくれたのに「わしゃ行かん!寝るっちゅうたら寝る!」といって、タオルケットを抱きかかえ、それ以来微動ダにしなかったそうです。

覚えが無い、、、。全く覚えが無い。ごめん->家族。
今朝の俺は本当の俺とちがう。たぶんちがうヒトが憑依して、俺様の朝練を阻止したと思う。除霊とかイタコの口よせとかしたら、身の潔白が明らかになるはず。自分の体から悪霊が出て行くまで、当面朝練をやめとこと思う。まさか自分のトレーニングが霊に左右されるとはおもわんかった。自転車競技はホンマに怖いスポーツなのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ああ、もうすぐレースだ

日曜日のレースは、どこまで集団についていけるかな。不安で一杯。
昨晩は舞洲でレース前の最後の練習をやった。自己分析によると、去年と全然変わってない。甘めに見ると、遅くなってないけど、速くもなってないし。でも、土石流にもあわず、監禁もされず、ヒズボラに敵対されることもなく、平和に一年歳を取ることができて、こうして自転車イベントに行けるヨロコビ。

舞洲で仲間ともがく時に「俺の中のリミッター・外れろ!外れろ!」と念じながらペダルを回したのだけど、錠前が錆付いてて全然外れない。でも、当日は怪我に気をつけながら、精一杯楽しみたい。自転車のアニキたち、よろしくお願いします。

練習終えて帰る道すがら、自動販売機前で止まり、ビイルを飲む。一本ダケと決めてても、こんな時はいとも容易くリミッター外れそうで怖かった。でもね、「それでいいのだ/(C)バカボンのパパ」。

運動:通勤往復+舞洲周回で55km
飲酒:淡麗350ml×3、ジャックダニエル少々

Dscn0727_2
(近所にある”立ち食い”の寿司屋さん。安くて美味いから困るったら困る。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/03

天下一品・京橋店

060803_1217001
ついにと言うか、とうとうと言うべきか、やれやれ正直ホッとした。仕事で近所まで来てたローラー家内をなかば強制的に誘って天一へ。そうだ、夫婦で食べればいいのだと昨晩気が付きました。本来あるべき夫婦の姿がそこに。
後悔しないように「ほんまにコッテリでええの?」と何度も念押ししたけど、彼女もラーメン通の一人としての自負・プライドがあり、腹を据えたようで。緊急避難メニュー「あっさり味」への逃避断じて許すまじ!観念したようにスープをすすってたけど、流石に後半は”紅生姜”に助けてもろてた。自分はひっさしぶりのコッテリを、いとおしむように味わったし、チャーシューも一枚もろたし。
無事にスタンプ4個取得してちょっと嬉しい。「次も行ってええけど、その時はラーメンやめて中華丼で行く」という発言が少々不気味ではあるけれど、まあ許す。

060803_1225001
そういえば、ココロなしか今日の昼は中年の夫婦が多かった。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

Dscn0733
相変わらず写真に無頓着でごめん。手が映りこんでるけど、心霊写真だと納得してみる。

yahooのポイント溜まったから、1600円ほどの投資で買えたCD。タイトル「Singles(1976-2005) 」の通り、シングル曲を集めたモノ。ハードロック、ヘヴィメタルのように血がたぎるとか逆流するとか血管切れるとかのサウンドでは無い。どちらかというと、邪魔にならないBGMとして聞くのがこのヒトの曲かなって思ったり。スーパーの鮮魚とか精肉売り場で流れててもいけるクチ。
charの年表にはいつも「11歳でクリームの曲を完全コピーし、世間を震撼させた、、、」というのが目に付く。恐らく手もちっさかったやろし、ギターを持つ体格もアンバランスだった筈。やはり「好き」と「努力」の賜物という点では、亀田長男に通ずるものもあるか。

今の自分はどうかな?自転車好きかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ボクシングのこと

旬の話題でしつれいこきます。TV観戦しました。でも我が家にはTVが一台しか無いから、山村美紗サスペンスを見ながら(見せられながら)瞬間的にチャンネルを変える早業駆使して。犯行現場を見逃したし、ダウンの瞬間にも立ち会えなかったのが痛いけど。
試合の方は、さすが世界一決定戦やね。今までのように、「開始早々30秒でKO」とかの漫画みたいな現象が無かったし。明らかに亀田長男苦戦してた気がする。なんかわめきながら、折れそうになる自分を鼓舞してたカンジ。相手の方は最後まで冷静に動いてたように見えたし。あちこちのニュースサイトでは”微妙な判定”って記述あるけど、本当に亀田長男の方がポイント多かったのか?
でも勝ったのが事実やからね、素直に言うときます「おめでとう」。

普段から憎たらしいくらい大口叩いて、そいうキャラを演じて(?)る亀田青年が試合後にワンワン泣いてる姿を見て、ちょっと泣けた。もしかしたら、本当の彼は寡黙とか内向的とかで、練習のない時間は一人でぼんやりゲームしてたりする印象を持ちました。ちょっとダケ応援したるから防衛がんばれ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/02

困ったこと

ローラー家内の業爆が終わったので、小娘のと一緒に、ここ最近ずっと弁当をこしらえてくれてます。そうすると、昼飯に「天一」にいけない訳です。ごちそうサマーキャンペーンに追従できないでいます。嘘ついて弁当持たないのも、恐ろしい天罰が下りそうやし。天一って弁当持ち込んでもええのかな、、、、。困った、ああ困った、うう困った、ええ困った。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

丸岡への抱負

週末のホビーレース参加にむけて、抱負というか・狙い・意気込みのあたりを書いときます。
何べん訪れても「美味しい!」と感じないソースカツ丼は、今回ちょっとスルーしときたい気分。自分の味覚がヒトとは違うのかもしれんけどね。”串カツ至上主義文化圏”に住むわたくしには、ウスターソースと白ご飯のマッチングに、意義を申し立てたいトコロ。ご飯の上にカツを乗せるのなら、サクサク感よりも、タマゴでとじた”べちょべちょ感”を大切にしたい。
しかし「越前名物・おろし蕎麦」は行く。断固行くから。一発といわず、二・三発は行きたい。一昨年、二日酔いで棒に振った同レースで、大会終了後にこれを食ったら、瞬間にアルコールが全身から抜け出たのをハッキリと覚えてるし。効能の主役は、恐らく”辛味大根おろし”だろうか?

ともかく、今年のレースはおろし蕎麦をがんばる。(初心者にお勧めの蕎麦屋情報、ありましたら御教授ください)

だまって遊びに送り出してくれる、親父の趣味に無関心な家族に感謝しつつ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

総体なのね

昨晩舞洲に行きますと、道路のいたるところに”のぼり”がパタパタしてました。何のイベントなのだ?と近づくと「高校総体」って書いてある。ああ、今年のインターハイの舞台の一つが舞洲なのね。日曜日は、この舞洲やらとなりの夢洲(ゆめしま)なんかを使って、自転車ロードレース競技をやるらしい。自分達が参加するホビーレースも、この辺の公道を使いたいのは山々。でも、道路の使用許可をとりつけるのは、並大抵のことではないみたい。政治力とかまで動因する必要があったりして、、、。
それをやってのける”高校総体”は凄いな。

さっそく総体のサイトを探しましたよ。
なんか、大会スローガンの公募があったようで、入選作品がどれもこれも超怒級の「熱さ」にたじろぐ。

「光る汗、輝くまなざし 熱い想い」~高校一年生の女の子の作品。どんな力を持ってしても封じ込めることの出来ない熱いエナジーを感じる。もう自分のようなおっさんには、光る汗より臭い汗。魚の目に似た眼差しばりばり。日常的に空回りする想いとか。

「元気!! 勇気!! 根気!! 近畿!!」~高校三年生の女の子の作品。まったくもう!”イン”を踏んでもありあまる若さがにくたらしいぜ。”エンジン”とか”男気”の入る余地無し!自分たちも「自転車は、エンジン、婚期、近畿」とかに変更すべきか???

運動:通勤往復+舞洲周回=60km
飲酒:淡麗350ml×4相当

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »