« 天下一品・京橋店 | トップページ | でも走るし呑むし »

2006/07/20

雨、いつやむのだ

TVニュースを見てたら、旅の思い出の地が水にゴボゴゴのまれていた。
実家のある地域も、避難勧告が出てるらしい。けど、腹を決めたオカンは、裏山の崩落を気にしながらも、努めて普段どおりに暮らしてるらしい。生き埋めになって発見されたときに、可笑しくないようにと、さらっぴんのパジャマを着て寝てるともゆうてた。
たのむから、雨やんでくれ。

ともあれ、「船と一緒に最期を共にする船長」とは違うらしい。イザというときの為に、脱出用の車には、キーを付けっぱなし、水や食料を積載済み。夜中に飛び出せるよう、玄関や窓のカギは全て開錠。表を歩ける程度の衣装で就寝とか、枕元に靴を置くとか。

幼少期の空襲体験も少なからずあるらしいが、やっぱり神戸の地震で学んだリスク管理という点、今居住してる平和な村の中では、どうも突出してるらしい。避難所の様子を役場に聞きに行くと、誰一人として利用してないとか。なにより関心したのは、知らんあいだに”自然災害保険”に加入しており、万が一土砂崩れで家が全・半壊したら、次はどんな家を建てよかとかすでに構想あるとか言うてたし。

でも、ほんまは何事も無いのが一番やから。
どうか無事で。

|

« 天下一品・京橋店 | トップページ | でも走るし呑むし »

コメント

テレビで、思い出の諏訪湖畔がゴボゴボになってました。

逃げーと言ってもダメなら、オカンさんの無事を祈りましょう。
さらっぴんのパジャマが、魔よけになるかもしれませんよ。

投稿: horizon999 | 2006/07/20 13:11

大震災の日、全壊の我が家から近所の親宅へいくと、まるで何事もなかったかのように朝の仕度をしている両親に度肝ぬかれたコトを思い出します。でもとにかくご無事であるよう祈ります。ちなみに震災の時は車より自転車が大活躍でした。

投稿: ハンセ | 2006/07/20 14:08

ウチもそうなんですが、親が1人で
遠く離れて住んでるとやはり心配ですね。
皆様どうかご無事で・・

投稿: よし | 2006/07/20 19:42

あきませんて、避難勧告にはしたがわんとあきません。
自然災害の力は甘くないですて。

京都でも北区の雲ヶ畑という絶好の場所で土砂崩れがありました。
雨が上がっても、しばらくは崖の横は走らない方がいいです。
真剣にちょっとビビってます。

投稿: みーこ | 2006/07/21 00:32

●horizon999さん、おおきに。諏訪湖の映像見ました。あんなデカイものが溢れるなんて、にわかに信じがたいですよね。
自然は凄いや!
●ハンセさん、おおきに。今のところ穏やかに暮らしているようです。実は何とかの手習いで、数ヶ月前からブログを始めたようで、日々の更新が安否確認になってたりしますね。
便利な世の中ですわ。
●よしさん、おおきに。離れてクラス親の安否はいつも気になりますよねぇ。むこうもそうかも。自分もそうなるのかなとちょっと考えたりしますね。
●みーこさんのブログを拝見していつも雲ケ畑が気になってます。自分には”マチュピチュ”みたいな場所に映ります。早い復旧を祈らずにはいられませんわ。
おかげさまで避難勧告は解除されたようですが、次は絶対逃げるようにゆうときますね。どうもありがとうございます。

投稿: ロ・おとこ | 2006/07/21 09:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58314/11017976

この記事へのトラックバック一覧です: 雨、いつやむのだ:

« 天下一品・京橋店 | トップページ | でも走るし呑むし »