« 熱帯夜がそうさせる | トップページ | 39×34 »

2006/07/14

昼飯・天下一品京橋店

やっぱり幻だった。
”スチュワーデス定食”なんかどこにも無い。パイロットも居なかったし、いらっしゃいませの代わりに、「アテンションプリーズ!」とか言われなかったし。普段通り、むっさいおっちゃんとおばちゃんが、店を切り盛りしてた。あとは暑苦しい客が、大汗かきながらコッテリラーメンとドテ焼き食ってたなぁ。
まぎれもなく、これが現実。


|

« 熱帯夜がそうさせる | トップページ | 39×34 »

コメント

本題と関係あるような、ないような・・・

昨日、島根県唯一の天一益田店に行ってきました。
家から約120キロあります。

で、食後の感想ですが、
「所変われば、品変わる」です。

一番残念だったのは、トッピングの「ネギ」を注文したのですが、出てきた鉢には、白ネギがちょろっとだけ・・・

天一のネギといえば、九条ネギですよね、やっぱり。
たぶん、フランチャイズのなせる技でしょうが、
天一歴ウン十年の小生としては、「これは天六やな」でした。

投稿: 代理人 | 2006/07/15 19:16

●代理人さん、コメントありがとうございます。
天六の天一ですが(笑)。実家の方、松江より米子の方が近いので、来月は天一・米子店で調査してまいります。しかし
白ネギの店舗は初めて聞きました。驚きですね!

投稿: ロラおとこ | 2006/07/17 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58314/10935326

この記事へのトラックバック一覧です: 昼飯・天下一品京橋店:

« 熱帯夜がそうさせる | トップページ | 39×34 »