« 時間は無情にも過ぎていく | トップページ | 地ビールの旅なのよ »

2006/05/07

地ビールの旅なのだ

5月3日、ド快晴。今回のGW家族旅行のテーマは「地ビール」。
大阪・名神高速道路・吹田ICから怒涛の渋滞に突入。渋滞の好きなヤツなんか居る筈無いけど、急ぐ旅でも無い。何より「混んでるねぇ」といえば「そうだねぇ」と返ってくる家族が、同じ車内空間に同居していることは、ちょっとした幸せ。後部座席では、ローラー小娘が大の字になって寝てるし。

Dscn0504

栗東SAで止まってた、トレーラー。寺内タケシ氏のツアートラック。「エレキよ永遠なれ」って、くさい台詞も寺内氏の言葉となると別。この荷台には、モズライト社のギターが満載って想像しましたよ。

Dscn0505


出発から6時間近くかかって、浜名湖SA着。”ひつまぶし”にメロメロ。茶漬けしてもあっさりしてた。食べながら分析すると、どうもあぶらの乗りが少ない鰻っぽい。先日自転車で訪れた、淡路島のアナゴも美味しかったけど、自分はやっぱり鰻派。

伊豆高原地ビール一発目は、ピルスナー。
Dscn0512_1


飲みやすい!飲みやすい!コクのある発泡酒って味。
Dscn0513


二発目は「エール」。
Dscn0515


このニゴリ方がまさしく「生きた酵母丸呑み」の証し。口->食道->胃袋まで0.3秒足らずで通過。これならあと、5,6本はいけるクチ。

Dscn0516


三発目はスタウト(黒)。「今までの黒とは違う黒ビール」というキャッチに惹かれて。でも、黒は黒。今までも、そしてこれからも黒は黒。ともかく旅先で飲む地ビールに「まずいものなし!」。

Dscn0519


四発目は、”季節限定”ペールエール。見よ!このニゴリ!酵母がウジャウジャ騒いでる様子が伺える。
限定なんでもったいぶらずに、年中無休でお願いします。

Dscn0524


このあとは、各自(わし、ローラー家内)自宅から持ち込んだドリンクでエンジン全開MAX。

運動:渋滞で8時間座りっぱなし。
飲酒:ギリギリ二日酔い回避程度。


|

« 時間は無情にも過ぎていく | トップページ | 地ビールの旅なのよ »

コメント

おかえりなさい。
肝臓はじめ、お疲れ様でした。

投稿: 瀬戸内 | 2006/05/07 17:26

●瀬戸内穴子さん、こんにちは。
疲れました(笑)。肝臓も遠距離運転も。
世間が大移動する中のドライブは、
やはりちょっとストレス溜まりますね。

投稿: ロ・おとこ | 2006/05/08 14:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58314/9942577

この記事へのトラックバック一覧です: 地ビールの旅なのだ:

« 時間は無情にも過ぎていく | トップページ | 地ビールの旅なのよ »