« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/31

諜報活動

奥さんの実家に先乗りしているローラー小娘に、「まさよの臭さを調査せよ」とスペシャルな指令を出しておいた。先ほど、そのミッションを無事達成したとの報告有り。送られてきたケータイの画像はこれ。

060331_1323003_1

まだ春先だというのに、その臭さに微塵の衰えもなしとのこと。ふふふ、明日が楽しみだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ワイルド生活二日目

昨夜は立ち飲み二件はしご。中島らも・開高健に一歩近づく気分。懲りてない自分が嬉しかったりして。家路を急いでる筈が、気が付いたら目の前に「こってり並みネギ多め」のラーメン鉢があって、しかもスープ一滴残らず「カラ」だったり。これは夢かな、まぼろしかなと悩みながら、歯の奥からネギのカスが出てきて、ああ食っちゃったのねと、しかし美味かったなぁと変に納得しましたよエエ。
千鳥足で今度こそ家にたどり着いたら、急にビーフシチューが作りたくなって、ヨロヨロしながら台所に立ちました。なんかムショウに野菜を切りたくなってね。自分の中に眠っている狂気を見た。明らかにニンジンとジャガイモと玉ねぎ対する殺意。ついでに牛肉にも殺意。今夜の晩飯は「狂気のビーフチシュー」の予定。予定というより決定。

運動:飲み屋往復4km
飲酒:おぼえてない

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/30

ジョーシキ

今日の会議、サンドバッグは無事回避。上司から「ローラー男くん、そんなもんキミィ じょーしきやで!」と言われて、ちょっとへこむ場面がありましたわ。

高校の卓球部に「常識じゃ!」を口癖にしてた先輩がおりました。
入部の時に全員丸坊主にせぇよと言われ、「なんでですのん?」と聞いたら「おまえアホか、んなモン常識にきまっとるやろ!」と一喝された。試合の時、ラケットのラバーにツバを吐いて、相手を不快にさせる作戦を編み出した先輩。「汚いし、相手嫌がってますやん」と言うと、これまた
「あほ、勝つための作戦、これは常識やジョーシキ!」。
「そもそもラバーっちゅうのはな、ちょっと湿ってるほうが変化球出しやすいねんぞ」

「はぁ、、、、」

「卓球も相撲も、勝ち目の無い相手には、”変化”で行くに決まってる。常識や ジョーシキ!」
「はぁ(こ、このひと、、、むちゃくちゃや。相撲と卓球がおんなじレベルや。しまいにマワシしめて卓球やらされる、、、)」

終始こんなカンジ。

あるとき、雑誌を買いに行かされて、その本が売り切れ。気を利かせて似たようなのを買っていくと、
「なんで平凡パンチやねん!、俺は”映画の友”にキメとるやん!」
「こっちのほうが、今月号の綴じ込み、エグイおもて、、、」
「あほ、何があっても”映画の友や”。そんなもん常識やろ、ジョーシキ!」

Y口先輩、非常識で常識を教えてくださって、ありがとうございました。
いつまでたっても、おんなじ目におうて、俺、がんばってますから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

full from emptiness

以前読んだ中島らもさんの小説「今夜すべての・・・」で、「人は一生のうちに呑める酒の量は、キッチリ決まってる」という一節(ちごたらゴメン)、どうも最近アレに近づいてる気がする。いや、気がするじゃなくてハッキリ「近づいてる」なこれは。

酔いの回るのが、イヤに早い。
次の日、凄く残りやすい。
呑んだときの物忘れが、めちゃめちゃ酷い。

こんなことなら、最初からもっとゆっくり、ちょとづつ呑んどいたら良かったわ。「神さん、仏さん、大仏さん、すんませんけど、もうちょっと今のペースで行かしてください。お願いったらお願い」。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

荒くれ夫婦

昨日から、ローラー小娘がローラー家内の実家に送致されていった。残るは、この季節ワーカホリックぎみの女と、横着モンの男だけ。寒冷+暴風ギミだった昨夜、夜の舞洲練習にも行かず、早速「横着」始動。子どもがいると、少しでも食事のバランスやいろどりに頭を悩ませるけど。目についた冷凍食品(弁当用)を適当にレンジでチンしまくる。ちょっと凍っていようが、エビフライのカキ氷やとおもて、バリバリ噛む。茶を沸かすのが面倒で、かわりにビールとか焼酎で行く。いつのか分からん「生餃子」を焼いて”慎重に”食べる。「毒見兼用」の食事はなかなかにスリリング。「黒ヒゲ危機一髪」のナイフを差し込むように、慎重に一個食べて自分の安否を確認し、また一個口に運ぶという作業。これでは野菜不足になるので、冷蔵庫からレタスを発見。盛り付けが面倒臭いから、丸ごと行く。アゴが外れそうなくらい口開け、ドレッシングを先に口に含んで、ジャクジャク食べるのは我ながらワイルド。”ワイルドと横着は紙一重”。

前途洋々な子どもには、安心安全デリケートな食事を提供すべきやけど、前途多難な男は所詮こんなモノか。深夜に帰宅した女も、スーパーの惣菜コーナーで買ってきたものを、男より低いレベルではあるけれども、ワイルドに食ってた。
今朝も同様なワイルド朝食。昼もワイルドなラーメンだったし、今夜も飲み屋でワイルドの予定。月曜までワイルド生活続きます。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

昼飯・ラーメン亀王

「九州ラーメン・亀王 京橋店」
近くのビルで働くローラー家内が、昼飯をおごってくれた。一発目に入った坦々麺専門店が満席だったんで、こちらに。ほんまは、国道二号線を挟んだ対面に天一があって、その引力は底知れぬパワーを出してたけどね。中洲の屋台で食ったラーメンによくにた「極細麺」と白濁した「トンコツ(っぽい)」スープ。でも、あの「お店の手前数十メートルから伝わってくる”匂い”」が全然しない。やっぱり相当アレンジしてるんやろね。
自分が頼んだのは「油ソバ」。ドンブリの中にはスープとか入ってなくて、湯がいた麺に、調味油をからめてある。そこそこ美味しくて、けっこう味は濃い目。ちょっとジャンクっぽい濃い目。不味くは無いけど、明日も!って気にはならへんね。

接客:★★★★★店員一同皆元気だ
内装:★★★★☆清潔、醤油とかの入れ物が亀をモチーフにしてる
味 :★★☆☆☆ 次は「シャキシャキねぎラーメン」で勝負したい

”博多ターメン”というだけあって、メニューや店内にはしきりに「ショウガ」を投入するよう但し書きがあった。でも、このラーメンにショウガを入れると、やばい味(自分の主観ですけどね)になりそうな予感で、今日はやめときました。

運動:通勤往復16km
飲酒:淡麗350ml×1、芋水割り少々

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/29

春だ土筆だ糞まみれ

明日のサンドバック会議での、言い訳と逃げ道の準備オッケイ!
日曜日の淀川土手は、大阪~京都の辺りまで”ツクシ取り”の人が、すごく沢山いた。テンプラにしたり、卵でとじたりして、春を感じるつもりか。しっかし、犬の散歩も土手にはひっじょ~に多いことを、肝に銘じて。つくしを取りに行って、酷い目にあった人、絶対いてる筈。

おまけに持ち帰ってタマゴとじにしてたら、アラなんか黄色が変ヨ。黄土色っぽかったりして。。。

どうした、今日のわし。なんか下品が止まらん。おげれつが加速していく。それほどまでに先日の件がショック大なのね。ほとばしる下品エナジー! ああ、早く忘れてしまいたいぜ、あの感触とニホイ。

今週のおおまかな予定
水曜日:夜遅くに舞洲クルクルかも
木曜日:飲み会かも
金曜日:舞洲クルクルかも
土曜日:朝寝、家事、ちょっと自転車、夕方からローラー家内実家へ移動
日曜日:まさよ訪問。ココロゆくまでヤツをおちょくるつもり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰?

Dscn0420
サイクルショップにいったら、店の前でTVの収録やってた。この漫才コンビの名前が全然思い出せない。いっつも見てるのに、情けない。今、生で見たい芸人(というか吉本のひと)は、メッセンジャーとホンコンさん。

運動:舞洲35km 一生懸命に
飲酒:淡麗350ml×1+冷酒2合+芋水割り少々


| | コメント (3) | トラックバック (0)

暑さ寒さも彼岸まで

全然言葉どおりにならないぜ。昨日は大阪も雪降ったし。日曜日に自転車の調子を見がてら、京都・大谷祖廟までご先祖さんに会いにいってきました。淀川河川敷~京都外環~R24~竹田街道あたりを使う往復120km。往復とも向かい風が酷くて苦しみました。予想はしてましたけど、一番驚いたのは「ハンガー下がり、浅すぎ」。クランクの心棒が左右に通っているフレームの箇所を「ハンガー」って言うんですけど、ここの位置が地面からむちゃむちゃ高い場所にあります。
もともと荒地を走るのを使途に考えて作られてる自転車だから、ペダルが一番下に来た時に、大きめの石ころとか、地面の突起に当たり難いようにの配慮です。サドル位置を適正にセットして跨ると、両足つま先は地面から3cm以上ぶらんぶらんしてます。

この「ハンガー下がり」にずっと疑問を持ち続けてるんですわ。位置が高いと加速はするどいが、巡航はシンドイという説があります。昔、すごくハンガーを下げた自転車を作ったことがあり、当時は「ああほんとだ」と納得したんですが。でも、今回気がつきましたけど「そんなワケないやろ」ってね。ハンガーが上がれば座る位置も上げるワケですし、逆も同じく。結局、人間の位置が上下するだけで、力を入れる場所が大幅に変更したワケでも無さそう。

お彼岸は、いろいろなことを考える、ええ機会ですわ。
この日の運動:自転車120km
この日の飲酒:淡麗350ml×2、熱燗2合、その他雑酒少々

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さよならモック、糞まみれ

タイトルだけで用事が済んだも同然。エエ気になって、公園で自転車の写真撮りまくってるうちに、犬の糞を踏んでしまった。ソールの突起に工夫を凝らしてあって、大地をガッチリ掴むようになってる”モック”。大地だけでなくウンコまでガッチリ鷲掴み。木の枝とか石ころでこすったけど、もうダメ。絶対ダメ。

ウンコを踏んだ友達を見つけると、大阪では「べべんじょかんじょ 鍵閉めた!」と口頭で宣言し、その友達が糞を踏んだという事実から、自身を保護します。その上のバージョンは「油かーぶった!」といいます。見えないバリアをはって、その隔離をより強固なものにするわけです。

しかし今回の失態は、だれにも見られていない様子。残念ですが長年自分の足元を支え続けてくれた”モック”は、袋に包んで捨てました。フト疑問が沸きます。犬って、他人(他犬)の糞を誤って踏むことはないのでしょうか?彼ら(彼女ら)は、しかも裸足なんで、その瞬間の感触もいっぺん聞いてみたいです。


| | コメント (11) | トラックバック (2)

2006/03/27

自転車買った

飲酒:熱燗1合+淡麗ジョッキ×2+麦水割り×3+天一コッテリ並×1
運動:なし

DSCN0403
(趣味の)自転車の自慢というか、全景を紹介するのは、多分生まれて初めて。正直に言いますけど、「ひっさしぶりに長らく付き合いたい自転車」に出会いましたわ。二個前の自転車も、凄く気に入って買った(機能とか二の次)のは、同じく水色だったので、やっぱりスポーツ道具は”見た目”と再認識したよ。

自転車にとってのフロントフォークが性能の半分以上のウエイトを占めるのは周知の事実。ココがしっかりしてないと、曲がれないし止まらない(止まりにくい)。
DSCN0405


50km/hくらいからグハゥ~とブレーキレバーを握り締めても、びくともしない。近年のカーボンを使ったテクノロジーって凄いわほんま。
DSCN0406


前のブレーキワイヤーを取り回す小物は付属してなかったので、自腹。数百円の代物だけど、メーカーの気遣いが欲しいな。

DSCN0407

メーカーがこだわった部分。
フロントの変速機を作動させるワイヤーの位置、普通はしたからくるけど、泥詰まりによる動きの渋さを懸念して、上から引く仕組み。そんなシビアな場面なんか無いけど、これもひとつのコスプレ。

DSCN0408


後ろの車輪を嵌めようとしたけど、ダメ。ヤスリでごしごしと軸の入る部分を削り広げた。まぁ、欧州のフレームってのはそんなモンと思えば平気かな。

DSCN0411


後ろブレーキを設置するための固定小物は一切付属してなかった。だから、シートポスト固定小物、ワイヤー固定小物、ワイヤー支持小物とも、全部「自腹」。これは痛いぞ。しかも最適な形状じゃないから「かっちょ悪い」し。

DSCN0412


通常はワイヤーケーブルの外皮に、ホツレを防止するキャップを着けるのだけど、それの外径より小さなガイドが溶接されれた。もう、やすりで広げる気力無し、、、。

DSCN0413


クランクを取り付ける根元に当るパーツ「ボトムブラケット」を嵌めるために、フレーム表面を均一にすべくやすりガケ。でも、フレーム塗装が高温焼付けのため、やすりをかけると、ボロボロと塗装が落ちてしまった。もう、断固気にしないことに。

DSCN0414


フレーム本体は、スカンジウムを混ぜてあるそうです。どうせなら「スカトロ」でもエエよという気分。

DSCN0415


競技の性格上(長くても1時間で終了する)、ボトルケージの取り付け穴が無いのだけど、日本輸入仕様は、この穴がちゃんと付いてますから。

クランク付け根の溶接跡は、非常に荒々しいです。乗り味にはまったく関係ないですけどね。

DSCN0417


海辺のひなびた公園で撮った雄姿がこれ。
DSCN0419


生々しい話をしよか。ブレーキとかクランクとかの手持ちパーツを掃除して、流量したら
総額17万円を切った。車輪は勿論手持ち。自転車に17万円と世間に言うたら、心臓麻痺起こすと思う。でもな、考えてみ、「このまんまの仕様で、オリンピックにだって、世界選手権にだって、ツールドフランスにだって出れます」です。

素人がいくらがんばたって、MOTO-GP(オートバイの最高峰)のマシン買えないし、F-1マシンでローソンに行けないから。その点、世界チャンプが乗ろうが、朝刊のおっさんががんばろうが、全て「自転車」。

自転車はな、「手軽」なのだ!」自転車は「楽しいのだ!」。

自転車は、「いつもそばにいる友達なのだ!」。

ということで、酔いもピークを迎えた本日ただいま、
「ママチャリにも感謝して、明日も駅までマッハの速さでぶっ飛ばそう!」と思うのであった。


| | コメント (12) | トラックバック (0)

海の上で

パンクした。
南港からの帰路、まずは、「千本松大橋」を渡る。ここは通称「両めがね」。螺旋がそれぞれ対岸にあるから。そんで再びなみはや大橋。橋の頂点・一番高いとこで後輪に違和感を感じたら、このザマ。

DSCN0400


まったく見当がつかない時とか、穴が全然見当たらんときのパンク修理って、とても嫌やね。怒りのやり場が無い。けど、今回は犯人付きなんで、この産廃(?)の破片におもっきし文句をお見舞いした。大海原の上空数十メートルの地点、港を行きかう大きなお船や、大阪の町並みを見ながらのパンク修理は、さぞかし雄大な気分になれるだろうと作業開始。

しかし、パンク修理に雄大もへったくれもない。手が真っ黒になっていく悲しさのみ。

DSCN0401

”タイヤレバー”を所持してなかったから、クイックレバーで代用。まぁ自慢するホドの技でもなくて、エマージェンシーの常套手段やけどね。でも、悪くないな、このシチューエーション。ポンプで空気充填するのに、疲れてパット視線を上げると、広くて青い空と海やしね。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

最後のデリバリー

土曜日、快晴。60枚作ったTシャツの、最後の配達のために大阪南港に向かいました。自宅からの直線距離は知れてますけど、なにせ「島」。大阪市内を縦方向に一番下まで南下し、そこからいくつかの運河をわたるおっきな橋を越えて行く旅。とくに手ごわいのが「なみはや大橋」。市内のランナーやサイクリストが、”登りの練習”に使うくらいだから、いかに標高が凄いかわかるよね。その次の難所は「新木津川大橋」。橋の構造上の特長で、片一方がぐるんぐるんした螺旋になってるんで、仲間内では「片メガネ」とゆうてます。なんどもなんどもぐるんぐるん回るので、追い風になったり向かい風に苦しんだり、自転車で走るととても忙しい橋です。その後も運河を越えて、南港ATCで無事に瀬戸内穴子さんとお会いすることが出来ました。本来ならば、お住まいの姫路方面まで配達するのがスジというか、男気の見せ所なんですけど、今のところの”エンジン”ですと、日帰りできる可能性がとても低いので。穴子さん、どうもありがとうございました。お会いできて光栄です。

これで作ったうちの55着の男気が、全国各所に散らばって行った。最初はシャレで作ってみようと思ったのだけど、これを配達することで多くの始めましての方と、お会いすることができたな。また、自分の馬力が足りないばかりに、郵送に頼ってしまった方々へも、メールのやり取りを通して知り合うことができたり、電話で肉声を頂戴したりして。一枚のシャツにとても楽しく思い出に残る春を貰った。

DSCN0397

気が付いたら、桜も咲き始めてたしね。

運動:配達で50km
飲酒:淡麗350ml×3、冷やで2合、ベルギービール1本
DSCN0396


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/24

フレームが来た

いきなり景気のエエタイトルでしつれいします。昨年11月に注文した(自転車の)フレームがやっと来た。正確には、まだサイクルショップの天井にぶら下がってる状態やけどね。興味の無いひとから見たら、エゲツない値段。それ方面の人からみたら「まぁそこそこ。昨今の相場からすれば安め」の辺り。しっかし自転車フレームの値付けって、ほんま謎めいてる代表格といってもエエやろね。地球上で非常に稀少な金属をつこてるワケでも無いし、いまだ元素記号表に載るか載らんかで物議を醸し出してる材料でもない。自分もこの歳になったら、物の値段とはどういうカラクリとルールで決まるのか、おおよそ見当がつくようになったしな。100円の自転車であれ、100万元の自転車であれ、100ルピーの自転車であれ、その物の価値は乗る人が決めたらええのんかな。

今度も勿論”乗りまくる”。大事に床の間に置いて眺めるのが好きな人もいてはりますけど。レース、練習、通勤、買い物、天一、一作、立ち飲み、たそがれたい時、家出、逃避、ともかく乗りまくるから。道具は使い倒してこそ浮かばれる。そしてその後は、ねぎらいの言葉をかけながらメンテナンスしてあげること。

じゃぁ、部長シリーズで。

「ハァ~、やっとこおたで、自転車。嫁はんの目盗んでへそくりしたカイがあったわ」
「自転車の名前は”主任号”にしてこましたろかな。坂シンドイい時なんか”こらぁ主任!もっとしっかり登らんかい!”。平地おっそいときも”おい主任、ボサ~っとしてんとさっさと飛ばせ!”とか、言いやすい。」
「しっかしメンテナスするとき”主任~、今日も一日ありがとう!”とか言うの、
 ごっついしゃくやな。なんでワシ、主任に礼いわなアカンねん、、、。」


運動:通勤+舞洲一生懸命 55km
飲酒:淡麗350ml×2+芋水割り少々

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「啓蟄」の追記

いい忘れてましたけど、「夜の公園で脛毛剃る」時の衣装は、短パンを履いていくこと。足の付け根とか剃るときは、コマネチっぽくなるまでズボンの裾をたくし上げること。両方いっぺんに上げると、かなりコマネチに近いから、片方ずつにした方がいいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/23

俺様の啓蟄

春だからといって、土の中から会社に通い始めたわけじゃないですよ。
今週末あたり「脛毛」そります。正直に言うと、股のあたりから剃る予定。自転車、とくにロードレーサータイプの自転車に乗るのが趣味で、ピチピチのレーサーパンツを履くのが趣味の人は、足の毛を剃るような傾向にあります。別の方面の趣味の人も剃るような傾向にありますけど。根拠はほとんど無いです。ヨーロッパのプロは、レース前後のマッサージの為に、毛を剃ると聞きました。だから剃るという行為自体、一種のコスプレという位置づけ。位置づけというより「こじつけ」。しょっぱなから風呂場で剃ると、下水が詰まります。けっこうボーボーなんでね。風が強くて月の出ていない真っ暗な夜が狙い目。電気シェーバーもって、近所の公園のベンチで剃ります。剃った毛は、力強い南風に乗って、遠くに飛んでいく寸法。”荒けずり”が終わったら、うちに帰って”仕上げ”工程。ふとももの裏とかは、荒川静香っぽいソリ返りとか駆使して、なるべく毛穴に優しくね。

週末、南風吹いてくれ。
ついでに神風も頼む。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

がんばるぜ、ちょっとづつ

DSCN0390
大阪市中央公会堂の正面。

DSCN0375
内部の階段。手摺の造作が素敵やね。

週末の4連休は、家の用事であまり自転車に時間を割けなかった。西日本でもいよいよ自転車レースのシーズン開幕か。参加された各位のブログを拝読すると、自分もがんばろうという気持ちが沸くね。でも、自分が言う”がんばろう”は、「きつい練習にがんばって耐えるゾ」ではない。その手前、「まずは練習時間を作る努力をする」こと。毎年梅雨入り前後までローラー家内は業爆に突入。徹夜に近い日々、出張で不在の日々となる。当然自分に課せられる家事の時間が大幅に増えるし。4月からローラー小娘の弁当作りも始まる。晩飯の献立にも頭を悩ませることになる予定。ここ最近、天気の悪い日が続いてるけど、横着して朝に取り込んでいかないと、洗濯モンがびしょ濡れで、洗い直し->仕事が増えるという流れになるな。でも、レースで入賞するひとの中にも、これらを的確にこなして、ちゃんと練習時間を捻出してるひと、絶対いるやろ。24時間を無駄にしないように、時々がんばろかな。

さ、今からサンドバック会議。

運動:駅まで徒歩通勤往復30分
飲酒:淡麗350ml×1+芋水割り少々

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/21

夢、いつかまた

さぁ、お待たせお待たせ。卒業式に配布された資料に、今回も「僕の夢・私の未来」があったんで、紹介します。自分の気に入ったやつの抜粋ですけどね。去年はこれ。

今回、ザッと見回して凄く目立ったというか多かったのがこれ。
●パテッィシエになって、美味しいお菓子を作りたい

TV番組の影響やろね。バイトで旅館やホテルに行った自分から言うときます。「ほんまに厳しいと思うよ。でもがんばれ」。
次に多かったのが
●優しい母親になって明るい家庭を築きたい

君たちの双肩に、日本の未来がゆだねられてます。どうかよろしくお願いします。

●新聞配達人になって、気楽にすごしたい

確かに朝刊配って夕刊配ったらブラブラしてるように見える。でも、「続ける」ことの大変サは並の仕事じゃないからな。ココロしてかかれよ。でも、どんなにメディアが進化しても、新聞の配達をココロ待ちにしている人は途絶えないと思うから、どうかがんばってほしい。

●一生懸命勉強して、税理士になりたい

「その理由が知りたい」

●タクシードライバーになりたい

「残念ながら、TVドラマのように、そう頻繁に事件に巻き込まれることはないからな」。

今年の卒業生の「夢大賞 by ローラー男」は二つある。

●親のしている焼き鳥屋の人気を上げたい
●お兄ちゃんと同じダクト屋をしたい

どちらも、ほんまに泣かせる。多分、お父ちゃんのやってる焼き鳥屋が不振なんかな。場所が悪かったら救いようが無い。けど材料の”かしわ”はなるべく品質がよくて安い農家から、直接買いなさい。中央市場で買ってたらアガリが少ないよ。ネギはちょっと味落ちるけど、タレ美味しかったらバレへんと思うからね。中国産のを使いなさい。串打ちが一番大変やから、家族総出で手伝うこと。あとは、男気と感謝。君がおかみになった日は、絶対行くからね。

亜鉛板を打って、ジャバラを造るには、とても長くて辛い修行があるよ。でもな、焼き鳥屋も、焼肉屋もお兄ちゃんのつくったダクトが無いと、お店が煙たくて、お客さんがけえへん(来ない)。みんなが楽しく食事するために無くてはならん仕事やからね。兄弟で力合わして素晴らしいダクトを造ってな。焼き鳥を食べるとき、焼肉を食べるとき、いつも天井に這うダクトを見て応援するからな。ガンバレ!

俺ら大人が出来なかった夢、思いもしなかった夢、つかみそこねた夢、夢見た夢、どうか叶いますように。頼むから、全ての神さん仏さん、応援したってくれ頼むったら頼む!


運動:舞洲クルクル35km 夢も希望もないけど、おっさんにだって意地があるからの強度で。
飲酒:いえないくらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/20

祝卒業

DSCN0343


未来の扉が、一つ、開いた。
しばし静かなこの廊下。新一年生を迎えるため、ちょっと休憩やね。


号泣する覚悟万全で行ったけど、空振り。なんでかって言うとね、在校生、卒業生とも「歌下手すぎ」。感動さしてくれ、俺様を酔わせてちょうだいと思うが、むなしく音がはずれ、ハーモニーもずれずれ。最近の子供って、ちょろい歌ばかりTVで見聞きしているだけあって、「ちゃんと歌う」ことが出来なくなっていると見た。か細い鼻声、フラフラの裏声、韻を踏む妙な日本語のラップもどき。功罪多いかもしれんね。
自分の小6といえば、中華屋の村田君は、ヘイ・ジュードを全部歌えた。新保君のねえちゃん(中1)は、カレン・カーペンターよりも艶っぽく「デスペラード」を歌ってくれた。俺様を感動の嵐に巻き込んだ卒業式をやってくれるんは、100万光年早いんじゃ!!!

でも”しゃ~ないから”言うとくわ。「卒業おめでとう」。
まっ、未来の扉、今回は「自動ドアやけどな」と、いやみでお返し。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/19

最後の雪、鯵フライ

aji


初めて鯵を料理したとき、何も知らずにとても酷いものになった。”ゼイゴ”を取る。三枚おろしが面倒くさかったんで、鰯のように手開き。小麦粉無しの「パン粉->玉子->パン粉」の段取り。フライパンに油しいてコンガリ焼く焼く。菜の花のおひたし、なんか茎だらけ。でも春の匂い到来。とうとう来よったな、春め!

春が来たり逃げたりの最近。こんなカンジでも、確実に春からこっちにニジリヨッテ来てる感じ。なにかオマケをつけないと、とても「自転車の練習」に行く気がしないんで、本日のゴールは「秋鹿酒造」に決めた。何の変哲も無いワンカップ清酒(260円)だけど、秋鹿に関連づけた可愛いバンビのワンカップ。時折顔に当たる風雪もあったけど、冬将軍のそれではなく、春の鼻っ面のような吹雪。これを浴びながら、背中に買ったばかりのワンカップを入れて往復90km。多分、春一番だと思うような風の一日。明日はローラー小娘の小学校卒業式。

咲いてないけど、桜の花、舞いますように。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/18

ヘルメット

DSCN0286


OGK社の製品「ガイア」。自転車関係の用品買うの、凄いひさびさ。今以上頭悪くなったら困るから、被ろう。しっかしホンマに雨多いな、今年の春。

使ってみての感想ですけど、ともかく軽いですわ。手にもった瞬間わかります。涼しさはGiroの「ニューモ」とエエ勝負します。サイズはフリー形式で、小6のローラー小娘でもフイットするシステムになってます。アゴ紐がすごくソフトな風合いなのも気に入りました。値段を含めて、ひっさしぶりにお買い得だなと思ったプロテクタなのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/03/17

ケータイの、あした

DSCF0688


会場入り口付近に座ってたひと。コミュニケーションをとりながら、向かい合った人の似顔絵を書く(らしい)。お昼時なので、電源プラグを抜いて休憩しておられました。

DSCF0689


その対面のブースにいた小さいひと。話かけるとTVをつけてくれたり、チャンネルを回してくれたり。オーブントースーターでパンを焼いてくれたり。ジャムは塗ってくれなかった。
ちなみに「ケータイ」がメインの展示会で、何でロボットがあるのかな?でも、一番の失敗は「村田製作君」の写真を撮り忘れたこと。補助輪無しで自転車に乗る様子は、ほんまに凄かった。もっと凄いのは、漕がないでも静止してたこと。ちなみに、彼のマシン(自転車)は、流行の”カーボンモノコック”。前にサスペンションが着いてて、前輪ディスクブレーキ。

DSCF0690


「ケータイ型牛乳さしあげま~す!」の声につられて、ついフラフラとアンケートを書いた。ケータイ型サブレもくれた。ケータイのディテールにする必要性は謎のまま。

DSCF0692


”回転ケータイ” もしくは ”回るケータイ”。寿司屋のテクノロジーがついにケータイ業界に進出。一皿○万円から。

DSCF0694


やっとそれっぽいプロトを発見。ケータイ本体は鞄やポケットに。喋るときは、指に嵌めた装置をアゴとかホッペタとかの骨っぽいとこに当てて音を聞くやつ(骨伝導)。マイクも内臓されてるから、喋るほうもこれで。でも、この指輪の似合うひとって少なそう。

DSCF0695
中国メーカーのブース。二胡の生演奏ってええねぇ。セミナーなんか参加しないで、一日中聞いてたかった。しかし、この音色はどうしてこうも切ないのかな?ドラの音を聞くと、熱々の中華料理を食べたくなるのに、二胡だと紹興酒を呑んで物思いにふけりたくなる。習いたい楽器の筆頭だけど、教室に通い出したら、毎晩紹興酒を呑むと思うから、鉄の意志で我慢するしかない。

ああ、ケータイのあしたも明るいぜ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

昼飯・天下一品京橋店

「チャーハン定食・こってり並みネギ大」。horizon999さんのブログを拝見してたら、頭の中が天一のスープで溢れそう。ここは、麺の茹で加減がけっこう固めで自分好み。定食のメニューも豊富。次は酢豚定食にするたくらみ有り。
後から入店して隣に座ったおっさんが、「チャーハン、餃子」とつぶやいた。すかさず店員さんが「あっさりですか?こってりですか?」とお約束のクエスチョン。その答弁を息を呑んで(スープも飲んだ)見守ると、おっさんが「チャーハンと餃子、、、だけ」と言うではありませんか。

おっさんに告ぐ「天一に来て、チャーハンと餃子しか頼まんのは、言語道断!法律違反です!」。

運動:土砂降りの駅まで徒歩通勤往復30分
飲酒:熱燗一合+麦水割り少々+淡麗350ml×1

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/03/16

雨でも花粉は飛んでますし

タイトルのとおり。だからいつも通り花粉アレルギーの薬を飲んでるけど、このザマざます。眠いざます。死にそうざます。「眠たくて死んだヤツなんかおらん!」と怒られそうですけど、その第一号になるかも。人類初「眠くて死んだ男」。自分の中の悪魔の囁きは「寝ろ、寝ろ、楽になるぜ、寝ろ」。天使の囁きも「寝ましょう、寝ましょう、楽になりましょう」。言葉遣いが若干違うだけで、両者の趣旨が同じだ。天使と悪魔の利害関係が一致してるがな、、、。今、布団が横にあったら3秒以内に熟睡できる力あります。自信満々です。今日の給料返してもええから、寝さしてくれ頼む、会社。頼むったら頼む。
こんなに眠りに弱くては、雪山いったら一発で凍死やな。雪山の部長シリーズで。

「部長!寝たらあきません!」
「あ~、主任、、、。わしゃも~アカンわ、、、」
「歌、うとて元気だしましょ ぶちょうぉぉぉ!」
「ほんだら冥土の土産に 子守唄でもうとてくれ、、、」
「何弱気言うてますの! しっかりしてください!もうすぐ山岳救助来ますし!」
「あ~、あのデカイ犬が首に樽ぶらさげて来るやつか、、、」
「そ~ですわ。気つけのブランデー飲んだら、生きて帰れますわ!」
「う~主任、眠たい。あの犬 ブランデーのほかに、馬刺しとホッケも持ってきよるかな?
 ついでに枕と羽毛布団も頼んどいてくれ、、、」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おけいはん

昨日のセミナーの帰り、京阪電車の特急に乗りました。するとどっからか相撲中継の音が聞こえてきた。車内が静かなんでけっこう明瞭に取組みの様子が分かる位。今流行りの「ワンセグ(ケータイのTV)」か?それとも、その辺のおっさんが、ポータブルTVでも持ち込んでるんか?とキョロキョロしたけど分からず。暫くすると、電車のスピーカーがその音源だと判明。相撲にしても、そのあとのニュースにしてもさすが国営放送。冷静沈着で澱みなし。これが民放のAMだと、べたべたな関西ローカル芸人(?)の、まとわりつくような喋りだったり。FM大阪やKiss-FMなんかも合わへんね。ウトウトするにも邪魔にならなくて、自分としてはとても好感の持てる車内サービスだと思った。

運動:近鉄京都線竹田駅からセミナー会場まで徒歩往復30分
飲酒:日本酒二合だけ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ケータイフォーラム

DSCN0282


昨日は、京都市伏見区にある某社の建物で、表題の展示会視察。いろいろ写真撮ってきたけど、それはまた今晩にでも。業者向けのサイクルショーみたいな感じで、プロトタイプがあったり、近未来のケータイがあったりと、好きな人には興味深いのだけど、自分はケータイに無頓着。でも仕事だから一応いろいろ押さえとく感じ。

夜は頂き物のお酒で、体調を整える。瓶に入った日本酒にお会いするのは、ごっつ久しぶり。いつも紙パックばっかりだから、写真を撮っても後光が射してるね。いいねぇやっぱり一升瓶は。大切に常温で2合だけ頂きました。ベタベタしてないスッキリ味で。早よ帰って続きをのみたい。マッハの速さで定時きてくれ、頼む。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/14

ぼくの「キッチャン」

わけあって、四国で高校生活を送りました。もう遥か昔のこと。

当時寮生活だったのですが、さきほど昼飯を食いに事務所の外に出たら、同室(六畳一間に二人部屋)として暮らした友人に、バッタリ逢いました。

初めて彼の自宅を訪れたのは、高校三年の正月休みです。「狭いけど、いっぺん遊びにけえへん?」と言われて、神戸・新開地の駅前で待ち合わせました。彼の案内はドンドン海の方に行きます。海の方どころか、岸壁まで連れていかれました。「ここや」彼が指差す方向には、小さな船がありました。彼の自宅は”貨物船”だったの。沖合いに停泊する大型貨物船から、港へ荷物を運搬する小型の船が彼の家でした。

グラグラ揺れる板を渡って、”自宅”に案内されました。甲板に穴があいており、小さな梯子を降りると、3人の妹、それに彼の両親がおせち料理を食べながら、TVをみてはりました。

うっとこ(自分ち)と全然変われへん、正月三が日の風景でした。一つ違っているのは、「揺れてる」ことだけ。
あと、窓が無くて、部屋が暗いこと。裸電球が2個だけやのに、やたら明るかったのを今でも鮮明に覚えています。あと、なんか重油の匂い。甲板に座ってぼんやりと灰色の水面を見てたら、彼が初恋の話をしてくれました。

小学3年のときに、突然隣同士に停泊することになった船の女の子。毎朝一緒に、ぐらぐら揺れる板梯子で陸に上がり、手を繋いで小学校に通ったこと。風邪で休んだときは、ぐらぐら揺れる板梯子でその子の「家」に給食のパンを届けたこと。学校に行っている間それぞれの「家」は、ハシケとして仕事をする「船」になっているので、放課後の二人は、空っぽになった岸壁に座って、沖から「家」が戻ってくるのを待ったこと。真夏の寝苦しい晩、二人でこっそり海に入って真っ暗な水面を泳いだこと。
5年生のある日、読書感想文の宿題を一緒にやろうと思い、走って「家」に帰ると、彼女の「家」がそこになく。目をこらして沖を見ても、見知らぬ船ばかり。母親から、彼女の「家」が尾道にある母港に帰ってしまったことを聞かされ、約束したのに、約束ちゃんとしたのにと、イライラしながら甲板でエンピツを動かしてたら、涙がポタポタ落ちてきて、宿題用の原稿用紙をくしゃくしゃにしてしまったこと。

お互い「船」に住んでなかったら、どこへも行かずに済んだのになぁと、彼はぼんやり・ちょっとダケ照れ笑いしながら言うたのを、覚えてます。

今でも”あそこ”に住んでるんかな? そんなこと聞けなくて、それぞれの簡単な近況を語り合って、そのまま道端で分かれました。

自分にとっての「泥の川」です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

安心な街、安全な未来

ここ最近、自分に課せられたミッションのキーワードは「安全安心」。ケータイとか無線技術を使って、災害現場の様子を伝えたり、職員の緊急招集や連絡といった事柄。なかでも「児童の登下校をソッと見守る」というシリーズになると、その必要性は急務だし市場規模は膨大で、しかも年々広がりを見せつつある。”他人のフンドシ(悪人の悪行)で相撲(企業利益を得る)をとる”なんて筋道が見えなくも無い。人の未来を明るく照らすようなビジネスには、断じても思えないわ。見守るテクノロジーの進歩は目覚しいけど、人の狂気の深さ・愚かさはそれをはるかに凌駕しているような、していくような。毎朝家を出て行く子どもの背中に向かって「今日もご無事で」とココロでつぶやくのは、ほんまにやるせないね。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

男やのぉ!静香

いきなりの部長シリーズでしつれいします。

「主任、ちょっと」
「なんですのん部長、普段にもましてやぶから棒に」
「イナバウアーって意味しってるか?」
「そんなもん当然の善ちゃんですやん。足広げて背中まげるアレでっしゃろ」
「おま、ほんまに銭にならんやっちゃのぉ」
「はぁ、、、」
「イナバウアーって、なんぼやっても得点関係無いこと知ってるか?」
「はぁ、、、」
「一銭の得ににもならんことを、それでも全力でやるという心意気のことや」
「部長、、、なんぞ悪いモン食べはりました???」

部長、そして静香、みとってくれよ。俺もやるからな。

運動:通勤往復20km 寒いのは気のせいだ
飲酒:淡麗350ml×2、芋水割り少々、熱燗一合


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/13

今週の予定

DSCN0253


(人気沸騰(各所で)三田のロールケーキ)
月曜日:男気シャツ配布(手渡し)と普通に仕事
火曜日:普通に仕事、そろそろ夜に自転車乗らないとまずい。すでに手遅れっぽいけど。
水曜日:京都でセミナー・ほぼ軟禁
木曜日:サンドバッグ会議、夜に自転車少し乗りたい
金曜日:仕事
土曜日:お彼岸、京都へ墓参りかも
日曜日:自転車に乗る
月曜日:年休取得-小学校卒業式 泣く準備万端
火曜日:学習塾の卒業式-けいはんなロードレースは出ない

日曜日のことだけれども、ローラー家内と「麺・力一杯」でお昼にしました。激戦区の入り口というお店。初めて見るメニュー「力辛ラーメン(800円)」というのを試す。味、見た目は坦々麺でした。美味しいけど自分の評価としては「そこそこ」。京都九条ネギを山盛りにした「ねぎねぎラーメン(840円)」も以前試したけど、やっぱりラーメンはその店その店の「スタンダード」を食べるに限るな。企画モノとか、季節限定モノで”毛穴が開くほどの感動”は少ないな。ほんまは天一へ行きたかったけど、また別の機会に。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/12

週末の活動

DSCN0279


金曜日 雨だったから車で通勤往復20km やはりマッハの速さで
飲酒もマッハ

土曜日 ブログの仲間、クラブチームの仲間と「箕面地ビールを見に行く旅」。ビール工場のまん前が、こじんまりした公園。桜の咲くころまた行きたい。当然公園とビール工場との往復になると思う。思うどころか、確信に近い。途中、公衆トイレもルートに加えると、魔のトライアングル。
運動:往復45km
飲酒:ビール少々+芋水割り所掌+ワインかなり

日曜日 残りのワインとフランスパンをぱくぱく。

「男気シャツを着ての大集会はやらないよ」と書いたけど、頑なにやらないわけじゃないから。いつも言うてますように、”地球規模のわるい連中”が出てきたりしたら、そのときは全員シャツを着用でひとところに集まり、敵に立ち向かう予定。なんとかチョップとかなんとかキックは、現実味が無いからダメ。60着のシャツを配布した60人が出来ることといえば、組体操が有力と思う。60人で人間ピラミッド立てたら、敵をあざむける気がする。その隙に、しかるべき防衛組織がドカン!とやる作戦。ピラミッドの一番上に立ちたい人は、今から練習とかしといたほうがエエよ。

追伸:一番上の人よりも、一番下の人の方が過酷かも。過酷というより残酷かも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

男気、北へ、南へ、東へ、西へ

DSCN0281
業者からのダンボールを開封し、数量チェック、仕分け、エクスパックへの梱包と宛名書き。さらにエクセルシートで作った管理簿で記録。雨の日曜日に好都合の作業でした。一見すると、煩雑な事務作業~仕事のようなカンジ。でも断じて違うのは「楽しくてやっている」こと。逢ったことのある人は、顔が思い浮かぶ。まだ見ぬ人には、どうか無事に郵便届け!と気合を込めて。

このシャツの使用方法:
もちろん人好き好き。普通に着たり、ボロになったらウエスにして自転車磨いたり。シャツの目が細かいから、茶コシにもできるし、サイフォンのフィルターとしても可。首に巻いて防寒、目隠しに使って彼女と妙なプレイとかも。

ネットコミュニティにありがちな、「これを着て、どっかのオフ会で集いましょう」という気持ち、実はあまり考えてないんです。日常の中での偶然の出会い、
パチスロ打ってたら隣で出してる人が、これを着てたとか、
立ち飲み行ったら、隣でクダまいてるおっさんが着てたとか、
風俗いったら、待合室にいた人が着てたとか、
債権を取り立てにいったら、家人がこれを着てたとか、

サイクリングイベントは勿論ですけど、さまざまなシーンで着ていただければ嬉しいと思います。そして街で偶然着てる人を見かけたなら、かならずお互いに「走り・歩み寄って」ガッチリと固い握手を交わして欲しいです。自分もそうありたいと思います。照れくさいけど、決めたぜ。

| | コメント (6) | トラックバック (4)

2006/03/10

「男気シャツ」進捗報告3/10

DSCN0275
出来上がりました。

思いつきから完成まで、どうもお待たせしました。
●まず、賛同(申込み)いただいた内容を、2月10日ブログのコメントでご確認ください。
●郵送ご希望の方は、送付先を記載したメールを hiro_ta920@nifty.com まで送信お願いします。
折り返し、振込み先情報をメールにて返信させていただきます。
●シャツ代金(一枚あたり1,000円)、送料(エクスパック500円)でよろしくお願いします。
●近隣(舞洲でちょいちょいお会いする方、クラブチームの方、通勤でお会いする方、大阪市内ご近所の方)は、送料は不要です。商品も直接手渡しさせていただきとうございます。
●入金確認後、、、なんて悠長な事は言わずに、送付先住所を連絡いただきましたら、先手を打って商品を送付しますんで。(土曜日にエクス封筒を買って用意しよと思います)
●以前にメール等にて精密な住所を連絡いただいた方は、二度手間になりますから、送付先メールは結構です。

●個人情報を保護しますんで、納品終了後は、いただきました住所等のメールは全て破棄することを誓います。

ひとまず以上です。
おおくの”アニキ”へ、どうもありがとう。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2006/03/07

荒川静香に告ぐ

「技を発明した人の名前がイナバウアーさんで、ほんまよかったね。放送できない名前だったらどうすんの!?」

| | コメント (5) | トラックバック (1)

今週のごよてい

ボス、同僚全員出かけてしまった。広いフロアに自分の息遣いとキータッチの音しか無い世界。ノンビリとカタログデザインでも考えよかな。しかし、Macと「イラストレーター」を全く使った事が無い。手書きとパワーポイントだけでやってる自分は、原始人に思える。

火曜日:仕事、夜はちょっとダケ立ち飲み、イナバウアーの練習
水曜日:蒲田(東京)で仕事。夜はちょっとダケ立ち飲み
木曜日:サンドバックになる日・そろそろ夜の舞洲で自転車に乗りたい
金曜日:仕事、夜は家事当番、トリプルアクセルの練習
土曜日:家事当番。隙を見計らって、かなたにさんのブログで見た、箕面地ビールの旅に行きたいけど
日曜日:天気次第で自転車に乗る

| | コメント (5) | トラックバック (0)

AI自転車

AI(人工知能)・・・とうとう自分の通勤自転車にも搭載された模様。
自分のまったく意図しないシーンで、勝手に変速機が作動するのよ。今朝も堂島川に掛かる橋を越えようと、変速機を軽めにしたら、頂上手前で二つも自動的に重くなった。後輪のブレーキも、何か勝手に懸ってるっぽいし。”意志を持つ自転車”のライダーとして、今後は生きていくサダメか。こういう乗り物との出会い、、、これは近いうちに、地球規模の悪いやつらとの戦いに借り出される予感と相場が決まってる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おやじの汁

DSCN0257


鳥取県・境港市に告ぐ。「観光集客の熱心サ、商品のネーミングにかける情熱、しかと受け止めた。でも、極めて不味そうやね」。

実家の夜、お客さん達がカニ祭りを満喫しておられる間、表に出て夜の空気をすうてみた。段々近くの物が見えにくくなって憂鬱だけれど、空にまたたく星はとてもよく見える。大阪だと、オリオン座の輪郭しか分からないけど、ここでは、オマケの星までよく見えた。どっちか言うと、星が見えすぎて正座が判別しにくい。このあたり、山陰の海岸は非常に入り組んで複雑な地形をしてる。いたるところに「密漁、密入国に注意」の看板があって、こんな夜はことさら何か起こりそうな気配プンプン。おっとり星座を眺めてたら、後ろから羽交い絞めにでもされて、”さるぐつわ”とかされたり。当分家族にも会えないし、自転車にも乗れなくて、知らない場所で知らない国の言葉なんか教育されるのかな。休日には国をあげてのマスゲームの練習とかしたり。男だから、”喜び組”には到底加入できない。”喜ばされ組”とかあったら、そっちで。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

AED

医者に言って、毎度の痛風治療薬をもろてきました。待合室の壁面に見慣れない装置が。”AED"と書いてあります。てっぺんに赤いパトライトまで付いてます。初めてみましたが、こういう装置が学校や職場、公共の場所で沢山見ることができるようになれば、「助かるもんも助からん」ということが減るのでしょうかね。
でも、咄嗟の場合に、倒れてピクピクしている人を目の前にしたら、自分では使う勇気沸きませんわ。

ひっさしぶりに自転車通勤できた今朝。東京に春一番が吹いたと、昨日のニュースで言うてた。大阪も近いうちにくるかな。追い風でも向かい風でも何でもええから、はよ春を連れてきてくれ。頼みまくるから。
猛烈にキャンディーズが聞きたい本日。

運動:一駅分往復30分歩いた。デューク更家になりきって。
飲酒:熱燗一合+淡麗350ml+地ビール少々


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/06

パペットマペット

DSCN0272


「犬くん犬くん、憂鬱な一週間が始まったねぇ」
「口あけてれば、すぐに土曜日くるさ、鳥くん、ハハハハ・・・・」
「能天気でイイねぇ犬くんは」
「そういう鳥くんの口、赤すぎない?」
「ああ、カニの食べすぎ」
「鳥くん、それって 血ですか、、、」


| | コメント (4) | トラックバック (0)

まだまだカニ地獄

夜もカニ。

DSCN0269


DSCN0270


もう全身「カニ臭」。車の中も「カニ臭」が充満してた。
写真のようにカニの足先で中身を押し出すと、スッポリ綺麗に身が押し出されてきます。道具を使うと、身がモロモロになって出てくるので。

DSCN0271


山田錦でカニを流し込む作業。すっきり辛口・淡麗の酒も、「カニ臭」の前ではお手上げ。

今日は絶対の絶対にカレーを食べることに決めたから。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

さらにカニ地獄

昼ごはんも、カニ。

DSCN0264


DSCN0268


ただし、、、水ガニ。もうこの頃になるとかなり辛い。ああ、ラーメンが食べたい、餃子が食べたい、チャーハンが食べたい、、。この大きさで一枚700円でお釣りがある。さすが水ガニ。油断して茹ですぎると、中身が無くなってしまう恐ろしさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カニ地獄

朝ごはんも、カニ。

DSCN0260


DSCN0263


| | コメント (0) | トラックバック (0)

カニ祭り

DSCN0235
浜で仕入れた連中5名様。彼らはVIPなんで、「松葉」と書いた腕章をはめておられます。写真は無いけど、このほかに「赤松葉(通称・水ガニ)」3名様。見た目はほとんど同じだけど、値段はVIP連中の8分の1。味噌がほとんど入ってないし、身がゆるいのでうまく焚かないと、スカスカになってしまうサダメ。

DSCN0236


VIPはやっぱり、顔立ちが違うぜ!リリシイな。


DSCN0237


いつもどおり、長旅の疲れをお風呂で癒していただく。直径50センチの風呂に二名づつ入浴。

DSCN0238

湯加減がエエのか、VIPの顔もほころんでる。旦那、ちょっと顔赤いんとちゃいます?

DSCN0240

風呂上りのVIP。なお、生のカニは味噌が流れ出してしまうから、かならず裏向けて置く事。お風呂あがりだと、もう大丈夫。

DSCN0243

いきなりVIPの解剖。健康そのものですね。

DSCN0246

さらにVIPの爪、異常なし!


DSCN0249

赤松葉さんの腕。VIPと同じにみえますけど、弾力が全然違います。やはり育ちの差は歴然。低い水温と激しい潮の流れに耐えたVIP、さすがといわざるをえません。入浴時間ですけど、VIPは20分。赤松葉さんはたったの5分。カラスの行水状態。しかも赤松葉さんはそれだけでは塩辛くて食べられないので、もういっかいお風呂に入っていただく。

前日の天候がわるくて、操業した船が少ない。だからこの日のカニの値段はちょっとキツ目。実は、浜で買っても、驚くほどは安くならないのです。とても危険で辛い仕事だしね、カニ漁。

運動:なし
飲酒:サッポロ黒生350ml×2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タイヤチェーン、水仙、ところてん

3日の夜、実家に向けて移動開始。最後の寒波(だといいけど)の中、米子道で大山を越える。湯原温泉ICからいきなり「冬タイヤ規制」。スタッドレスをはめてない我が家は、当然チェーンを付けないといけない命令発動。新しいチェーンは、鎖の粒が小さいので謳い文句通り、振動が少なめ。装着もジャッキアップ無しでいけたので、技術の進歩に感心した次第。ところが、走れど走れど路面がドライで嫌になる。脱着場に居たおっさんに路面状況を確認したのだけど、上(道路公団?)から言われてるだけで、ほんとうに凍結してるのかどうかなんて全然知らない様子でした。外すときが難しい。横着せずにジャッキアップすればよかったかな。ちょっと手を切ってしまったり、サスペンションに絡まってしまい青くなったり。

土曜日の天気は素晴らしく快晴。家の前も波穏やか。
DSCN0230
お袋といっしょに水仙の苗を植えるローラー小娘。冬の寒さが厳しかったから、早く沢山の花、見たいね。

DSCN0228


DSCN0229
おやつはトコロテン。近所の漁師さんがくれた大量の天ぐさで作ったもの。地元ではごはんのおかずにするらしい。自分もそうだったけど、子どもはトコロテンを「突く」のが楽しいみたい。ツツの先の網からウネウネ出るのは気持ちエエね。

夜はローラー家内の友人を大阪からお招きして、「カニ祭り」。

この週末の運動:枝うち30分、鍬でウネづくり1時間、カニ調理で握力鍛える
この週末の飲酒:サッポロ黒生350ml×5 (いやに少ない)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/03/03

IT化の波

(今週の”ローラー男をサンドバックにする会議”も無事終わった。新しい企画もちょっと目鼻ついたかな。)
部長シリーズが忙しくて、しばらくU村のおばはんの事を忘れてた。ゴメンおばはん。ひっさしぶり(でもないけど)U村のサイトを覗いてびっくりこいた。「緊急告知!~U村インターネット店が完全リニューアル!★サーバー移行作業の為~」だと。ちょこざいな!ちょこざい過ぎるゼU村!深読みするまでもなく「儲かりまくってるんで、システムを大幅に増強します」ということやろね。店舗リニューアルする以前の、あの混沌・鬱蒼としてた小さなショップにも、ついに大IT化に向けて動き出したというとこかな。U村のおばはんが、「日経××」誌とか「プレジデント」誌とかに出る日も、そう遠くない気がする。

DSCN0223


| | コメント (2) | トラックバック (1)

タイヤチェーン

41977
今更、そう「いまさらチェーン買いました」。奈良では春の扉を開ける行事”お水取り”も始まったというのに。週末に米子道を使って大山を越える用事があるのだけど、今シーズン最後と思われる寒波が来てる模様。使わない公算が大きいし、つこたとしてもせいぜい10km前後の距離だと思う。保険だと思ってお金を払ったけど、15,000円は痛かった。でも、買えただけマシ。ここに至るまで、都合5件の専門店を探したし、コーナンなんかだとチェーンコーナーの跡形も無かったし。
昨年まではスキーや帰省でバンバンとチェーンを巻いて、その手際のよさは自他共に認める”チェーン職人”の域。脱着場でモタモタしている連中がいたら、余計に燃えたり。自分がぐるんぐるんジャッキアップすると、横からローラー家内がササッとチェーンを巻いていくという手筈。最高タイムは左右あわせて60秒ジャスト。F1並みかそれ以上のピットワークにシビレタ。よかったら、マクラーレンかフェラーリで二人ともやとてくれへんかな。

運動:通勤片道10km
飲酒:淡麗500ml+芋お湯割り×1+熱燗一合

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/03/02

ブログのモラル?

「しずかちゃん」の事を書いたのだけど、実はフィギア女子にからめて部長シリーズもその後に炸裂させたのです。でもね、オリンピックでがんばった人のことをイジルのはどうか?と思いまして、削除しました。楽しみにしてくれた人、ゴメン。ブログだからといって、何を書いてもエエの?という葛藤が自身に珍しく沸いたりしたのです。もっとおもろいネタ考えますんで、こんなブログでよかったら、今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

リーバイス

ずるいぞ「リーバイスのTV-CM」。今ぼんやり見てたらジミヘンドリクスの映像使ことるね。しかも背中でギター弾いてる画像やし。40歳以降の顧客獲得かね?そうかね?Gパン買ったらもれなくジミヘンのCD付けなさい。ついでにジミヘンのギターピック付けなさい。お願いします。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

しずかちゃん

昨日の晩、TV各局に”生・荒川静香”出まくりやったねぇ。金メダルを取ったというのに、インタビューの受け答えには、浮き足立ったとこが全然無くて、落ち着きが凄いわ。ほんまに立派なアスリートだと感じたな。銀盤で舞う表情も素敵やけど、首が長いから和服も似合いそう。自分が大金持ちやったら、新地か銀座で店一軒まかせたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

天下一品京橋店

昼飯は、「チャーハン定食・こってりネギ多め」にしました。スープを全て飲む予定だったので、ラーメンだれは入れませんでしたし。後から隣に座ったガテン系のおにいさんは「ラーメン定食・こってり、、、」、続く言葉が「ネギ抜きで」。好き嫌いなんか絶対無さそうな顔してて「ネギ抜き」とは、なんとも可愛いなげかわしい。「そのネギわしに回してくれ」とも言えず、ネギの浮いてないこってりラーメンを横目で見みつつ。

昼休みに、王滝村のMTB大会参加申込サイトを見ましたら、9月の100kmクラスが「締め切りました」と書いてある。凄い。募集開始からたった1日で。

運動:ひみつの上下運動60回
飲酒:今年初めて、一滴も呑まず 今夜の反動が怖いけれど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/01

伝書鳩

知人のブログコメントをぼんやり見てのこと。伝書鳩の通信規格は

IEEE.802.11zooでおおてますか?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

鯨飲してないのに

一人で立ち呑み屋を二件はしごしたら、見事に二日酔いになりました。もっと丈夫な内臓と足腰が欲しいところです。こんな日にカギって、午前中はリミットギリギリの仕事が舞い込み、ほんまに辛かったです。山下洋輔さんがゲロりながら「チェニジアの夜」を弾いてたのをフト思い出しましたよ。

胃の中では、昼食にたべたトマトジュースとサンドイッチがイサカイを始めています。

トマトジュース「おうおうおう、誰に断ってここに入ってきた!?」
サンドイッチ「知らん知らん、そんなもん知らん ちゅうねん!」
トマトジュース「うっとしぃやっちゃのう、表出ろ!」
サンドイッチ「おう上等じゃタコぉ!表できっちりカタはめたる!」

頼む、出てこんといてくれ。

運動:ちどり足2km
飲酒:生中×2、芋ロック×4、熱燗一合(ここまでしか記憶に無い)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »