« 泥の河 | トップページ | ロックとソースのコラボレイション »

2006/02/20

551のあるとき

DSCN0168


これは”肉まん”ではない。断固「豚マン」。TVでも”551のあるとき~/ないとき~・・・”とかいう、家族団らんのシチュエーションのCMが食欲をそそる。一作ラーメン食って胃袋がちょっと不調だったにも係わらず、その日の晩飯にローラー家内がこおてきてくれた代物。食わざるをえん、、、というか、551はまさに「べつばら」。熱い男は、これの6個を一気行くと聞いた。この辺の違いが、自分の弱さかも。

DSCN0170


DSCN0171

餃子、シュウマイはぶたまんの脇役ですけど、それでも点心としてのクオリティ・パフォーマンスはハイレベル。眠っていた「551魂」とか「ぶたまんのパッション」を呼び覚まされた思いがした。今日も元気だしていこう。

|

« 泥の河 | トップページ | ロックとソースのコラボレイション »

コメント

関西で豚まんいうたら、蓬莱の豚まんやね。
ケンタのフライドチキン同様しばらく食べないと禁断症状が出ます。

投稿: へたれチャリダー | 2006/02/20 18:36

前の会社で大阪に出張に行ったときに、箕面出身の上司に、なんばにある551のお店(レストラン)に連れて行ってもらったことがあります。
まだ、大阪球場があった頃です。

昼飯時だったのでメチャクチャ混んでました。

投稿: おおみ | 2006/02/21 08:28

途中で送信してしまいました・・・

メチャクチャ混んでいたので、「ぶたまんのパッション」みたいなのは感じましたです!
(上司の「551魂」も感じました!)

投稿: おおみ | 2006/02/21 08:32

●へたれチャリダーさん、ケンタは衣のパキパキ感が脳に染込んでますわ、私は。
食べたいな。
●おおみさん、なんばは551蓬莱の聖地ですからね。実は一度もいったことないんですよ。近所なのに。

投稿: ロ・おとこ | 2006/02/21 15:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58314/8750913

この記事へのトラックバック一覧です: 551のあるとき:

« 泥の河 | トップページ | ロックとソースのコラボレイション »