« キャシャーン | トップページ | Tシャツ、舞洲 »

2006/02/07

ガッチャマン

Gat01


多分今夜、動画で見る予定。今見てもごっつ精悍な顔つきやね。地球規模の活動をするヒーローは、このくらい気難しい連中じゃないと務まらんのかな。ちょっと前までガッチャマンの対極にあるヒーローとして「パーマン」の事を考えてた。片や地球や人類の将来のことまで考えて仕事してたのに対して、もう一組の連中ときたら、猿やったり大食いやったり、小学生やったりと、メンバー構成に相当無理がある。しかし、それぞれが駆使する”テクノロジー”という部分では、決して甲乙つけがたい。一見「火の鳥」とか豪華・派手が先に立つあまり、その必要性を問われた事が無いと思う。一方で妙なヘルメットと風呂敷だけで、大概の案件を片付けてしまう連中の方が、実は何事も効率化して簡素に事を運ぼうとしたに違いない。

2005年下期の仕事も頂上が近い。明日新規ビジネス検討会という名目の飲み会あるんで、いっぺん言うてみよかと思てます。

「あの~部長、すんません。ちょっと聞きたいことあるんですけど」
「なんや?やぶからぼうに」
「うすうす気ぃついてたんですけど、部長の正体ってパーマンちゃいます?」
「お前!、、、見てたんか、、、」
「うわっ、すんません!課長とかには黙っときますし!」
「次の新規商談やけどな、もう崖っぷちやから Pバッヂでも使わんとあかんと思てたとこや」
「口にくわえて潜りますのん?」
「あほ。Pバッヂの通信プロトコルを応用して、新しい無線LANで行くという算段や」
「えッぐゥ~!」

|

« キャシャーン | トップページ | Tシャツ、舞洲 »

コメント

キャシャーン先週見たところです。第9話戦火に響け協奏曲って話です。あの細い腕でゴリラみたいなロボットを殴り、腕が突き抜けるところがたまらなく爽快です。
科学忍法火の鳥は、中のパイロットが熱くないか心配でした。
ガッチャマンレンタルしましたが、子供らは見ませんでした。妖怪人間ベムは二人ともテレビにかじりついて見ております。

投稿: horizon999 | 2006/02/07 16:33

キャシャーンにガッチャマン、大好きでした。
あと、ぜろてスターも好きでしたが、主題歌・ストーリー・キャラクター全て忘れてしまいました。ジェット機?に乗っていたことだけ覚えています。
恐竜王子?てゆうのもありましたっけ。

投稿: みーこ | 2006/02/07 19:06

●horizon999さん、昨夜も妖怪人間のことを考えてたんですが、オープンニグテーマの部分で、液体がどろどろと机の上を這うシーン、凄い怖いですよね。
●みーこさん、当時のヒーローは自身でも飛べるのに、なぜかジェット機を使うシーンが多かった記憶があります。
ヒーローって横着モンが多いのかしら???

投稿: ロ・おとこ | 2006/02/08 10:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58314/8548744

この記事へのトラックバック一覧です: ガッチャマン:

« キャシャーン | トップページ | Tシャツ、舞洲 »