« 餌をやるな | トップページ | 凄いぜU村 »

2006/01/19

オトンでは泣けません

DSCN0078
先日読み終わった「流星ワゴン」は、とうとう最後まで泣けず。以前も書いたけど、自分は父親との思い出がかなり希薄なまま終わったので、この本のように親父と息子の繋がりについて書いたものに、同意する気持ちが沸いて来ない。今現在も進行形であるローラー小娘へのいわゆる「子育て」も、だから手本・トラウマとか無くて”手探り”。適切なボケ方、すべった時のリカバリー、おちょくられた時の返しなど、それらをセッセと積み重ねていくしか無いな。

それではと「東京タワー」で泣く事にした。今度のは”オカンもの”だし、随筆っぽいのでもう少しリアルかなと楽しみ。しっかしハードカバーを買ったのは一生の不覚。持ち運びに不便、片手で読めない、読み終わったら、捨てるにシノビナイ。

|

« 餌をやるな | トップページ | 凄いぜU村 »

コメント

同感です。私も父との心のつながりは希薄でした。威張りすぎっていうか昭和一桁はあんなものでしょう。比べて今、自分の娘達に対しては気持をストレートに伝えてます。怒るけど威張らず、正直に、そして出来るだけ一緒に居る時間を長く。娘達が子供でいる期間は、あとわずか(数年)だからです。あっという間に成人式です。

投稿: horizon999 | 2006/01/19 13:57

●horizon999さん、
いつも長女さんとのスノボ、楽しそう!
>あっという間に成人式です。
ほんまですね。
まさに「マッハの速さ」だと思います。

投稿: ロ・おとこ | 2006/01/19 14:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58314/8232125

この記事へのトラックバック一覧です: オトンでは泣けません:

« 餌をやるな | トップページ | 凄いぜU村 »