« スタンド買った | トップページ | 奥の細道 »

2005/11/04

俺はキカイダー

昨日の祝日に”沖縄直前練習”に行って、現実を直視してがっくりうなだれた諸君、こんにちは。心配しなくてエエよ。ここにもココロ強い仲間が一人おるから。家事労働は夕方にシフトしてもろて、9時スタート。猪名川沿いに一庫ダムまで行く。基本的には盆と正月しか心拍計をつけない事にしてるが、この日は特別や。「沖縄前の模擬テスト」と位置づけた大事な日でもあったからな。”とある心拍”を維持しながらダムまで着いたけど、相当に辛い。調子のエエ時は、頭の中を榊原郁恵の「夏のお嬢さん」が延々鳴り響いてるのに、なぜか鳥羽一郎の「兄弟船」ばかり出てくる。ダム沿いも辛さに耐えた。この辛い辛い区間の次に待ち構えるのが、”擬似・奥の登り”とした名月峠。平清盛の側室になることを拒んで自殺した名月姫の悲しい峠らしいけど、今は姫にかもてる暇は無い。亡霊でもええので、背中押してくれ頼むの心境でクリアした。手ごたえとしては、「絶対・奥で・切れる」な。それも「奥手前で切れる」確率は相当高い。自宅からここまでで、まだ40キロそこそこしか走ってないのに、ハムストが既に痛くなりつつあった。今シーズンの傾向として、いつも心拍より先に足がダメになってる。こっから猪名川変電所まではちょっとだけ雨に降られたけど、気にしてる場合やない。変わらず我慢のペダリングを続ける。猪名川道の駅前のコンビニで補給。ただし、ノンストップを擬似するために、カップラーメンを1分で食ったわ。本当は走りながら食いたかったけど、出来上がるまでの3分間、ラーメンと箸を持ってペダリングし続ける技術を、まだ習得できないでいる。プロは走りながらピアノが弾けると本で読んだ。走りながらピアノ弾くより、走りながらピアノ運ぶほうが凄いと思うけど。
道の駅から宝塚生瀬を目指す道は、”擬似・高江のアップダウン”。しかし、1分で食ったラーメンなんか、全然エネルギーに変換されない。「胃袋は満たされているのにハンガーノック寸前」という怪奇現象を引きずったままで、この日最高に辛かった。ここでの秘策は”関西シクロクロス(先日のリッツでも採用されてた)のスタート直前の曲”を頭の中で流すこと。シクロクロスの時は、自分にとっての”ギルの笛”になり、不完全な良心回路を激しく刺激するのだが、逆に男気も出てくる。足は相変わらず痛いままで、国道43号も我慢。ちょうど100kmで阿部は28.8km/hと出た。

本番より20km少ない。しかも源河を擬似するの忘れた。今年も源河の脚きり場で飲むシークワァーサージュースが楽しみだ。

|

« スタンド買った | トップページ | 奥の細道 »

コメント

調子いいとき夏のお嬢さん、調子が悪いとき兄弟舟。笑い転げて部屋でひんしゅく買ってしまったじゃないですか。

僕は調子がいいときは最近はもすかう。
調子が悪いときはマイアヒです。しかもめちゃスローなマイアヒ。マーーーイヤーーヒーーーーーー。

投稿: じゃいあん | 2005/11/04 11:01

あっしの場合
 ・流している時:あの鐘を鳴らすのはあなた
 ・山登ってる時:無音or死ね死ね団
 ・テンポよく走っている時:ジンギスカン
っす。
 
 

投稿: パチョレック | 2005/11/04 12:18

連投ですが・・・
アニキ、練習終了ですか?
土曜日行かれるなら最後にもういっちょどうですか?

投稿: パチョレック | 2005/11/04 12:20

>「夏のお嬢さん」「兄弟舟」
うますぎですw
ケイデンス3倍ぐらい違いそうですね。

投稿: ひろ | 2005/11/04 15:37

●各位、個別にお返事かけなくてすみません。週末のライフそのものが「兄弟船」で
で沈んでおりました。

投稿: ロ・おとこ | 2005/11/07 09:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58314/6889045

この記事へのトラックバック一覧です: 俺はキカイダー:

» xzanimal reasons to date a cheerleader xzdaddaughter extrem [indian porn 27/11]
Hi [続きを読む]

受信: 2005/11/27 20:09

» Oxycontin no prescription. [Georgia oxycontin lawyers.]
Oxycontin. Oxycontin cost. Buying oxycontin. [続きを読む]

受信: 2007/07/11 21:07

« スタンド買った | トップページ | 奥の細道 »