« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/30

みんなお金が必要か

今日はド偉いさっぶいなぁ。こんなさっぶい日に、仕事でおもてに行ってきた。簡単に言うと企業や大学の研究に、関係府省が助成金出してくれるありがたい制度の説明会。ぎょうさんの人が熱心に話しを聞きに来てた。一目見て「大学・研究機関」の人が、とりわけ腰据えて聞いてた。自分なんかは10回以上、意識が遠のいたけどな。ナノテクとか自然保護関係に顕著な効果が期待できる研究は、わりかしスンナリ金を貸してくれそう。こういう場になると、全くといってエエ程自分の仕事に関係ない話が「オモロイ」のはナゼ?今回は”石油に代わるすんばらしいエネルギー考えたら、お徳でっせ」という話題が興味深い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/29

地獄のキャンペーン

U村のおばはん、とうとう一発目をかましよった。?「ローラー台試乗キャンペーン」をやるらしい。写真のような現場で、三本ローラーを試す度胸のあるやつ、国内に一人おるかおらんかやろな。2万そこそこの三本ローラー買いにいって、一千万近い金額を支払うハメになる筈。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近所の沖縄

TD沖縄120kmを完走されたtb1さんの日記に、三線の事が書いてあった。音色が何となく切ないような、南国っぽいような。以前から少し興味があるのだけど、これ以上趣味を(というか、弾かない楽器を)増やすのもマズイやろと、自分に蓋をしてたわけ。ところが隣接する大正区が、実は沖縄だらけ。24時間365日が”沖縄物産フェア状態”。小さい三線屋とか三線教室もあったりする。頼めば、そこらのソーキソバ屋のおっさんが、軽く弾いてくれたり。ああ、買ってしまうんちゃうか。気を確かにしてくれ、俺。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

フレーム

自転車関連の物欲は、年々減退しつつある。いわゆるショップや雑誌の情報から「呪いがとけた」状態やね。豚の貯金箱がそろそろ一杯になりそうなんで、ドロドロボコボコの現行フレームに引退してもらって、年明けには新しいフレームだけ新調しようかな、そんなトコ。ところが、そのフレーム、値段の手ごろさもあって爆発的なオーダーを抱え、デリバリに”ニッチもサッチ”も行かんらしい。自分の希望していたサイズ・色のモデルも、9分9厘無理っぽいと言われた。まぁ無理に買う必要も無かろうと、店に積んであったカタログを何気なくパラパラ見た。偉いモン、みてしまった。全身を稲妻が駆け抜けた気分。こんなカッチョええフレームが、あったんか!?しかも「シクロクロス」や。この燃え上がる炎、消化するには買うしか道は無いのか?

自転車:通勤往復+しかも淀川河川敷のダートで荒ぶるココロを持て余す 30km

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/11/28

今週の予定

月曜日:舞洲でシクロ練、あるいはランニング
火曜日:月曜と同じ
水曜日:家事、メニューはモダン焼きの予定
木曜日:月曜と同じ
金曜日:家事、メニュー未定
土曜日:なんか天気悪そう。だけど、少しでも乗ってみようか
日曜日:関西シクロのつもりだけど、マイアミランドって野洲より遠い気がする。不参加の可能性大

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/27

堕落が止まらんよ

金曜日は辛うじて自転車通勤したけど、土曜、日曜の暮らしぶりはほんまに酷かった。一応朝練の用意をして寝た(ナイトスクープもキラキラアフロも見ないで)。目ェ覚めたら10時過ぎ。しかも家族全員が。「ORZ」というとこですわ。昼飯食って用事を済ませたらもう夕方。自分の知らんまに、地球の自転の速度が上がっているに違いない。一日の経過が早すぎる。で、夕方から仲間との呑みがあって、またまた薄れ行く意識の中、フラフラと天下一品・野田阪神店に入り、”こってり並”をすする。

当然日曜日の朝は、30t以上ある布団を跳ね除ける事が出来なかった。おまけに胃袋の中の天下一品が渋滞中。キャベジンと水をガボガボ飲んで、渋滞解消に努めた。情けないぞ、わし。TD沖縄までは「呑むなら乗れ」旋風を巻き起こそうとした情熱は、いったいどこへ行ったんや!?今はただただ「呑むなら呑め」に成り下がってる。気力を振り絞って昼飯にカレーうどんを作って食べた。ウコンの力を信じてと、危うくウンコといいたくなる衝動をグッと我慢しながら。

今頃滋賀県野洲川のほとりでは、イタリアから来てる、元世界チャンピョンが華麗なシクロクロステクニックを発揮して、レースを盛り上げてるんやろなぁと思いつつ、TVでサスペンスの再放送を二本見た。気が付けば、昨夜からパジャマ姿ではないか、、、。明日から、”2006年モデルのローラー男”を創るつもり。体重計には恐ろしくて乗れん。このままでは角界入り目前。

自転車:パンク修理と掃除をした。 新弟子検査合格を夢見て

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/25

立ち呑み屋で座り呑み

全くの偶然ですけど。先日、大阪梅田界隈で開催しました39×18懇親会・会場のホームページアドレスを見ました。「http://www.akagakiya.com/tenpo-tonume.html」。
”赤垣屋”の支店だったとは、、、。薄れ行く意識の中で「なんやこの店の豚串、どっかで見たことあんなぁ、、、」とおもてたんですわ。
二件目に赤垣屋の立ち呑み行ってたら、メニューが完璧にかぶるとこだった。危ない危ない。

自転車:通勤往復20km 師走を思わせるペダリングで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の予定

もう金曜日か、月日のたつのは早いな。
土曜日:シルベストの朝練にシクロタイヤで行くか?帰りは林道方面から下ると楽しいかな。
日曜日:関西クロスDNSの無念をどうやって晴らそうか、、、。

いずれにしても、自分の今使っている掛け布団の重さは10トン前後あるんで、目が覚めたとしてもそこから抜け出すのは、相当の苦労がいる。寒くて布団から出られない、その辺の屁たれとは違うということを、一応ここで書いとく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/24

ケータイの未来は神田にあり

ケータイの未来について考えるのも飽きたので、JRに乗ってとっとと神田に移動。東方面の自転車仲間と宴会のため。出張に行くと言えば、わざわざ宴を催してくれるなんて、おっさん冥利に尽きるわ。ついでに言うと、自転車で結ばれた縁は強固、そして永遠なれ。大阪でも宴、東京でも宴。なるほど、流行の歌手やタレントが「全国ドームツアー」をやりたがる訳が、ようやく判ったわ。自分も札幌を皮切りに、4大ドームツアー宴をいつかやりたい。5万人近い人間が一斉にカンパイの音頭で中ジョッキをぶつけ合う姿を想像すると、ドキドキしてくる。終了間際になって、お会計のおねいちゃんが「ありがとうございます!お会計のほう、3億2千6百万、9千35円になります~」と言い出したら、5万人であわててワリカンせなあかんのか。夜が明けてしまいそうや。

集合時間に間があったんで、神田をウロウロしたら立ち飲み屋を見つけた。いっつも行ってる野田阪神の赤垣屋とは随分赴きが違う。おっさん度がやや低い。ガテン系の客が皆無。こっちでは立ち飲み屋のことを「スタンドバー」と言うらしい。入店が18時前。ところが、「18時までにドリンク注文したら全品半額」と書いてある!これはイカン!急がねば!渾身の力を込めて、生中一発行った。続いて日本酒熱燗1合行った。余力があまり無いが、焼酎お湯割りも行った。時間に追われて呑むのは辛いぞ。体内のあらゆる臓器をフル稼働して「全品半額」に対抗したが、とても勝ち目は無い。

危うく仲間との飲み会を忘れそうになり、危ない危ない。

その後の宴の様子は、省略。たのしさにキリは無いけど、最終の新幹線が出てしまう。最終のホームで泣く女をもう随分見たことが無い。もっと呑みたくて泣く親父、危うく自分がその立場。シンデレラだっておっさんだって、魔法が解けるのはとても悲しいのよ。楽しい時間って、本当に”マッハの速さ”で過ぎ去っていく。

宴のみんな、おおきに。


| | コメント (4) | トラックバック (1)

ケータイの未来

DSCN1150

写真は、舞洲の岸壁から神戸三宮を見たとこ。島は人口だけど、景色は自然。いつまでも綺麗な夕日見せてくれ、頼む(誰に頼めばええのか判らんけどな)。

火曜日は、東京出張。「WILLCOM FORUM 2005」というセミナーに行った。新築して間が無い東京プリンスの、一番でっかい宴会場に置かれた椅子を数えたら、2000個以上あった。立ち見の人もおったので、凄い集客力やね。ビジネスソリューション目当ての客が半分で、残りは新型端末目当てという感じ。今でも仕事はドコモとか使うけど、自腹を切って細々とではあるけどウィルコム(旧DDIポケット)を6,7年使い続けてる。新しい端末は、デザイン、使い勝手、カメラ、ブラウザなんかの部分に、まったく文句のつけようが無い。通話品質は相変わらず素晴らしいな。ホンダのカーナビがWillcomと連携してるのを始めて知った。よそのカーナビより三歩くらい進んでるのに驚いた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近況その2

DSCN1154
月曜の夜は、仕立てたシクロ車で今シーズン初の舞洲練。舞洲のいたるところに、実はシクロに適したダートが散見されます。当然真っ暗闇に近いので、相当な注意が必要。「鳥目(とりめ)」の人はやめたほうが無難でしょう。今週末、滋賀県野洲で関西シクロ第2戦があって、2000円のお布施も払った。しかし、「沖縄でハメを外した」疑惑が未だに晴れないので、不参加の予定濃厚。そうは言っても、シクロのレースだけが冬の楽しみではない。ラーメンと鍋、コンロ背負って近所のお山へシクロクロスで散歩に行くのもまたよし。猿どもに食料を奪われる恐れがあるけれど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

近況

DSCN1155
先週末は大阪梅田近辺で”39×18決起集会”をやりました。店に予約を入れた時、「株式会社ローラー興業で6名」と名乗ったが、特に怪訝な表情(電話の声から推測)もされなかったので、世間にもだいぶ認知されてるようです。でも、今後も”自転車を愛する者の集まり”であることには方針変わりなし。凄く楽しい夜だったけど、二件目途中からの記憶が曖昧。せっかくの楽しい時間を忘却してしまっては、勿体無い事この上ない。次回は場所を京都や神戸に移して、是非やるつもり。宴会の楽しい記憶を刻むため、俺の脳みその海馬、しっかりしてくれよ。

当然日曜日は「原因不明の頭痛と吐き気」で、午前中をつぶした。昼からローラー家内とラーメン屋探訪の旅。大阪市西区にある「五味八珍」。強烈に太くて縮れてる麺と、物凄い魚系のスープにメロメロ。店内も非常に清潔で、店員は二人きりだけども、無駄な動きが無くて、非常に好感の持てる店。大阪市内で一番スキな”醤油ラーメン”の店です。

U村でシクロパーツの準備。おばはんのエビス顔が、加速しておる。シクロ用のタイヤがえげつない値段で放出されてた。以前の日記に「割安感が減った」と書いたけど、なんのなんの。混沌の中から探し出す楽しみは減ったけど、やっぱり行かずにはおれん店。おばはんゴメン。

写真は、勤労感謝の日の夕方。洛陽は寂しいな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/11/22

CD買った

DSCN1136


昔の曲は、やっぱりかっちょええ。

自転車:通勤往復+舞洲シクロ練 1時間 一年ぶりの「飛び乗り」で股間を打った。いつものこと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/17

39×18決起集会やるぜ

いつかこんな日がくるといいなとおもてました。
用事があって今回参加できない方も、第2、第3とやりますので、よろしくお願いします。

土曜日、17:30 梅田阪神デパート地下1F マクド前集合
お店はこれから探してみますけど、ええとこあったら是非ご提案ください。
思いつかんときは、「百番」とかに突入するつもりです。

参加ご希望のかたは、お返事ください。

ああ、書いてしまった、うふふ。

お知らせ
お店予約しました。

焼きとん横丁 梅田店
呑み放題付き 4000円のコース、
”株式会社ローラー興業 6名”で18:00~予約しました。


| | コメント (15) | トラックバック (1)

サイクルモード危ないわ

”沖縄で遊び呆けてた”と家族に思われてます。「それは違う!お父ちゃんは自転車レースをしに行ってたのだ!」と言っても信じてもらえません。今週末に行われるサイクルモードも、「輪界ビジネスの動向調査に行く」といいそびれてます。流石に二週連続でハメを外すのは、厳しそうです。危うし!

自転車:通勤往復16km 帰り道、後輪パンクしました。家族の呪いは怖いよ。

通勤自転車を、シクロクロス用に衣替えしました。沖縄終了直後から腰痛がひどくなり、夜中に痛みで目が覚めます。こんな体では、とても「担ぐ」事など出来ません。野洲川のレースは是非参加したいのですけど、厳しそうです。危うし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/16

家に着くまでがツールド沖縄

今日は用事があって、午後半休中。泡盛呑みながら書いてるんで、仕事中の人すまん。)

DSCN1095


今回の旅仲間で唯一完走を果たした、パチョレック君が一足先に宿を去った。80km初参加で入賞に限りなく近い成績という驚愕の足跡を残した。近い将来、自転車界にその名を残すような活躍をしても、今回の旅のことはどうか忘れんといてくれ。いろいろ迷惑かけたけど、いやでなかったらまた一緒に行ってくれ、たのむ。

ふがいないエンジンを運んでくれたフレームを、宿で梱包し那覇に向かった。たびたび仕事で沖縄を訪れている仲間に案内された食堂で昼飯。地元のおっさん、おばはんしか利用しない店っぽくて、「安いし、美味いし」。
DSCN1112
このころになって、ようやく沖縄らしい日差しになってきた。自分の思い通りに事が運ばんのもまた一つの「旅」やしな。”ツールド”って冠が付くのは、実は一年がかりでたどり着く、長い長い旅かもしれんな。ビートルズの曲にもあったやろ、The Long and Winding Road。歌詞をみたら、誰でも名護のゴールにたどり着きたくなるぞ。


| | コメント (7) | トラックバック (0)

フンガー湖

アニメの”怪物くん”が連れ歩いてたフランケンのセリフって、たしか「フンガー フンガー」やったような記憶がある。彼は名護出身か?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年も行きたいかもしれん

DSCN1104
翌日の「万座毛」は素晴らしく美しかった。

終わった直後は、主催者のミスを責めたい気持ちが少なからず沸き起こった。けれど、3割の人間はちゃんと完走してる。簡単な話や。その人たちは「エンジン、男気フンガー、感謝」を自分なんかより沢山持ってレースに臨んだまで。

昨年も一番印象に残ったことやけど、自転車を搬送してくれたトラックの運ちゃん。感謝してもしきれんなぁ。普段は多分仕事に全然縁の無い競技用の自転車運搬。事前に「高いモンやから丁寧に扱うように」といわれてるかどうか判らんけど、ともかく積み下ろしを見てると、とてもココロを込めておられる。回収バスの運ちゃんも、切られて首うなだれる無粋な選手を、一人一人運んでくれてる。自転車を受け取る時、バスを降りる時、一言礼を言ってもバチは当たらんやろ。この人らが手伝ってくれる限り、TD沖縄は行ってみよか。ゴール判定ミスで、優勝が取り消された時に、初めて主催者に抗議しよと思う。

気持ちよく行かせてくれた家族と、ずる休みさしてくれた会社、おおきに。


| | コメント (7) | トラックバック (0)

ツールド沖縄はフンガー!

おまたせおまたせ。
与那の上り口では大見さんが応援してくれた。道中に佇む村人の応援、知人の応援は、自分のような屁タレにも染込んだ。同時に申し訳無さで一杯。前日の試走では、序盤の勾配を物ともしない軽快さにホクソエンダなぁ。それがこのザマザマス。無理も無い、ここまで男気放出しまくってきた足には、ひどい仕打ちや。すまん右足、左足。普久川ダムの補給地点が一番苦しい。あとで地図をみたら、現場周辺はなんと恐ろしい地名やった。その名も「フンガー湖」。苦しさを的確に表現し過ぎて余りある。そういえば、回りの選手諸君も苦痛に顔をゆがめながら「フンガー!フンガー!」いいながら登ってたな。自分も勿論「フンガー!」を連発しながら行った。今後の自転車人生において、辛いこと、苦しいこと、悲しいことがあったなら、「フンガー!」と鼻から声を出して、この日のように乗り切りたい。
自分の中で、実は「奥」の次ぎに重点を置いてたのが、この先に待ち構える「安波」のアップ・ダウン。果てしなく続く登り下りの連続が、選手の気力をバカスカ奪うのよ。こんなシチュエーション、大阪近辺ではまず見当たらんな。ハンガーノックもいよいよ深刻さを増す。豪雨か涙かわからんけど、顔もぐちゃぐちゃ。フト見上げたら道路標識があった。「名護58km」。酷い、、、。せめてTD沖縄当日は、一切の道路標識を外してくれ、たのむ沖縄県警。並走する選手が「遠いなぁ、名護」とポツリ。そうや、名護は”近くて遠いところ”や。腹も減った、足も痛い、下りは雨で怖い、今頃知人の多くは名護市内でゴールしてるかもしれん。悲しいことばかりが頭を巡りだす。その瞬間、目の醒めるような緑色が横をカスメタ。名前を呼ぶとすぐさま「アニキ!行こうぜ!」と、自分の残り少ない男気を充電してくれた。そやな!漕ぐしかあるまい!KONAアニキのチームメイト(かがみ様)さんと共に列車を作った数分後、高江でレースが終わった。

客観的に見れば「あっけない幕切れ」であることは否めないけどな。でも一緒に切れたKONAアニキの言葉がココロに響いた。「順位的には完走できたのになぁ。くやしいなぁ。でも楽しかったなぁ!」。そうや「十分楽しかった」。脚きり場のボランティアのおばはんは、切られた選手のために、懸命にお茶をふるまってくれてる。バナナを接待してくれてる。これ以上の幸福がどこにあるっちゅうねん!やせ我慢ちゃうぞ、「ここで切られて本望じゃい!」。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サイクルモード?

この週末、南港で自転車の展示・試乗会があります。けど、ローラー小娘のピアノ発表会とかち合ってる模様。ここは父親としての職責を果たすべきか、自転車道を貫くべきか、揺れ動くオトコ心。しかし、夕刻より猛烈なる反省会等あるならば、万障繰り合わせますのでよろしくお願いいたします。

自転車:通勤往復16km  徒歩に近いペースで

っとここまで書いて気が付いた。ローラー小娘にとって、発表会とはすなわち「TD沖縄」ではないだろうか。すまん、小娘!ちょっとでもサイクルモードと天秤にかけた親父が悪かった。ピアノも応援したるからな、恥ずかしいことは無い、「フンガー!」で行け。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2005/11/15

ツールド沖縄は腹が減る

奥頂上、残り約100mほどを残してjaja51さんがいた集団から切れた。おまけに雨も降り出す始末。ご存知だと思うけど、頂上手前で切れる恐ろしさは格別やね。逃した集団は、下り初めて速度が一気に上がっているのに、自分はまだ重力に逆らってる最中やし。切れたツケを払うには、辺戸から与那までの国道58号線を飛ばすしか手が無い。自分と同じ境遇の人間を拾ったり、拾われたり、捨てたり、捨てられたり、まさにロードレースは人生の縮図か。右手に見える東シナ海は、鉛色。ここは青森・津軽海峡か?そして止まらない豪雨。もう「夏のお嬢さん」なんかイントロも思い浮かばんぞ。頭の中は石川さゆりのヒットメドレーで覆い尽くされてしまった。演歌の国に生まれた運命を呪うぜ。もう男気全開で前を追ったわ。いっしょにローテーションしてくれる選手諸君の男気も熱かった。懸命に前を追っている時は麻痺して判らんかったけど、なんとなく胃袋の辺りがスカスカする。あれ!?ワシ腹減ってるんちゃうか?すぐに背中のポケットを探ったが、なんちゅうこっちゃ!チョコケーキが「溶けて、無い」。自分の発した男気があまりに熱かったせいで溶けたのか、豪雨が凄かったのか、ともかくケーキが無くなってた。すぐに別のポケットからフラスコに移し変えたカーボショッツを口にしたが、カーボショッツの粘度が予想以上に高くて、2,3滴しか出てこんがな!豪雨で霞む中、前方に大きな集団を見据えたまま、与那の登りが来た。やっばぁ~、手先が痺れてきたぞ。完璧なハンガーノックのシナリオ爆進中や。もう、カーボショッツのフラスコを、自身の吸引力最大で吸い込んだ。その間呼吸は鼻の穴のみ!どうなる、わし!? つづく

| | コメント (5) | トラックバック (1)

ツールド沖縄

ほな書こか。
昨年は、全てがわからん状態で、知合いにいろいろ教えてもらいながら初参加した。今年は朝飯の食べ方や、糞のタイミングと量まで綿密な計算通り、事は運んだ。アップになると思って、自走でスタート地点まで移動した。でも、ここで結構力を使った印象がある。移動距離にして20km前後だけど、後半6km(?)近く登っての移動は、流石に堪えたかもしれん。主催者が指定した時間通りに到着したのに、受付の影も形もそこには無い。大会運営を完璧にしろとは言わんけど、今年で14回目やろ?どうかよろしくお願いしますよ。

ここからは、KONAさんおっしゃるところの「カオス」が始まる。前日、市民120kmエントリーリストを見て仰天した。その数300人。募集サイトには200人締切りと書いてあったけど、これは異常な事態やね。鈴鹿のホームストレートに300人並ぶんやないぞ、沖縄の静かなほっそい山の中の道路に300人!しかも平地スタートじゃない「登り」スタートで。断り切れん事情でもあったのか?もしくは参加者がゴネまくったんか?レースとは違う、別の面で緊張してくるやんか。

国際200kmの連中が、われわれがスタート待機する横を、颯爽と駆け抜けていった。去年もおもたけど、取材ヘリの爆音もありというシチュエーションで、嫌が上にも盛り上がる。彼らの男気をシカと見届けて、自分達もスタート位置に付いた。突然前方で役員が叫びだす。「市民200kmが上がってくる!進路あけろぉぉぉ!」。一瞬耳を疑ったわ。最初は「へぇ~、今年の200kmのレベルって高いんやなぁ」と思ったが、5秒後には「関心してる場合ちゃう!偉いこっちゃこれは!」となる。このレースの脚きり規定って、実は自分の中であまり正確に理解していなかったのだけど、”各クラスの先頭15位の人から○○分で失格”ではなくて”市民200kmの先頭15位の人から○○分”だったわけ。つまり走り出す前から既に脚きりが迫っていた、この現実。回りからは”はよスタートさせんかいボケッ!””いてもうたんどワリャ!””○○○(関西三文字)しばくぞあほんだらぁ!”と、およそヤンバルの森に似つかわしくない日本語が飛び交う修羅場と化す。

そんな状況中、選手たちは必死で市民200kmを通過させるべく、懸命に道路上にコースを作りましたよ。もう、隣同士抱合わんばかりにひっついて。お陰で、自転車に跨れない選手多数続出!いったいどうなってしまうんや!?と思うまもなく今度は「市民80kmも上がってくるぅ!道開けて!!!」の声。もうなんか訳わからんまま、横の道路を80km、200kmの選手が次々に通過していく有様を、呆然と見送る私。混乱の中ピストルが鳴り、120kmの旅が始まった。

jaja51さんのケツを借りて、序盤を慎重にクリア。その前にはチームメイトの”おっさんレーサー氏”もおるので心強い。まだ先頭が十分見える位置だからよかったけど、後には200人近く続いているのかと思うと、ゾッとするな。去年は序盤の高速下りで、ガードレールの外に飛んでいったやつもおるし。ブログで散々書きまくった「奥の登り」が近づくにつれて、心臓がドキドキしてきたわ。足と呼吸を振り返ると、苦しくは無いけど楽じゃないという状況。背中から小ぶりのチョコケーキを一個取り出し、口に入れて準備完了。jaja51さんの背後にピタリと張り付き、同じタイミングでギアとペダリングをあわせて登った。苦しいが、ここが我慢。ここを我慢して集団で越えるべきか、ここは集団から千切れてもセーブして、後半に備えるかの二択だが、迷わず前者を選んだ。確かに間違いではなかったけど、この後大変な事になろうとは、、、。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

戦い終わって

DSCN1097
一年たつのは、ほんまに早かった。「TD沖縄の旅」自体はとても楽しかった。それはゆるぎない事実。ブログで知り合った多くの人との出会いもあったしな。参戦記を書くつもりで、今は気持ちの整理中。思い出の中のTD沖縄は、激しくもつれた糸の様。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/11/14

沖縄おわつたわ

soba
一年の集大成(ロード競技の)は、あっけなく幕を閉じた。詳しくは明日にでも書こと思う。自分の実力のなさと、運の無さ、いろいろ、、、いろいろ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/11/11

実感が沸かんな

DSCN1090
ほんまに明日、出発するんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/10

ボーボーでっか?

旅行前夜ということで、小娘の興奮はピークでした。一番の楽しみは入浴時間らしい。
「あんなぁ、○○ちゃん毛ぇボーボーやねんて! ほんでなぁ、○ちゃんなんかボンバーらしいわ!それ見るのがごっつ楽しみ!」

危うくちちは、ボンバーの夢を見るとこやったよ。土産話期待してるぞ、”ボンバー”のな。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

お伊勢参り

今朝早く、ローラー小娘が修学旅行に旅立った。自分の修学旅行先も伊勢やったな(小学校)。しかし、当時のように伊勢神宮に行ったり、夫婦岩に登るアサヒを見たりというのは、一切スケジュールに無い。メインはパルケエスパーニャという遊園地に行って、班毎に自由行動するらしい。許可されている小遣いも、破格の3,000円としおりに書いてあった。おもろいのが注意書きに「生ものを、おうちのお土産に買わないこと」と書いてある。「修学旅行=集団買出し」と錯覚してる親もおるってことか。
しかし小娘、安心してくれ。着替えのパンツの間に、「岩のりこうてこい。ちちより」と書いた紙を挟んどいたったからな。仕込み現場をローラー家内に見つからんかと、ヒヤヒヤしたぜ。

自転車:通勤往復16km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/09

皆不安なのだ

”不安は楽しみの裏返し” ”快感と苦痛は紙一重” ”ナーバスと市バスは似てる”

昨夜は、全国的にネガティブな嵐が吹き荒れた模様。皆、いろいろな不安と戦いながら、日々生きているのだなぁ。でも「元気出して行こう!」。屁たれを承知で沖縄に申し込んだのも、練習さぼって呑んだ日々も、「全部自分が選んだ道」やしな。

ゴールまでいけるか、どっかの脚きり場で終わるか、それはわからんけど、ともかく最後まで男気と感謝を撒き散らして走るしかない。とりわけ「奥周辺の住民の皆さん」、こんな弱いやつですけど、惜しみないご声援よろしくお願いするぜ!

自転車:通勤往復+舞洲クルクル 55km とうとうマッハを越えた

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/08

なぐさめあいましょう

沖縄参加各位

”仕事が忙しくて全く乗れて無い””ラーメン食べ過ぎてデブ化中””自転車をまだ発送してない””自転車すら買って無い”という感じの「ネガディブな記事」を各位のブログで執筆お願いします。それを読んで、安心させてくれ、頼む。頼むったら頼む。

| | コメント (13) | トラックバック (3)

墓穴掘る

測らんといたらよかった、、、。沖縄前に舞洲周回タイムを計って自信つけとこ思たのに。熱い男が常々言うとる「自分が思っているほど、自分は強く無い」というわたくしにとっての座右の銘。この夜は「自分は、自分が思ったより100万倍弱い」という現実を突きつけられた。5周計って、”あってはならないタイム”で呆然となった。時計を見つめるその真横には、カップルの爛れた車が止まっていたけど、そんな行為すら目に入らん位落ち込んだ。これは悪い夢に違いない。悪夢の現場を速攻で離れ、ジャージ・レーパンのまま”天下一品 野田阪神店”でこってり並を食べて、ついでに悪霊を払うために、立ち飲み屋で熱燗2合と土手焼き2本、おでん少々を行っといた。今夜も悪夢を見に行く予定。

自転車:通勤往復+舞洲クルクル 50km 当然琉球式ペダリングで

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/07

今週の弱気な予定

月曜日:夜の舞洲クルクル
火曜日:職場の消防訓練、夜の舞洲クルクル
水曜日:家事
木曜日:夜の舞洲クルクル
金曜日:沖縄準備で仕事手につかない予定
土曜日:沖縄の高速道路で白バイに注意する
日曜日:源河の関門で知合いに逢う

| | コメント (5) | トラックバック (0)

沖縄の音楽

三線弾いて島唄のんびり謡うという風景が、沖縄の音楽というカンジの昨今ですが、自分が始めて沖縄の音楽を意識したのは「紫」「コンディショングリーン」というバンドを雑誌で知ったとき。三人で肩車してギター弾くとか、ニシキヘビをくわえて歌うパフォーマンスとか、お客さんが沖縄の軍人で埋まってたりとか、そういう風景。短波放送で曲を聴いたときは驚いたな。こんなえげつないバンドが、沖縄には居るのかと。

自転車:通勤往路8km タイムのアタックペダル(MTB用)と、ビジネスシューズの相性は極悪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

乗らずに呑んだ

土曜日:午前中、沖縄に自転車発送。午後から家事・用事を済ませて飲酒。
日曜日:シクロクロス自転車の掃除。午後から家事・用事を済ませて飲酒。晩飯は家で串カツ祭り開催。限界を超える食い方をしてしまい、胃もたれでもだえ苦しむ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/04

奥の細道

芭蕉に親近感が沸く、今日この頃。

直近の予定
金曜日:家事
土曜日:自転車箱詰めと発送。午後はファッションじゃないほうの
マッサージに行きたい。
     沖縄で、”地獄のウクレレサウンド”をお見舞いする為の
練習。
日曜日:補給食の試験を兼ねて、甘めの練


| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺はキカイダー

昨日の祝日に”沖縄直前練習”に行って、現実を直視してがっくりうなだれた諸君、こんにちは。心配しなくてエエよ。ここにもココロ強い仲間が一人おるから。家事労働は夕方にシフトしてもろて、9時スタート。猪名川沿いに一庫ダムまで行く。基本的には盆と正月しか心拍計をつけない事にしてるが、この日は特別や。「沖縄前の模擬テスト」と位置づけた大事な日でもあったからな。”とある心拍”を維持しながらダムまで着いたけど、相当に辛い。調子のエエ時は、頭の中を榊原郁恵の「夏のお嬢さん」が延々鳴り響いてるのに、なぜか鳥羽一郎の「兄弟船」ばかり出てくる。ダム沿いも辛さに耐えた。この辛い辛い区間の次に待ち構えるのが、”擬似・奥の登り”とした名月峠。平清盛の側室になることを拒んで自殺した名月姫の悲しい峠らしいけど、今は姫にかもてる暇は無い。亡霊でもええので、背中押してくれ頼むの心境でクリアした。手ごたえとしては、「絶対・奥で・切れる」な。それも「奥手前で切れる」確率は相当高い。自宅からここまでで、まだ40キロそこそこしか走ってないのに、ハムストが既に痛くなりつつあった。今シーズンの傾向として、いつも心拍より先に足がダメになってる。こっから猪名川変電所まではちょっとだけ雨に降られたけど、気にしてる場合やない。変わらず我慢のペダリングを続ける。猪名川道の駅前のコンビニで補給。ただし、ノンストップを擬似するために、カップラーメンを1分で食ったわ。本当は走りながら食いたかったけど、出来上がるまでの3分間、ラーメンと箸を持ってペダリングし続ける技術を、まだ習得できないでいる。プロは走りながらピアノが弾けると本で読んだ。走りながらピアノ弾くより、走りながらピアノ運ぶほうが凄いと思うけど。
道の駅から宝塚生瀬を目指す道は、”擬似・高江のアップダウン”。しかし、1分で食ったラーメンなんか、全然エネルギーに変換されない。「胃袋は満たされているのにハンガーノック寸前」という怪奇現象を引きずったままで、この日最高に辛かった。ここでの秘策は”関西シクロクロス(先日のリッツでも採用されてた)のスタート直前の曲”を頭の中で流すこと。シクロクロスの時は、自分にとっての”ギルの笛”になり、不完全な良心回路を激しく刺激するのだが、逆に男気も出てくる。足は相変わらず痛いままで、国道43号も我慢。ちょうど100kmで阿部は28.8km/hと出た。

本番より20km少ない。しかも源河を擬似するの忘れた。今年も源河の脚きり場で飲むシークワァーサージュースが楽しみだ。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

スタンド買った

tol129_1


”背負って走るには重たすぎ(500g)、使うには頼りなさすぎ”が自分の感想。日常的に使うのであれば、同じ形式で、昔からある「折りたためないほう」を買うべきやった。使ったみたら(前後に)かなり不安定極まりない。「これを使って整備する最中、高速で後輪回したらあかん」とか「13kg以上の自転車を整備したらあかん」、「力かけたらあかん」。”あかん”が多すぎ。そんな製品リリースしたら「あかん」。


自転車:金曜日は通勤往復20km+シルベスト梅田で買い物

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/11/02

Queenか

あちこちのブログで、Queenの日本公演が非常に感動的であったと書いてあるな。羨ましいぞ。レイザーラモンをTVで見るたびに、フレディを思い出すわ。「手をとりあって」だけが日本語で歌われた歌詞では無いので、ここで釘をさしとこか。
「Killer Queen」を忘れてもろたら困る。知らん人は、しっかり聞きなおすこと。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

丼に託されたメッセージ

昼飯は、いつもの天下一品・京橋店。汁を全部飲み干すと、どんぶりの底には「あしたもお待ちしております」の文字が出てくる。いつもなら、何気なく見過ごすこの言葉。全身を稲妻が駆け巡ったわ。おっけい、明日も練習するぜ!秘密のな。世間は”マッハ”で溢れてるけど、文化の日はそれに輪をかけたマッハの速さで行くつもり。空気との摩擦で、自分が燃え尽きないか注意しながら。

自転車:通勤往復+舞洲グルグル55km (職場の飲み会を棒にふってまで)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/01

今週の予定

月曜日:家事
火曜日:職場の呑み。憂鬱な気分で満ち溢れてる
水曜日:家事
木曜日:2時間乗れるかどうか、、、。
金曜日:家事
土曜日:Toオクマリゾート(自転車発送)

通勤往復20kmを、丁寧に走るしかない。今更出来ることは何も無いけど、今から出来ることは山ほどある。「風邪をひかないようにする。暴飲暴食を控える。睡眠を十分にとる。怪我に注意する。自転車に感謝(掃除)する」

自転車:通勤往復20km 琉球式ペダリング+α

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リッツ見に行く

自転車:リッツ観戦100km 楽しかったわ

自転車のイベントに行く楽しみの幅が、ブログを読書きすることで、100万倍広がった気がする。リアルとバーチャルが一つになる瞬間。今回も多くの出会いがあった。全員お名前とリンクを張りたいところですが、お許しください。
一個だけ。藤棚の下でひっさしぶりに「インタマ男」に逢った。開口一番「39×18ブログ、とうとう見つけましたよ!」と言われた。弱った、今後は迂闊なことを書けない。相変わらず、スマートやし、男前に陰りも無いし、奥さん美人やし、車はPシェやし、練習もかなりやってるらしいし。死角は無いのかと今後も疑念を抱き続けることにした。でも、2006年も我々自転車乗りのハートをぐりぐりする魅力的な製品のリリースをお願いします。そして偉くなったら俺を雇ってくれ、頼む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »