« 淡路島の旅なのだ | トップページ | 今週の予定 »

2005/10/17

淡路島の旅なのよ

10月16日は、恐る恐る目を覚ました。もし二日酔いやったらどうしょう~って。おっさん5名、全員無事。しかも空は晴れ模様。値段なりの朝飯食って、糞してジャージ着て、ボトルに水入れてと。この流れは、普段のレースと同じなんで可笑しかった。シューズが生乾きなのは我慢するしか無いな。一番気になったのは、チェーンが全員「まっかっか」。それでも変速不良なんか起こらんのは、世界のシマノ・カンパの技術力の凄さか。
単純に行ったら、残り半周強を走ればええのだけど、それでは男気を持て余す事になる。行くしかない「諭鶴羽山」へ。標高約607m、約11kmを登るぞ。”淡路島最高峰を征服するのだ”のココロいき。単純に計算したら勾配85.5パーセントということになるが、現実は違うぞ!危険なグレーチングや尖った石ころのダート区間多数。10パーセントを越える区間もあった。路面も簡易舗装なんで、決して良好とは言えんかった。まさに「エンジン全開~、男気出力MAXお願いしますっ!」「はい、了解!」。しかし、谷を抜けて尾根伝いに走る道は最高や!眼下に海が見えたときは、どえらい感動したぜ。

海側への下りは、爽快サに欠けた。勾配きつ過ぎ。路面荒れ過ぎ。苔生え過ぎ。カンチブレーキの限界かと思った程。自分はやはり下りのテクが無いな。海沿いに出てからも、なかなか厳しいアップダウンに出会ったけど、おおむね良好な旅で福良港着。海の幸を詰め込んだろの目論見やったが、港のレストランは”上握り2800円”とか”海鮮丼1700円”とか、全くなめとる!ウロウロしてたら、近所にエエ露天を見つけた。”タコ串300円”を皮切りに、タコ天、イカ天、焼き穴子、麦飲料ですっかり怒りを忘れてしまった。納得の値段と味。ビバ福良!

こっからは、内陸を通って五色浜に出た。向かい風強し!強し!しゃ~ないから、男気を小出しにしながら、諦めて行くしかない。こういう時、仲間とのローテーションはココロ強いな。ところで、このツーリングにはシクロ車で走っているワケですが、通常”ハンガー位置が高くて、加速はエエけど、高速巡航は苦手”といわれてるのに、微塵もそれが感じられん。”クロモリは足に優しい”というのは常々迷信だと思うことにしてるけど、この日は最後まで足がよく回った。ペダルを踏み込んだ後の反発が、なんとなく穏やかに感じて仕方なかった。まだまだ現代科学では解き明かせない謎が多いな。頼むから気のせいであってくれ。でないと、シクロ車で沖縄に出たくなってしまう。

五色~一宮間のアップダウンは、沖縄・源河越え以降の道とよく似ている。疲れてからがほんまの練習と思って、ここは耐えた。体の変なトコに余分な力、リキミが無いかの確認作業、景色を見ること、ペダルを上手く回す事など、結構これでも忙しい。後方から地響きが近づいてきたかと思うと、オートバイ約30台の一団に抜かれた。悪気が無いのはわかるが、威圧感はあまりよい気がしないわ。その後、新旧取り混ぜた「ポルシェ・カレラ」御一団様12台。各車ドレスアップ度も相当と見ました。お金ってあるところにはあるもんやな。しかしな、自転車もオートバイも車も、大きな集団で走るべきではないなと、改めて感じた。空も道も潮風も、自分達だけのモノじゃないからな。

15:00発のたこフェリーに間にあい、無事に明石港着。ここから日暮れとの戦い開始。ドンドコペース上がってきて、三宮から国道43号線に入ったころには時速40キロ超えだし、残り少なくなった男気を全放出。背後に迫る西日はとても優しく応援してくれたぞ。途中、渋滞にはまっていたフェラーリ(高いほうのフェラーリ)と抜きつ抜かれつを繰り返したが、走っている間の高揚感は、確かにこっちが勝ってたと思う。

旅の終わりはいつも寂しい。帰宅を惜しむかのように、淀川手前のコンビニで打上げた。日が暮れた後の綺麗な月を見ながら、仲間と旅を振り返るのは幸せな時間やった。
厳しかった登り、世話になった道、仲間、自転車、タイヤ、錆びたチェーン、胃袋の中のタコ、家族、全てに感謝するぜ。

自転車:自宅着でちょうど145km

※宿には浴衣、シャンプー、タオル全てあるので、雨でなければ次回は手ぶらでいける。
  アホほど呑まなければ、予算は1万ポッキリで。

|

« 淡路島の旅なのだ | トップページ | 今週の予定 »

コメント

平均勾配は5.5%ではないかと。

投稿: 泥山田 | 2005/10/17 12:34

●アニキ、おおきに~。

投稿: ロ・おとこ | 2005/10/17 14:53

こんばんは。

淡路島もロード多かったですか?
琵琶湖はこんなに回ってるのかとビックリするくらいでした。

投稿: ueno | 2005/10/17 17:51

●uenoさん、淡路島で出会ったサイクリストは、以外に少なかったですよ。海を渡る手間さえ平気であれば、交通量&ドライバーの優しさは、とても素晴らしい場所ですね。

投稿: ロ・おとこ | 2005/10/18 11:03

お疲れ様でした!
ちょっぴりジャコ臭いが魅惑の福良は
僕らはスルーしてしまいました。
美味しそう・・・ レポートありがとうございました~

投稿: あまぞん | 2005/10/18 12:02

●あまぞんさん、コメントおおきに。
福良へ是非!タコのトリコになるべし。

投稿: ロ・おとこ | 2005/10/18 13:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58314/6438162

この記事へのトラックバック一覧です: 淡路島の旅なのよ:

« 淡路島の旅なのだ | トップページ | 今週の予定 »