« 強風 | トップページ | 検便で男を見せる »

2005/09/08

チームジャージ

自分の所属しているクラブチームで、チームジャージを増刷する話が持ち上がった。始めてチームジャージという物の存在を知ったのは、今から13,4年前にさかのぼる。当時はメンバーの大半が実業団登録しており、自然とその中に入って「地獄のような」練習に引きずりまわされた。実業団のレースに出るには、規定のチームジャージを着用する義務があって、裸一貫ではレースを走れない。この時のデザインは、かの有名な”乗鞍の軽量王”氏。白・黒・グレーの三色を使った渋いやつ。冠婚葬祭にもオッケイな配色やね。
今はもう時効だと思うんで書くけど、今のチームジャージを立案するとき、もめにもめたのよ。デザインもさることながら、チーム名をどう継承していくか。実業団とホビーの名称を分けろだとか、一緒の方がイイとか、発足当時の名前に敬意を払えだの、自分にしてみればドンドン面倒臭くなったな。活発な議論は大切だけど、昔強かったメンバーは皆巣立っていったのだし、そういう事に固執するのがよく理解できなかった。企画倒れになる寸前で、デザイナーを生業とするチーム員が折衷案を出してくださり、丸く収まったのだけどな。
(さんざん注文を出したメンバー達は、出来上がってからただの一度も自転車に乗ってる姿を見てない。)

うちのチームは一応ショップ由来のチームだけど、実際の運営や練習の立案などは全てメンバー同士で相談。店長は事実上ノータッチ。店長がイベントやレース会場に足を運ぶことはマズ無い。店が多忙なせいもあるのかな。

チームジャージを着る意味って、最近実はよくわからん。レースでチームプレイを目論むなんて、100万光年早いし(というか無理)。見た目がかっこええというのは判るけど。
丸岡もそうだったけど、沖縄は「チーム泥んこプロレス」で走ろうと思う。

自転車:通勤往復20km

|

« 強風 | トップページ | 検便で男を見せる »

コメント

沖縄の青い空によく映えると思います。

投稿: 泥山田 | 2005/09/08 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58314/5843586

この記事へのトラックバック一覧です: チームジャージ:

« 強風 | トップページ | 検便で男を見せる »