« 六甲山の日 | トップページ | 山の向こうに幸はあるのか »

2005/09/05

エリーゼのために

「エリーゼの為にも痩せなさい」

(もしご本人がこれを読んでたらゴメンな)
クラブランの集合場所に行くと、ロータス・エリーゼが止めてあった。その駐車の仕方まで、車が一番カッチョよく見えるような置き方で。いったいどんな男前が乗ってるのや?と興味が最高潮に達した時、ドライバーが”グリコのカフェラッテ”をチューチューしながらコンビニから現れた。夢を壊すなと言いたい。年齢は見かけ30代後半、たるんだ腹に覇気の少ない目が弱弱しい。自力で六甲登らせたら、多分半日以上かかるやろな。

自転車、とくにロードレーサーに乗るのは、ごっつカッチョええ乗り物と思うから乗ってるんや。かっちょええ乗り物に乗るには、自分もかっちょええ方がナイスやし。自分の場合は見掛け倒しもあるんで、好きな酒をちょっと辛抱したりの小細工をしてる。でも自転車に乗るという行為自体カッチョええんで、肥えてようが痩せてようが、全てのサイクリストの心意気そのものはカッチョええ。

スポーツカーに乗るなら、せめて気合だけでも「スポーツ魂」を抱えとくべきやろ。

|

« 六甲山の日 | トップページ | 山の向こうに幸はあるのか »

コメント

多分、エリーゼ君は読んでない。間違いない。
ロータスから男前のカッチョええ人が出てきたら、きっと嫉妬してしまうであろう自分が悲しい、、、

投稿: brotherM | 2005/09/05 16:16

>きっと嫉妬してしまうであろう
異議なし!
私もです。

投稿: ロ・おとこ | 2005/09/06 09:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58314/5796965

この記事へのトラックバック一覧です: エリーゼのために:

« 六甲山の日 | トップページ | 山の向こうに幸はあるのか »