« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/30

これが優勝の余韻か

タイガースの試合開始から呑み始めて、ビールかけの間も飲み続けて、気が付いたら夜中の特番にまで付き合ってた。朝おきたら、胃袋の中で岡田監督の胴上げが始まった。
昼飯食ったら胴上げがさらに過激さを増す。座席の隣のヒトも向かい側のヒトも、今日は一日喋りかけんといてくれ、頼む。

自転車:通勤往復20km 胴上げに耐えながら

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/09/29

Xデー

DSCN0979
(優勝を祈念して、燃えるギターの弦を張り替えた。アーニーボール社のスーパースリンキー)
昨夜、選手はどんな夢を見たやろうか。辛く長かった日々、今夜全てが報われる。中日が負けても引き分けでも、優勝が決まってしまう。お願いだから、「負けて優勝」だけは避けてくれ、たのむ。

自転車:通勤往復20km 六甲おろしを歌いながら

追伸:jaja51さんに心中を見透かされてしまった。前回の優勝はココロの底から嬉しかった。もう年号が変わるまで次ぎの優勝は無いやろと思ったから、日本シリーズで負けた後でも、リーグ優勝の余韻に浸ってたな。シーズン初めに爆勝して、オールスターあたりから陰りが見え始め、夏のロードが終わる頃には、Bクラス残留をかけて必死で戦う。そんなけなげなで危ういタイガースが、実は一番好き。一応宿敵にエールを贈っとこか。「原巨人、来シーズンは憎らたらしいほど強いジャイアンツになってください!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/28

自転車に明日はあるのか

DSCN0975


”走行中の車に向かって実弾発射”とかいう物騒な事件があったな。犯人はいったい何をおもて、そんな情け無い事をするんやろか。ついにはエアガンの摸倣犯(多分)まで出たようやし。そんなに弾撃ちたかったら、改心してマタギにでもなるこっちゃ。
車だけにとどまらず、歩行者や我々自転車も標的にされないかと気がかりで仕方ない。とりわけ、集団走行してる時のローディーは、車から見たら邪魔でしゃぁない筈。並走している乗用車の窓が開いて、いきなり銃口が伸びてきたらと思うと、いくらデュラエース付けてようが、フルカンパで武装しようが勝ち目は少ない。こちらの手っ取り早い武器といえば、携帯ポンプとボトルしか無いし。銃口を目の前にして、CCD入りのボトルを差し出しても、恐らく助からんやろな。アイディア満載のポンプもええけど、未来を考えると、ちょっとココロもと無いな。仕込み杖みたいなポンプの開発が急務か。座頭市とのコラボ製品たのむぞ、トピーク

| | コメント (1) | トラックバック (1)

沖縄を焦らない

TD沖縄まで、残された日数が光の速さで減っていくぞ。参加を予定している人々のブログは「奥切れの不安」で溢れかえっておるな。本州でそんな大量の不安が渦巻いているとはツユ知らず、奥周辺の住民は、今日も日々の平和な暮らしを営んでいることであろう。ま、そんな穏やかな生活も今のうちや。
奥の住民に告ぐ!もうすぐ不安な人間が、大挙して押し寄せるんで精々楽しみにしておくようにな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/09/27

さらにコウモリ

走りながら考えたことを書いとこか。
コウモリといえば真っ先に「黄金バット」を思い出した。幼児の時にみたアニメ(多分昭和40年前半)なんで、内容を殆ど覚えて無いけどな。しかし彼はほんまに正義の味方やったんかな?確か裸にマント一枚やった筈。そんなハレンチきわまり無いヤツが、日本の平和を守ったのかと思うと、やりきれん。最後は「ムハハハハっ」とか笑いでごまかして消えていくというあたり、かなり軽率なヒーローといわざるをえん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の予定

27日:練なし予定通り消化。
28日:家事がなければ舞洲
晩飯がすき焼らしいので、練中止。
    阪神タイガースの優勝が決まれば、
    「一人で胴上げ」もしくは「一人で万歳三唱」

    中日が勝ったのでマジック3のまま

29日:舞洲
30日:家事がなければ舞洲
 1日:小学校の運動会。TD沖縄対策として、PTA綱引きに出るつもり。
    出来ればレーパン着用で。
 2日:午後から勝尾寺周辺でお茶を濁す。出来ればレーパン着用で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通勤で困ること

往路は大阪市内ど真ん中。帰路は淀川堤防の上(7割がダート)。彼岸を境に急に日が短くなってきたな。六甲山に落ちる夕日を眺める時間も、かなり短くなってきた。最近厄介な目にたびたび逢ってます。「コウモリ」がぶつかってくるんですわ。視力が悪いクセに夜行性なんで、タチが悪いことこのうえ無し。超音波を出して、障害物を回避するとか聞いたけど、あれは嘘なんか?それとも自分の体は、超音波を吸収する体質か?あるいは、マッハのスピードで通勤してるので、やつらも回避不能ということか。ともかく、顔面直撃のコウモリは、痛いし、きしょこ悪い。

自転車:通勤往復20km

追伸:走行中、蜂に口の中を二発も刺された”熱い男”に比べたら、自分のは単なる泣き言やね。
    今夜はコウモリをくわえて帰る覚悟。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/09/26

またいつか

春に続き、秋も転勤シーズン到来やね。転勤に伴う職場の変化や家族の引越しなど、大変だと思う。

学生時代、短期のバイトで「引越し運送」をしたことがある。当時(20年前)としては破格の日給で¥6,000を越えた。もちろん一軒の時もあれば、日に三軒というハードな日もあってのこと。一度キリやけど”特命便”に借り出された。バイトを終えて下宿でゴロゴロしてたら、職場の先輩から電話があり、「今から(仕事に)こられへんか。」と誘いが。残業代と夜食が出るって話に釣られたけど、最後の言葉が妙に気になった。「黒のジャージと、長袖(黒)のパーカー類着てこい」。

普段は大手運送会社の下請けでも、社名入りのトラックを使うのだけど、その夜はどっから借りてきたんか判らん、無印の4tパネルトラック。秋口なんで、冷え込みがある晩の11時に現地着。社員の人(やはり黒づくめ)が、依頼を受けた家の様子を見に行って、走って車まで戻ってきた。戻ってくるなり「はよコイ!全員靴下脱げ!」と指示された。それと「絶対途中で声出すな。ほんで電気は点けるな」。先輩に聞かんでも事情が飲み込めたわ。その瞬間一気に喉が渇きだした。
自分だけ蚊の泣くような声で「しつれいします、、、」と言って玄関を入った。数時間前まで人がおったような空気。普通の引越しにあるような、箪笥や電化製品の類には一切手を付けず、押入れの中のダンボールとか、箪笥の中身だけとかテキパキ運んだ。暗闇に目が慣れてきたら判ったけど、全員「爪先立ち」で運んでる。無意識に呼吸まで殺してるし。予定の荷物をトラックに運び込んで、一気にその場を離れ、幹線道路に出た瞬間、全員同時に「ブッファ~!」と息を吐いた。もうなんか、夜食も残業手当てもいらんから、早よ帰りたかったわ。横に乗ってる先輩は、バックミラーで後ろをしきりに気にしてるし。
営業所で自分と先輩はトラックから降りた。社員の人は、そのままトラックをどっかに運んでいってしまった。誰もいない事務所に入り、応接セットで先輩と弁当を食った。「しんどかったやろ」と言われたけど、返事する元気が出ずに、飯を口に放り込んだ。味なんか全然わからんし。
たった30分ほどの仕事やったけど、3日分くらい疲れた。部屋の間取りや家具を思い出してみると、家族4,5人で普通に暮らしてはった様子。あの家、これからどうなんねん、住んでた人どうなんねん。そんな事考えてたら、体の力がどんどん抜けていきよる。あの家族、うまくいって再出発したあかつきには、白昼堂々と引越しを手伝いたいなって思った。

自転車友達がまた一人、東へ行く。誰が行っても寂しさはあるけど、「男気と感謝」は全国共通なんで、どうか忘れずがんばって欲しい。また逢える日まで、俺は北摂の平和を守っておくからな。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

結石

救急車で運ばれた時に検査されたが、その100万倍手ぬるい「会社の健康診断」で、尿沈渣が見つかった。アレ以来激しい痛みが無いので、もしかしたら尿管から膀胱に移動したのかね。昨日の練は、尿道をゴリゴリとサドルに強く押し付けての高速走行を強いられたので、はたして砕けてしまったのか。おい、石。おったら返事してくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサヒ

0706
宣言通り、「給料もろたからビール4連発」。”スーパードライ”の味が好きじゃないので、今までアサヒを応援しようと言う気になれなかった。しかし、ここへきて「いつまでもスーパードライでアグラをかいてる場合ちゃう」と危機感を募らせたのか、新企画への重い腰を上げたみたい。味は確かに「発泡酒では無い」な。ホンマは、サッポロ黒ラベルが一番好きですわ。宴会の飲み放題メニューに、サッポロビールを出す店なんかにめぐり合ったら、感激もひとしお。

自転車:通勤往路8km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/25

「エンジン、男気、感謝」を染め抜いた、”男気Tシャツ”を作りたい。なにげない日々の生活、殺伐とした世間を、感謝と男気で溢れかえる壮大な計画。しかし熱い男が増えると、地球温暖化に拍車がかかるような気もするし。自転車はエコロジーやけど乗ってる人間が熱くては、話にならんがな。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

すべてうまくいくさ

DSCN0965


ハンカチ類は楽勝やけど、給食着はエベレスト級の難関やった。ローラー家内、早よ帰ってきてくれ。
晩飯は渾身の作「トンカツ」。自分とローラー小娘の疲労回復を願って。当然二度揚げをブチかます。揚げ物の衣を剥がして食べる諸君に告ぐ。「そんな女々しいことでは、揚げ物にしっつれいやぞ」。
DSCN0968


今日も我ながらようがんばった。大阪市内~一庫ダム~逢坂峠~猪名川変電所~道の駅~宝塚生瀬~武庫川沿いのコース。登りはすべて「ふるもがき」。やっぱり呼吸より先に足がお亡くなりになるな。敵に勝つ為の「トンカツ」摂取がまだまだ甘っちょろいということか。そろそろ食事関係で沖縄対策をせねばなるまい。カーボショッツとやらを携帯してみた。でも、所詮「舶来の味」。こんなもんでは力は出んぞ。男気爆発させるには、生レバーとか馬刺し、軟骨盛り合わせを行きたいけど、レース中という特殊な事情では、それも許されまい。

一番の問題は、醤油と生姜をどうするか。サドルバックに入れるべきか、、、。

自転車:110km踏みまくり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/24

足いじめの日

なんとか起床できた。シルベストの朝練に行けた。今日も凄い人数やったんで、見かけ上は大盛況。しかし、30人近い人数で箕面を登るのも、限界やと感じてる。千切りあいに熱を帯びた数名は、後方から見ても相当に車の邪魔になってる。「だれでもウエルカム」な朝練は、どうも門戸が広すぎるのじゃないかな。手信号も全員に浸透してないので、自分で判断するしかないし。力はあるのに”まっすぐ走れない”人もそこそこいるし。慣れている子は、ちゃんと後方の車の有無を確認してからアタックしている。慣れてない子は、まったく後ろに意識をもたずに、反応して追いかけている。自分の安全を守るために、距離を置いて今後も参加しようとおもてます。これは正直な気持ち。

自転車:朝の箕面ウロウロで60km

ローラー小娘に昼飯作って、塾へ送迎後、再びジャージに着替えた。今日は我ながら意思の強い日。

大阪南部の通称「葡萄坂」へ行った。山一面が葡萄畑で、そういう通称になってるとこ。平均勾配は8~10%かな。自分の足で20分前後。計ったことないけど。この連休を利用しての葡萄狩りの乗用車がひっきりなしに来る。ヘアピンカーブで追い越しかけられたら、もう勾配のきついイン側で馬力出すしかない。これは辛いな。
実は沖縄対策用に「足を攣る日」と決めてたのよ。自分にとって異常な負荷をかけまくって足を攣る。攣った状態でどうやったら我慢できるかとか、どうやったら回復できるかとか、そのあたりの実証実験やね。残された日はたった一ヶ月あまり。こんな短期間で強くなろなんて虫が良すぎるやろ。だから、せめて迫りくる苦痛と対峙できるようになっときたい。

とどめはココココ
どっちも真剣にこいだら、足が割れそうになる。

自転車:そんなカンジでウロウロ70km 秘密のギアと秘密の心拍数で

帰宅後、発泡酒350ml×3連発。給料もろたらサッポロ黒生3連発かましたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋分のまさよ

「元気にしてたか、まさよ!」
DSCN0963


DSCN0962


「う~~~~ん~~~~~」(相変わらず変なやつやった)

飼い主の”ほんまもん”のまさよさんと逢った。
数日前にこの犬の「まさよ」が脱走したという。長浜市内を徘徊しているところを、近所の人が見かけて御用となった。つづく、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/22

予定

今夜:舞洲グルグル。時間があればレーパン・ジャージのまま立ち呑み屋。
明日:ローラー家内の実家へ。時間があればまさよをいじくる。
土曜:起きれたらシルベスト朝練。
日曜:クラブチームで練。

あくまで予定というか予感。「絶対に成し遂げる」という強い意志、どっかに売ってないか。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

秘密の夜サ

変則的だけども、昨夜舞洲行きました。とある心拍数で数分間我慢する練習。秘密のギアと秘密のフォームで。それと、「空気圧が低くければ、同じ速度だと心拍数が低い」という仮設の検証。でも立証するにはパラメータのばらつきが多すぎ。

自転車:通勤往復+舞洲クルクルで55km
腹筋:秘密のポーズで10回

自転車雑誌の立ち読みのこと。
相変わらず自転車通勤記事の特集に関しては「手ぬるい」な。もっと生々しい通勤してる人載せるべき。レース結果や売買欄などは、なんだか100年前のシステムに感じられる。それだけネットの普及速度が凄いということか。雑誌が伝えることの出来る情報量って、ほんとうに少ないな。これはいたしかた無いが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/21

誕生日の朝

DSCN0907
20日朝、ふくらはぎの「こむら返り」で目が覚めた。確実に肉体は老いている。脳みそも確実に蝕まれてるはず。将来認知症になって、大阪市内中のサイクルショップを徘徊し出す恐れがあると思うと、ちょっと怖いわ。
43歳一発めの起床時心拍数は52と出た。先日の練でちょっと奮発したら194を記録した。「神の領域」に近づいてる自分の体のパフォーマンスが怖いぞ。

晩飯は、誕生日ということでローラー家内に焼肉屋へ連れていってもろた。沖縄完走を視野に入れてるから、当然”ポラール装着”でぬかりなし。ロース、ハラミを食ってるときの心拍は100。なぜか冷麺やビビンパを食うと80まで下がってたな。生中2杯いったら再び120近くまで盛り返した。この辺りが、どうも焼肉のAT値やろ。

ひっさしブリに充実した練習になった。

※そういうわけで、舞州クルクルにはいけませんでした。
赤コッピ氏が走られてたそうですが、
  お会いすることができずに、残念です。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/09/20

Lightning Blues Guitar 05

日曜の夜中、寝る前にチャンネル変えまくってたら、TVに目が釘付けになった。8月に日比谷であったらしいライブの放送で、仲井戸“CHABO”麗一、山岸潤史、石田長生、Char、土屋公平、ichiro、鮎川誠あと数名が、ステージ上で演ってるやんか!焼酎や発泡酒を飲んでる場合ちゃう、こんな時は劇的に辛いバーボンを飲んで喉をヒリヒリさせなければアカンのに。くっそ~、なんで我が家にバーボンが無いのだ!無いものはしゃ~ないので、キムチを口いっぱい放り込んで焼酎ストレートで、口の中を「簡易的に」ニューオリンズ状態にして、TVを拝聴しました。
しかし、ステージの上にギター弾きが10人近く並ぶ様は、圧巻というより「気味悪い」な。ムカデっぽい。
CHABOのヘアースタイルを見た瞬間、うじきつよしと見間違えた。「まことちゃん」と同じヘアースタイルやった。石田長生は、近所のパチンコ屋で見かけて以来、ファン。長髪の小汚い兄ちゃんやったのに、TV映りがええのが腹立つ。アフロヘアにバンダナ巻いて、ヒラヒラの服着て、左利きのギターをわざと右利き用にして使ってた山岸潤史は、ジミヘンドリクスのコスプレやろか。でも、ジミヘンよりうちの近所の散髪屋の親父にそっくりやぞ。鼻の穴の開き具合とか特にな。鮎川誠は、黒のレスポールしか持ってへんのか?塗装剥げてボロボロや。家でもあんな渋いんか?奥さんのことは家の中でも「シーナ、今日の明太子、えげつない辛いのぉ」とか言うてんのか?CHAR,なんでムスタングを弾かんのだ。嫌なんか?大きなお世話か?それと、いつもいつも帽子かぶってるけど、あの帽子の中は、まさかとは思うけど「気絶するほど悩ましい」状態やないやろな???手遅れかもしれんけど、「悩み無用」に相談すべきやろ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

彼岸や

DSCN0957


盆の墓参りが遅めだったので、昨日はちょっとフライング気味ではあったけれども、「お彼岸」で京都の寺に参って来た。自転車で大阪~京都往復100kmの練と”抱き合わせ案”も練ってみたけど、午後からのタイトなスケジュールを考えて踏みとどまった。焦った気持ちで車や自転車に乗ると、ロクなことが無いからな。正確には今日(20日)から彼岸スタートなんで、参拝客もまばら。丸山公園では竜馬と中岡慎太郎が揃って立つ銅像の前で、ペプシの一気飲みを披露。”勤皇の志士”はコーラもペプシも知らずに死んで行ったのか。さぞや無念やったやろな。
今回は世間に先駆けて墓参りしたんで、ご先祖さんもあわててあの世に帰らんでもええと思う。こういう子孫の心遣いをしっかり受け止めて、沖縄では見えない力でサドル押し、頼むぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/09/19

DSCN0956
洗濯もん干してたら、綺麗な月見えた。今夜は中秋の名月やったな。波が打ち寄せるのが月の仕業とか言うけど、自分には月の光が静かに、干してあるバスタオルとかパンツを照らしてくれるだけで十分。月の光といえば、今はドビッシーでもヴェートーベンでもなく、スキマスイッチの「奏」が染みる。本来、彼と彼女の繋がりを歌っているのだけど、今夜はローラー小娘と二人なんで、寝顔を見てると、彼女とこれからも繋がっていけたらええなと思う。二人で晩飯のたこ焼きを作り、二人でハフハフしながら食い、風呂に入り、しりとりにつきあって寝る。たったこれだけ。年々育児というか子育てに手抜きが目立つ。
高校生の時、親父は蒸発したのだけど、それ以前にも思い出がほとんど無い。たったいちどキリ、近所にあった池の手漕ぎボートに載せてくれたのだけ、鮮明に覚えてる。親父の漕ぐオールは力強くて、池に浸した手が、グングン水の抵抗を感じたわ。ほんまは、生きてんのか死んだのかも自分は知らん。自分の中では「消えてしまった人」なんで、今は何も感情が無いな。でも、どっかでおんなじ月、見てるかもしれん。親父と一緒に見たことの無い月、今は子供と見てる。
来年も、再来年も、その次の年も、ずっとずっとずっとローラー小娘とベンラダに立つんで、最高に照らしてくれ、お月さん頼む。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/09/18

夏は終わってなかった

キッチリ日焼けした。大阪市内自宅~猪名川沿い~一庫ダム沿い~逢坂峠~変電所~猪名川道の駅~宝塚生瀬~逆瀬川から六甲ちょい登り~甲山~R43~自宅(約120キロ)。
距離だけ見れば実はもう少し走りたかったけど、自分にとって登りが多く難儀した。何が難儀したかというと「パチョレック」氏の登坂力には圧倒されたな。登りでホボ全敗。自転車を始めて1年足らずと仰ってますが、自分が今まで出会った「潜在的ヒルクライマー」の三本の指に入る。体重の軽さ、平目筋の付き具合、前傾姿勢、ペダリングの脱力感、まさに「全方位死角無し」。お世辞じゃないからね。出る杭は打っとかなアカンのだけど、今のところ手が無い。あと、礼儀正しく、物腰いたって穏やか。ついでに男前。偶然にも今年沖縄初参戦で、偶然にもオクマリゾート泊と聞いた。これは闇討するしかあるまい。レース前夜、自分の弾く「地獄のウクレレサウンド」を一発お見舞いするんで、覚悟しとくようにな。
DSCN0954


| | コメント (9) | トラックバック (1)

2005/09/17

連休初日

DSCN0953
前夜はちょっと痛飲してしまい、シルベストの朝練に遅刻するハメに。しかし、痛飲したにもかかわらず、二件目にも行かず、ラーメン屋にも寄らずに直帰し、風呂入って屁こいて大人しく寝たことは、賞賛に値する。ベランダに干してあるレーサーパンツをはいて、ぼんやり大阪市内の景色を眺めてたら、かなり秋の気配やね。夏の尻尾も徐々に見失いつつあるわ。あ、レーパンいっちょで街を見下ろしてる場合ちゃう!と気持ちを入れ替えて出発。前夜の飲み屋で食った焼き鳥と刺身盛り合わせを胃袋にストックしてあるんで、朝飯なんか不要や。「反芻」の習得が今後の課題。「レース中の補給食を胃袋から出す男」ってなタイトルで、サイスポの表紙を飾る野望もあるしな。

肝心の朝練には間に合わんかったけど、ゴール地点には、今日もロードレーサーにまたがった黒山の人だかりで、大盛況な感じやったわ。人数が増えればリスクも増えるのだけど、今後この朝練はどうなっていくのか、少し心配やね。

晩飯は、ローラー家内からリクエストもろて「茄子ミンチカレー」を決行。自分はこの中に、キュウリも入れるタチ。実に美味かった。スプーンまで美味かったような気がする。皿もなめたかったけど、いつもの「鋼鉄の理性」がそれを邪魔する。こうやってカレーに舌鼓を打っている間にも、王滝では「命がけ100kmマウンテンバイク大会」のスタート時間迫ってるはずやろ。来年こそ「反芻ライダー」としてぜひとも参加したい。

自転車:65km 牛っぽいフォームとペダリングで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週は長かったなぁ

DSCN0951
仕事はあまり順調じゃなかったので、長く感じたと思う。くよくよする気持ちを立て直して貰ったのも、やはり自転車関係の出会い。木曜日は遠路はるばる舞洲にこられたパチョレックさんとUENOさん。ありがとうございました。両名ともお会いできて光栄です。
「乗ったら呑め」キャンペーン実施中ではありますが、ちかいうちに、昨今の出会いをより強固にするためにも「呑むなら呑め」を大阪梅田あたりで催したいと企む次第です。

写真は通勤の足元。ビジネスシューズ+スラックス。これが現実です。

自転車:通勤往復20km

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/09/15

トラックバックを呼ぶ

自分の書いた記事が、えぐいトラックバックを呼び寄せている気がしないでも無い。
後悔と期待が激しく交錯するわ。弱ったな、、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

目を閉じて

北の大地では、熱い戦いが幕を開けたというのに、様子がサッパリわからんわ。自転車レースファンの端くれとして、これほど悲しい事は無いな。こうなったら想像するしかない。想像だけでちんちんを勃起させる鍛錬を長年積んできた筈なんで、レース内容を想像することくらい訳ないぜ。

自転車レースへの熱い思いが噴出してしまったので、あえて太字にしといた。

自転車:通勤往復16km いつもどおりマッハの速さで

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/09/14

沖縄焦ってますよ

通勤含めて自転車は毎日乗ってるけど、沖縄を完走する為に絶対必要な「とある練習」を、全然やってない。今度の休日は、この「とある練習」の一発目をやるぜ。たとえ雨が降ろうが。槍が降ってきたら中止の予定。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

この夜の出会いについて

ブログを始めてから、ここ最近連発して幸せな出会いがある。昨夜は「zigg」というブログのお方。
昔々、パソコン通信やってたとき、Z80に関する会議室の”オフ会”に参加して偉い目におおた。集合場所が日本橋(大阪の電気屋街)のど真ん中。ジャンク屋うろうろして、喫茶店でくっら~い話して盛り上がる、死にそうな時間を満喫した。でも、今は違う。ブログでバーチャルな出会いだとしても、「自転車」で皆一本筋が通ってるんで、リアルな出会いの時はお互いの男気をムンムンと感じられる。それも陰気な喫茶店とかじゃなくて、青空の下とか星空の下やったり、山の上やったり谷底やったりと、シチュエーションもダイナミックはなはだしい。一緒に飲んでも、自転車の苦しさ楽しさせつなさ全ての思いが、共有できるし。
嬉しくなって飲みすぎた:350ml×1、焼酎水割り×果てしなく

追伸:しかし出会う人出会う人、ことごとく「大人」「紳士」。うちのクラブチームのヘラヘラしてる若人達も見習うように仕向けなアカンと強くおもた。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

よそ見してはダメ

やっぱりちょっと仕事が低調ギミ。いろいろな部署との、良好なリレーションの構築がどうも苦手やわ。このモヤモヤをぶっ飛ばすべく、夜の舞洲に行った。腹いせに踏まれるペダルが、哀れではあるけれども。「ごめんよKEO」。でも返事は無い。

秘密の負荷と秘密のギア比と秘密の心拍数で7周こなした。先日買ったポラールに心拍機能付いてるんで、ひっさしぶりに乳バンドをまいたら、余計ドキドキするな。心臓の真上あたりに装着するのが筋や。けど、危うく乳首の真上に着けたくなるのを、鉄の理性で回避したわ。危ないとこやった。
走行中、数々のデータを見たくなるのが人情やけど、「メーターの表示に気を取られて」という事故報告もよく見聞きするし。実際、チラッと見ただけで数メートル進んどるがな、、、。危ないとこやった。最近のメーターはカシコなってて、消費カロリーまで教えてくれるぞ。どうせなら缶ビールの絵でも出て、練後の飲酒で何本までビールが飲めるという情報を、ダイレクトに伝える機能が欲しいな。ポラール社の次期エンハンスに期待しとこか。

自転車:通勤往復+舞洲クルクルで50km

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/09/13

裸で料理する

自転車通勤の帰宅直後は、全身汗まみれになる。どうせローラー小娘の目しか無いから、パンツいっちょになります。パンツいっちょのまま晩飯を作り始めましたが、揚げ物をするとお腹とか胸に油が跳ねて熱いです。自己責任で「男」を見せた家事。

自転車:通勤往復20km

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/09/12

ノコギリ車

p40
ノコギリついでに。
この車、ディテールばかりに気を取られてたけど、立派な「違法改造車」やった。最近では少し大きめの排気音を出すだけでも検挙されるのに、”ノコギリ”付きとなると処罰はかなり重めと見た。そもそもまともなレギュレーションのレースにはエントリーしてなかったように記憶してる。ノコギリもジャンプ用ジャッキも装甲タイヤも、水中走行用酸素ボンベも付いてたな。弱点はETC未装着な点。慢性的に混雑してる高速道路入り口では、圧勝できるはず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

次ぎにほしい物

img1033390648
img10201308113

”ジェイソン”になりたい訳じゃないよ。なんだか豪快に開拓したい気分ムラムラ。草払機で味をしめたか。

土曜日のこと:米子駅前から実家までの26kmで「練」してみた。「たったの26kmで練か?」と思ったらそこで負け。想いを込めて走ったら、100mでも練になると信じてやる。背中にリユック、短パン+Tシャツのハンディはあったけど、絶対に時速30キロを下回らないという「鉄の掟」を自分に課してみた。しかし、ここだけは自分に甘えた。まだまだ登坂力は隙だらけやな。

日曜日のこと:橋を越えたとこまでお袋に車でキセルを頼んだ。そこから米子駅まで22km。鉄の掟は「時速31キロを下回らない」こと。何度もくじけそうになったが、道路脇に並ぶ候補者の選挙ポスターが目に入る。
「諦めるな!改革!」。自民党推薦の人に力を貰った、感謝に耐えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/11

まだまだ夏だった

隠岐に渡る定期連絡線の港として有名な「松江市七類港」が自分の実家です。大阪梅田から高速バスで3時間強で鳥取県米子駅に着いて、そこからゲゲゲの鬼太郎の境線で40分。境港からさらに車で10分。今回は米子から輪行していった自転車を組み立てて実家まで走った。実家といっても、お袋が旅の途中で気に入った地に「移住」しただけ。縁も親戚も何も無い土地に6年。今ではすっかり溶け込んで地元民になってる。どんな形になるかわからんけど、今の仕事をリタイア(あるいはリストラ)したら、ここで自転車にかかわる仕事をしたいのが夢。かかわると言っても「サイクルショップ」じゃない。ツーリストの宿といったほうがえかな。今までも、実は「夏の海水浴&ツーリング」「冬の松葉蟹&ツーリング」という形で、友人・知人が訪れてくれてます。素人宿なんで、まだまだお試し期間という雰囲気。部屋も狭いし、食事も素人料理、温泉なんか無い普通の家風呂。で申し訳なさでいっぱいです。あるのは自然だけ。海まで徒歩10秒。新鮮な魚貝しか無い。実は、本当にやっていけるか全然自信が無い。営業時間不定・不定期開店。
ちょっとだけ宣伝。お袋のホームページ

夜は潮騒の音で眠れるけど、真夜中から出漁する漁船の音でたたき起こされるシステム。サイクリングコースは、漁村特有の極めて激しいアップダウンと鋭角コーナーの連続。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/09/10

草刈は「エンジン」

kusa
20cc強制空冷2サイクル乾燥重量4.0kg、馬力(不明)。カストロールのオイル入れたい。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

エンメイディア

懐かしい、、、。
mt-2


mt-1
ビルダーは、ナカガワで修行してた人。ハンガー裏の水抜き穴とか写真のようにワザワザ、ラグに「フィン」を付けたり、ビルダー自信が「ビバ自転車」。トーチを持って溶接する「派手」な姿を滅多に見ない。ほとんどの時間をヤスリがけなんかの「地味」な作業に費やしてはります。最新のフレームに比べて重いと敬遠されるクロモリだけど、”人が作る入魂の作”ってかっこええわ。近い将来、クロモリオーダーフレームが再び脚光を浴びるような気がするわ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピナレロ

pina-1


pina-2
リース、ウルリヒ全盛の頃、チームメイトとともにこぞって買った初代の「パリ」。全員漏れなくデカールが剥がれた。塗装の色あせも激しいな。最近のはどうやろか。鉄フォークの性能が良かったのか、乗り味はとても好きでした。当時で完成車重量は7kg前半。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/09

さよならバリウム

一昼夜苦楽を共にしたバリウムと、さっき別れてきた。出会いがあれば別れがあるのは自然の流れ。真っ暗な下水管を通れば、太陽の光降り注ぐ大海原に出られるハズ。道中気をつけてな。

センチメンタルな気持ちで「流す」レバーを押したけど、比重が重い(?)のか全然流れん。諦めて自席に戻ってきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

週末の予定

先日の台風通過で、実家の庭がだいぶ荒れたとオカンが電話で言うてましたんで、補修に行ってきます。自転車で大阪から米子駅前までバス輪行の予定。米子から境港まで、いつもは遅い遅い一両編成のJRを利用してますが、自転車で走ります。ここ最近、輪行してないからちょっと楽しみ。旅気分に浸れるかな。

自転車:通勤往復+舞洲クルクルで50km

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/08

トラックバックおおきに

最近「屁たれ」なトラックバックが目につくな。パソコンの上でビロウな単語を並べてオモロイんか?
どこのどなたかは知らんけど、一生懸命まじめに働いてお金を稼ぎなさい。その心血を注いだお金で、松島、飛田、雄琴、金津園、五反田なんかの高級なお店に行って、品位ある接客を受けなさい。
そういう世界にも「エンジン、男気、感謝」は立派に成り立つと思うぜ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

レントゲンでも男を見せる

実は午前中健康診断を受けてました。検便はその手土産ですわ。
胃のレントゲン撮るんで、レントゲン室に通された。いつもバリウム飲むのにごっつ手こずるし、喉につかえてエズク時もある屈辱のとき。前夜、早いうちから絶飲食に踏み切ったから、腹が減って仕方なかった。隣室からマイクで遠隔指示する技師さんの「じゃぁ、グッといきましょうか」の声が終わるか終わらんかのうちに、「男」見せたったわ。生中一杯イッキと同等の速度。病院至上歴史に残る早飲みやったと自負する。
続けざまに、胃を拡張させる発泡剤もイッキ、強烈な膨張に耐えた。上下左右に激しく回転するレントゲン台の上で、更に体を回転するよう「地獄の指示」を受ける。指示よりプラス1回転余分に回ることで「男」を見せた。けど、何度”もうアカン”と諦めかけたことか。ゲップを我慢する地獄と、バリウム逆流の地獄。二つの地獄を同時に味わい、「もはや、、、これまで」と首が折れた瞬間に、撮影終了。

今は下剤飲んで「腹痛い地獄」と真っ向勝負中。
雪のようにまろやかな便、早くでてくれ、頼む。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

検便で男を見せる

採便容器で便を採取するのは、まことに難しい。とくに様式便器の場合。排便してからマッハの速さ落ちてゆくから。ならば「やるしかない」。採便容器のサヤに仕込まれた「枝」を肛門にソ~っと。

朝からトイレで男気を発揮しすぎて疲れたわ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

チームジャージ

自分の所属しているクラブチームで、チームジャージを増刷する話が持ち上がった。始めてチームジャージという物の存在を知ったのは、今から13,4年前にさかのぼる。当時はメンバーの大半が実業団登録しており、自然とその中に入って「地獄のような」練習に引きずりまわされた。実業団のレースに出るには、規定のチームジャージを着用する義務があって、裸一貫ではレースを走れない。この時のデザインは、かの有名な”乗鞍の軽量王”氏。白・黒・グレーの三色を使った渋いやつ。冠婚葬祭にもオッケイな配色やね。
今はもう時効だと思うんで書くけど、今のチームジャージを立案するとき、もめにもめたのよ。デザインもさることながら、チーム名をどう継承していくか。実業団とホビーの名称を分けろだとか、一緒の方がイイとか、発足当時の名前に敬意を払えだの、自分にしてみればドンドン面倒臭くなったな。活発な議論は大切だけど、昔強かったメンバーは皆巣立っていったのだし、そういう事に固執するのがよく理解できなかった。企画倒れになる寸前で、デザイナーを生業とするチーム員が折衷案を出してくださり、丸く収まったのだけどな。
(さんざん注文を出したメンバー達は、出来上がってからただの一度も自転車に乗ってる姿を見てない。)

うちのチームは一応ショップ由来のチームだけど、実際の運営や練習の立案などは全てメンバー同士で相談。店長は事実上ノータッチ。店長がイベントやレース会場に足を運ぶことはマズ無い。店が多忙なせいもあるのかな。

チームジャージを着る意味って、最近実はよくわからん。レースでチームプレイを目論むなんて、100万光年早いし(というか無理)。見た目がかっこええというのは判るけど。
丸岡もそうだったけど、沖縄は「チーム泥んこプロレス」で走ろうと思う。

自転車:通勤往復20km

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/09/07

強風

今日は朝からやけに仕事上の向かい風がきついわ。こいでもこいでも、全然前に進まん。追い風吹いてくれ、頼む。無風でもいいから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

来月のテーマ

「呑むなら乗れ」キャペーン実施中ですけど、来月は「阪神タイガース優勝おめでとう」の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舞洲は晴天なり

台風の爪あとは凄いな。死者・行方不明者も結構な人数になってるし。被害を受けた方々には申し訳なかったけど、大阪の夜は風が吹き荒れただけにとどまった。生きてるヨロコビを表すためにも、舞洲グルグルしにいった昨夜です。いつもは半時計回りの周回だけど、右カーブの味を忘れてはあかんので、ひっさしブリに時計回りの夜にしたよ。夜だから一番は「前方の安全確認」に集中。二番目に「フォーム」に集中、三番目に「力の入れ具合」に集中。自転車は楽しいなぁ。

自転車:通勤往復+舞洲クルクルで55km
乗ったから呑んだ:350ml×1、焼酎水割り×3

| | コメント (4) | トラックバック (0)

エコです

DSCN0916
写真はローラー家内のお土産。社内プロジェクトでLEGOのプログラミングを担当したらしい。遊びっぽくてちょっと羨ましい。何度も試走とデバッグを繰り返し、使い捨てられた電池がこれ。残量がけっこうあるので、自転車のLEDライトなんかにはまだまだ使えそうという暖かい心遣い。でも次ぎからは単4電池にしてね。使いやすいから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/06

こんなん見ました

先日の乗鞍で宿へ向かう途中に見たパネルトラック。車体に書いてあった社名が「(株)白骨運送」。地元の人は何のためらいもなく目にしている筈。
写真忘れたのが一生の不覚。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

荒れる淀川を見たい

台風来てるな。被害が少ないことを祈るだけ。いつも台風で淀川の水かさが増すのを見ては思い出す。「流したあの日のこと」を。今日当たり、同じように思い出を濁流に消し去る人もいるはず。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

山の向こうに幸はあるのか

来週に、仕事関係の資格試験を受ける予定。もうかれこれ3回落ちてます。坂道を登り始めたけど、なかなか頂上にたどり着けず、何度も足をついてる気分。引き返したい気持ちを辛うじて堪えてる気分。昨晩ようやくギアを一段シフトアップしただけの気分。週明けまで登り続けられるか不安な気分。

自転車:夕方から豪雨の予報なんで、往路8km。帰りはマッハのスピードで濡れる予定。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/09/05

エリーゼのために

「エリーゼの為にも痩せなさい」

(もしご本人がこれを読んでたらゴメンな)
クラブランの集合場所に行くと、ロータス・エリーゼが止めてあった。その駐車の仕方まで、車が一番カッチョよく見えるような置き方で。いったいどんな男前が乗ってるのや?と興味が最高潮に達した時、ドライバーが”グリコのカフェラッテ”をチューチューしながらコンビニから現れた。夢を壊すなと言いたい。年齢は見かけ30代後半、たるんだ腹に覇気の少ない目が弱弱しい。自力で六甲登らせたら、多分半日以上かかるやろな。

自転車、とくにロードレーサーに乗るのは、ごっつカッチョええ乗り物と思うから乗ってるんや。かっちょええ乗り物に乗るには、自分もかっちょええ方がナイスやし。自分の場合は見掛け倒しもあるんで、好きな酒をちょっと辛抱したりの小細工をしてる。でも自転車に乗るという行為自体カッチョええんで、肥えてようが痩せてようが、全てのサイクリストの心意気そのものはカッチョええ。

スポーツカーに乗るなら、せめて気合だけでも「スポーツ魂」を抱えとくべきやろ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

六甲山の日

日曜日のクラブランは六甲山の日になった。長く辛い登りなんで気乗りはしなかったけど、たまには「男」を見せとかんとアカンので。逆瀬川の駅前で、このブログにコメントを頂き始めた”パチョレックさん”と合流させてもろた。珍しい源氏名なんで、もしかしらたハーフかな?もっと突っ込んでニューハーフかも?ハードゲイやったらレザーのレーパン着用か?と胸の鼓動が高まる。
実物は、若く、男前で、典型的なクライマー。実際もテンポ良く登って姿を拝ませてもろた。
山頂は涼しく快適。乗鞍とどっちがしんどいかと言うと、ずばり「六甲」やろ。39×25だと回せない局面が何度もあった。山頂付近まで景色が開けないのも辛さを倍増させる。正直にタイムを書くと、54分を僅かに切った程度。ふくがわダム(沖縄)の登りがますます不安になるな。帰りは国道43号線でエイホエイホ進むだけ。途中甲子園球場の横を通過する道がオーバーブリッジになってるけど、意地で速度を固定する。当然頭の中は金本の応援歌で充満させる。「それ行けチャンスだ金本~ 燃えろ金本(以下リピート)~!」自分は金本ちゃいますけど、この場面では金本しかあるまい。武庫川を越えるときも金本で行った。最後の神崎川も金本。力がなくなって急に弱気になたったら井川の顔が浮かんだ(やっぱりな、、、)。

せっかく六甲山行ったのに、「六甲おろし」を歌いわすれたのが一生の不覚だぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

生中、餃子、ラーメンの日

土曜日の晩飯の件です。ローラー家内が仕事の合間にラーメン屋探訪をしているらしいので、「最近のお勧め」へ連れていってもろた。流行の「醤油豚骨スープ」を前面に押し出した店。これに小豆島特産の醤油をブレンドしてるらしい。ラーメンを待つ間、「キムチ・メンマ獲り放題」に負けて暴食。メインのラーメンが来るまでに、すっかり口の中がキムチに占拠されてしまい、ラーメンのまともな評価が出来ずじまい。

オーダー:醤油ラーメン、餃子、生中×2翌日の六甲ヒルクライム向けジェット燃料とする予定だった。

よくある光景だけど、隣に座ったカップルが、バカスカ煙草吸ってたのが気に入らん。匂いが他人を不幸にするという事くらい、判らんのかな。こいつらがラーメン食いはじめたら、真横でCRC556をバンバン使って、自転車の整備をお見舞いしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/04

一期一会とちゃいまっせ

DSCN0918
写真を載せてしまったんで、まずこれの事からいこか。前回は購入後60分で故障->修理に出したヤツ。戻ってきたのはええけど、修理伝票には「レシーバ交換」と書いてある。曖昧な日本語に腹立つな。つまり「全部おかしかった」と正直に書けばええのにな。ちょっと男気に欠ける対応やぞ。
しかしタイヤ周長の設定が危うかった。ちょっともがいても50km/hとか表示されて有頂天になったわ。疑惑を持って、以前使ってたメーターと二つ装備で実証したけど、やっぱり基本設定がおかしかった。自分にそんな高速が出せるわけが無い。危うく天狗になるとこやったぞ。自分の力の無さに惚れ直した瞬間。

ほんで、このメーターやけど一言でいうなら「お節介」。オートスタート・ストップは当然兼ね備えてるけど、凄いのは、信号で止まる度に(つまり速度がゼロになる度に)、画面が「一時停止」モードになって、それまでの平均速度とか、平均心拍とか、平均回転数とかを順次表示しよる。フィンランド製のこのメーター。口うるさい「小姑」っぽい。フィンランドにも小姑がおるのか?さらに、毎晩日付が変わると同時に、前日の計測データがクリアされるシステム。そして、週が変わると、その週のデータがクリアされる。もちろんメモリには残ってるけどな。不精もんには嬉しい機能やけど、マメな人間にはどう映るやろか。
ちなみに、自分は心拍乳バンドをしない。自分レベルだと、そんなもん使わんでも、心霊か、気合で心拍数を送信することが出来るからな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

一期一会じゃないからね

DSCN0920


ごっつ幸せな週末やったわ。自転車とパソコンをやっててつくづく良かったと思う。土曜日から行こか。シルベストの朝練に行ってみようと思い立った。集合場所に行ってみたら、ザット24,5人の人が集ってたな。まぁ市内を抜けてここまで単独で走ってきたんで、危ない目には逢わなかったけど、やっぱりちょっと人数多目かとも思う。自分に出来ることは、皆の安全祈願だけや。箕面駅前から山荘までの区間、適当に足の会う人を目標に淡々と登った。前の方ではものすごい勢いで飛んで行く人もいて、皆楽しそうなオーラがプンプンしてる。そこからさらに次の分岐までヨーイドン形式。箕面の滝上あたりからペースが上がりだし、それにあわせて踏んだら先頭に出てしまった。残りの距離を考えると多分垂れるのが分かるので、あとは一定淡々。ゴール地点で、約10年以上ぶりに「施君(今の姓は布施君。帰化したのか?)」と喋った。実業団時代のジャージを着て行ったのだけど、覚えててくれたのがちょっとこそばい。次の区間も終始、施君と並走し、昔の話をした。話前後するけど、赤いファーストコッピを駆る人がいて、ピン!ときたのよ。以前から共感できる内容だなと気になっていたブログの方やったわ。思い切って話しかけて、ほんまに良かった。ブログとかホームページとかの出会いは、ひとまず「バーチャルな世界」やけど、自転車を使っての出会いは「リアル」そのもの。しかもお互いの激しい息遣いをまじかで聞くスポーツなんだから、初対面でも強烈に親近感が沸くぞ。「しんどい時間を共有してる」からな。
優しい目をした人やったわ。ぜひまた一緒に走ったってください。

(日曜日練終わって、家で飲んだ数々。”飲むなら走れ”は今後のニッポンの常識になるはず)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/09/02

DSCN0912


「怖い怖い夜の勝尾寺」の反響の凄さに腰が引けてます。でも安心してほしい。「もう行きません」ので。一回キリの企画物だったわけではないけど、やっぱり日没後に山まで往復する道中は、危険すぎる。”無事是名馬”の言葉があるように、駄馬でも怪我無くすごせば名馬に近づくと思いたい。安全太郎の安否だけが気がかりや。

自転車:通勤往復16km 危うくローラー家内の誕生日を忘れるとこやった。危なかった。ほんま危なかった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

呑むなら乗れ

DSCN0908


「呑むなら乗れ、乗ったら呑め」。昨日考えたオリジナル標語。みんな普及頼みます。

昨夜の酒量:500ml×1(コンビニで)、350ml×1と焼酎水割り×3(自宅で)
自転車:通勤往復+舞洲クルクル+夜の”怖い怖い勝尾寺”=90km

禁酒の日やったけど、残暑が厳しかったんでどうしても呑まずにはおれんかった。それなら走るしかない。走れば自分に言い訳が立つしな。舞洲行った後で足もけっこうダルかったけど、勝尾寺を目指した。国道176号線を山方面にひた走り、浜村 淳の家の前を通って最短距離で麓に着いた。でもホンマに、夜は危ないな。車にはねられる確立、地面の異物に気づかない確立、綺麗なおねいちゃんを見逃す確立、全て増大。箕面ドライブウェイを山荘まで登る途中、だれか立っとる!こんな夜更けに腕ぶらぶらさして。遠めに見て、工事のおっさんとわかった。近づいて始めて判ったけど「安全太郎」君やないか。おどかすなや。しかも通常手に持ってる赤色ランプの玉が切れてる。
でも、お互い孤独な者同士、通じ合うものを感じた。俺はこれで帰るけど、太郎君は明日もあさっても、腕をぶらぶら振り続けるのか。でも、電球切れてるから、人の安全を心配する前に、自分の安全を確保しなさい太郎君。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2005/09/01

トラックバックおおきに

このブログの左側にトラックバック欄あります。昨日何気なくながめたら「コスチュームで彼氏をたたす!」というのがありました。「ありがとうございます。感激です。」乗鞍で20分を切れなかった屁たれな自分に渇を入れてくださったのでしょう。どこのどなたかは存じませんが、「ありがとうございます」。恩にむくいる為にも、隅から~隅まで拝見させていただきましたが、今のところ自分のレーパン・ジャージのコスプレ活動だけで手一杯です。ナース、メイド、スッチーのコスプレでは、源河の登りは無理だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

平日はここ

昨晩布団に入って決心した。沖縄までの平日練は、舞洲以外にも外を走ろうと。過去一番走れてた時の様に、やっぱり”夜の勝尾寺詣で”しかあるまい。野犬、野猿はあたりまえ。オカマ、ヤクザの商談、シンナー吸いながら飛ばして来るオートバイ、魑魅魍魎その他色々な出会いがあるけれど、強くなるにはここしかない。不思議と、TTやったりもがき倒したという記憶は無い。タダタダ、コツコツ地味に毎日往復約50km、ライトを点けて走った。
今度の日曜は、宝塚・逆瀬川から六甲頂上を目指す予定。途中のペースはあくまで「一定」を課す。小銭が落ちてても立ち止まらずに強い意志で行く。

自転車:夜の舞洲クルクル30km ひっさしぶりにマッハの速度で

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »