« 王滝は幻となって消えた | トップページ | トンネルを抜けると »

2005/08/07

丸岡グリーンロードレースのこと

今シーズン初めて出たマスドレースの事を、忘れんうちに書いとこか。土曜日の午前10:30に大阪市内出発。途中夏休み序盤の渋滞を経て、現地着が15:00ごろ。にわか雨の中試走にでたけど、実はこの時が自分のピークだったみたい。そこそこ調子が良く、内心ホクホクだったな。あとは受付して、この日の宿に移動。ここで声を大にして言うとくけど「福井・ワシントンホテルは、自転車レースには絶対向かない」ということ。専用駐車場を持っていないので、隣接する市営駐車場に入れることになる。これが「午前7:30以降」でないと出庫できない。実業団BR-1,2,3に出る者にとっては、現地に午前5:30ごろには到着してアップしたいだろうに、この時間ではDNS決定となるぞ。駐車場の係員に聞くと「福井の人間は、夜は8:30以降外出しない。あさも、7:30以降でないと家を出ない」と真顔でいう始末。ホテルは¥5000(素泊まり)と安く、しかも清潔。LANケーブルもあった。でも、駐車場が使えないというのは致命傷や(自転車にとって)。結局、チームメイトで実業団に出る者は、一人自走で会場に向かっていった。ちなみにホテルマンや駐車場係りのおっさんが口をそろえて言うには「祭りの開催されない普段は、路上駐車をお勧めします」という。大阪の、おそらく検挙率NO.1の違反である路上駐車を市民一体となって推奨していることに、ごっついショックを受けた。羨ましすぎるぜ、福井県。

ともかくチェックインを済ませた我々一行は、晩飯の為の飲み屋を探して街に出た。けれど、歩けど歩けどそういう店が「無い」。福井市民は飲まんのか???そんな事でええのか?酔っ払いには厳しい街ということか?最終的にはチェーン展開の居酒屋に落ち着いた。でも、ブログで知り合えたjaja51のあにきと会えたので、許したる。jaja51あにきは青春時代を長らく大阪で過ごしたそうで、確かにテイストは激しく感じましたよ。山口県から700kmの道のりを移動されたと聞いただけで、「男気」は感じました。

翌朝、荷物だけでも車に積み込みたかったけど、駐車場への通路はすべて堅牢なドアで遮断されてた。アリ一匹通す訳にはいかんという、市の厳しいお達しなのだろう。「厳し過ぎんぞ、福井市!!!」
maru1


ホテルの窓から見た、午前5:00の福井。祭りの後の浴衣ガールが歩いてた。徹夜かな。

以前ここで「レース感謝の意を込めて、現地での暴飲暴食」を誓ったけど、簡素化(?)なのか屋台や交流の為の模擬店が無かった。さみしいけれど仕方あるまい。下の写真は今回の参加賞である「ワンショルダーバック」。事務局に直接感想を述べるべきやろうけど、ここで一言。「レースを再開してくれただけで十分にありがたいので、こういう気遣いは無用や。これの仕入れ値がナンボかかったか知らんけど、その費用があるなら、コースマーシャルやレース開催にかかわってくださったボランティアの人たちに、どうか還元したってください」と。
maru2


ほな肝心のレースの話、行っとこか。
参加者数約72名は、ベストバランスやった。非常に安全な人数と感じたな。最後尾付近に並んだら、目の前にKONAアニキや、泥川アニキの姿がある。目の前に緑色のシクロクロス車に乗った人がいたので、ちょっと気になった。フロントギアを眺めると、どうやら46×34っぽい。よっぽど回転力に自信持ってる人かいな?とこの時は不思議やったけど、現地の特派員速報を知ってビツクリ

「エンジン、男気、感謝」の三拍子な人が現実におったのだわ。

スタート後は本当に最後尾で知り合い(オゲレツ大百科・すずきちさん)としゃべりながら比較的ノンビリと進んだ。特に速くも遅くも感じず、自分の調子もまだ分からん。スノーシェード付近でも切れる人がいない。さすがチャンピョンクラスと関心してたら、いよいよ登り開始。前の前にはjaja51アニキと泥川アニキ。右にはKONAアニキと、アニキぞろい。ふらつくアニキも、罵声アニキもいない。ここで体調の異変に気づいたのだけど、異常に喉が渇いて、あくびが出る。肩がこる。自分で自覚する軽度な熱中症の感じ。もう頂上トンネルの入り口が見えてるのに、足が完全に止まったわ。まだ一周の半分やろ!?しっかり踏め->ワシ!


|

« 王滝は幻となって消えた | トップページ | トンネルを抜けると »

コメント

丸岡お疲れ様でした。で肝心のレースはいかがでしたか?

投稿: デブレーサー | 2005/08/07 22:43

ロラオ兄貴が最初から疲れ加減だったのはそういうわけだったのか。
それならば一緒に瀬名高原でバーベキューし他方が良かったぜ。
私は瀬名高原を5時前にでて、6時半丸岡着。たいしたリザルトじゃなかったけれど、今年一番の走りでした。jaja兄には1秒差で負けたぜ。

投稿: kona | 2005/08/07 22:44

ローラーキング様 おはようございます。
丸岡ロード、お疲れ様でした。
土曜日は肝トレにも参加させて頂きありがとうございました。
成績はともかく充実した遠征となり大変満足しております。
沖縄にむけてさらに精進したいと思います。

>>jaja兄には1秒差で負けたぜ。
げっ!! 危うく刺されるとこだったんですね・・・
トンネル後は2人でローテーションだったんですが
2人ともかなり失速しておりました(泣)

投稿: jaja51 | 2005/08/08 09:58

●デブレーサーさん、丸岡の顛末はご覧の通り。自分が本当の意味で「レースできる」のはいつなんだろう、、、。この点ではちょっとへこんでます(泣)。
●kona,jaja51御両名、お疲れ様でした。
二人に少しでも近づけるように、がんばる所存だぜ!このままでは、源河までたどり着けないぜ。焦るぜ!

投稿: ロ・おとこ | 2005/08/08 10:22

丸岡遠征お疲れ様でした。
福井での宿泊は、ちょっと高いですが、「apaホテル」がオススメです。2年前に泊まりましたが良かったですよ。駐車場の問題なし。夕食は並びのお好み焼き屋で。って、今更言っても遅いですが、来年以降の参考にしてください。

投稿: 私が社長です(笑) | 2005/08/08 10:59

●apa社長情報おおきに!電車の吊広告の社長の写真、いつも強烈ですね(笑)。

投稿: ロ・おとこ | 2005/08/08 11:08

繊維は丸岡の主要産業なので、繊維製品の参加賞はなくなることはないでしょう。
APAは準地元ですな。

投稿: 泥山田 | 2005/08/08 12:10

高橋兄貴さん、同宿やったみたいでビックリ。
気がつかんかった。福井ワシントンホテル。僕は楽天から申し込んだけど。
福井の町はお祭りで大変で、おねえちゃんがたの美しい姿に、目が奪われたのだ。
手はとか3本目の足は動いてないけどね。

投稿: 北村 | 2005/08/08 22:31

●北村さん、おはようございます。
祭りの夜は、なんと女性が美しいのでありましょう。同感です!
また是非どこかのイベントで、北村アニキとお会いできますように。

投稿: ロ・おとこ | 2005/08/09 09:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58314/5354081

この記事へのトラックバック一覧です: 丸岡グリーンロードレースのこと:

« 王滝は幻となって消えた | トップページ | トンネルを抜けると »