« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/30

REGO

出張から戻ると、ビール飲んでご機嫌さんのローラー家内と、家庭内技術交流会。こっちはセミナーの内容とか最近のプロマネや商談の動向なんかを。対するローラー家内は職場のワーキンググループでロボットをやっとるらしい話。これは面白そうや。REGOを使って本体作ってるというので、おそらくマインドスームかな。今回のロボカップ(ロボットの試合)は、ハード本体ではなくソフト部門の勝負らしい。状況はと聞くと「水前寺清子さんの歌状態」。前進より後ずさりを重視しているのか、、、。言語はJAVAで行くいうてた。
自転車関連の物欲は今のところ無いけど、REGOはちょっと熱いものがこみ上げてきそうな予感。カリンバより欲しいもんが急浮上で困る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カレーの旅をしたい

期待していなかっただけに、昨日のセミナーの内容はココロを打たれた。業務だけでなく、いろいろな事をなすべき時の心構えとして覚えておきたい。
帰りのJR品川駅で晩飯を食いそびれた。駅構内に何店舗か候補を見つけたけど、とうとう入れずじまい。その中でも「黒豚ひれ黒カレー850円」という看板には相当迷った。あとでローラー家内に聞くと、かなり美味いらしい。彼女も実は”黄レンジャー”の一人。カシミール地方でテロにおびえながら食べ歩きもエエけど、命の心配が少ない国内で、カレーの旅をしてみたいな。週末は、ひさしぶりにナンを作って焼くぜ(予定)。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/06/29

おでかけ

DSCN0726これから蒲田の事業所に出張します。教育受講の日帰りなんで、東の友と盛り上がれなくてつまらんのですが。

昨夜の舞洲は、他チームの人を含めると9人も参集しており、ちょっとビックリしましたわ。この盛上がりはとてもワクワクするけど、関東の大井埠頭のようにならないよう、今後も気をつけたい。不謹慎かもしれんけど、皆で夜の練を終えたあと、その場でビールをぐびぐびしながらウダウダできれば、最高やろな。

自転車:きのうは通勤往復+夜の舞洲くるくるで50km

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/06/28

エレベーター

DSCN0720
会社の。自分ひとりだったので撮った。

自宅のノートPCがピンチ。起動後約10分でお亡くなりになる。今夜はOS(Win2000)再インストールの予定。
昨日のつづき。”熱いおとこ”からは何のおとがめも無かった。全日本の帰りに、新幹線の中から暇つぶしに電話したということらしい。プロ選手の暇つぶしに使われると、訳も無く足に乳酸が溜まる気がする。レースの展開や選手の胸中なんかは、来月発売の雑誌に載るやろうから、省略しときます。
話の中でひとつ勉強になったのは、「マイペースが一番強い」ということ。今回の彼の最後のアタックも、マイペース+α(ちょっと余力を残して)で行ったら、回りがどんどん落ちて行ったということらしい。マイペース=ギリギリ無理してない速さと表現するのかな?

これは難しいな。

自転車:通勤往復20km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/27

6月26日

クラブチーム練の日。市内自宅を出て池田市~R423金石橋まで。スタート直後の信号に引っかかってしまったけど、この不幸を利用して”前を追う”練習の開始。一人ではちょっと辛かったな。足の合う人同士3,4人で一塊になったグループが数百メートル間隔で先行しており、それぞれにブリッジを掛けながら上がっていく寸法。この道、勾配は緩いけどそれでも相当足に来る。後乗り、ブラケットを持って前傾、ギア重め。
金石橋~妙見山頂まで。ギア軽め(25T)で前乗り(ぎみ)。回転速め(ぎみ)。上体起し(ぎみ)。秘策として”半眼”を使う。これは長い登りで気持ちが切れないように、自分で「薄いトリップ状態」を生成するため。半眼にすると自分の場合、余分な力が抜けてリラックスできる。4mほど先の焼けた地面のツブツブだけをぼんやり見つめる。斜度が緩くなってもギアそのままで回転数だけ上げていく。トップが視界に入ってもギアを我慢して、ひたすら回す。山頂バス停横の便所内には、大きな水道があるので、頭から水をかぶることが出来ます。
頂上~野間(下り)。道荒れまくり。ここは救急車到着まで40分以上かかる場所なんで、慎重に下るだけ。
R477を堀越峠下まで。途中「秋鹿」の酒蔵横を通過。冷酒美味いんやろな、、、。逢坂峠の登りは一定で始めて、前が見えたら追う練習。追い抜くときは、反応されなように一気に上げる練習。苦しいけれどポーカーフェイスで行く。
一庫ダム沿い(智名湖)の道で4人が抜け出し追う。アップダウン&コーナリングの練習。
先週の練が登りまくりできつすぎたので、今回は平和だったかな。それと、今日からボトルの中身は水だけに変更。スポーツドリンクでは被れないからな。

夜、風呂に入っている間にニッポの”熱いおとこ”からケータイに着信履歴があった。全日本で5位という成績で不満爆発、「Tさんのせいで優勝できませんでした。どうしてくれるんですか!?」という内容やったらどうしようと、今もビクビクしてる。掛けなおすのが怖い。思い当たるフシは無いけど、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月25日

日帰りで、鳥取県の境港往復。高速バスとJR境線を使って片道約5時間。お袋が入院したんで見舞いや。実際の滞在は1時間強だったけど。病室に持ち込んでるPCのPHSカードが動かんと漏らしていたので、それの再設定が主目的。メールやWeb閲覧を始めてから、どっぷり漬かってるかんじ。もともとTVをあまり見ない人なんやけど、PCを使っての双方向のやり取りが楽しいらしい。お袋の場合、まだ自分で車を運転して自由に移動できるけど、田舎の高齢者ほどインターネットを使えれば便利だろなと強く思う。けれど、年金でつつましくやってる人が少なくない現状で、インフラの利用料はまだまだ高額という感じは否めないな。

今回の道中、全日本選手権観戦中の泥山田レスラーより、現場からの電話によるライブ中継をいただき、退屈せずにすんだ。携帯電話のビジネスモデルが潜んでいるような気がするけど、発掘は容易ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月24日

DSCN0721
帰宅途中、久しぶりにひろさんと遭遇。淀川を通勤に使っておられる”ツーキニスト”はまだまだ沢山いる筈。今後もこうした出会いががあればいいな。そのためにも、企業は自転車通勤をもっと理解したってほしい。少なくとも環境ISOって、こうした通勤活動も組み込むベキではなかろうかと勝手に思てます。

DSCN0723
ひろさんと分かれたあと、緩やかな向かい風の中を家路へ。来た道を振り返るといつもの堤防の景色が、長く延びてる。明日も、明後日もその次もその次も、ずっとずっと、この平凡な景色が続けばええな。


自転車:通勤往復20km

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/24

一年間、白ジャージ着用か

明日決まるな。順番でゆうたら、今年はシマノがタイトルを奪還する番かな。”全日本選手権”という名前の冠に、凄く憧れたなぁ。最近はまったく疎いので良くわからんのだけど、ステイタスとしては”全日本実業団選手権”よりも上やと思う。自分には縁の無い場所やったわ。東西対抗(西日本実業団選手権)でギリギリ完走、で浮かれてた時が懐かしいわ。勘違いというのは恐ろしい。当時の自分は、なんと恥ずかしい事をしていたんやろね。

昨年のこの試合は、今も鮮明に思い出す。とくに「オリンピック選考会」も兼ねてたから、観戦してるこっちも強力にドッキドキしたな。しかしマニアの性か、序盤は展開そっちのけで、選手のギアやペダルの回転数・使用している車輪やタイヤばかりに着目してしまった。判ったことは「特別な物は、何も使って無い」こと。巷に溢れている軽量物なんか殆ど見なかった。やはり自転車は「エンジンと男気」で勝負するもんとわかった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

友達ふえた

昨晩は、yasuさんという方と舞洲をクルクルしてきた。ネット上で自転車の熱さを語るのもとても楽しいけれど、やっぱり生のご本人にお会いするのは格別やな。ご近所ということも判明したので、これからもチョイチョイお会いできると思いますけど、どうかよろしくお願いしますわ。

練習内容について。
39×18~17あたりのギアで、回しまくる日。緩やかな下りでは160回転前後で我慢する。お尻が跳ねだしたらフォームが崩れ始める証拠なんで、緩める。堺クリテチャンプのKは、最高210回転まで回せるらしい。その筋の日本代表も口を揃えて言うとったな「最終目的は、重いギアを高速で回すこと」やと。どちらが先かは人それぞれやけど、重いギアをゆっくり回すダケやったら、近所の酒屋のおっさんが毎日配達でやっとるしな。

自転車:通勤往復+舞洲クルクルで55km

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/06/23

旨いモナカ

06_0530ロッテの「旨みモナカ」を食った。表面に岩塩が振ってあって、甘いような辛いような微妙な旨さで、自分は好きな味。

夕方にマンション管理室の電話を借りたらしい、ローラー小娘から連絡があった。鍵を忘れたので入れんという訳。二日酔いの生き物は客先なんで、自分が早退するしか手が無かった。同様の事件がこれで3回目。流石に小娘も落ち込んだ様子。こっちは一切叱ったりせんことにしてる。自分の愚かさ、迷惑をかけた人の数、それらが頭の中をぐるんぐるん回って、首からうなだれとったら、それでもう十分やろ。自分が子どもの頃、同様の失敗を繰り返したけど、親に「叱られること」を一番先に恐れるあまり、嘘をついたり、適当にごまかしたりする行動に出てしまった。
しかし、自転車が納車とかいう日はルンルンで年休を取得する癖に、こういう事情で早退して不機嫌になる自分は、全く人間が未熟やな。嫌になる。余った時間で練習しよかと思わんでも無かったけど、流石に自粛した。”さぼり”か”自粛”か、厳密には線引きが難しいのでここでは曖昧に書いとく。

自転車:通勤往復20km

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/06/22

葉隠れ

三島由紀夫のファンでは無いので、念のため。
うっとおしい天気や。スカットしたいので朝っぱらから隆 慶一郎の「死ぬことと見つけたり」を読んだ。剣豪小説は楽しいなぁ。梅雨空を吹き飛ばす気分になる。賞与が出たら(年々額減ってるけど)刀でも買うか。

昨日は退社後、舞洲へ。あろうことか足元は「ビーサン」履いて。車種は一応ロード。ビーチサンダルにLOOKペダルは足の裏がこそばかった。1周で雨降ってきたんで帰宅。そして野田阪神でいつもの”角打ち”。時間を合わせて、塾を終えたローラー小娘を迎えに駅へ。物騒な世の中やからな。帰宅後、洗濯干し終えて朝飯の下ごしらえ。酒飲みながら本読んでたら酔っ払いが帰って来た。ワキ毛チェックしたら、まだボ~ボ~になってなかったんで、髭剃り機の実力を確信した。

今朝は、何をたずねても「ウ~、、、」としか言わん二日酔いの生き物を自宅に残して、ローラー小娘と出勤・登校を果たしたぜ。

自転車:通勤往復+舞洲散歩で35km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/21

ウエムラと上村は違います

大阪で”うえむら”といえば上村塗装の事を言います。ナカガワを始めとする、近畿一円のみならず、全国各地の主要フレームビルダーの塗装を一手に引き受けている塗装屋さん。京阪沿線関目にあります。
紛らわしいので”ウエムラ”のことを「ウエパー」「ユー村」「ウー村」などと言います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夫婦愛

pt_img_3脛毛を剃る時ローラー家内のカミソリが重宝する。歯の隙間が男もんより大きく取ってあるので、目詰まりしにくい。
今朝のこと。ローラー家内が「寝坊したのにワキ毛ボ~ボ~や!」と朝から騒いどった。彼女のカミソリをいつも内緒で借りてるお礼に、髭剃り用の電気シェーバーを貸したった。髭が剃れるんやから、ワキ毛なんか朝飯前で、バンバン行きよった。
今頃、ボ~ボ~のワキ毛を電気髭剃りで剃った女は、何食わぬ顔して、ユーザー先で提案資料のプレゼンやっとる筈。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/06/20

暑いのでますます腹立つ

はよ家に帰ってパンツ一丁になってビール飲みたいやんけクソ!

土曜日の朝練後、U村パーツへ諜報活動に行ってきた。店舗裏が既に更地に近かった。はは~ん、ここをブチ抜いて「4倍エリア」を確保やな。客は怒られてなかったけど、店長がおばはんにボロクソ言われてた。ま、ちょいちょい目にする光景なんで、驚きもせんかったけど。それにしても店長、おばはんからの圧力で、ますます小さなってるぞ。中身の人間は同じなんで、こんなとこで「ボイルの法則」か?
それ以外は、どうも2,3分ほど前に大口商談がまとまったようで、おばはんすこぶる機嫌がエエ。今月の”池袋で大暴れ”も間違いなしに大成功を収めるやろ。何年後かには会場が手狭になって「ユー村パーツ・4大ドームツアー」とかやるんか?

自転車:通勤往復20km(の予定。あまりの疲労の為、信号の色が変に見える。)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

クールビズ辞めたい

事務所の温度計、30度あった。汗でパンツが尻に張り付いて気持ちわるい。はやくこの政策下火になってくれ、たのむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱水症状になりました

昨日の練は「登りまくる日(自分比)」と決めた。

第1ステージ:スタートは池田市の五月山から。何べん登っても嫌な登りや。”苦手な関西の登り100選”には当然上位ランキング中。殆どを39×25、23で行ったな。ゴルフ場を過ぎてから、やっと19、18の出番やけど全く不本意なスピード感に泣いた。

第2ステージ:箕面ダム~勝尾寺経由で通称”動物園峠”。頂上に移動動物園があることから、仲間内でこう読んでます。少し手前の平坦部分でチームメイトが駆けたので、アウターにいれて合わせ、そのままピーク手前で指す。でも、指した瞬間が臨界点だったのでアカンな。下り始めるまで踏めないとレースでは徒労に終わるぞ。

第3ステージ:銭原。名前の由来が興味深い場所や。”小銭原””大銭原”いったいどっちやろ?39×19で坦々と踏むのが気持ちエエ登り。きつくもなく緩くもなく。棚田にそよぐ風がごっつ気持ちのええ登りです。追い込まないように且つ果て無いようにサジ加減をして登頂。

第4ステージ:R423におりて堀越峠。五月山と動物園でもがいたツケが噴出した。右ひざの上内側が攣りだした。これは、、、!平良~慶佐次(TD沖縄)までに起こった現象と全く同じや!ということはあと4ケ月少々でやるべき課題の一つを認識したな。漠然と登りが弱いから登りを強化、、、だけでは自分の場合、ダメや。

第5ステージ:R477をまたいで逢坂峠。前方で4人がペースをあげてるのが見えた。追わないと手遅れになるんで困った。しかも足攣りは完全に回復してない。回復してなくとも行くしかない。ここで行かんと今年も源河の関門でシークヮーサージュースを苦渋といっしょに飲むハメになる(TD沖縄)。体の裏側筋肉の動員率を上げる。方法は「尻、もも裏、尻、もも裏」と口のなかでブツブツ呟くだけ。口->脳->筋肉と情報を伝える。真似事だけでもココロがけたい。実際には脳で途切れるけど、、、。

下りきったとこにある「ヤマザキ」はエエ店であることが分かった。隣の建物が法事や宴会の仕出屋で、経営者が同じらしい。注文してから作るヒヤシうどんや、暖かいお握りが食べられる。もちろんカップラーメンのお湯もくれるし。久しぶりに応援したいコンビニを見つけたんで、みなよかったら立ち寄って欲しい。

第6ステージ:名月峠。ここはピークをとりたかったけど、カップラーメンが遡上しかけて、ペダリングどころでは無かった。

第7ステージ:最後は野間峠。足はまだ少し残ってるが、どうも「シンドイ」。走りながら身体チェックをすると、腕が相当にだるくなってる。明らかに腕のトレーニング不足。背筋は異常なし。腹筋はやや攣りギミ。発汗は、、、ヤバ!腕からの汗が止まってる。首筋に手を当てると、まだそんなに体温上がってない。気力で上りきったけど、この状況は練習にはなってない。この峠のシンドさがトラウマになってしまうだけやな。下りきって、手遅れやけどコーラ飲んで市内自宅を目指した。生ビールの大を一気行きたかったけど、鉄の意志で我慢したぜ。熱い麦茶をがぶ飲みで男の面目躍如や。

課題は山積しとるな。上腕のこの部分、腹筋のこの部分、足のここ。屁タレポイントが絞れてきたんで、ここはひとつ対策本部を設置するひつようがある。あんまりしんどかったんで、昨日の家事労働はパスさしてもろた。遊びほうけてスマン、ローラー家内。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

6月18日

目が覚めた時点ですでに7時。早起きできればシルベストの朝練に行ってみよかと企んでたけど、無理やった。本音の部分は、よく知らない集まりへの出稽古が少し億劫なんかもしれん。人見知りするタイプじゃないけどな。いくら早朝といっても20名、ときには30名以上の大盛況集団での練は、ちょっと気後れしてしまう。なんぼ「たかが自転車」といえど、数が与える脅威というのは、それに陶酔(自分も含めて)している側にとっては、判り辛いもんやね。「自分はぼーそー族では断固ありません」と毅然とした態度で巨大ハーレーダビットソンに打ち跨る集団を時々見るけど、あの連中だって相当に音ウルサイし、そろいのポリス制服や皮ジャンは結構エグイぞ。悪の集団にならんように、今後も気をつけたい部分やな。

一人で箕面駅前から登ることにした。前方にローディーが3人。ロゼ・チッタ?とかいう兵庫県伊丹方面のチームの人。足みたら、かなり乗込んでる。おしゃべりしておられたので、挨拶して抜く。ビジターセンターから才ケ原林道を抜けて帰宅。

自転車:50km 湿度高いな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/17

4倍

ユー村パーツのサイトで、また恐ろしいもんを見つけた。
今年の年末に「売り場面積が4倍」になるらしい。この前もビックリこいたばっかりやのにな。4倍ということは、当然おばはんの目が行き届かん筈やからな。あのおばはんの事や、ドーベルマンでも店内に放ちかねん。怖い顔した犬とおばはんの警備をかいくぐってパーツを探すんかと思うと、気が重い。それと、店舗拡張のために奴隷も募集してるみたいやから、おばはんのシモベになりたい人はチャンスや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リミッターの外し方(2)

500kmおとこさん(←2005年2月5日の日記参照)、やはり我々庶民の味方や。さっそく答えてもろたんで、かいつまんで記載しとく。

●長い登りは、まわりに惑わされることなく、一定ペースの方が速い。けれど、自分の強度でいくと知らぬ間に甘えてしまっていることがある。「全力の二歩手前」という微妙なサジ加減を習得したいものやな。

●安全弁の外し方(氏はあえてリミッターと言わずに”安全弁”という表現をされる。美しい!実に美し過ぎる日本語やな。今後は”安全弁”で行きたい。)は、自分の意思で自在にコントールするのは非情に難しいらしい。氏曰く「今日は調子が悪いと思って練習してたら、なめた運転の車に出会い、その途端安全弁が”カパッ”と開く」とのこと。やはり人間「怒ること」が弁を開ける源になるそうやな。ラインをふらつく無礼モン選手が付近におったら、案外チャンスかもしれんぞ。

●ヒルクライム前夜の飲酒は、二日酔いにならなければ問題無い。
これも以前書いたとおりのお言葉を頂戴した。オリンピック選考会前夜も大瓶2本+αで14位という成績は、説得力抜群で嬉しい。

自転車:昨日は腰痛悪化で、(自分比)大金出して
”真面目な方の”タイ式マッサージ”へ。
     夕方、もみ返しの腰をさすりながら舞洲だらだら30km

     今日は、通勤往復20kmの予定。腰不調のまま。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/16

友きたる

DSCN0717
JR大阪駅近くにある新梅田食堂街。二件目としてこの中にある”ニッカウヰスキー専門”の店で立ち飲んだぜ。ニッカウヰスキーというと、髭のおっさんの酒というイメージしかなかったけど、ゴールドやらシルバーやらグレードがあるとは知らんかったな。あなどりがたし、ニッカ。足元は落花生のカラが蓄積されてフカフカする。食っては落とすの繰り返しは、酔った頭に心地エエね。
レース会場で自転車友達に会うと、その日の走りやパーツに話題が集中するし、衣装もジャージなんで、軽い興奮状態にあるな。自分も自転車選手の一人、相手もそう。ところが街中とかの”ごく普通の風景や空間”で出会うと、もちろん衣装はスーツや普段着。応援の歓声や落車の音も響いてない。すると話題は常に自転車中心なんだけど、会話の中から、その人自身やその人の自転車を取り巻く仕事や家庭での像がおぼろげながら浮かび上がってきて、ますますその人が好きになるぜ。

自転車を話題の中心に据えて、いろいろなことをウダリウダリ話すのは、本当に楽しいな。レース会場でも、それ以外の場所でもドシドシそういう活動を展開していきたいぞ。

(今回のバー近辺には、ワインやスピリッツ専門の「角打ち」もあるんで、是非又行きましょうKさん!)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/06/15

得意を伸ばすべし

M(31歳)君、登り苦手意識がある。パワーがあるんでほんまは行ける筈やねんけどな。その代わり、高速でコーナーを曲がるときも上手にペダリングするものやから、足を止めてコーナリングする自分との差、脱出時には3m前後差が付いてる。随分前の事になるけど、丸岡・実業団ロードの同じ集団に、当時アマチュアで平地最強だったチチヤスの塩原選手がいた。偉大な人が自分と同じ位置にいるのが不思議でしょうが無かったわ。トンネルまでの登りで彼は「まって~、まって~!」と声を上げてどんどん遅れていく。ところが平地に下りるやいなや、50km/h近い速さで先頭を引くもんやから、後ろが付き切れしそうになった。顔つきまで精悍になっとる。
あれから7,8年たったけど、未だに自分の得意がサッパリ判らん。不得意は、、、全部。

昨夜のボブサップ。タレントよりK-1の方が得意そう。かっこええし。
でも、格闘技とはいえ、人を殴るのは苦手そう。とても優しい兄ちゃんなんやろ、ほんまは。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

リミッターの外し方

オートバイではよくやった改造です。エンジンや車体には当然規定以上のストレスが掛かるので良くない行為だが、スピードは上がる施策。個人ロードTTを得意とする某プロによると、外した瞬間視界が狭くなって、足の躍動感とは裏腹に全身の毛穴が開き、瞼は重くなっていく感じということだった。まったく怖い世界やろなぁ。
昨夜の舞洲グルグルは「AT(感覚的に)を越えた閾値で15分間辛抱する」日。一周2km×5周のタイムを計る、ごっつ嫌な日。一人で3周こなしたら、突然黒い影が追い抜いていった。クリテリウム・平地得意のM(31歳)だ。ちょうど垂れそうになっていたのですかさず着かしてもろた。離されそうになったときに我慢する、自分のイメージはこうや->”前走者のレーパンから紐が伸びている。これを何とか歯でくわえようとする”。
だから、もがきながら前歯がカチカチ鳴ってる時があるな。自分のリミッターを外したい行為の現われがコレ。実際にレースで外した(外せた)ことは一度も無いけど。

近日中にリミッターの外し方をその筋のモンにヒヤリングしてみよとおもてます。ただし、ホビーレーサーの背筋を凍らせるような内容だったら、発表は差し控えるつもり。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005/06/14

もんじゃやき

DSCN0696作り方が今ひとつ不明・曖昧。お好み焼きより数段手間ヒマかかる。ダイナミックに食べられらない。おかずなのかおやつなのかカテゴリ分け困難。テフロン加工の上でやると、なかなか焦げない。いろいろな具材を投入する上級もんじゃは当分無理っぽい。一人で食べると寂しさつのりそう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

朝練をやってしまいました

DSCN0698タイトルの通りなんで、一応自慢しとく。
蚊の羽音で起こされた。刺されてはかなわんので渋々起床してみたら晴れとる。朝寝したい人間に嫌な仕打ちやでまったく。トランクスの上から短パン履いて、寝巻きにしてるTシャツの上からジャージを着た。淀川堤防上を舞洲に向かったけど、ここは歩行者専用で、しかもトヨタのクラウンが4台横並びで走れるくらい、道幅が広い。

練習記録風に書く。ギアは39×21固定で、ケイデンスは70rpmを越えないように注意しながら。平均心拍120、最大心拍130を記録。ライディングフォームと放置してある犬の糞に注意しながら、約50分の運動。

寝てたらよかったと後悔したで。本音は、朝から快晴の下、海に向かって走るのは気持ちエエな。自分の心構えが朝練に向いてないだけかもしれん。改心すべき点ではあるな。

自転車:朝+通勤+夜は舞洲グルグル=65km

| | コメント (1) | トラックバック (0)

TNI

g昨日の帰りがけ、シルベスト梅田店に寄って、TNIのバーテープを買った。テニスラケットのグリップみたいに、ちょっと湿っぽい肌触りのやつ。これが「とんだいっぱい食わせ物」。中途半端な長さのテープが4本入ってた。ネットで調査したら、バーエンドからブレーキブラケットまでに1本、ブラケットからステムまで1本という風になってて、繋がってない。ブラケットのゴムの下に隠すようにして連結させるらしいけど、かなり無理がある。写真は1本を無理やり伸ばしながら巻いてみた。全然長さ足らんやん。

自転車:昨日は通勤往復20km

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/06/13

迎え酒、迎えウクレレ

DSCN07086月12日 前日にクラブチームの宴会があり、予想はしてたけど二日酔い。症状は「中度」なんで当然山へは行けないと判断し、舞洲へ。片道15分程度のド平地でも胃が”ムラムラ”してくる。日曜の午前中に舞洲へ行くことは、年に1,2回なんやけど、こんなに「走り難い場所」だとは思わんかった。バーベキューの人出、オートキャンプ場の人出、スポーツイベントの人出。それらの人々を乗せた途切れることのない車列。それを納得してか・して無いかわからんけど、ロードレーサーに乗った人が、ざっと数えて20名近く走ってた。「潮風に吹かれながら、六甲山を眺めて周回練習」という目論みは、すぐに打ち砕かれて帰宅した。

シャワーを浴びてからドイツの白ワイン。「辛口でビリビリする程」のサッパリ感。¥1280。これを飲みながら猫の額ほどのベランダでウクレレをポロリンとやったぜ。安モンの自転車エンジン、安モンのワイン、安モンの楽器。流れるけだるい時間は最高やったわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日記

DSCN0702
6月11日 はりきって起きたけど、土砂降り。自転車に泥除け、衣装はレインウェアをプラス。こんな天気であれば、参加者数も押さえ気味かな?と思って、シルベスト朝練集合場所に向かいました。箕面のあたりは土砂降りで、自転車はおろか、人影も無し。西田橋に向かい、物凄くひさしぶりに勝尾寺山門前までのTTを慣行してみた。タイムは13分後半。雨中走行は呼吸が楽チンなんやけど、この日は路面抵抗がいやにキツク感じたな。雨水が道路を横断するように川になっているとこを乗り上げるときが、特に重く感じる。足より先に呼吸がダメ。

写真は本文と関係ないけど、雨中走行後メンテをさぼりまくった、スギノ75のBB軸。

雨なので、チューブラーで行ったけど、なんか挙動が凄く変。クッション性やしなやかさに死角は無いのだけど、グリップ感が乏しい。買ってから1年以上経過してるんで、トレッドの劣化のせいだと思う。歩道の点字ブロックを横切るだけでもツルッとした。アルマイトのリム(アンブロシオ・クロノ)も、ブレーキの効きは当然甘い。雨中走行でしか感じられないこと、多いな。

夕方にはすっかり雨も上がり、綺麗な夕焼けを見せてくれた。
今年は(も)カラ梅雨の予感がするで。
DSCN0707


自転車:50kmくらい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/06/10

お気に入りリンクについて

このブログに「お気に入り・リンク」を付けていませんが、深い理由はありません。
私が巡回しているサイトは、ここを見てくださっている方々の「お気に入り」と、ほぼ全てカブッているようなので、こちらでは省略させてもらっています。今後も皆さんのサイトにある「お気に入り」のバナーを使わせてくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユー村のおばはんが

大暴れするらしい。どれだけ暴れたら気が済むんや!?本店の拡張も企ててるらしい。展示商品を手にとって、おばはんに怒られまくる犠牲者が増えるのは容易に想像がつく。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

砂塵を巻き上げて

通勤の往路は、梅田や中之島の歩道をソ~っと走る。ビルの日陰も最大限に利用して発汗を食い止めておる。社内に着替える場所も無いんで、今の環境で思いつく最大限の気配りっちゅうとこやな。

帰路は、桜ノ宮・大川沿いに走って毛馬の水門から淀川の堤防上を突っ走る。90%以上が砂利ダートで、23Cのロードタイヤだと、左右に流れたり・大きな穴ぼこを瞬時に避けたりと、なかなかにスリリングな時間を楽しく味わってる。犬の散歩やウォーキングしてる人がおったら、当然減速する。ここをまったく気配りせんやつが時々おるんで腹が立つぞ。
昨日も前方から物凄い砂塵を上げながら、一台のスクーターが向かってきた。こいつらのせいで、うっとおしい「車止め」が増設されてる(と思う)んで、余計腹が立つ。こいつらが通過したあと20秒位息を止めることになるし、衣装は埃だらけやし、全く何をしてくれんねん!

自転車:通勤往復20km 舞洲グルグルの日だったのに、呑んでしまった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/06/09

そろそろ梅雨かな

昨夜は押入れの中の、自転車衣装の衣替えをしてみた。カラ梅雨であることを祈りつつ、レインジャケットとレインパンツも準備。雨でも練!という気迫は自分には無い。でも、これからの季節は気温が低くなければ雨中走行も嫌いでは無いので、安全に注意しながら出かけたい。出発の瞬間が憂鬱なダケで、一度濡れてしまえば案外気持ちエエからな。問題は足元。いかに高機能をうたったシューズカバーでも、浸水は免れん。ならば排出効率を上げればいいと思い、昔から実行しているのは「古いシューズの底に排水穴を開けて、水を積極的に逃がす」こと。
水が溜まってしまうので、ディープリムは辞めといたほうが無難。携帯ポンプの取り付け方向も、浸水を十分考慮すべし。
雨の中を走り終えると、不思議と睡魔が襲ってくるけど何でやろか?

自転車:通勤往復20km 蚊柱に突っ込んで気分最悪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

相性

el120_b
img1043362570堅牢っぽさが気に入って、1年ほどこのメーターをつこてます。誤動作が皆無だし、雨にも強いので。だけどこのライトをハンドルにつけて”点滅モード”にすると、全くありえないスピードを表示する。点灯モードだと正常。結局ライトに引導を渡した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/08

28度は暑すぎる

知らんまに、職場がCOOL BIZを導入していた。どうりで昨日あたりから冷房の効き具合がヌルイと思ったわ。でも、回りは誰もノーネクタイのヤツがおらんので寂しいな。そもそも暑苦しい人間多いのに、ネクタイ外す程度で快適環境に早代わりする筈が無い。
夏至の前日は一斉に電気を消す活動もある。「ブラックイルミネーション2005」と言います。アメリカの暴走族のチーム名かと間違えそうになるぜ。サウンド的には邪悪そうで、嬉しい。しかし、これを盾にして自転車の無灯火を企ててはいかん。この日はエネルギー消費を削減するという命題があるので、全国的に夜練は控えるべきやろな。モガキなんてもっての外!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日記

自転車:きのうは通勤往復20kmだけ。夜は角打ちへ。
     きょうは通勤往復20kmの予定。夜は小娘と二人でけんちん汁の予定。

仕事:サーバー構築、ASP作成、いずれも難航中。
    カタログデザイン、アイディア沸かず。
    朝から勧誘の電話、多すぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/06

個人情報保護法の扱い

さっきまで、コレ関連の仕事してて思い出した。
土曜日はシルベストの朝練にでも行こかとおもたが、うちの掛け布団は2t位の重さがあって、寝床から出ることが出来ずに断念した。
毎回30人前後の参加者で盛況と聞く。ちょっと辛口で言わせてもらうと「そんな大人数で、いつもよく無事に済んでるな」。事故や故障の確立や頻度は、参加人数の二乗に比例して多くなる(ローラーおとこ理論)。ちょっと心配。それと、参加者の素性はお互い明らかになっているのか?という点。つまり誰かが事故にあったとき、その人の自宅なり友人なりに連絡をとる手段を、参加者はお互い知ってるのかな?怪我した本人の携帯番号を知っていたところで、当人が車に轢かれてペシャンコやったら、意味無いしな。

実はこの辺の情報は、うちのクラブでも徹底されてないと思う。辛うじて店長が情報を把握しているんで、なんかあった時はひとまずショップに一報を入れて、自宅に回送してもらう手筈にはなってるが。いっぺんメンバー同士でこの辺を話し合う必要があるな。

自転車:通勤往復 20km 大阪湾から吹くアゲインストに負けた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日記

6月5日

いつものようにR423入り口付近にあるローソンに集合。チーム員8名(?)と合流しそのまま走行開始。ここまででも、相当に向かい風がきつくてちょっと不安。止々呂美のあたりからペースを上げだすと、いきなり前輪パンク。どうもパナレーサーのR-AIRチューブは胡散臭い。自分の周りでも、このチューブの謎の不具合を唱える人が少なくないな。普通のブチルで十分な気がする。乗り心地を求めるのなら、空気圧を下げるかさもなくばチューブラーを使う方がええと思う。単独で追走開始。西別院の分岐点まで集中して漕ぐのだ。「あ~あ、離れてしもた。もうアカン、、、」と思ったら進歩なし。帰ってTVでも見ていた方がマシ。練習時間をくれている家族へ感謝するならば、ここは全力で行くべし。堀越峠での千切りあいで酸欠になる。酸欠のまま急勾配を下るんで、スペシャル慎重にいく。R477からR372へ。向かい風が辛いが、こういう時こそ積極的なローテーション、意志の疎通が試される時や。「しんどい」とか「道をよく知らん」とか理由つけてローテーションに加わらんヤツ。これは断固アカン。”引く”のではない。”回す”が基本とある偉い人から教えられた。それがローテーション。レースになると、赤の他人の集団で「運命共同体」を形成するのだから、普段からその自覚を芽生えさせとかんと危ない。1秒しか先頭に出れなくとも恥じることは無い。苦しさと危険さを分かち合うべしや。
天引峠手前からR54へ行く。途中ヤギ小屋があって見とれてたら、アタックがかかった。ここも練習やとおもってギアを上げる。いよいよ瑠璃渓への登り。標高500m近くまで斜度7,8%が続くので辛い。いつも同じ走りばかりしないで、ギアを上げるとか、回転あげるとか、いろいろ試すチャンス。昨年ニッポ男とここを一緒に走った時、ダンシングの腰の位置が一つのヒントになった。うまくは言えないけどなんとなく。
R54を豪快に下って畑野小前のヤマザキで休憩。先日のブログで書いたように、カップラーメンで栄養入れとこおもたのに「お湯のサービスありません」とマジックでダンボールに書いてある。おまけにホットドリンクの類が一切無い。そのくせ、酒類の充実ぶりはどういうこっちゃ!

うちのチームはこのヤマザキに何の恨みも無いけど、不買運動を展開することに決めたんで、皆よろしくたのむ。
これを読んでるチームメイトの諸君、熱射病で死にそうになっても、ここで水一滴買うことは許されへんので、覚悟しとくように。腹が減って餓死寸前でも同様にな。そのときは殉職扱いにしたるので肝に銘じておくように。

腹たったんで名月峠を越えることにした。しかし「デイリーヤマザキ」の呪い恐るべしや。頂上手前で足が攣って、頭取れなんだ、、、。ますます腹たったんで、このまま一庫ダムへ降りることは許されん。ダム沿いからR477へ登ったぜ。池田から猪名川沿いも若い連中の熱い走りに刺激されて、後半はマッハのスピード。俺様のスピードでは、ダウンフォースがとても足らんので、シマノからリアウィングでも発売されたら買うつもり。

帰宅後は、足りないダウンフォースを補正するため、すき焼きをたらふく食うた。

自転車:135km まだまだ日陰や下りは寒い


| | コメント (4) | トラックバック (0)

サプリメント会議

567
練直後は流石に牛乳の一気飲み程度にとどめておくが、一息ついたら”淡麗”をいっとく。

よかいち「淡麗の旦那、相変わらず前屈みでんなぁ。」
淡麗「おおっ、よかいちの親分さん、えらい日焼けして真っ黒でんな。」
よかいち「わしゃ、もとからじゃ!」

普段はサプリメント類を捕った事が無い。アミノバイタルプロを呑んだ事があるけど、自分には効果が体感できなくて手を引いた。どちらかと言うと、安物でもいいので、肉を買ってきて食べる方が、アミノ酸の巡りが良い感じがしている。しかしこれは別。生ぬるくなったボトルでも美味しいと感じるし、走った後の疲れ具合がかなり違う気がしてる。近所のドラッグストアで安売りしてたんで飛びついたのだけど、よく見たら1リットル用。ポーラのロングボトルでさえ実測650mlなんで、一袋まるまる入れたら凄い濃度になった。勿体無いので我慢して呑んだけど、高濃度のクエン酸水の苦さは、常道を逸脱している。バツゲームに近い味。


自転車:土曜日は舞洲グルグル35km 夕方の蒸し暑さに負けた

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/06/03

あと150日か

今年もやると決めたらしい。先の丸岡ロードレースと同様、君も男なら(女でもオカマでもかめへん)予定を「決定」にしなさい。日々の生活も、慣れ親しんだ芋焼酎から泡盛にシフトするつもり。早速今夜の晩酌から行くことにする。沖縄貯金もそろそろ折り返しを迎えてるはずやろな。まさかコツコツ貯めた虎の子を、しょうもないパーツや新規開店のセクキャバで散在したんではあるまいな?物欲に勝たれへんようでは、”ふくがわダム”はマズ越えられへんと覚悟しといたほうがエエ。性欲に勝たれへんようでは、源河の三段登りで絶望を味わうことになる。両足が攣るのが判っていながら、真ん中の足を酷使した罰やと思え。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

うえさかくん

今週のミッションも、昨日でケリがついた。ようがんばったな->わし。
帰りがけにショップに寄ったら、見慣れんC50の完成車が置いてあった。フレームサイズは多分510mm位か、かなり小さめ。ギリギリまで切ったコラム長や、ブレーキブラケットの送り幅を見ると、ものすごい前傾を強いられるやろなと容易に想像できた。ハンドルにはライトと時計、恐らく修理道具の入ったサドルバッグ。乗込んで汚れたリアのギア。キシリウムの廉価ホイール前後。店長に持ち主聞いたら表題の通り。なるほどな。確か世界放浪の旅に出る少し前まで、アジア大会代表やったはず。国体の大阪代表も、7,8回選出されてたわ。放浪中にフラリとシドニーに現れて沿道からいきなり応援されて物凄いビックリしたと、シマノ男も言うてたように、彼の行動・伝え聞く不思議な思考の数々は、危なくてとてもここには書けん。「変なヤツ」として名高い彼だけど、自分は「国内でもスピードマンって居るのだなぁ」と感動した選手の一人です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/02

keo

DSCN0691
アイウェアと一緒に購入。本当は”完全固定”の黒クリートでもよかったのだけど。最初に同封されてた赤クリートは、やっぱり自分には「動き過ぎ」。訳あって一年ほどkeoペダルを使ってるけど、特別良くも無く・悪くもない。LOOK社のバイディングペダルが発売されてから、多分15,6年にはなると思う。これだけ時間が経過すれば、最新のテクノロジーが満載!の筈やのに、構造・システムは殆ど変わってない。エンジンがどんどん経年変化(劣化)しているので、それを補ってくれんと困るんやけどな。

”ペダル軸からの距離が””Qファクターが”とか言う謎の言葉はもうエエから、もっとヒューマンインタフェース部分を強化したペダルは無いのか!?

登坂中、声だして応援してくれるペダルとかな。
クロモリモデル:1万円
チタンモデル:3万円
      :
      :
小倉優子モデル:5万円
細木数子モデル:200万円 などなど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

OGK

DSCN0687
会社の創立記念日。少し早めに退社できたので、シルベストサイクル・梅田店に寄ってみた。開店当初は凄いショップが出来たもんやとおもたけど、先日行ったナルシマの凄さが強烈で今は普通の印象。昨年のTD沖縄レース中、あんまり暑かったのでかけていたアイウェアを沿道の畑に捨てた(すまん、沖縄)。それの代わりがほしかったので。ちなみに、自分は夏冬問わずアイウェアは使わない。気持ちエエから素顔で勝負したい。

買ったのが写真のやつ。4千円払ってお釣りが出た。この手のモンとしては安い方やろな。オークリーとかのカッチョエエやつは2万円くらいするしな。またどっかで落とす(捨てる)やろから、これでエエワと思たの。代えレンズも付いてるし、OGKなかなかやりよんな!と褒めた瞬間、、、、「景色がちょっとゆがんどる!」。掛け外しを秒単位で交互に繰り返すと、明らかに景色が違うぞ。
早速文句ゆうたらなアカンのでOGKのサイトに飛んでいって、BBSに一発かましたろ!おもたら「工事中」やと、、、。

--------
仕事の打合せの間に、何を怒ってたんか忘れてしもたんで、
今日はこの辺でカンベンしといたる->OGK。 命拾いしよったな。

DSCN0688
ツルの取り付けは、どう見ても「たんなる木ねじ」。透明フレームなんで、コストダウン施策バレバレやぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/01

ジェフ・ベック

B00005AREQ
7月頭、大阪に用事があって来るらしい。同じ月に「吉野グランフォンド」への参加予定があるので、それに向けて練習せなあかんのに。とんだ邪魔が入ったもんや、、、。

自転車:

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »